ナルニア国物語シリーズ3部作(全作)フル動画を無料視聴

10 min
ナルニア国物語シリーズを1作目~3作目まですべて無料で視聴可能なのはmusic.jpのみ!
配信サービス お試し期間 有料・見放題 字幕・吹替
30日間無料
付与ポイント1600
1本440
ポイント
字・吹

↓30日以内に解約すれば無料↓

「ナルニア国物語」シリーズ3部作の動画配信状況

1作目:ナルニア国物語 第一章 ライオンと魔女 2作目:ナルニア国物語 第ニ章 カスピアン王子の角笛 3作目:ナルニア国物語 第三章 アスラン王と魔法の島

※FODとHuluは1~3作目すべて未配信
配信サービス お試し期間 有料・見放題 字幕・吹替
31日間無料
付与ポイント600
1作目2作目:330ポイント
3作目:見放題
字・吹
30日間無料
付与ポイント1100
1作目2000ポイント
2作目2000ポイント
3作目400ポイント
1作目2作目:字吹
3作目:吹
31日間無料
付与ポイントなし
1作目配信なし
2作目330ポイント
3作目330ポイント
字・吹
無料期間なし
付与ポイントなし
見放題 字・吹
30日間無料
付与ポイントなし
1作目2作目:199ポイント
3作目300ポイント
1作目2作目:吹
3作目:字・吹
30日間無料
付与ポイント1600
1本330
ポイント
字・吹
※2020年5月8日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください) Netflix、Amazon、dTV、TSUTAYA TVは有料となります。

dTV&Amazon:視聴にポイントが必要だが、登録時にもらえるポイントがないため有料。 Netflix:この中で唯一無料トライアル期間がないため必ずお金がかかる。 TSUTAYA TV:視聴に必要なポイントがもらえるポイントより多い

なのでナルニア国物語を無料で見るならU-NEXTかmusic.jpの2択。 でも登録時にタダでもらえるポイントの関係上、U-NEXTは3部作のうち2つしか視聴できないのに対し、music.jpは「ライオンと魔女」「カスピアン王子の角笛」「アスラン王と魔法の島」をすべて視聴可能。 30日間の無料トライアル期間内に視聴&解約してしまえば1円も費用は発生しないので、ぜひmusic.jpで「ナルニア国物語シリーズ」を視聴してみてください。

↓30日以内に解約すれば無料↓

 
違法アップロードサイトでの視聴は危険?
Pandoraやdailymotionなど動画サイトはウイルス感染のリスクがあります。 例えば動画共有サイト「openload」では、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されており、気づかぬうちに被害に遭う可能性が高いので絶対にアクセスしないでください。

ナルニア国物語シリーズを視聴するならmusic.jp

※FOD、Hulu、Netflixはシリーズ全作配信なし
お試し期間 30日間無料 月額料金 1958円(税込)
作品数 180,000本 付与ポイント 動画ポイント:1000 通常ポイント:600
視聴方法 オンライン 視聴デバイス スマホ タブレット パソコン
備考 すべての作品でポイント購入が必要。ただし、登録時にもらえるポイントが多い
メリット

・登録時にもらえるポイントが多い ・配信映画やアニメの数がVOD最強レベル ・音楽やコミック(電子書籍)まで視聴可能

デメリット

・すべてのコンテンツがポイント制 ・macパソコンだと視聴できないことがある

muisc.jpの特徴はなんと言っても、全コンテンツがポイント(別料金)制なこと。 見放題動画ならどれだけ見てもお金がかからない他のVODサービスと違い、登録時にもらえるポイントを使い切ってしまったら、無料期間が残っていても何もできなくなってしまいます。 もっとも、music.jpはもらえるポイント数が1600とかなり多い! 「ナルニア国物語」シリーズであれば1作ごとに330ポイント必要なので、3作品全部視聴してもポイントは余ります。シリーズすべて無料期間に視聴できるVODはmusic.jpしかありません。 「具体的に見たい映画は思いつかないけど、いろいろな映画を見たい」という場合は他のサービスのほうが良いですが、視聴したい映画がいくつか決まっているならmusic.jpでナルニア国物語を視聴してみてください。

↓30日以内に解約すれば無料↓

第1章 ライオンと魔女のストーリー

第1章 ライオンと魔女:あらすじ

第二次世界大戦中のイギリスに住むペベンシー家の子供たちは、空襲から逃れるため田舎にあるカーク教授の屋敷へと疎開してきていました。 とある雨の日のことです。 ヒマを持て余す次女のルーシーをみかねた長男ピーターはかくれんぼに誘います。それぞれ広い屋敷で隠れ場所を探し、ルーシーは、空き部屋の大きな衣装ダンスの中へと隠れたのです。 掛けられていたコートをかき分け奥へと進むと、そこは別世界。雪が積もったナルニア国の森にある街灯にたどり着いてしまったのです。 そしてルーシーは、フォーンのタムナスと出会い家へ招かれます。 この国はライオンのアスランが納めていて平和だったが、白い魔女が現れてから姿を消し、長い冬が始まった。タムナスはそう語ります。 そしてルーシーこそが長い冬を終わらせる可能性を秘めた「予言の子供」ではないかとも。ですが、とりあえず彼女はいったん元の世界に戻ることにします。すっかり遅くなってしまいました。 しかし、タンスから出るとピーターが数を数える声が。時間が経っていなかったのです。 ルーシーはかくれんぼのことなんてお構いなしにナルニア国の説明をしますが、誰も信じてはくれません。タンスのなかに別世界があると言っても信じられないのは当然でした。 その日の夜。 ナルニア国があると信じたいルーシーは、再びナルニア国へと足を踏み入れます。 気になって追いかけてきた次男のエドマンド。すると彼は不幸にも白い魔女に出会ってしまいます。この魔女自身も、「予言の子供たち」のことは警戒していました。 そこで、魔女はエドモンドをそそのかします。 いつも二番手なことに嫌気がさしていたエドマンドに、「お前をいちばんにしてやる」と見返りを与える代わりに、兄弟たちを連れてくるように約束するのです。 その後ルーシーとエドマンドは合流し、再び元の世界へ。もう1度ピーターと姉のスーザンにナルニア国の存在を話すものの、なぜかエドマンドは知らないフリをして、結局信じてもらえないままになってしまいます。 ある晴れた日のこと。 庭で野球をして遊んでいると、打ったボールが屋敷の窓ガラスを割ってしまいます。怒られたくない4人は、エドマンドに言われるがままクローゼットの中へ隠れるのです。 「足を踏まないで!!」 もつれあっているうちに4人はナルニア国へ。ルーシーの話を信じる他ないピーターとスーザンはルーシーに謝罪をし、案内されてタムナスの家へとやって来ます。 しかしそこには荒らされた部屋があるだけでした。彼は、人間の子を招き入れた罪として白い魔女の城へと連行されていたのです。

第1章 ライオンと魔女:ネタバレ

そこに現れた、喋るビーバー。 彼は4人を家へ案内し、予言の子が現れたからアスランが兵を集め戦いの準備をしていることを伝えます。そんななか、1人抜け出して魔女の元を訪れたエドマンド。 予定とは違ったものの、ナルニア国に兄弟全員が集ったことを伝えます。ですが、自分の芽の届かないところで「予言の子供」が揃ってしまうのは白い魔女にとって最悪の出来事でした。結果、エドマンドは牢屋に放り込まれてしまいます。 一方、ビーバーと3人 エドマンドが城へ行ったことに気が付き、急いでアスランの元へと向かいます。 道中、白い魔女の力が弱まり、花が咲き始め、サンタクロースまでやってきます。3人は戦いで必要な武器や薬のプレゼントを貰い、アスランのキャンプへとたどり着きました。 その頃、エドマンド。 牢屋で震えているとタムナスに出会いますが、彼は白い魔女に石に変えられてしまいました。そしてエドマンドは彼女に連れられて3人を追いかけに行くのです。 キャンプで川遊びをしていたスーザンとルーシー。 白い魔女の手下の狼が現れ、2人を襲います。間一髪でピーターが駆け付けて倒し、逃げた残りの狼を仲間のケンタウロスが追いかけてエドマンドを救い出します。 しかしキャンプにやってきた白い魔女。エドモンドを取り戻したい彼女はアスランと取引をします。条件は「エドマンドを解放する代わりに、アスランが命を差し出す」ことでした。 その日の真夜中。 約束を果たすべく、アスランはルーシーとスーザンと共に白い魔女の元へと向かいます。儀式が始まり石碑に乗せられます。そして白い魔女に刺され殺されてしまいました。 しかしアスランの死体に抱き着き悲しむスーザンとルーシーがその場を去ろうとすると、石碑の割れる音が。日の出とともにアスランが生き返ったのです。裏切り者を殺す儀式だったために、裏切っていないアスランは復活することができたのです。 2人はアスランの背中に乗り白の魔女の城へ そして捕らわれ石に変えられてしまった仲間やタムナスをアスランの魔法で救い出し、戦いへと増援を引き連れ急ぐのです。 一方、ピーターとエドマンド。 白い魔女との戦いが始まります。 実際には生き返ったとは、この場にアスランはいません。戦いの経験がないピーターが指揮するアスラン軍は圧倒的な白い魔女の力に押されてしまう。懸命に戦いますが、エドマンドがお腹を刺されてしまうのです。 そこへアスランが白い魔女に飛びかかり白い魔女を倒し戦いに勝利します。横たわるエドマンドに、ルーシーはサンタクロースに貰った「どんな怪我でも一滴で治る薬」を使い怪我を治します。 そしてかつての平和な国へ戻ったナルニア国では、4人が新たな王へとなり、それを見届けたアスランはどこかへと姿を消してしまいます。 月日が流れたナルニア国。 大人へと成長した4人がある日、鹿を追いかけて森へとやってくると、そこには見覚えのある街灯がありました。 森の奥へと進むと元の世界へと入った時間のまま戻ります。そしてボールを持ったカーク教授が興味深々に何があったのか訪ねてくるのです。

第2章 カスピアン王子の角笛のストーリー

第2章 カスピアン王子の角笛:あらすじ

前作「第一章」で白い魔女に勝利してから1000年以上経過したナルニア国。人間であるテルマール人が支配するようになっていました。 ある日、カスピアン王子の伯父のミラースに息子が誕生。そして息子に王位を継がせたい彼は、王子の暗殺を計画します。 それを察知して森へと逃げたカスピアンは、ナルニア人と呼ばれる、喋る動物や小人に出会います。そして追い込まれた彼は角笛を吹きますが小人に殴られて気絶させられてしまうのです。 ですが、カスビアンは国から逃げる前に1つ保険をかけておきました。 自分の教師であるコルネリウスに、かつてナルニア国を救った4人の人間、ピーター、スーザン、ルーシー、エドマンドをナルニア国へ呼び戻すべく角笛を託していたのです。 ・・・ その頃、現実世界。 4人兄弟のはイギリスで学生として生活をしていました。彼らはすっかり成長したものの、王としてナルニア国を納めていたことを忘れることができません。 学校帰りに地下鉄の駅で電車を待つ4人。突如、強い風が吹いたかと思うと、そこはずっと想いを断ち切れずにいたナルニア国!戻ってきたのです! しかし、街にはナルニア人もいません。 かつてのナルニア国とは何もかも違っていました。 散策する4人は、テルマール人が小人を川へと投げ入れそうなところへ遭遇。 「おろしなさい!!」 その声と共に小人は川に投げ捨てられてしまいます。しかし、テルマール人はスーザンに倒され、小人はピーターとエドマンドに助けられて事なきを得ました。 そして4人は現在のナルニア国の状況について聴かされるのです。

第2章 カスピアン王子の角笛:ネタバレ

その頃、カスピアン。 連れてこられたアナグマの家で目を覚まし、案内をされてナルニア人に出会います。 伯父であるミラースを倒すために協力を募るカスピアンでしたが、テルマール人であるためナルニア人に非難されます。しかし彼の一言がナルニア人を動かしました。 「僕が王様になったら、ナルニアの平和を約束する」 一方、小人と4人。 川を渡ろうとしますが、月日がたち深くなった崖を渡れずにいました。そんな時、ルーシーが反対の崖にかつてともに戦った仲間、アスランをみつけたのです! しかし、もう一度目をやると彼の姿はありませんでした。ピーターは兄弟にアスランのことを伝えますが、そのとき崖が崩れて下へと続く道をみつけ川を渡ることが出来たのです。 そして、夜になり、朝になり… ルーシーはアスランの呼ぶ声に目を覚まし、声を頼りに進むとかつての戦友と再会を果たします。しかしそれは夢で、現実にはアスランの姿はありませんでした。 ルーシーがあたりを散策していると、物音がしてピーターに口を塞がれます。隠れて様子を伺うと、カスピアンとナルニア人。結果的に、4人は彼らに砦まで案内されることになります。 ピーターは夜中にミラースの城へ攻め入る計画を立てます。 が、カスピアンと戦い方について衝突します。 そして、いよいよ計画を実行する時がやってきました。 ピーターたちは、仲間たちを引き連れて城へと侵入。 しかしコルネリウスを助けて門を開ける役割だったカスピアンは、父親を殺したのはミラースだと言う事実を知り、予定にはないミラースの寝込みを襲います。 挙句、ミラースにとどめをさせず侵入がばれてしまうのです。 しかし意地でも計画の実行をしたいピーターが無理に門を開け、テルマール人との激しい戦いに。結果、砦へと戻ってきた仲間はごくわずかでした。 追い込まれたカスピアン。 白い魔女の復活を望むものたちに復活の儀式に利用されてしまいます。 しかし間一髪のところでエドマンドが儀式を終わらせるのです。 その頃、ミラース。 ナルニア人に襲われたことにより橋の完成を急ぎ、砦へと進行してきます。 アスランを探しに行くことに決めたピーターたち。スーザンとルーシーが探しに行く間に時間稼ぎとしてピーターがミラースに一騎打ちを求めるのでした。 アスランを探すスーザンとルーシー。 追っ手に追いつかれてしまい途中スーザンはルーシーを先に行かせて戦います。そこに助けに来たカスピアンと一緒に砦へと戻るのです。 深手を負いつつも一騎打ちに勝ったピーターでしたが、ミラースは仲間の裏切りにより殺されてしまうのです。そしてミラースを殺したのはナルニア軍であると濡れ衣を着せられ、テルマール軍との戦いが始まります。 以前アスランの姿を目撃した場所へとやってきたルーシー。 アスランをみつけて、どうして助けに来てくれなかったのか尋ねます。「同じことは二度も起こらない」とアスランはいい、彼の咆哮とともに静かだった草木が動き出します。 一方、テルマール軍とナルニア軍。 テルマール軍の圧倒的な数に押され始めます。しかし木の根が次々にテルマール人たちを襲い始め、一気に戦況が逆転して追い込まれた彼らは橋へと引いて行くのです。 橋を渡ろうとするテルマール人たちの前にはルーシーとアスランの姿が。アスランが吠えると、川の水は姿を変えて彼らを飲み込んでいきます。 そして戦いに勝利したのです。 カスピアンが王となり城ではアスランがテルマール人の歴史について民衆に語り、元の世界へ戻る手立てをするのでした。しかし信じられないテルマール人はためらいます。 そこへ4人が先に元の世界へと戻る申し出をします。 そして元の世界に戻った4人は、何事もなかったかのように地下鉄に乗り込みました。

アスラン王と魔法の島のストーリー

第3章 アスラン王と魔法の島:あらすじ

かつて、2度も人間の世界とは異なる世界「ナルニア国」を救った4人の兄弟。そのうちの次女と次男であるルーシーとエドマンドは、いとこのユースチスの家へ預けられていました。 そんなある日。 アメリカにいるピーターとスーザンからの届いた手紙を読んでいた2人。 そこへ意地悪なユースチスがやってきてナルニア国の悪口を言います。エドマンドと喧嘩になる中、ルーシーが壁にかかっていた海と船の絵が動いていることに気が付くのです。 そして絵から水が溢れだして部屋があっという間に水でいっぱい!水面に3人が顔を出すとそこには大きな船があり、カスピアンと再会するのでした。 ここは、ユースチスの家ではなくまたしてもナルニア国。再会したカスピアンは、父親の古い友人の7人の貴族を探しに航海をしていたようです。  

第3章 アスラン王と魔法の島:ネタバレ

離れ諸島についた3人。 カスピアンと共に貴族を探しに行きますが、奴隷商人に捕まってしまいます。 しかしカスピアンとエドマンドは牢屋で貴族のひとりに出会うのです。そして鉄格子越しに海を見ると謎の霧が奴隷ごと飲み込みどこかへと消えてしまいました。 ひとまず、捕まったままのルーシーとユースチスも救出。そしてカスピアンたちは剣を託され、霧に飲み込まれた人々を救うべく次の島へと向かうのです。 緑の多い島にて。 真夜中、浜辺で休むルーシーに目には見えない何かが襲い掛かります。 その声の主たちは「館に入り、自分たちにかけられた魔法を解いてくれたら解放してやる」と条件を出し、ルーシーは館へと入ります。彼女は部屋の真ん中で大きな本をみつけて手にします。そして呪文を唱えました。 その頃、エドマンドたち。 ルーシーが居ないことに気が付きます。目には見えない何かと戦いますが、ちょうど魔法が解けて姿が現れるのです。エドマンドは姿を現した能無しあんよにルーシーの居場所を問いただします。 すると館からルーシーと魔法使いコリアキンが出てきます。コリアキンにアスランのテーブルの伝説についてききます。それは7本の剣を並べると邪悪な魔法の支配が終わると言うものでした。そしてその場所へは青い星を追いかけるとたどり着くとも。 そして次の島へと進むのでした。 そこは火山が活発な島。 カスピアンは不思議な泉をみつけます。それは全てのものを金に変えるものでした。そして7人のうちのひとりがそこで死んでいるのを発見。剣を手に入れます。 その頃、ユースチスは小うるさいねずみの剣士のリーピチープから逃げるように島を探検します。そして驚くほどの財宝を発見し、その中の腕輪をはめてしまうのでした。 カスピアンたちが浜へと戻るとユースチスがいません。 探しに来たカスピアンたちは7人のうちのひとりの貴族の死体と剣をみつけます。そしてユースチスの焼け焦げた服まで。 島から出ようとするカスピアンたちのもとに一体のドラゴンが現れ、エドマンドをさらいます。そして空からエドマンドに炎で「僕はユースチスだ」と書いた文字をみせるのです。 彼は呪われた財宝を手に取ってしまい、姿を変えてしまったのです。 ユースチスを置いてはいけないとエドマンドたちは浜辺で一夜を過ごします。 朝、目が覚めるとそこには青い星がありました。カスピアンたちは後を追いますが、風もなく船が進みません。「これ以上腹が減ったらあのドラゴン食ってやる!」 その声に怒ったユースチスは船首を尻尾でつかみ、次の島まで船を引っ張ります。 アスランのテーブルの島。 テーブルには3人の貴族が生きたまま眠らされていたのです。 青い星が姿を変えて「アスランのテーブルで争おうとしたため眠らされた」と説明。そして残る1本の剣はあの島にあると、奴隷をさらったものと同じ霧に覆われた島を指します。 島の入口へとつくとそこには最後の貴族がいました。 彼に話を聞くと、この島は想像した怖いものが姿になって現れると言うのです。ですが、エドマンドはそう言われてつい恐ろしい想像をしてしまいました。 瞬間、大きなウミヘビが出現! 船を攻撃し始めました。ユースチスが勇敢にもウミヘビと戦いますが、貴族に剣を投げつけられどこかへと逃げ去ってしまいます。 たどり着いた浜で彼はアスランに出会います。 アスランが地面を引っかくと、ユースチスも胸を痛がり、もとの姿へと戻りました。そしてアスランのテーブルへと霧に邪魔をされつつも剣を並べます。 その頃船。 ウミヘビとの激しい戦いのなか、白い魔女の誘惑がエドマンドを襲うのでした。しかし彼は誘惑を断ち切り、ウミヘビにとどめをさします。 そして捕らわれていた人々が姿を現したのです。 カスピアンたちはアスランに会いに行きます。 リーピチープは彼の国へと旅立ち、ルーシーとエドマンドも、ユースチスとともに元の世界へと戻ります。その姿をカスピアンとアスランが見送るのでした。

↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です