映画「あの頃のペニー・レインと」のネタバレとフル動画を無料視聴

1 min
映画「あの頃のペニー・レインと」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 地上波放送を待つ、DVDレンタルする、違法動画サイトを漁る..色々方法はありますが、一番手っ取り早いのはU-NEXTを利用すること。 登録が必要なのが面倒ですが、住所などの登録も不要で3分あれば終わりますし、その後すぐに視聴可能なので今すぐ試してみてください。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「あの頃のペニー・レインと」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題 字・吹
FOD × ×
TSUTAYA TV 見放題
Hulu × ×
dTV × ×
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ 199ポイント
music.jp 330ポイント
※2020年3月20日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください) 「あの頃のペニー・レインと」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・U-NEXT ・TUTAYA TV ・Amazonプライムビデオ ・music.jp ただ、Amazonプライムビデオは有料なので注意してください。 30日間の無料トライアルこそあるものの、肝心の映画の視聴にポイント(別料金)が必要です。タダでもらえるポイントもないので、結局自腹になってしまうわけです。 それ以外のサービスであれば、無料期間内に視聴可能。 1つ登録するならオススメはU-NEXTで、music.jpやTSUTAYA TVという他のサービスと比べると、見放題作品数が非常に多い。つまり無料で楽しめる作品が多いのが特徴です。 さらにU-NEXTは無料トライアル期間も31日間と最長。登録自体もすごく簡単で3分あれば終わりますし、ぜひ今すぐ「あの頃のペニー・レインと」を高画質で視聴してみてください。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「あの頃のペニー・レインと(邦題)」「anokorono penia rain to(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「あの頃のペニー・レインと」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン ダウンロード 視聴デバイス スマホ タブレット パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
  U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。 130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。 おまけに、登録から31日間は無料。 映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。 スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。

↓31日以内に解約すれば無料↓

「あの頃のペニー・レインと」のあらすじ

ウィリアムは厳格な母親に育てられ、勉学に励み弁護士になるようにしつけられていました。バターも砂糖も小麦粉もだめ、恋愛もだめ、ロックの音楽なんてもってのほか。 姉のアニタはそんな母親に嫌気がさし、CAになると言って家を出てしまいます。アニタはウィリアムのために、様々なロックバンドのレコードを大量に残してくれ、彼はロックの音楽に夢中になっていました。 15歳になったウィリアム。 ロック専門の音楽雑誌であるクリーム誌の編集長レスターに自分が学校新聞で書いた音楽の記事を送り、直接会う機会を得ます。ウィリアムを気に入ったレスターは、ブラックサバスの記事の執筆を依頼しました。 ブラックサバスのライブに来たウィリアム。ジャーナリストだと説明してもスタッフは中に入れてくれません。関係者用の入り口前で立ち尽くしていると、そこにグルーピー(追っかけ)と呼ばれる女の子の集団がやってきます。 ウィリアムは、その中で一際華やかで目立っていたペニー・レインという少女に一目惚れをします。 ペニーは自分たちをただのグルーピーではなく、音楽を愛しバンドを助けるバンドエイドだとウィリアムに説明し、そのまますんなりと関係者として会場内に入って行きました。 その後すぐに、ブラックサバスの前座を務めるスティルウォーターというバンドのメンバー達がやってきます。 ウィリアムは自分はジャーナリストだと言い、取材をしたいとメンバー達にお願いをしましたが、彼らはこぞって嫌な顔をして批評家は敵だと返しました。 それに対しウィリアムはスティルウォーターの新曲を褒め、ギターサウンドは特に燃えると言いました。気を良くしたバンドメンバー達は、彼を会場内へと招き入れ、取材に応じます。そしてすっかり仲良くなり、またライブに来てくれと言われるほどになります。  

「あの頃のペニー・レインと」のネタバレ

ある日、有名なローリング・ストーン誌の編集者からウィリアムに執筆の依頼の電話が来ます。彼が地元の新聞で書いた記事を気に入ったとのこと。 編集者に何かネタはあるかと聞かれると、ウィリアムはスティルウォーターを提案し、バンドのツアーに同行して取材を行う機会を得ました。 バンドのツアーには、ペニーを含むグルーピーも大勢参加しており、移動中や滞在先のホテルも常ににぎやかでした。 ある日、取材のためにギタリストのラッセルの部屋を訪ねたウィリアム。 しかしそこには裸のペニーもおり、彼らが体の関係を持っていることを知ります。ウィリアムは少しショックを受けましたが、2人を応援することにしました。 それからも、バンドのツアーは順調そのもの! が、メンバー内の関係はすれ違いが生じはじめていました。 優れたギターテクニックを持ち、さらにイケメンであるラッセルの人気ばかりが増え、ほかのメンバーがただの飾りのような扱いを受けるようになったのが原因でした。 しまいにはラッセルとボーカルのジェフが大ゲンカとなってしまい解散の危機に。それでもなんとか仲直りをしてツアーを再開することができました。 そして新しく優秀なマネージャーが付いたことにより、バスでの移動から専用のジェット機での移動に変わり、待遇も良くなりました。メンバーの不満も少しは和らいだようです。 いよいよツアーも終盤。 ウィリアムはラッセルがNYでのライブにペニーを同行しないことを知ります。本命の彼女のレスリーが会いに来るので、鉢合わせを避けるためでした。 バンド関係者で行われていた飲み会の場にこっそり参加していたペニーは、ラッセルとレスリーが仲良さそうに話す姿を見たとたん、悲しい顔をしてその場を去っていきます。 ウィリアムはペニーを追いかけて、ホテルの彼女の部屋を訪ねます。 すると、ペニーは大量の睡眠薬を飲んで自殺を図ろうとしていましたのです! すぐに医者を呼び、一命をとりとめたペニー。 彼女が地元に帰るというので、ウィリアムは空港まで見送りました。 次の日、ウィリアムは専用のジェット機でバンドメンバーやレスリーと一緒に移動していました。すると突然ジェット機が雷雨に巻き込まれ不時着を免れない状態に。 死を覚悟したラッセルは、最後にお前たち全員愛してると言います。それに対しメンバーたちは「お前は嫌われ者だ、死ぬ時まで一緒じゃ割りに合わない」と思いがけない事を言い始めます。 さらにはジェフがレスリーと寝たことを告白。ラッセルがペニーと何度も寝たこともバラし全員が言いたい放題の大ゲンカに。 耐えかねたウィリアムは、君らはペニーをさんざん利用して捨てたと怒り、彼女を自殺まで追い込んだ人間のクズだと言い放ちました。 その時、ジェット機が奇跡的に雷雨から抜け切り、問題なく空港で着陸しました。 気まずい空気の中、無言で空港のロビーを歩く全員。ローリングストーン誌の編集社へ向かうためウィリアムとバンドはここで別れることに。 そして最後の別れ際、ラッセルはウィリアムに自由に書けと言いました。 レスターにジャーナリストは手厳しく正直に書くべきだと教わったウィリアムは、今までツアーで見聞きしたことすべてをありのままに執筆しました。 バンドメンバーの恥ずかしい発言やジェット機が墜落しかけたことなど、目を惹く内容に喜ぶローリングストーン誌の編集者達。 しかし、会社が事実確認のためにバンドメンバーに電話をすると、ラッセルさえもすべてを否定し、ウィリアムの記事はただのファンの妄想として扱われてしまいました。 空港でウィリアムが落ち込んでいると、スチュワーデスになったアニタと偶然出会います。彼を励ますためどこでも好きな場所へ行こうと言うアニタ。 ウィリアムは喧嘩別れした母親とアニタを再会させるために、彼女を家に連れて帰りました。そしてアニタは母親と仲直りをすることができました。 ペニーのことが忘れられなかったラッセル。 彼女に電話をし会いに行くから住所を教えてほしいと頼みます。 そして教えてもらった住所を訪ねると、そこはウィリアムの家でした。ペニーによって彼らは再び引き合わせられたのです。 ラッセルはウィリアムに謝罪し、ローリングストーン誌にも彼の記事の内容が事実であることを伝えたと報告しました。そして2人は仲直りできたのです。

↓31日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です