映画「アマデウス」のネタバレとフル動画を無料視聴【吹替/字幕】

4 min
映画「アマデウス」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 正直それほどメジャーな作品という訳ではないので、有料のオンライン動画配信サービスですら配信していません。唯一無料視聴が可能なのは、TSUTAYA DISCASというオンラインDVDレンタルサービスの無料トライアルを利用すること。 TSUTAYA DISCASはオンライン配信ではないので今すぐ視聴はできないのですが、DVDレンタルが月8枚まで無料になります。また、注文もオンラインで行えるので、自宅ポストにDVDが届くのを待つだけで良くて非常に気楽です。 それに、アマデウスに限らず通常は動画配信サービスに無いような作品もDVDレンタルであればほぼ揃っていますし、ぜひTSUTAYA DISCASで見たかった作品を一気に視聴してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「アマデウス」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT × × ×
FOD × × ×
TSUTAYA TV/DISCAS DVDレンタル ×
Hulu × × ×
dTV × × ×
Netflix × × ×
Amazonプライムビデオ × × ×
music.jp × × ×
※2020年2月28日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください)   「アマデウス」を配信しているのはTSUTAYA DISCASのみ。 U-NEXTやNetflixなど、オンラインで映画やアニメを楽しめるサービスでは一切配信されていません。 なので今すぐアマデウスを視聴することは難しいのですが、TSUTAYA DISCASに今日登録してオンラインでDVDレンタルの注文をすれば、2~3日後には自宅にアマデウスのDVDが届きます。 視聴し終えたら近くのポストに返却して終わり。TSUTAYA DISCASは30日間の無料トライアルを実施しているため、期間内であれば最大8枚までDVDをレンタルしても1円もかからないわけですね。 当然アマデウス以外の作品でも、旧作や準新作であればレンタル可能。そのラインナップは動画配信サービスの比ではないので、今まで見ようと思って見れていなかった作品を視聴するチャンスです。ぜひ無料トライアルを利用してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「アマデウス(邦題)」「Amadeus(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「アマデウス」を視聴するならTSUTAYA DISCAS

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ 付与ポイント 1100
視聴方法 DVDレンタル 視聴デバイス スマホ タブレット パソコン
備考 準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
  TSUTAYA DISCASはツタヤの運営する動画配信サービスです。
TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス
TSUTAYA DISCASの無料トライアルに登録すると、この2つのサービスを同時に利用できます。 月額2417円ですが、30日以内に解約すれば完全無料。 また、TSUTAYA TVで配信されているサービスは他に比べると少ないものの、他にはない作品も多く、またTSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)を組み合わせると、どのサービスよりも無料で多くの映画やアニメを楽しめます。

↓30日以内に解約すれば無料↓

「アマデウス」のあらすじ

1823年、アントニオ・サリエリという男が精神病院へやってきます。 彼は元宮廷音楽家で、かの有名なモーツァルトとライバル関係にありました。昔を思い出し、しきりにモーツァルトへの謝罪の言葉を口にするサリエリ。 彼は、まるで懺悔するかのごとく過去を語り始めます…  

「アマデウス」のネタバレ

モーツァルトがはじめて作曲をしたのはわずか4歳の時。それ以来、貴族たちの前でも臆することはなく、宮廷での演奏を何度も成功させてきました。 一方サリエリが音楽の道に進んだのは、反対していた父が亡くなってから。数年掛かりでオーストリアの皇帝に実力を認められ、宮廷作曲家になります。 二人の出会いはモーツァルト主催の音楽会。 サリエリはそこで、甲高い笑い声を上げながら女性を追い回している若い男を見かけます。 やることなすこと子どもじみていて、品性というものを持ち合わせていません。 しかしそれが主催者であるモーツァルトだと知り、サリエリは落胆。 ところが、モーツァルトの音楽の才能は本物でした。さきほどまで子供のような振る舞いをしていた彼が奏でる音楽は、先天的な才能の差を感じさせるものでした。 皇帝に演奏を絶賛され、オーストリアに住むことになったモーツァルト。 婚約者のコンスタンツェと結婚しますが、派手な生活を好む2人は毎日パーティー三昧。しだいに生活は苦しくなっていきます。 サリエリはモーツァルトを歓迎するために作った曲を宮廷で披露しますが、曲を聴くやいなやその場で勝手に楽譜を書き換えてしまうモーツァルト。 皇帝の前で恥をかいたサリエリは、神に復讐を誓います。 モーツァルトに大きな仕事が舞い込みそうになると阻止したり、モーツァルト主催のオペラの構成を変えて失敗させようとします。しかしなぜか上手くいかず、その度にモーツァルトから慕われてしまう始末。 ある日モーツァルトの父が亡くなり、追悼のためにオペラを作曲しますが、観客からは評価されません。やがて酒浸りになるモーツァルト。そんな夫に愛想をつかし、コンスタンツェは家を出て行ってしまいます。 酒で体を壊し、幻覚を見るようになったモーツァルト。必死に書き上げたオペラ「魔笛」の上演中に倒れてしまいます。サリエリに介抱される中、死神の姿を見ます。 その死神はモーツァルトの様子を見に来た友人たちだったのですが、「これはチャンス」とモーツァルトを騙そうと企むサリエリ。 死神が 「翌朝までにレクイエムを書き上げれば、大金を払うと言っている」 と嘘を吐きます。 息も絶え絶えのモーツァルトは、口で歌うから楽譜に書き写してほしい、とサリエリに頼みます。病気でありながらも失っていない天賦の才に、何かを諦めたように彼の歌声を音符にしていくサリエリ。 まだ作曲途中の夜明け、モーツァルトは「貴方に嫌われていると思っていた。僕は馬鹿だ、許してくれ」と言います。 そこに家を出ていたコンスタンツェが戻ってきました。 変わり果てた夫に驚き動転するコンスタンツェ。ひどい妻でごめんなさいと謝りますが、すでにモーツァルトは息を引き取っていました。 数々の名曲を残した天才モーツァルトですが、一般人との共同墓地に投げ捨てられるようにして埋葬されます。 精神病院で長い罪の告白をしたサリエリは、「私は凡庸の王。世界の凡庸たちよ、お前の罪を許そう」という言葉を残したとされています。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です