映画「22年目の告白 私が殺人犯です」のフル動画を無料視聴【openload】

映画「22年目の告白 私が殺人犯です」のフル動画を無料視聴する方法を紹介します。

未解決事件の犯人とそれを追う家族の話が日本の社会情勢とともに描かれたミステリー作品です。


話題作のため、レンタル店で借りることもできますが、すぐに視聴できる配信サービスが便利です。

特に、作品数が多い「music.jp」は登録してすぐに無料視聴が可能。また、登録から30日は無料トライアル期間があるので、気軽にお試しください。


↓30日以内に解約すれば無料↓

「22年目の告白 私が殺人犯です」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題
U-NEXT 550ポイント
FOD × ×
TSUTAYA TV 550ポイント
Hulu × ×
dTV 440ポイント
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ 199ポイント
music.jp 440ポイント

映画「22年目の告白 私が殺人犯です」は以下の5つのサービスで視聴可能でした。

・U-NEXT
・TSUTAYA TV
・dTV
・Amazonプライムビデオ
・music.jp


この5つのサービスはどれも1ヶ月ほどの無料のお試し期間があります。ですが、話題作ということもあり、ポイント(別料金)が必要な配信サービスがほとんどです。


そこで、一番のおすすめは、「music.jp」です。

music.jpは視聴するのにポイントが必要ですが、登録時に1600ポイントもらえるので、それを使えば実質的には1円も支払わずに「22年目の告白」を視聴することができます。

本来は、1922円(税込)のサービスですが、登録から30日間は無料トライアル期間、映画視聴後、30日以内に解約すれば1円も費用がかからないので、ぜひ試してみてください。


↓30日以内に解約すれば無料↓

動画共有サイトでの視聴は危険?

Youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。

ためしに「22年目の告白 私が殺人犯です」「22nenme no kokuhaku」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。


おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで今すぐ合法的に視聴したほうが良いです。

music.jp(ミュージックドットジェーピー)

お試し期間 30日間無料 月額料金 1922円(税込)
作品数 180,000本 付与ポイント 動画ポイント:1000
通常ポイント:600
視聴方法 オンライン 視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 すべての作品でポイント購入が必要。ただし、登録時にもらえるポイントが多い

月額料金1922円(税込)。

登録してから30日以内であれば、無料で視聴することができます。

また、登録されている作品数も18万本と多く、動画だけでなく音楽ダウンロードをすることが可能です。さらに、無料トライアル時点で600ポイントと1000ポイント(動画用)が付与されるので、ポイントが必要な有料作品(新作など)も無料で視聴できます。


↓30日以内に解約すれば無料↓

「22年目の告白 私が殺人犯です」のあらすじ


阪神淡路大震災が起きた1995年。

この年に東京で、残忍な連続殺人事件が5件連続で起こりました。捜査本部が設置されるも、手掛かりがないまま時間だけが過ぎ、ついに時効を迎えてしまいます。


時は移り・・・2017年。

主人公の牧村航(伊藤英明)は刑事として、チンピラを追い詰めていました。そこへ、課長からの電話が入り、急遽署に戻ることに・・・・。

戻った署ではテレビがついていました。その内容は、22年前の連続殺人犯が告白本を出すための会見を今から開くというものでした。


会見が始まると、好青年に見える一人の男性が現れました。その男の名は、曾根崎雅人(藤原竜也)。彼は、時効を期に、警察及びマスコミの甘さを指摘するため、告白本を出すのだと言い放ちます。

この会見によりネット、マスコミは騒然となり、日本中が曾根崎をこぞって報道するようになっていきました。


「22年目の告白 私が殺人犯です」のネタバレ


22年前の殺人犯が現れたことにより、牧村は動揺を隠せないでいました。それは、5つの事件の中で自分の大切な上司である滝幸宏(平田満)、そして妹の里香(石橋杏奈)を亡くしていたからでした。

日本中が混乱する中、ジャーナリストの仙堂俊雄(仲村トオル)は、いち早く、自身の番組である「NEWS EYES」で曾根崎の事件を取り上げ、彼を次回の放送番組に招待したいと番組内で誘うのであった。


ある日、曾根崎は本を売るためのパフォーマンスとして「練馬区病院長婦人殺害事件」の被害者である山縣明寛(岩松了)に会いに行きます。報道陣が詰めかける中、曾根崎は山縣に対して土下座をして謝罪をするのでした。

さらに曾根崎はそばにボディガードとして派遣されていた刑事の牧村を挑発し、わざと殴りかかるように仕向けるのでした。その目論見通り、牧村は彼を殴り、その場は大混乱に陥りました。

大混乱の後、曾根崎は自身の本のサイン会へと何事もなかったかのように向かいます。そして、その途中で報道番組のスタッフから連絡が入り、仙堂の番組に出演することが決まったのでした。


ついに迎えた放送の時間。

曾根崎は予定通り、仙堂の番組に現れます。仙堂は、曾根崎に対し、様々な厳しい追求を行います。そして、本当は第6の殺人事件があったのでは?と独自に入手した映像とともに彼に詰め寄ります。


その映像には牧村の妹である里香が拘束される姿が映し出されていました。

これに対し、曾根崎は5件で完結した事件であるため、6件目はないし、その女性も知らないと答えるのでした。


その頃、牧村は行きつけの定食屋で曾根崎と仙堂の対談番組を見ていました。そして、第6の殺人の映像と言われるものを見て、里香がいなくなったできごとを思い出していました。

当時、里香には小野寺拓巳(野村周平)という婚約者がいました。捜査の甲斐なく、里香の失踪事件は時効の日を迎えてしまいます。小野寺はその時効の日に、牧村の目の前で自殺を図りビルの屋上から飛び降りるのでした。


前回の放送の中で第6の殺人事件となる映像をネットに流した人物から仙堂に連絡が入ります。なんと内容は、「自分が真犯人である」とのことでした。

新たに浮上した真相を明らかにするため、仙堂は曾根崎と牧村を呼び、犯人と対談を行うことが決まりました。


そして迎えた対談の日・・・。

真犯人は覆面姿で現れ、真犯人であるという証拠として新たな映像を持ってきていました。その中身を確認すると、第6の事件と言われている牧村里香の殺害の映像が映し出されていました。

この映像を見た後、曾根崎は仙堂が使っていた万年筆を奪い、真犯人に突き刺します。


スタジオはあっという間に大混乱に・・・

仙堂が曾根崎にその真意を問い詰めると・・・彼は、この告白本は私ではなく、牧村航が書いたもので、私は里香の婚約者の小野寺であると話したのでした。

さらに彼は、里香の事件が時効を迎えた日に自殺を図ったものの、一命を取り留め、その後全身整形を山縣氏にお願いして行い、真犯人をあぶり出すためにこの壮大な計画を考えたのだとも話しました。


これを聞いた真犯人は、自分はネットで雇われただけの代行の人間で犯人ではないのだと突然、言い放つのでした。

またもや番組が騒然とする中、牧村と小野寺は必ず自らの手で犯人を見つけ出すと固く誓い合うのであった。



番組が終了した後、牧村と小野寺はそれぞれ別の場所で里香の殺害の映像を何度も見返していました。すると・・・彼らはあることに気づきます。

小野寺は、この映像から犯人はジャーナリストの仙堂であるということを掴み、また、牧村は里香が殺害されたのが時効が撤廃された新刑事訴訟法の適用の範囲内であるということを掴んだのでした。


小野寺は真犯人である仙堂を捕まえるため、さっそく仙堂のいる場所へと向かいます。時を同じくして、真犯人に気づいた牧村も仙堂の元へと車を走らせていました。

その頃、仙堂はインタビュー番組に出演するため、自身の別荘にいました。撮影が始まる直前、何者かが自分の別荘に侵入した形跡を見つけ、その痕跡をたどり、地下室へと向かいました。

すると、そこには小野寺が待っていました。


犯人であることを突きつけられた仙堂は、それをあっさりと認めます。ただ、彼は自己顕示欲があまりにも強かったため、小野寺によって演じられた曾根崎がテレビで、「私が殺人犯である」という言葉を耳にするたびに、いらついていたのでした。

その怒りもあり、仙堂は小野寺に襲いかかります。小野寺はそれに対抗し、一騎打ちの戦いが始まります。


間一髪のところで、牧村が現れ、二人の取っ組み合いを止めます。そして、小野寺に里香の亡くなった日付が新たな刑事訴訟法の適用内で、仙堂を法で裁くことができるということを伝えます。

仙堂は後から駆けつけた警官によって捕らえられ、裁判ののち、刑務所へ送還されます。その途中で、22年前に亡くなった被害者家族により殺害されてしまいます。

物語はここで幕を閉じます。


「22年目の告白 私が殺人犯です」を視聴するなら


「22年目の告白 私が殺人犯です」を視聴するなら、music.jpがおすすめです。

登録時にもらえるポイントで、無料で視聴することができ、30日以内の解約であれば、一切お金はかかりません。さらに、登録作品数も18万本と多いので、「22年目の告白 私が殺人犯です」以外の作品も楽しむことができます。
ぜひ、この機会にお試しください。

↓30日以内に解約すれば無料↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です