映画「アメリ」のフル動画を無料視聴【dailymotionやopenload】

映画「アメリ」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。

 
内気で風変わりなフランス人のアメリ。

彼女が好きなことは、クレームブリュレのお焦げをつぶすこと、サンマルタン運河で水切りをすること、周りの人たちをハッピーにすることです。そんなアメリがある日、恋をします。


映画「アメリ」の視聴には動画配信サービスが便利です。

特に動画配信サービスU-nextであれば、31日間の無料トライアルを使うことで、1円もかけずに「無料で」「高画質で」「安全に」今すぐ視聴が可能です。

 

↓31日以内に解約すれば無料↓


 

「アメリ」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題
FOD × × ×
TSUTAYA TV × × ×
hulu 見放題
dTV × × ×
Netflix 見放題
Amazonプライムビデオ 見放題
music.jp × × ×
 

「アメリ」を配信しているサービスは以下のとおりです。

・Amazonプライムビデオ
・U-next
・hulu
・Netflix



いずれかのサービスに登録していればすぐに視聴できます。

もしどれにも登録していなければ、オススメはU-next。


無料トライアルの期間が31日間ともっとも長く、アニメやドラマ、他の映画の配信数も15万作品と非常に多いので、お試しで動画配信サービスに登録するにはピッタリになっています。

登録自体も3分あれば終わるほど簡単です。

 

↓31日以内に解約すれば無料↓

動画共有サイトでの視聴は危険?

youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。

「アメリ(邦題)」「Amelie(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。


おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「アメリ」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン
ダウンロード
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
 

U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。

130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。


おまけに、登録から31日間は無料。

映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。

スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。


↓31日以内に解約すれば無料↓

「アメリ」のあらすじ

 
アメリは、医者の父と教師の母の間に生まれた女の子です。

小さい時からお父さんに抱きしめられたことがありませんでした。

6歳のとき月1回のお父さんの健康診断で聴診器を当てられ、アメリはドキドキしてしまい、心臓病だと診断されてしまいます。学校へ行かずにずっと家で母親の教育を受けました。友達を作れず、いつも神経質な母と冷淡な父に挟まれ、幼いアメリは空想の世界に逃避せざるを得ませんでした。

 
中古カメラをプレゼントしてもらい、たくさんの写真を撮ったアメリ。ある日、写真を撮った瞬間に近くで交通事故が起き、それを見た隣人に「カメラが事故を招いたんだ」と言われ、自分が写真を撮ったせいで脱線事故や飛行機事故が起きているのだと思い悩みました。

数日後、それが嘘だと知った小さいアメリは、隣人の大好きなサッカー観戦の時間を見計らって家の屋根に上り、テレビの電波線を抜くという復讐を試みます。ゴール間際でテレビが映らなくなり、隣人はテレビの前でもだえました。

 
幼いアメリに不幸なことが起きます。

母と一緒にノートルダム寺院でお祈りをした日のこと。寺院を出ようとした瞬間に旅行客のカナダ人が寺院の上から身投げをし、下にいた母が下敷きになり不運にも亡くなってしまったのです。母の死がきっかけで、アメリの父は以前に増して家に閉じこもってしまいました。

 
大人になったアメリは、「カフェ・ドゥ・ムーラン」という喫茶店に就職しました。昔サーカス団に入っていたカフェの女主人、病気が絶えない売店を務めるジョルジェット、同僚のジーナと共に働いています。

時々週末に実家に帰り父を訪ねますが、いつも父は上の空です。もっと父に人生を楽しんでほしいアメリ。たまには外出するのもいいのではと提案するも、「昔は母と旅行に行ったがアメリの心臓病のせいで行けなくなった」と嘆かれてしまいます。
 

自宅に帰りいつものように寝る準備をしていたアメリは、テレビでダイアナ妃の悲報を聞きました。驚いて香水瓶のふたを落としてしまうと、転がったふたがタイルにぶつかりタイルが少し浮き上がりました。タイルを外し中をのぞくと、誰かが大切に保管していたとみられる宝箱が入っていました。

宝箱は40年前のものでした。アメリはワクワクし、この宝箱の持ち主を探し出して渡してあげようと思い立ちます。もし、その持ち主が宝箱を見て喜んでくれたら、アメリは自分の閉じこもった世界から飛び出そうと決めました。


前の住人の情報を聞き出しにアメリは方々訪ねます。アパートの1階で八百屋を営むコリニョンに聞くと、記憶力のいいお袋に会いに行けと言われました。コリニョンはいつも心優しい従業員のリュシアンをいじめています。コリニョンの母に会いに行き、前の住人の名前は「ブルドトー」だと教えられます。

帰りの電車を降りると、駅の証明写真機の前でひざまずきながら、何やら探し物をしている一人の男性がいました。ニノです。のちにアメリが恋に落ちる青年です。

アメリは喫茶店の仕事を早退し、電話帳の「ブルドトー」に片っ端から会いに行きました。一人目は20代~30代ぐらいの若い男性で、想像した年齢より離れています。二人目も不発で、三人目はちょうど葬儀で棺に運ばれてしまうところでした。


がっかりして部屋に帰ろうとしたアメリに、同じアパートに住む「ガラス男」と呼ばれている隣人に呼び止められました。彼は先天性の病気で骨がガラスのようにもろいため、部屋の家具はすべて布張りにしています。手を握っても骨が折れてしまうため、20年以上外出していないといいます。

ガラス男のレイモンが「ブルドトーではなくブルトドーだ」と教えてくれました。ついでにブルトドーの住所もゲットできたのです。


ブルトドーは毎週火曜日に市場でチキンを買います。それを知ったアメリは、市場の公衆電話に宝箱を置いておきブルトドーが近づいたところで電話を鳴らしました。ブルトドーが宝箱を見つけ、中を開け泣いて喜んでいるのをアメリは遠くから見届けました。

アメリが近くのバーに立ち寄ったところ、ブルトドーも後から入ってきてアメリの近くの席に座りました。彼は「天使が奇跡を起こしてくれた。人生はあっという間だった。疎遠になった娘の孫に今度会いに行こう」とバーの主人に話しているのを聞いて、アメリは嬉しくなりました。


一時は世界との調和が取れたと感じたアメリでしたが、ガラス男レイモンの部屋を覗き見ると、彼もまた外との調和が取れておらずアメリの目には彼が孤独に映りました。23歳のアメリもこのまま孤独に自分の人生を終えるのかと泣いて悲しみました。

たまらずアメリは実家に帰ろうとしましたが、父はすでに寝ていて内鍵のチェーンがかけられていました。あきらめたアメリはある計画を思いつき、先日父が庭に設置したドワーフの置物を持ち出します。終電が行ってしまい、帰れなくなってしまったアメリは、仕方なく駅前にあった証明写真機の中で一夜を過ごすことに。

 

朝になりアメリが帰ろうとしたところ、駅のホームの証明写真機の前でニノに遭遇しました。彼はまたしても機械の下に棒を入れて何かを探している様子でした。アメリは顔を上げたニノと目が合い胸が高鳴りました。

アメリは見つめ合っていると勘違いしましたが、実際のところニノはアメリを見つめていたのではなく、アメリの後ろを歩いていた男性を見つめていたのです。ニノは赤いスニーカーの男性を追いかけ、アメリもまたニノを追いかけました。


男性は車で走り去り、ニノもバイクで走り去ってしまいます。バイクの横のカバンが車に当たった衝撃で落ち、アメリはそれを拾いました。

カバンの中には、いろんな人の証明写真を集めたアルバムが入っていました。アメリが恋に落ちたニノは、失敗して破られた顔写真を修復し集めるのが趣味だったのです。

アルバムを眺めていたアメリは、その不特定多数の顔写真の中に12枚も写っている男性がいて不思議に思いました。違う場所で定期的に写ってはその写真をすぐ捨てるのはなぜなのでしょう。

 

また別の日、アメリは八百屋コリニョンが部屋のカギを抜き忘れているのを見つけ、届けに行ってあげようとしました。店に行くとコリニョンは接客中でしたが、またしても客に従業員リュシアンの悪口を言って殴っているではありませんか。怒ったアメリは優しいリュシアンに代わり、コリニョンの部屋のカギを使った復讐を企てました。

合鍵を作ったアメリはコリニョンの部屋に侵入し、革靴のひもを切り、足用クリームと歯磨き粉の場所を入れ替え、目覚まし時計のアラームを4時にセットしました。どれもささいな細工です。

コリニョンは翌朝、何も疑わずアラームの音で起き、歯を磨こうとしました。歯ブラシに足用のクリームをつけ、口に入れた瞬間にコリニョンは絶叫。代用の麻ひもでむすんだ革靴をはいて出勤し、真っ暗闇の中、八百屋のシャッターを開けながらコリニョンは「自分はとんでもない時間に起きてしまった」とそこで気づきました。

 

アメリは実家からの帰り、駅で「アルバムを探している」というメッセージと連絡先が書かれた目立つ張り紙をたくさん見つけました。ニノがアメリの拾ったアルバムを探しているのです。勇気を出し、張り紙に書いてあった電話番号に電話をかけ、彼が働くポルノビデオ店を訪れました。

ニノは昔、町中の足跡を写真に撮って収集していたり、人の笑い声を録音したりしていた、と店で働くストリッパーの女性がアメリに教えてくれました。アメリはまたさらに彼に親近感が沸きました。

ニノが働いている遊園地で彼のバイクを見つけ、アメリはアルバムの中の証明写真の裏に「明日5時モンマルトルの公園。5フラン銀貨を忘れずに」と書いてバイクに貼りつけました。翌日、ニノが公園に着くと、近くの公衆電話が鳴りました。アメリは電話口で矢印の方向へ歩くよう、ニノに指示しました。


矢印通りに進むと、公園の一番高い所の望遠鏡へとたどり着きました。準備した5フランを使い望遠鏡をのぞくと、アメリがこちらに向かって手を振り、ニノのバイクのカバンにアルバムを入れるところが見えました。

ダッシュで自分のバイクまで走ったニノ。アメリはもういませんでしたが、また近くの公衆電話が鳴りました。アメリは「51ページ」とだけ言い、アルバムを見ると変装したアメリと「私に会いたい?」というメッセージだけが残されていました。

 

アメリがアパートに着くと、八百屋のコリニョンは懲りずにリュシアンをいじめていました。アメリもまた懲りずに合鍵を使ってコリニョンに復讐をします。部屋に侵入し、コリニョンの愛用のスリッパを小さいサイズに変え、コンセントの電線に針を差し入れ、電話の「ママ」と書かれた短縮番号を変えました。

仕事が終わり部屋に帰ったコリニョンは、スリッパを履こうとしましたが、きつくて履くのも一苦労でした。明りのコンセントを入れようとしたところ、火花が散りコリニョンは悲鳴を上げます。

どうしようもなく混乱し「ママ」へ電話をかけようと短縮番号を押したところ、つながった先は心理カウンセラーを名乗る番号でした。さまざまな怪奇現象にコリニョンはひどく動揺し、翌日は仕事を休みました。

 

駅を歩いていたアメリはまたしてもニノからのメッセージを見つけます。「いつ?どこで?」と書かれた貼り紙が駅構内のそこら中に貼られていました。

アメリはまた証明写真機で、ニノへのお返しのメッセージを撮影しました。撮影を終えたアメリが写真機から出ると、あのニノのアルバムに何度も出てきた謎の男に遭遇します。

アメリはついに、ニノが必死に知りたがっていた男の正体を知ったのです。

 

「アメリ」のネタバレ


アメリの父の元には続々と、庭からいなくなったドワーフから便りが届きました。ある日はモスクワ、ある日はカンボジアの建造物と共に写ったドワーフの写真が送られてくるのです。これらの便りは全て、アメリが客室乗務員の女友達に頼んだものでした。

友達が乗った飛行機の行く先々で、ドワーフを写真に収め父の住所へ送ってほしいと頼んでいたのです。頼まれた友達は「白雪姫になった気分で楽しかった」と言い、アメリにドワーフを返しました。

 

いつものように写真機の周りで証明写真を拾い集めていたニノは、アメリの証明写真を見つけました。ちぎられた写真をつなぎ合わせると、そこにはまた変装したアメリが「ドゥ・ムーランに4時」と書かれた紙を持った姿で写っていました。

約束の時間にニノがドゥ・ムーランにやって来ました。勇気が出ず、なかなか話しかけられないアメリ。ニノはアメリに「この証明写真は君だよね」と笑顔で話しかけましたが、アメリはうまく話せずあいまいな態度で応えてしまいました。

アメリは焦りながら同僚にメモ書きを渡し、ニノのポケットに忍ばせるようお願いしました。ニノはメモ書きに気づかずあきらめて喫茶店を後にし、アメリはがっかり。

 

ガラス男レイモンに会うと、「本当に好きなら今こそ本当の危険を冒さねば。作戦を立てるのもいいが、それは少し卑怯だ」と言われてしまいます。一度は「なんておせっかいなんだ。夢の世界に閉じこもって内気なまま暮らすのは自分の勝手だ」と思ったアメリ。

しかし、趣味の石投げをして考えを改め、ある計画を遂行します。証明写真機のコインの入り口に針金などを詰まらせ、「駅の証明写真機が故障した」と管理会社に電話をしました。

同じころ、ニノはやっとポケットのメモに気づきます。メモには「火曜5時 東駅 構内の写真機前」と書いてありました。メモ通りその場に行ったニノは、ついに謎の男と証明写真機の前で鉢合わせました。

ニノもまた謎の男の正体を知ることができました。彼は証明写真機の故障を直す業者で、試験のために写真を撮っては捨てていたのです。

 

アメリは彼が家に来て会いに来るのを妄想しました。ここまで色々と計画を立てて遂行してきましたが、結果ニノには自分の正体を打ち明けられずうまくいかなかったことに泣き出してしまいました。

すると、アメリの部屋のドアのベルが鳴り、「アメリ」と呼びかけられました。本当にニノがアメリの部屋を訪れたのです。ニノはドゥ・ムーランへ行き、同僚に信頼されアメリの名前と住所を教えてもらっていたのです。

勇気が出ないアメリは声が出ません。ニノは「また来る」と言い残しました。今度は電話が鳴り、出るとガラス男レイモンから「寝室に行きなさい」と言われます。

部屋のテレビにはビデオメッセージの入ったビデオがセットされていました。「君の骨はガラスじゃない。人生にぶつかっても大丈夫だ。このチャンスを逃したら、君の心はわしの骨のよう乾いてもろくなってしまうだろう。彼を捕まえるんだ。」

アメリは部屋を飛び出しました。すると、玄関の前にニノが立っていて、出てきたアメリを見つめました。アメリはニノを部屋へ招き入れ、ついにアメリとニノの心は通じ合うことができたのです。

そして、ドワーフからの便りに刺激を受けたアメリの父も旅へ出発です。父の幸せを願うアメリの願いも叶えることができました。


↓31日以内に解約すれば無料↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です