名探偵コナン「14番目の標的」のフル動画を無料視聴【openload】

6 min
映画「名探偵コナン 14番目の標的(ターゲット)」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 コナンの映画は月額動画配信サービス(VOD)でも一切配信されておらず、違法動画サイトを漁るか、地上波放送を待つくらいしか視聴方法がありません。 ですが、TSUTAYA DISCASというオンラインのDVDレンタルサービスなら、30日間の無料トライアル期間を利用して1円もかけずに「14番目の標的」を視聴可能です。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「14番目の標的」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT × × ×
FOD × × ×
TSUTAYA TV/DISCAS DVDレンタル ×
Hulu × × ×
dTV × × ×
Netflix × × ×
Amazonプライムビデオ × × ×
music.jp × × ×
※2020年3月26日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください) 「名探偵コナン 14番目の標的」を無料で視聴できるのはTSUTAYA DISCASのみ。 U-NEXTやNetflixなど、オンラインで映画やアニメを楽しめるサービスでは一切配信されていません。 TSUTAYA DISCASは月額制のDVDレンタルサービスです。 スマホやパソコンから見たいDVDを注文すれば、自宅ポストまで届けてもらええて、視聴後は近くのポストにDVDごと放り投げればOKなカンタンシステム。 何より大事なのは、TSUTAYA DISCASは30日間無料トライアルがあり、その期間内に最大8枚まで旧作・準新作DVDをレンタルできること。 自宅にDVDが届くまでタイムラグがあるのがデメリットですが、「14番目の標的」をはじめコナンの映画を最大8本まで無料で視聴することも可能。ぜひこの機会に気になっていたコナン映画をまとめて視聴してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「14番目の標的(邦題)」「14banme no terget(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「14番目の標的」を視聴するならTSUTAYA DISCAS

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ 付与ポイント 1100
視聴方法 DVDレンタル 視聴デバイス スマホ タブレット パソコン
備考 準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
  TSUTAYA DISCASはツタヤの運営する動画配信サービスです。
TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス
TSUTAYA DISCASの無料トライアルに登録すると、この2つのサービスを同時に利用できます。 月額2417円ですが、30日以内に解約すれば完全無料。 また、TSUTAYA TVで配信されているサービスは他に比べると少ないものの、他にはない作品も多く、またTSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)を組み合わせると、どのサービスよりも無料で多くの映画やアニメを楽しめます。 コナン映画はTSUTAYA DISCASを利用して視聴可能です。 また、コナン映画全23作品(時計じかけの摩天楼~紺青の拳)をランキング付けしたので、見るべきコナン映画に迷っている場合はぜひ参考にしてみてください。

「14番目の標的」のあらすじ

トランプになぞらえて毛利小五郎の身の回りで殺人未遂事件が発生します。捜査線上に現れた人物は小五郎が過去に逮捕した元ディーラーの村上丈という男でした。 その男は最近出所したばかりと言うので警部たちはその男の復讐と睨みましたが…  

「14番目の標的」のネタバレ

母である妃英理が撃たれる夢を見て、飛び起きる蘭。 急に不安になって英理に電話しますが、当然そんな事が現実になるわけもなく、英理は心配しすぎと言って電話を切ります。 ですが、英理にはなにか心当たりがあるようです。傷のついた自らの太ももに手をやり、「あの子、覚えているのかしら」とつぶやきました。 その日、過去に小五郎が逮捕した男が出所。 その男は探偵事務所を訪ねましたが不在でした。 彼の目的は一体…? その日、英理、小五郎、蘭、コナンは4人の食事をしていました。 英理とは別居状態で乗り気でなかった小五郎でしたが、顔なじみのソムリエ、沢木公平と出会い、思い出話に花を咲かせます。が、毎回のように小五郎が英理を怒らせてしまい、結局その日は解散になってしまいました。 その1週間後、米花町で連続殺人未遂が多発します。 まずは目暮警部が狙われ、さらには英理、そして阿笠博士… まるで共通点のない被害者たちに警察もコナンも頭を悩ませますが、現場に残された手がかりであるトランプから、とある共通点が導き出されます。 「13、12、11と名前に数字が入っている人間が順番に狙われている」 「そしてターゲットは、すべて小五郎の関係者である」 そこで容疑者として名前が挙がったのが、村上丈。 かつて小五郎が逮捕し、先日出所したばかりの男。 小五郎と村上は、「警察と犯人」だけでは済まない因縁がありました。 事件が起きたのは、まだ蘭が幼い時。 警察署に連行されてきた村上。ちょうどその時、蘭と英理が警察署の小五郎に会いに来ていたのですが、突如暴れ出した村上により英理が人質に取られてしまいます。 銃を撃てば英理に当たってしまうかもしれない…周囲の警察官たちが尻込みするなか、小五郎は迷うことなく発砲。ですが、その弾は村上ではなく英理の脚に当たってしまったのです。 結果的に村上を逮捕できたものの、所内での発砲が問題視され小五郎は退職することに… 事件を忘れていた蘭も、話を聞いて、その出来事を鮮明に思い出します。 同時に、誰よりも大事なはずの英理が人質に取られているにも関わらず容赦なく発砲した事実を思い出し、蘭は小五郎に不信感を持つように。 もちろん、村上の名前を聞いて誰よりも複雑な想いでいたのは小五郎でした。 新たな犠牲者が出ないように、次のターゲット「十」が名前に入っている知り合いを見張ります。ですが狙われたのは、たまに会話する程度の関係の辻というプロゴルファーでした。 辻が自家用のヘリコプターで移動する際、彼がいつも使う目薬に細工がしてあったのです。搭乗していたコナンもろとも墜落してしまいそうになりますが、帝丹小学校の敷地内に墜落しながら不時着。2人ともなんとか命だけは助かりました。 次の被害は絶対に阻止したい小五郎。 ですが、「九」の名前が入る知り合いが思いつきません。 八なら、とソムリエの沢木公平に事情を説明したところ、彼が今から会う人物が「旭」で名前に「九」が入っていました。小五郎と面識はないものの、念の為同行させてもらいます。 そこは、海底に作られた水中レストランでした。 そして次々と名前に数字の入った人物が集まってきます。奈々、宍戸、仁科、ピーターフォード。復帰した目暮警部も警備に加わり、彼らを守ることに。 ところが、停電に乗じて奈々が殺害されてしまいます。 さらに、レストランで突如爆発が起き、瞬く間に海水が侵入してきます。もはや海面に出るしか方法はなく、泳げない仁科を小五郎が抱えながらもなんとか全員脱出できました。 ですが、蘭も水中からの脱出に苦戦してしまい、意識が定まらない状態です。ひとまず全員助かったことに安堵しつつ、沢木が仁科に人工呼吸をしようとしたその時… ちょっと待ったぁ!! 小五郎の声が響き渡ります。 そこから、眠りの小五郎の推理ショーが始まります。 いま人工呼吸をしようとして、実際には鼻と口をふさいで殺そうとした人物こそが犯人。この事件の犯人である、沢木の犯行と動機を小五郎が語り始めます。 トランプの数字も、村上もすべてはカムフラージュ。 本当の狙いは、この水上レストランに集まった奈々たちだけで、他に狙われた小五郎の知り合いたちは、死のうが死ぬまいがどっちでも良かったのです。 そして、何よりの証拠。沢木のポケットにはトランプが1枚入っていました。「工藤新一」を殺すための最後の1枚である、エースのトランプが。 沢木の動機は、ソムリエの夢を絶たれたこと。 彼はある日、バイクの運転中に暴走運転をしていた奈々と事故を起こしてしまいます。彼女は相手が誰かも確認せず去ってしまいましたが、それ以来沢木はソムリエとして何よりも重要である、味覚を失ってしまったのです。 さらに、医者いわく味覚障害の一因にはストレスも影響しているとのこと。高級なワインをずさんに管理している旭。ソムリエの仕事を侮辱した辻。 沢木は、村上が探偵事務所に訪れた日に偶然出会いこの計画を思いつきました。かつての事件を謝罪しようと、出所してすぐ小五郎の事務所を訪れた村上から事情を聞き出して殺し、この殺人計画をスタートさせたのです。 そして語り終えた沢木は、意識がもうろうとしている蘭を人質に! 「コイツを殺して自分も死ぬ」 まるで人が変わったかのように乾いた笑いを続ける沢木。 そして沢木は警部と白鳥が持っている銃を自分のところに持ってくるよう、小さなコナンに命じます。焦りながら銃を持って沢木のもとへ歩いていくコナン。 そこで、気づきました。 瞬間、コナンは銃を沢木に構え、撃ちました。 蘭の脚をかすめる弾丸。 その瞬間、脚の力を失い崩れ落ちる蘭。その一瞬のスキをついて小五郎は沢木を背負い投げでノックアウトして、沢木を逮捕することができました。 それを見ていた白鳥刑事も気づきます。かつて小五郎が英理を人質にとった村上を撃ったのは、村上を仕留めるためではなく、人質の脚を撃ち抜き、人質としての効力を失わわせるためなのだと。 「死なせねぇ。てめぇに自分の犯した罪の重さを分からせてやる。」 死なせろと叫ぶ沢木に、静かに言い放つ小五郎。 そして後からすべてを知った蘭も、かつての小五郎の真意に気づき、信頼を取り戻します。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です