映画「ビューティー・インサイド」ネタバレとフル動画を無料視聴

5 min
韓国映画「ビューティー・インサイド」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 韓国の映画やドラマは、有名な作品以外だと日本の動画配信サービス(VOD)ではあまり配信されていません。 ですが、U-NEXTは韓流映画にかなり強く、「ビューティー・インサイド」をはじめ様々な韓国映画やドラマを配信しているので、まずは無料トライアル期間で視聴してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「ビューティー・インサイド」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題 字・吹
FOD × ×
TSUTAYA TV 見放題
Hulu 見放題
dTV 見放題 字・吹
Netflix 見放題 字・吹
Amazonプライムビデオ 204ポイント 字・吹
music.jp 330ポイント 字・吹
※2020年4月29日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください) 「ビューティー・インサイド」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・U-NEXT ・TSUTAYA TV ・Hulu ・dTV ・Netflix ・Amazonプライムビデオ ・music.jp ただし、新しく登録する場合Netflix、Amazonの3つは有料なので注意してください。

Netflix:このなかで唯一無料トライアルがなく、初日から月額料金がかかってしまう。 Amazonビデオ:無料トライアルあり。ただし視聴にポイント(別料金)が必要。タダでもらえるポイントがなく自腹

「ビューティー・インサイド」の視聴ならどれでも良いのですが、それ以外の映画やドラマ、特に韓国の映画を楽しみたいと思ったら、一番オススメなのはU-NEXTです。 U-NEXTは韓流映画の配信が他のVODと比べても圧倒的に多く、韓流ファンならより多くの映画やドラマを楽しめるからですね。それに無料トライアル期間も31日間と長いですし。 登録も3分あればすぐに終わるので、いろいろな韓国映画を楽しんでみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「ビューティー・インサイド(邦題)」「beauty inside(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「ビューティー・インサイド」を視聴するならTSUTAYA TV

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TV:10000以上
DISCAS:TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ
付与ポイント 1100
視聴方法 オンライン
DVDレンタル
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 オンラインとは別に準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
  TSUTAYA TVはツタヤの運営する動画配信サービスです。

TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス

TSUTAYA TVの無料トライアルに登録すると、この2つのサービスを同時に利用できます。   月額2417円ですが、30日以内に解約すれば完全無料。 また、TSUTAYA TVで配信されているサービスは他に比べると少ないものの、他にはない作品も多く、またTSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)を組み合わせると、どのサービスよりも無料で多くの映画やアニメを楽しめます。    

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「ビューティー・インサイド」のあらすじ

18歳の誕生日の朝、目を覚ますと別人に変わっていたキム・ウジン。 それ以来ウジンは、毎朝目覚めるたびに姿が変わってしまうという日々を送っていました。 風貌、性別、年齢、国籍などもバラバラ。朝起きると別人になっているのです。 ウジンのその事実を知っているのは、母と友人のサンベクだけ。人と関わる仕事には就けないため、オーダーメイドの家具デザイナーとして一人で働いていました。 ウジンは、家具店で働くホン・イスという名の女性に恋をします。 毎日のように彼女のお店に通い詰めながら、ついにイスを食事に誘うことに成功するウジン。それを機に二人の距離は縮まります。 「姿が変われば、イスとの関係が終わってしまう…」 そう考えたウジンは眠らずにイスと会おうとしますが・・・  

「ビューティー・インサイド」のネタバレ

イスに恋心を抱きながら、来る日も来る日もお店に通っていたウジン。 ある朝、ルックスの整った青年の姿で目覚めたウジンは、この機会を逃すまいと、家具店に行きイスを夕食へ誘います。はじめは戸惑いを見せるも、ウジンの熱心さに負け、誘いをOKするイス。 ウジンは自分の家具工場にイスを招きます。 ロマンチックな時間を過ごす二人。 この時間がもっと続いてほしい。 そんな強い思いで、ウジンはイスとお別れした後、メールで翌日の食事の約束も取り付けます。しかし厄介な点は、ウジンは眠って翌朝になると姿が変わってしまう身であるということ。 彼は思いつきました。 今夜はなんとしても眠らない!! 強い決心とともに、彼は徹夜で仕事に取り掛かるのでした。 翌朝。 ウジンは依然、昨日の姿のままです。約束通り夕食を共にする二人の距離は、だんだんと近づいていきます。 また眠らずに、同じ姿で次の日を迎えたウジン。その日もイスと過ごした彼は、また次の日に会う約束をして別れます。 しかし・・・ 2日間も睡眠を取っておらず、寝不足のあまりウジンはうっかり眠ってしまいます。 目を覚ました彼は、自分の顔を見てガックリ・・・もじゃもじゃの髭を生やした、頭の禿げたおじさんに変わっていたのです。 翌朝、待ち合わせ場所でウジンを待つイス。しかし彼女が待つのは、二度と戻れない昨日のウジンでした。電話も受けられないウジンには、「ごめん」とメールで送ることしかできませんでした。 ある日、若い女性の姿で目覚めたウジンは、ハン・チェギョンと名乗り、イスの家具店の研修社員に扮して彼女に近づきます。 仕事終わりにイスを食事に誘うチェギョン。 夕食後、イスはチェギョンの家に招かれます。 家の中にあふれる家具にはどこか見覚えがありました。そしてイスは、チェギョンから衝撃の事実を聞かされるのです。 「僕がキム・ウジンなんだ」 言葉を失うイス。 ウジンは自分が持つ特質のことをイスに告げます。 勇気を振り絞った告白でしたが、イスはあまりの衝撃に、「もう会いたくない」と、その場を立ち去るのが精一杯でした。 数日後、イスはウジンのもとを訪れます。当分の間ウジンのことについて悩み続けたイスは、気持ちを整え、再び彼と会うことに決めたのです。 玄関のドアを開けたのは若い女性。外見は女性でも、中身は確かにウジンなのでした。起きたら変わるあなたの姿が見たいとイスは言います。 夜、ベッドに寝転んで話す二人。 ウジンが歩んできた人生を、イスは改めて知るのでした。「イスを見たときから、毎日姿が変わることが苦痛だった」と、ウジンはイスへ思いを告げます。 翌朝、もうそこに昨夜の女性の姿はありませんでした。青年になった彼を見て、イスはこの信じがたい出来ごとに確信を持つようになりました。 その後、二人は付き合い、毎日のように一緒に過ごします。 二人の時間はとてつもなく幸せなものでした。ウジンと同じように、イスも限りなく彼を愛しました。老婆の彼も、子供の彼も、どんな姿でも変わらずに彼を愛しました。 そんな中、イスは次第に不穏な声を耳にします。 「イスが毎回違う男を連れて歩いている。」 周りの人たちの目に映るのは、いつも別の男と一緒にいるイスの姿。本当はそうじゃないのに。私が一緒にいるのはいつも一人、キム・ウジンなのに。 そんなことを誰にも言えるはずはなく、イスは独りで悩みを抱えます。 ウジンと交際しはじめ、容態が少しずつ変化していくイス。仕事中も頭がぼーっとしたり、ついには夜眠ることもままならなくなったイスは病院に通うことになってしまいます。 毎日違う姿のウジン。それをすべて彼として受け入れるのは、イスにとって容易いことではありませんでした。イスの悩みや不安は日ごとに増していき、ある日、薬の多量摂取でイスは倒れてしまいます。 自分がイスを追い込んでいたと知ったウジン。悲しみや罪悪感、色々な感情を抱えながら、彼はイスを離れることを決めるのでした。 ウジンと別れ、少しずつ平常を取り戻してきたイス。しかし、心にはぽっかりと穴が空いたよう。ウジンのことが思い出され、胸が締め付けられる毎日でした。 数カ月たったある時、イスはウジンがチェコに住んでいることを知ります。仕事場でウジンとの思い出の曲を耳にし、思わず涙を流すイス。 私は、彼を本当の意味で愛せていなかったのかもしれない。 チェコに行こう。そう彼女は決めるのでした。 ウジンはチェコでも依然、家具デザイナーとして働いていました。 ある日チャイムが鳴り、玄関のドアを開けるとそこにはイスが。 キム・ウジンを訪ねてきたというイスに、ここにはいないと彼は言います。が、話していくうちにイスは彼がウジンであることを感じ取ります。 「もう、私は大丈夫。」 それを聞いて涙が溢れるウジン。また具合が悪くなると言う彼に、「それよりつらいのは、あなたがいないこと」とイスは言います。 チェコの街中に佇む二人。 「このまま私と一緒にいてくれる?」 その言葉に、イスを見つめるウジン。 「毎日違う姿でも構わない。同じあなただから。私はこの中のキム・ウジンを愛してるから。」 ウジンはイスに指輪を贈って彼女のプロポーズに応えるのでした。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です