アマルフィ 女神の報酬のネタバレとフル動画を無料視聴

5 min
映画「アマルフィ 女神の報酬」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 フジテレビ開局50周年記念映画です。 ローマの名所の数々と世界遺産アマルフィの海岸をバックにストーリーは進みます。サラ・ブライトマンが本人役を演じ、大ヒットした名曲「Time To Say Good Bye」を歌います。その歌声も聴きどころ。 今すぐ無料で視聴するなら、TSUTAYA TVがオススメ。 本来は月額2000円以上の動画配信サービスなのですが、実は最初の30日間が無料トライアルになっており、期間内に視聴&解約してしまうことで、1円もかけずに「アマルフィ 女神の報酬」を楽しめます。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「アマルフィ 女神の報酬」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT × ×
FOD × ×
TSUTAYA TV 400ポイント
Hulu × ×
dTV 300ポイント
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ × ×
music.jp 330ポイント
※2020年4月11日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください) 「アマルフィ 女神の報酬」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・TSUTAYA TV ・dTV ・music.jp ただ、dTVだけは有料なので注意してください。 30日間の無料トライアルこそあるものの、肝心の映画の視聴にポイント(別料金)が必要です。タダでもらえるポイントもないので、結局自腹になってしまうわけです。 なので、実質TSUTAYA TVとmusic.jpの2択。 どちらも無料期間内に「アマルフィ 女神の報酬」を楽しめますが、TSUTAYA TVのほうが見放題作品の数が圧倒的に多いので、他の映画やドラマを楽しむことを考えればTSUTAYA TVがオススメです。 TSUTAYAが運営するサービスなのでシステムも分かりやすいですし、登録も5分ほどで完了します。無料トライアル期間を活用すれば無料で映画を楽しめるので、ぜひ今すぐ試してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「アマルフィ 女神の報酬(邦題)」「amalfie megaminohousyuu(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「アマルフィ 女神の報酬」を視聴するならTSUTAYA TV

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TV:10000以上 DISCAS:TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ 付与ポイント 1100
視聴方法 オンライン DVDレンタル 視聴デバイス スマホ タブレット パソコン
備考 オンラインとは別に準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
  TSUTAYA TVはツタヤの運営する動画配信サービスです。
TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス
TSUTAYA TVの無料トライアルに登録すると、この2つのサービスを同時に利用できます。 月額2417円ですが、30日以内に解約すれば完全無料。 また、TSUTAYA TVで配信されているサービスは他に比べると少ないものの、他にはない作品も多く、またTSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)を組み合わせると、どのサービスよりも無料で多くの映画やアニメを楽しめます。

↓30日以内に解約すれば無料↓

「アマルフィ 女神の報酬」のあらすじ

テロ対策専門の外交官・黒田康作(織田裕二)がローマ入りしました。 G8外相会議に備えてのことです。 一方、矢上紗江子(天海祐希)という女性が、娘が連れ去られたといって大使館に駆け込んできます。彼女はシングルマザーで娘の目の難手術を控え、その前に美しいイタリアの風景を見せておきたいとローマに観光に来ていました。 誘拐?それとも失踪?この裏にはどんなたくらみが? 黒田と大使館員の安達(戸田恵梨香)が事情確認のために紗江子の元へ行きます。 そこで犯人から電話が。イタリア語がわからない紗江子に替わって電話に出た黒田は、とっさの判断で娘の父親だと名乗り誘拐事件に深く関わることに。 イタリアでは身代金を払うこと自体が犯罪として禁止されています。黒田が秘密裡にイタリア警察と連絡を取って偽札を用意し、紗江子は受け渡し場所へ。 しかし犯人から次々と場所変更の連絡が入ります。テルミニ駅。サンタンジェロ城。スペイン広場。しかしそのスペイン広場でひったくりにあったことから偽札とばれ、犯人との交渉は打ち切りになってしまいます。 防犯映像がおかしい。一連の流れのなかで黒田はふと気づきます。映像をチェックするとやはり加工された跡があります。 通った人もいないのにろうそくの火が不自然に揺れている。黒田は警備会社が鍵ではないかとにらみました。同時にこの事件は誘拐が本当の目的なのか?という疑問も生まれます。 終わってしまったと思われた交渉ですが、犯人から再度連絡がありました。今度の取引場所はアマルフィ。ローマから300キロほど南に離れた美しい海岸の街です。 犯人の命じるまま、外務省で用意した10万ユーロを持って紗江子一人が受け渡し場所へ向かいます。 しかし今回も身代金の受け渡しには失敗してしまいました。娘の身を案じ、憔悴しきった紗江子は黒田にすがります。そこへ紗江子の友人・藤井(佐藤浩市)がローマからアマルフィまで駆けつけてきました。 黒田と紗江子の雰囲気に嫉妬したのか、藤井は2人きりで話したいと黒田に席を外させます。――その後から紗江子の様子がおかしい。顔色が優れません。  

「アマルフィ 女神の報酬」のネタバレ

黒田はやはり警備会社が気になっていました。 紗江子とともにその調査に赴くと…… 驚くべきことが起こりました。中央監視センターで、突然紗江子が職員たちに銃を突きつけたのです!紗江子はイタリア語のメモを読み上げ、セキュリティシステムの一時停止を命じます。 実は紗江子は藤井に脅されていたのです。藤井はなんと娘を誘拐した犯人一味の首謀者。警備会社の乗っ取りを命じ、銃を渡したのも藤井です。警備システムを乗っ取り、藤井たちは何をしようというのか? その晩、日本大使館ではイタリア大統領を招いて親睦会が行なわれていました。G8外相会議に出席するため、日本の外務大臣もイタリアへ来ています。 世界的歌姫を招き、歌声を聴きながら和やかに会は進みます。その時会場である日本大使館に現れたのは藤井を始めとする犯人グループ。 実は藤井たちは日本の外務大臣への復讐を企てていたのでした。 話は数年前にさかのぼります。 藤井たちは独裁政権に苦しむヨーロッパのある国でNPO活動をしていました。理不尽な襲撃を受け、藤井の妻、そして村人たちが何人も殺されてしまいます。 彼らの死は密かに処理され、公表もされませんでした。外務大臣は密かにその独裁政権に資金援助をしていた張本人だったのです。 大事件を起こして外務大臣の罪を暴く――。 これが藤井たちの目的でした。 一方、黒田たちは警備会社に駆けつけたイタリア警察の警部を人質に取り、その場を脱出します。日本大使館へ駆けつけると、テレビ局のカメラの前で、今まさに藤井が外務大臣を射殺しようとしているところでした。 黒田は冷静に説得します。「本当にするべきことは生かして罪を償わせることだ」。その説得に藤井は応じ、外務大臣を解放しました。 事件は終わり、紗江子の娘も無事に戻って来ました。黒田と紗江子はアマルフィの海岸を歩きます。美しい風景に目を奪われていた紗江子が振り向くとそこにもう黒田はいませんでした。 彼は空港へ向かいます。次の赴任先は南米のウルグアイ。また何か、彼でなければ出来ない仕事が待っているのかもしれません。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です