映画「レナードの朝」のネタバレとフル動画を無料視聴

1 min
映画「レナードの朝」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 結論から言うと無料での視聴にはU-NEXTがオススメ。他にも視聴可能なサービスもあるのですが、Amazonプライムビデオのように実質有料のサービスもあるので注意が必要です。 U-NEXTの場合31日間の無料トライアルがあるので期間内に解約すれば1円もかからない上に、「レナードの朝」の視聴にはポイント不要なので、その他の有料動画も楽しむことができます。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「レナードの朝」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題
FOD × ×
TSUTAYA TV 300ポイント
Hulu × ×
dTV × ×
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ 199ポイント
music.jp 110ポイント
  「レナードの朝」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・U-NEXT ・TSUTAYA TV ・Amazonプライム ・music.jp すべてのサービスに約30日の無料トライアルがあります。 ただし、Amazonプライムビデオだけは「レナードの朝」の視聴が有料なので注意してください。これは視聴にポイント(別料金)が必要で、タダでもらえるポイントもないためですね。 反対に、TSUTAYA TV、music.jp、U-NEXTの3つは完全無料視聴が可能。 なかでもU-NEXTは唯一ポイント消費がなくレナードの朝を視聴可能なため、そのぶんのポイントで他の有料動画も楽しめます。また配信作品自体も14万と非常に多く、無料トライアル期間も最長の31日間となっています。 登録したらすぐに高画質で動画の視聴が可能。さらにどれだけ見放題動画を楽しんでも、31日以内に解約すれば1円もかけずに楽しめます。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「レナードの朝(邦題)」「awakenings(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「レナードの朝」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン
ダウンロード
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
  U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。 130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。   おまけに、登録から31日間は無料。 映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。 スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「レナードの朝」のあらすじ

神経症を専門にしているベインブリッジ病院に赴任したセイヤー医師。 眠り病―外からの刺激に全く反応を示さず、自分の意志で体を動かすことが出来ない、脳の活動が停止していると考えられる患者たちーを受け持つことになりました。 セイヤーがルーシーという女性の患者を診察していた時のこと。偶然に彼女がつけていたメガネが床に落ちました。彼女は、落下中のメガネを取ろうと手を伸ばしたのです。 セイヤーは、他の眠り病患者にも同じような反応を示すことを突き止め、彼らが動かないのは、「脳が停止しているわけではなく、極度のけいれんにより体が硬化しているからではないか」と考えるようになります。 さっそく院長や同僚に伝えますが、まるで相手にされません。 そんなある日、とあるニュースをセイヤーは耳にします。 ―神経系の障害によりけいれんや運動障害を引き起こすパーキンソン病に新薬が作られたー セイヤーは症状の重いレナードという患者に新薬を投与し観察することにしました。 効果がみられないため、新薬の投与量は増えていく一方。セイヤーは悩んだ末、これ以上は命に係わるというギリギリの量を投与します。 その日の夜中、セイヤーが目を覚ますとベッドにレナードの姿がありません。近くの部屋で座っているレナードのもとにセイヤーは駆け寄ります。ついに目覚めたのです! レナードの経過は順調で、支援者からの眠り病患者治療のための追加援助を得た病院は、他の眠り病患者全員に新薬を投与し、全員がレナードと同じように命を吹き込まれました。 静かだった病室は一転して声や音楽が飛び交う騒々しい場所と変わったのです!  

「レナードの朝」のネタバレ

レナードは別の病棟の患者の見舞いにたびたび訪れる女性、ポーラを好きになりました。今までレナードは、病院内で医師や看護婦に付き添われて過ごすことを何とも思っていませんでした。 しかし彼女と親しくなるにつれ、自由に行動したい、と思うようになりました。 レナードは、医師たちに「病院の外で自由に行動する許可が欲しい」とお願いしましたが許可されませんでした。結果を聞いたレナードは、伝えに来たセイヤーの個人的な意見を聞きます。 セイヤーも、病院側の決定に同意していて、もう少し経過を観察すべきと考えているようです。 「もういい」とレナードは立ち去っていきました。 セイヤーとは友達のような関係を保っていたレナードでしたが、その日以降、レナードには威圧的な発言が目立つようになり、レナードに扇動された眠り病患者たちは医師たちに反発し始めました。 また、この頃からレナードに頻繁にけいれんがみられるようになりました。薬の投与量を増やし状態を安定させようとするセイヤーの行動もむなしく、症状は日に日に悪化していきます。 新薬の投与により回復した患者たちは、レナードの状況を見て、自分もいずれそうなるのではないか、と不安に感じているようです。 自宅で寝っていたセイヤーは真夜中、レナードからの電話で病院に向かうことになりました。病院で、レナードは、 「僕がこれから動けなくなるまでを詳細に記録してほしい。」 そうセイヤーにお願いします。レナードは前のように動けなくなることを覚悟しているようです。セイヤーは彼の思いを尊重し、経過を記録することを約束します。 病院の食堂で、レナードは親しくなっていたポーラに自分が近いうちに動けなくなることを告げ、お別れの挨拶をします。ポーラはレナードを引き留めそっと抱きしめます。二人はその場でダンスを踊りました。 徐々にレナードが止まっている時間が増えていきます。やがてレナードは、以前のように全く動かなくなってしまいました。 その時、他の眠り病患者には以前ようなの症状は見られていませんが、投与期間の違いで、病気の進行が遅れているだけと病院の医師たちは考えています。 自分のやっていることは人としてどうなのか?セイヤーはエレノアに胸の内を明かします。 「君は以前、僕のことを親切な人といっていたが、眠り病患者に希望を与え、また奪っていく、これが親切な人のすることだろうか?」 エレノアは答えます。 「生きるとは与えること、そして奪うこと。」 セイヤーも頭ではそのこと理解しています。 「わかっている、だがつらいね。」 「(つらいと思うことに対して)だからあなたは親切な人なのよ。」 エレノアは座っているセイヤーの後ろから肩にそっと触れそう答えるのでした。 セイヤーもエレノアも、変わらず眠り病患者の診察を続けています。レナードたちは短期間、目覚めることがありますが、以前全員が目覚めたような劇的な回復は見られていません。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です