映画「ベン・ハー」のフル動画を無料視聴☆dailymoitonやopenload

映画「ベン・ハー」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。


物語のはじまりはローマ帝国の全盛時。

ユダヤのエルサレムにて、ローマの支配に抵抗したベン・ハーの生涯を、イエス・キリストの誕生と死を絡めて描き出したスペクタクル超大作です。


ベン・ハーの視聴には、動画配信サービスがオススメ。

レンタルDVDのように待つ必要もないですし、違法動画サイトでひたすら映画を漁る必要もありません。配信サービスU-NEXTなら31日間の無料トライアルがあるので、今すぐ合法的にベン・ハーを視聴できます。

 

↓31日以内に解約すれば無料↓


 

「ベン・ハー」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題
FOD × × ×
TSUTAYA TV 300ポイント
Hulu × × ×
dTV 300ポイント
Netflix 見放題 字・吹
Amazonプライムビデオ 199ポイント
music.jp 324ポイント
 

「ベン・ハー」を配信しているサービスは以下のとおりです。

・TSUTAYA TV
・music.jp
・Amazonプライムビデオ
・U-next
・Netflix
・dTV


いずれかのサービスに登録していればすぐに視聴できます。


もし登録していないなら、一番オススメなのはU-NEXTです。

他のサービスは視聴にポイント(別料金)が必要ですが、U-NEXTは別料金は必要ありません。また、登録から31日間は無料トライアル期間で、それまでに解約すれば1円もかからず完全無料です。


 

↓31日以内に解約すれば無料↓

動画共有サイトでの視聴は危険?

youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。

試しに「ベン・ハー」「Benhur(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。


おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…



それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「ベン・ハー」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン
ダウンロード
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
 

U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。

130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。


おまけに、登録から31日間は無料。

映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。

スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「ベン・ハー」のあらすじ

時は起源26年。

ユダヤ地方は、強大なローマ帝国の支配化にありました。


そんな中、エルサレムに住んでいたユダヤ人で「最も裕福な王族」と言われるジュダ・ベン・ハー。彼は幼馴染であるローマ軍の司令官・メッサラと再会します。

ベン・ハーの母親や妹とも家族ぐるみで付き合いのあったメッサラでしたが、今やすっかりローマの軍人となり、反抗的な者を知らないかと聞いてきます。

ローマの支配に抵抗を感じているベン・ハーには、その言葉は受け付けませんでした。


その後、エルサレムにローマの新しい総督が訪れた際のこと。

ベン・ハーとその妹は、家の屋上から総督の隊列の前に、謝って瓦を落としてしまいます。

この事故をわざとと見なされ、ベン・ハーと家族は逮捕されてしまいます。ベン・ハーはメッサラに助けを求めますが、彼は自分への協力を断ったベン・ハーと家族を見放します。


その結果、母親と妹は投獄。

ベン・ハー自身はローマ海軍の、何十人ものこぎ手のオールで推進する「ガレー船」と呼ばれる軍艦のこぎ手となり、奴隷のような生活を強いられることになります。


奴隷同然となったベン・ハーは、ガレー船のある港へ向かいます。

そんな中、熱砂の砂漠を歩かされた彼に水を差し出した青年がいました。この青年こそが今の世界でもっとも名前を知られた人物であるイエスキリストでした。


それから3年後。

ベン・ハーは、母親と妹の行方を探して再び会うため、過酷な日々に耐え続けていました。


こぎ手として鍛えられた屈強な体を持ち、長い奴隷生活にもかかわらず目の輝きの衰えないベン・ハーを、ローマの司令官アリウスが見出します。

アリウスは騎馬戦車レースに参加する騎馬を持っており、ベン・ハーを騎手として使おうと考えたのです。しかしベン・ハーは、いつか母親と妹を救い出しにエルサレムに戻るという目標があったため、アリウスの誘いを断ります。


やがて、敵対するマケドニアの海軍と、ローマの海軍との合戦が始まります。戦いの最中、ベン・ハーとアリウスが乗っていた船に敵船が激突、船は沈没してしまいます。

アリウスのおかげで鎖に繋がれていなかったベン・ハーは、こぎ手の奴隷たちを解放すると、甲板に出ます。アリウスが敵兵に襲われ海に落ちると、ベン・ハーも助けるべく海へと飛び込みます。

ベン・ハーはアリウスと共に、波間に浮いていた木材をいかだ代わりにしてなんとか助かります。そのまましばらく漂流していた2人でしたが、やがて通りがかったローマの船に救助されます。


この後ベン・ハーは奴隷の生活から解放され、アリウスの元で暮らし始めます。アリウスは自分を救ってくれたベン・ハーを息子のように思い、自分の後継者にしたいと考えていました。

しかしベン・ハーは、自分と一緒に捕まったまま行方のわからない母と妹を探すため、アリウスの元を離れ、エルサレムへと戻るのでした。


エルサレムに戻る途中、アラブの隊商に出会ったベン・ハーは、隊商のリーダーが持っている騎馬戦車の立派な馬に興味を示します。

隊商の騎馬戦車は、馬はいい馬だが騎手が未熟なことが悩みだったので、ベン・ハーに乗ってくれないかと頼みます。しかしやはりベン・ハーは母親と妹を探すことを優先し、誘いを断ります。


エルサレムの我が家に帰ると、懐かしき家は荒れ果てていました。しかし人の気配を感じて近寄ると、以前ベン・ハーの元で働いていた商人とその娘が、ひっそりと暮らしていました。

ベン・ハーが捕まった後に、この商人がローマ軍に意義を訴えたところ、ローマ軍に捕まり投獄されてしまっていました。

この獄中生活で足を悪くして、それ以降は娘と一緒にベン・ハーの家で暮らし、彼が帰って来るのをずっと待っていたのだと言うのでした。


ベン・ハーが捕まる前には、エルサレムで嫁ぐ予定があった商人の娘・エスターは、その後結婚の話も立ち消えになってしまったと言います。

以前からエスターに想いを寄せていたベン・ハーは、エスターが今も独り身であることを知りますが、やはりまずは母親と妹を探すことを優先させるのでいした。


ベン・ハーは「アリウスの義理の息子」としてメッサラの元へ行き、母親と妹の行方を尋ねます。調べなければわからないというメッサラに、明日また来ると告げてベン・ハーは帰って行きます。

メッサラは、部下にベン・ハーの母と妹の行方を捜させます。母親と妹は、4年の長きに渡り、地下の薄暗い牢獄に捉われていました。そして2人とも、業病という重い病にかかってしまっていました。


母親と妹は、他の囚人に感染させないようにと、牢獄を追い出されます。

行く当てのない2人は、業病の病人たちが集まる「業病の谷」へ向かう。その途中久しぶりに我が家に立ち寄るのですが、エスターに見つかってしまいます。


母親と妹は、ベン・ハーも無事なことを聞きほっとしますが、ベン・ハーにはこんな姿を見られたくない、私たちは死んだと伝えて欲しいとエスターに懇願します。

エスターは涙ながらに、その願いを聞き入れるのでした。


エスターから、母親と妹が死んだと聞いたベン・ハーは、メッサラに復讐を誓います。メッサラが自ら騎手として出場し、しかも連続で優勝している騎馬戦車レースに出るため、ベン・ハーはアラブの隊商を訪ねます。

ベン・ハーは隊商の元で訓練を積み、いよいよレース当日。メッサラは騎馬戦車のタイヤに鋭い刃物を仕込み、近づく相手の車輪を砕いてレースから脱落させようという目論見を立てていました。

そしていよいよ大観衆が見つめる中、レースはスタートします。


「ベン・ハー」のネタバレ


白熱したレースはベン・ハーとメッサラでトップを争う形に。

メッサラのあくどい妨害を退けたベン・ハーが見事に優勝。体勢を崩したメッサラはレース中に戦車から振り落とされ、重症を負いました。

メッサラはベン・ハーに、母親と妹が業病の谷にいることを告げて、息絶えます。


ベン・ハーが業病の谷へ行くと、エスターが密かに母親と妹に食事を運んでいました。母親と妹は姿を見られたくないと思っているというエスターに反し、ベン・ハーは強引に2人に会ってしまいます。

変わり果てた2人を見て怒りに燃えるベン・ハーは、ローマ帝国への復讐を誓います。そんなベン・ハーを、エスターは「まるでメッサラのような顔をしています」と戒めました。


それを聞いて、復讐に凝り固まっていたベン・ハーの心に迷いが生じます。

そしてエスターの誘いで、ナザレにいるという「救世主」の元へ母親と妹と共に向かいました。


ところが、救世主と呼ばれていた青年=イエス・キリストは、ローマの規律を乱したという罪状で、今まさに処刑されようというところでした。

彼の顔を見て、いつか砂漠で自分に水をくれた人だと気付きます。


青年は十字架に磔(はりつけ)にされ、処刑されました。

その時、天の怒りかのように降り出した雨が、青年の血を川のように流していきます。


ベン・ハーの母親と妹が青年の血の混じった雨水に触れると、不思議なことに、業病がたちまち治ってしまいました。キリストによる「奇跡」が起きたのです。

青年を見て、復讐への執着をすっかり無くして穏やかな心を取り戻したベン・ハーは、病から救われた母親と妹と、そしてエスターと共に、改めて無事を喜び合い、命の尊さを確かめ合うのでした。


「ベン・ハー」の感想

昔はよくテレビの洋画劇場で、「前・後半」に分けて2週に渡り放送されていたものですが、21世紀の今見ても、なんと豪華で贅沢な映画であることか!とため息が出てきます。


今の時代に、

このスケール・人員・何より「CGではない生の迫力」を生み出すのは不可能だろう

と思ってしまいますね。


クライマックスの、騎馬戦車レースの迫力とスケール感と言ったら!「息を飲んで見つめる」とはこのことか。と思ってしまうほどの、大迫力の場面でした。


よくぞこのシーンを撮りきった!

そしてよく馬たちを調教したものだと見るたびに感動します。


レース前に、全走者が並んで場内を一周するシーンでの「一体感」から一転、レースではほんとに「馬も必死に」走ってるのがわかります。

メッサラや他の騎手が騎馬車の下敷きになるシーンはもちろん「ダミー」を使用しているそうですが、シーンの流れで思わず「痛い痛い!」と叫んでしまいます。


今では決して実現出来ないであろう、膨大な制作費と尽力・人力を注いだ傑作の迫力ある映像を、アカデミー賞に輝く豪華なセットや衣装、素晴らしい音楽と共に満喫する。

出来れば、なるべく大きな画面で。

これが、映画ファンにとって「最高の贅沢」かもしれませんね!


ただ何度見ても、ベン・ハーの母と妹は可哀想過ぎるなあと、思ってしまいますね・・・

最後の最後に救われるとはいえ、2人ともほんとにいい人なのに、あんなに悲惨な生活を送ることになってしまうのはあんまりだなあと、切なくなってしまいます。

これは、奴隷制度のある世界のむごさとか、宗教的な側面があるのかもしれないですけど。この名作を見返すたびに、胸が痛くなるシーンです・・・。


「ベン・ハー」の考察


クライマックスの、映画史上に残る騎馬戦の大迫力シーンは本当に素晴らしいのですが、映画はここからまだ、1時間近く続きます。

この後ローマの指揮官に呼ばれたベン・ハーは、ローマ市民になることを認められます。


ですが、ベン・ハーはこれを拒否します。

ベン・ハーの心には、自分を苦しめ、そして母親と妹を酷い目に合わせたローマに対する憎しみの炎が燃え上がっていたのです。


普通の映画なら

ここからベン・ハー率いるユダヤ軍と、ローマ軍の戦いが始まる流れか?

と思いきやそうでもない。


ベン・ハーは、「ナザレの青年」イエス・キリストに出会い、その神々しい姿と教えに感動し、復讐心が消え失せてしまうのです。

最後は、キリストの起こした奇跡によって母親と妹も救われてジ・エンド。

これは、映画の冒頭がキリストの誕生シーンから始まるように、この映画はベン・ハーの物語であると同時に、イエス・キリストの物語でもあるということが大きいのですね。


実は、原作はもっと「宗教色の濃い」作品になっていて、映画は原作に比べると、多少エンターテイメント性を重視したようです。

それでも、原作で重要な意味を持っていたベン・ハーとキリストとの関わりを、無視するわけにはいかなかったということだと思います。


普段あまりキリスト教に触れる機会のない日本人からすると、ちょっと違和感のある展開かもしれませんが、こればっかりは致し方ないですね!

それにしても、キリストを最後まで「背中から」しか映さなかった本作の演出は、今見返しても本当に見事だと思います。


キリスト自身の表情で何かを物語るのではなく(これは実際難しい演技になると思いますし)、「キリストの姿を見た人の顔」を映すことによって、キリストの偉大さを示す。

これもまた、「映画」というものの持つ力の成せる業ではないかと思います!

 

↓31日以内に解約すれば無料↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です