映画「アバター」ネタバレとフル動画を無料視聴【字幕/吹替】

5 min
映画「アバター」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 ジェームズ・キャメロン監督。 世界初の3Dカメラによる撮影で、当時の最新鋭技術を駆使した映像美が話題になりました。3D映像でなら熱帯雨林の森を自由に飛び回る感覚が体験できます。 今すぐ視聴するなら、動画配信サービスTSUTAYA TVの30日間無料トライアルを利用することで、安全&高画質で視聴できます。 またアバターに限らず、映画、ドラマ、アニメなども視聴可能。登録は3分で終わりますし、登録後すぐに「アバター」を視聴できます。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「アバター」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 330ポイント 字・吹
FOD × ×
TSUTAYA TV 400ポイント
Hulu × ×
dTV 300ポイント 字・吹
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ 字199ポイント
吹407ポイント
字・吹
music.jp 330ポイント 字・吹
※2020年5月1日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください) 「アバター」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・U-NEXT ・TSUTAYA TV ・dTV ・Amazonプライムビデオ ・music.jp ただ、dTV、Amazonプライムビデオの2つは有料なので注意してください。 どちらも無料トライアルこそあるものの、肝心の映画の視聴にポイント(別料金)が必要です。タダでもらえるポイントもないので、結局自腹になってしまうわけです。 なので、アバターを無料期間に視聴可能なのはTSUTAYA TV、U-NEXT、music.jpの3つ。また過去に登録済みのサービスは無料トライアルが適用されないので注意です。 あまりオススメではないのがmusic.jpで、システムが特殊で「見放題動画」が存在せず、登録時にタダでもらえる動画視聴ポイントを使い切ると、すべての動画が有料になります。 無料トライアルは30日間あっても、3~5本程度の映画を視聴終えたら、何もできなくなると思ってください。 あとはTSUTAYA TVかU-NEXTか。 どちらも見放題動画が豊富ですが、U-NEXTよりもTSUTAYA TVのほうが登録時にタダでもらえるポイントが多いです。 そしてアバターをはじめとするディズニー系列の映画は大半ポイント制になっているので、少しでも多く無料期間にディズニー映画を見れるのはTSUTAYA TV。 ぜひTSUTAYA TVでアバターをはじめ、今まで見たかった映画やドラマ、アニメを楽しんでください。30日以内に解約すれば無料です。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「アバター(邦題)」「avatar(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「アバター」を視聴するならTSUTAYA TV

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TV:10000以上
DISCAS:TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ
付与ポイント 1100
視聴方法 オンライン
DVDレンタル
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 オンラインとは別に準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
  TSUTAYA TVはツタヤの運営する動画配信サービスです。

TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス

TSUTAYA TVの無料トライアルに登録すると、この2つのサービスを同時に利用できます。   月額2417円ですが、30日以内に解約すれば完全無料。 また、TSUTAYA TVで配信されているサービスは他に比べると少ないものの、他にはない作品も多く、またTSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)を組み合わせると、どのサービスよりも無料で多くの映画やアニメを楽しめます。    

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「アバター」のあらすじ

地球から5光年離れた惑星パンドラ。 人類は今や星と星を行き来できるほどに進歩していました。惑星パンドラに豊富な鉱物があると知った資源開発公社のRDA社は、その資源を地球に運ぶことを考えます。 パンドラには青い肌の先住民、ナヴィという種族がいます。彼らは美しい自然を敬い、共生して生きる独自の文化を築いていました。 15年間ナヴィを学術的に研究してきたグレイス・オーガスティン博士は、RDA社から依頼され「アバター計画」を進めていたのです。 「アバター」とは人間とナヴィのDNAを融合させた生命体。そこに一人の人間の意識を機械で接続し遠隔操作します。心は人間、外見はナヴィというわけです。 そしてアバターを、採掘交渉に送りこむのです。 パンドラには空気がありませんし、自由自在に動けるアバターは人間よりも有利。そうすればナヴィと平和な交渉ができると博士は考えていたのです。 一方でRDA社は交渉の経過によっては、強硬な手段も取るつもりでいます。とりわけ傭兵部隊のクオリッチ大佐はその急先鋒でした。 アバターの操作者として元海兵隊員ジェイクがパンドラに到着。海兵隊での負傷により車椅子生活を送っています。この仕事で高額の報酬を得て、最新技術の脚を買うつもりでした。 訓練によりジェイクはアバターをうまく操れるように。 久々に自由に動けることがうれしくて飛び回っていたところ、チームとはぐれ、獣に襲われてしまいます。そこをナヴィのネイティリに救われたのです。 ネイティリは族長の娘で女戦士。彼女はジェイクを村を連れて行きます。村人の反応はジェイクを敵と見る者、許容する者、さまざまでした。 ジェイクは村で暮らすようになります。翼竜と心を通わせることが出来たら一人前のハンター。ジェイクは修行の末、一匹の翼竜に乗れるようになりました。 村人の一人として認められます。 さらに特別な巨大翼竜と心を通じさせる者が、部族全体の指導者になれるという伝説もあるのですが、巨大翼竜は空の彼方を遠く飛び去るだけの存在で、近づくことはできません。 村人になったジェイクをネイティリは「魂の木」へ連れて行きます。こここそが女神の中心、パンドラを覆う生命のネットワークの中心である聖なる場所。2人は愛し合うようになっていました。  

「アバター」のネタバレ

平和裏に採掘の交渉を進めていたRDA社。 ですが、採掘場所が「魂の木」のそばであるため、ナヴィはなかなか承諾しません。魂の木を侵すことは、この惑星全体を破滅に導く可能性があるからです。 そんなナヴィたちの態度にシビれを切らし、ついにRDA社は武力攻撃を開始! ネイティリの村を急襲し、辺りを焼き払います。 博士とジェイクは大佐に猛抗議をしますが、帰ってきたのは嘲笑だけ…ジェイクはナヴィ側につく決心をして、RDA社と戦うことを決めます。 ナヴィたちに自分の正体は地球人だということを明かしました。しかし裏切られたと思った村人たちは去っていきます。その中にはネイティリもいました。 さらに、博士とジェイクを始めとする平和派は大佐により監禁。 脱出を試みますが銃弾を受け、博士は瀕死の重傷を負い一緒に脱出は出来ません。なんとか逃れ出たジェイクは龍の谷に迷い込み――巨大翼竜に受け入れられるのでした。 一方、村を焼かれたナヴィたちは打ちひしがれていました。 そこへ、巨大翼竜に乗ったジェイクが! 伝説は本当だったのです。 みんなに認められたジェイクは部族全体の指導者としてRDA社と戦うことになります。部族全体を招集し「魂の木」にも助けを求めますが、魂の木は沈黙したままでした。 RDA社の傭兵部隊がついに攻め込んできます。 彼らの進んだ兵器に、素朴な武器しか持たないナヴィは劣勢に立たされます。倒れて行く仲間たち。ジェイクはそれをどうすることもできません。 しかし絶体絶命のその時、パンドラの全生物が集まってきました。空は翼竜で埋め尽くされ、地では獰猛な巨大獣が傭兵部隊に襲い掛かります。 「魂の木」が招集したパンドラの全生物が反撃を開始したのです。 形勢は完全に逆転! 最期だと悟った大佐は、アバター遠隔操作中のジェイクの体のカプセルをこわし殺そうとします。酸素供給が途絶え、このままでは死を待つだけ… その時ネイティリが矢を放ち大佐を射殺。さらにネイティリは駆け寄り、間一髪、ジェイクの体に酸素供給装置を繋ぎ蘇生させることに成功します。 戦いはナヴィの勝利のうちに終わりました。 RDA社はパンドラから撤退していきます。 そしてジェイクは――。 魂の木の元に村の人々が集まっていました。 目を閉じて横たわるジェイクのアバターの体。 魂の木の力で、人間の体からアバターにジェイクの魂が乗り移ります。ジェイクは青いまぶたを開けました。これから彼はパンドラでナヴィの一員として生きていくのです。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です