「ビバリーヒルズコップ」シリーズ(1,2,3)ネタバレとフル動画を無料視聴

1 min

「ビバリーヒルズ・コップ」シリーズを1作目~3作目まですべて無料で視聴可能するならU-NEXTがおすすめです。

配信サービス お試し期間 有料・見放題 字幕・吹替
31日間無料
付与ポイント600
見放題 1,2作目:字
3作目:字・吹

↓31日以内に解約すれば無料↓

「ビバリーヒルズ・コップ」シリーズの動画配信状況

1作目:ビバリーヒルズ・コップ
2作目:ビバリーヒルズ・コップ2
3作目:ビバリーヒルズ・コップ3

※FODとHuluは1~3作目すべて未配信
配信サービス お試し期間 有料・見放題 字幕・吹替
31日間無料
付与ポイント600
見放題 1,2作目:字
3作目:字・吹
30日間無料
付与ポイント1100
見放題
31日間無料
付与ポイントなし
1本330ポイント 1,2作目:330ポイント
3作目:字・吹
30日間無料
付与ポイントなし
1本299ポイント 字・吹
無料期間なし
付与ポイントなし
1,3作目:配信なし
2作目:見放題
字・吹
30日間無料
付与ポイント1600
1本330ポイント 1,2作目:字
3作目:字・吹
※2020年5月13日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください)
非推奨VODサービス

dTV:視聴にポイント(別料金)が必要
amazon:視聴にポイント(別料金)が必要
Netflix:無料トライアルなし&1と3作目配信なし


ビバリーヒルズ・コップシリーズ(1、2、3)を無料で視聴できるサービスはU-NEXT、TSUTAYA TV、music.jpの3つ。

ただ、見放題動画の数が圧倒的に多いことや、ビバリーヒルズ・コップが字幕と吹替どちらも対応していることから、U-NEXTでの視聴がおすすめです

31日間の無料トライアル期間を利用すれば、1円もかけずにビバリーヒルズ・コップ全作品を視聴できるので、ぜひ今すぐ視聴してみてください。

↓31日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?

Pandoraやdailymotionなど動画サイトはウイルス感染のリスクがあります。

例えば動画共有サイト「openload」では、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されており、気づかぬうちに被害に遭う可能性が高いので絶対にアクセスしないでください。


「ビバリーヒルズ・コップ」シリーズ視聴ならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン
ダウンロード
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
メリット

・配信作品(見放題)の数が非常に多い
・毎月1200ポイントもらえる(映画の割引にも使用可能)
・ポイントでコミックや雑誌も閲覧可能
・4台まで同時再生できる(複数人で使える)/
・韓流、華流ドラマや映画にも強い

デメリット

・月額料金がVODの中では高め
・成人向け作品もある(子供と共用する場合注意)


U-NEXTは音楽配信大手のUSENが提供するVODのサービス。

月額1990円という価格ながら、毎月1200円分のポイントがもらえる、ポイントを有料動画、書籍、映画館のチケットなどさまざな形で利用可能となっています。

また4台までの同時再生が可能なので、リビングのテレビで両親がU-NEXTで映画を見る間、自分の部屋のパソコンやスマホでアニメを見る、なんて事も可能。


かゆいところに手が届く性能に加えて、配信数も非常に多いので、VODサービスの中でもトップクラスです。

ちなみに「ビバリーヒルズ・コップ」シリーズも3作品すべて配信されており、ポイント不要で全作見放題。それ以外も邦画、洋画、アニメ、バラエティまで幅広く視聴可能となっています。


↓31日以内に解約すれば無料↓

「ビバリーヒルズコップ」のあらすじ


デトロイト市警のアクセル・フォーリー(エディ・マーフィー)は腕は良いが無鉄砲な警官。


ある日、彼が家に帰ると、幼馴染のマイキーが遊びに来ていました。彼は最近刑務所を出たばかりでしたが、新しい仕事も見つけ、落ち着いたのでアクセルに会いに来たのでした。

久し振りの再開に喜ぶアクセルでしたが、マイキーが持っていたドイツ債権を不審に思い、彼を問い詰めます。すると、マイキーが盗んだものであると白状したため、アクセルは返すように言い聞かせます。


その後、飲みに行く2人。2時間後、すっかり酔っ払ったマイキーと共にアクセルはアパートに帰ってきますが、何者かに後頭部を殴られ気絶。

その間にマイキーは後頭部を撃ち抜かれ、命を落としてしまいました。


間もなく捜査が始まりますが、アクセルは被害者と関わり合いが深いことを理由に捜査から外されてしまいます。幼馴染が殺されているのに何もできない自分…

アクセルはそれを歯痒く思いますが、どうにもなりません。

そこで、アクセルはそのまま休暇を取得し、単身事件を追うことにしました。


 

「ビバリーヒルズコップ」のネタバレ


アクセルが向かったのはビバリーヒルズ。得意のハッタリでホテルのスイートルームを格安料金で取ると、次に向かったのは1軒の画廊でした。

ここではアクセルとマイキーのもうひとりの幼馴染であるジェニーが働いていました。彼女は快くアクセルを出迎えますが、マイキーの死を知って心を痛めます。


マイキーはジェニーが仕事を世話してくれたと話していました。


そのことについて尋ねると、ジェニーはメイトランドという画廊のオーナーに頼み、倉庫の仕事をしていたと話します。

メイトランドが怪しいと睨んだアクセルは彼に会いに行きますが、取り合ってもらえないばかりか、玄関から放り出されてしまいます。さらに、メイトランドが呼んだ警官によってアクセルは逮捕されてしまうのでした。


ビバリーヒルズの警察署に連行されたアクセルはタガートとローズウッドという2人の男性警官に取り調べを受けます。

デトロイトの警官であるアクセルが何故ビバリーヒルズに来たのかと彼らは問い詰めますが、アクセルは最後まで“休暇”と言い張りました。


間もなくジェニーによってアクセルは保釈。

しかし、彼を信用していないタガート達はアクセルを尾行します。

尾行に気付いたアクセルはジェニーと共にホテルへ戻ると、部屋からルームサービスを頼み、タガートとローズウッドに夜食を持って行かせました。

2人が夜食に気を取られている間に、アクセルは売店で手に入れたバナナで車の排気口を詰まらせ、尾行ができないように細工します。


タガートたちを振り切ったアクセルは、ジェニーと共にマイキーが働いていた倉庫へ。倉庫を調べると、そこには大量のドイツ債権とコーヒーの粉がありました。

コーヒーはクスリ探知犬を欺く際に使われることが多いもの。アクセルはメイトランドがクスリの密輸に関わっていると確信します。


ホテルへ戻ったアクセルは、見張りを続けているタガートたちをストリップクラブに誘います。

そこで倉庫の中で見たものについて話していると、アクセルは入口から不自然にコートを膨らませた2人の不審人物が入ってくるのを見つけます。彼らはコートの下に銃を隠し持った強盗でしたが、アクセルとタガートが協力して取り押さえることに成功。


しかし、その捕物によって、タガートとローズウッドは勤務中にストリップクラブに行ったことが上司のアンドリュー警部補にバレ、問題になってしまいます。

とっさにウソをついて庇おうとしたアクセルでしたが、タガートが正直に全てを話してしまい、彼らはアクセルの監視役から外されてしまいます。


翌日、別の警官の監視を振り切ってアクセルが訪れたのはメイトランドの屋敷でした。車で出掛けたメイトランドを追って、アクセルは会員制のクラブに入り込みます。

彼との接触には成功したものの、アクセルはまたもや揉め事を起こし、とうとうビバリーヒルズから出て行くように宣告されるのでした。


ビバリーヒルズの州境までローズウッドの運転で送られる道中、アクセルはローズウッドを説得して、行き先をジェニーの働く画廊に変更させます。

ジェニーから倉庫の鍵を借りたアクセルはジェニー、ローズウッドと共に再び倉庫へ向かいます。ローズウッドを車で待機させ、アクセルとジェニーは倉庫を捜索。ついにコーヒーの粉の中に隠された違法薬物を発見します。


しかし、彼らはメイトランドに見つかり、ジェニーは人質に取られ、アクセル自身も暴行を受け、ピンチに陥ります。

そこへ事態に気付いたローズウッドが飛び込んできてアクセルを救出しましたが、ジェニーはメイトランドによって連れ去られてしまった後でした。



ジェニーを助けるため、メイトランド邸へ向かう2人。タガートとも合流し、3人は屋敷に乗り込みます。屋敷に足を踏み入れた途端、アクセルたちはメイトランドの手下たちによる激しい銃撃を受けますが、果敢に応戦します。

死闘の末、アクセルはジェニーを救い出すことに成功。

ビバリーヒルズ市警も応援に駆け付け、事件は終わりを迎えます。


無事にマイキーの仇を打ったアクセルは、意気揚々とタガートとローズウッドと飲みに出かけるのでした。


「ビバリーヒルズコップ2」のあらすじ


ビバリーヒルズでは、連続強盗事件が世間を賑わせていました。

この強盗犯たちは、かなりユニークな犯行を重ねています。Aから順番に、アルファベットを頭文字にする店や銀行を襲うことから、アルファベット強盗団と呼ばれています。

ですが強盗としての上で前は紛れもなくプロで、店や銀行を何度も襲っていたにも関わらず、依然として警察は手掛かりを掴めず、手をこまねていていました。


この事件を担当しているボゴミル警部、タガート、ローズウッドの3人。

FBIにアルファベット強盗団の暗号文の解読を依頼したことでビバリーヒルズ警察署長のラッツの怒りを買ってしまいます。ボゴミル警部は停職処分、タガートとローズウッドは事件を外され、交通課への異動になってしまいました。


そんなとき、ボゴミル警部が何者かに撃たれ、意識不明の重体に。

彼を襲ったのはアルファベット強盗団でした。

ボゴミル警部はアルファベット強盗団の正体に迫る重要な手掛かりを掴んでいたため、それを邪魔に思った犯人たちが彼を殺そうとしたのです。


この事件はボゴミル警部と親交の深い、デトロイト市警の腕は良いが破天荒な刑事、アクセル・フォーリー(エディ・マーフィー)の耳にも入り、彼は捜査中のクレジットカード偽造事件を放り出してビバリーヒルズに駆けつけます。

ボゴミル警部の入院している病院で、アクセルはタガートとローズウッドと再会彼らは以前、一緒に事件を解決した仲間で、皆ボゴミル警部のことを慕っていました。

アクセルたちはまず、ビバリーヒルズ警察署に戻り、アルファベット強盗団についての情報をもう一度整理することにします。

 

「ビバリーヒルズコップ2」のネタバレ


彼らが最初の事件現場に残した銃の薬きょうを見て、それか改造弾であることを見抜いたアクセル。銃に詳しいラスという男に会いに射撃クラブを訪れます。

偽名を使って射撃クラブに潜入し、ラスと支配人のケイン、副支配人のカーラと接触。アクセルが改造弾を見せると、彼らは顔色を変えて驚ききました。


実は彼らこそ、アルファベット強盗団の一味!

アクセルが持っていた改造弾もラスが主犯の男に命じられて作ったものだったからです。主犯の男はすぐにアクセルを始末するよう部下たちに命じます。


その頃、射撃クラブを後にしたアクセルはボゴミル警部の家に寄ります。

彼が重大なヒミツを掴んだことで狙われたなら、必ず彼の調査内容にヒントがあるはず…そして書斎から「385ノース」というクラブの名刺、それから実業家の「マックスウェル・デント」という男を調べた形跡を発見します。


マックスウェル・デントに関する情報は保険会社に務めているボゴミル警部の娘、ジャンに任せ、アクセルはタガートとローズウッドと共に385ノースへ向かいます。

385ノースにはオーナーであるソモポラスが来ていました。

ソモポラスは武器密輸業者として有名な男です。


アクセルたちがクラブを出ると、車に乗った男たちに襲われ、銃撃戦に。何とかやり過ごしたものの、犯人には逃げられてしまいます。

しかし、彼らのうちのひとりが残したマッチを調べると、射撃クラブの支配人であるケインの指紋が検出されました。



その夜、アクセルたちはさらなる手掛かりを求めて、夜の射撃クラブに侵入。

ケインのオフィスを調べます。

彼のデスクを物色すると、出てきたのは1枚の紙。そこにはひとつの場所が記されていましたその場所の名前は「City Deposit」。Cで始まる銀行です。


この場所が次に強盗団が現れる場所だと読んだアクセルたちは現場に急行。

犯人には逃げられたものの、お金は無事でした。


引き続き犯人たちに繋がる手掛かりを探すアクセルの元に、ボゴミル警部の娘ジャンから連絡が入ります。

彼女によると、マックスウェル・デントは実業家だが、経営不振により、そのほとんどの不動産が保険金未納の状態に陥っていました。


しかし、そんな中、競馬場だけは今なお多額の保険金がかけられていました。

アクセルたちはアルファベット強盗団の主犯がデントで、一連の事件は保険金目当ての詐欺だと推理し、競馬場へ向かいます。

ですが、アクセルたちが到着すると、すでに競馬場は売上金を強奪されたあとで、射撃クラブの支配人であるケントの死体が転がっていました。


ビバリーヒルズ警察は、現場に残されていた暗号文にケントの名前が書かれていたことから、ケントこそがアルファベット強盗団の主犯で、今回の強盗の最中に命を落としたと発表しますが、アクセルたちはデントがケントに罪を着せたのだと確信。

さらに、彼らはデントが武器密輸業者のソモポラスから武器を大量に購入し、それを密売しようとしていることを知ります。彼らはデントが所有する油田に武器が隠されていることを突き止め、突入します。


アクセルたちはデントが隠していた武器を駆使して、逃亡の準備をしていたデントの手下たちやカーラたちを倒し、ついにはデントを逮捕することに成功。

事件は終わりを迎えます。


強盗団に撃たれて重症を負っていたボゴミル警部は、一命を取り留め、ビバリーヒルズ警察署の所長に就任します。喜ぶタガート、ローズウッドに見送られ、アクセルはデトロイトに帰っていくのでした。


「ビバリーヒルズコップ3」のあらすじ


腕は良いが破天荒な警察官アクセル・フォーリー(エディ・マーフィー)。

今日も、デトロイト市警の数人の部下や、上司であるトッド警部と共に、無許可の解体屋を逮捕するため、作業現場に踏み込もうとしていました。

しかし、彼らが踏み込むと、中にいたのは銃を持った正体不明の男たち。彼らは解体屋を射殺。アクセルたちとも銃撃戦になってしまいます。


その最中、トッド警部が敵のボスに撃たれて殉職。

そのスキに犯人たちはトラックに乗って逃走してしまいました。

カタキを取りたいアクセルは、自らも車で追跡を開始しますが、途中で妨害を受け、男たちを取り逃がしてしまいます。なんと追跡をジャマしたのは、FBIのフルブライト捜査官でした。


猛抗議するアクセル。

ですが、フルブライトは「逃げた男はFBIが追っている犯人だからデトロイト警察は手を出すな」と偉そうに命令してきます。もちろん納得できないアクセルは、単独で事件を追い始めます。

 

「ビバリーヒルズコップ3」のネタバレ


アクセルは現場に残されたタオルがビバリーヒルズにある“ワンダー・ワールド”という遊園地のものだったことから、ビバリーヒルズへ。まずは警察署へ向かいます。

以前2度も一緒に事件を解決したタガート刑事とローズウッド刑事がおり、アクセルは彼らを頼ろうと思ったのです。タガートは引退していましたが、ローズウッドとタガートの後任のフリント刑事はアクセルに協力をしてくれます。

アクセルがワンダー・ワールドの警備に知り合いはいないかと尋ねると、フリントがデウォルドという警備主任を紹介してくれたので、彼は早速ワンダー・ワールドへ。


ワンダー・ワールドに着いたアクセルは、怪しい男がスタッフ用の扉の向こうに消えていくのを目撃。そのまま追跡を試みましたが、途中で何者かに銃で襲われます。

その場から逃げ出すアクセル。しかし、結局、遊園地の警備員に捕まり、警備員室に連行されてしまいます。連行されたアクセルの元にやってきたのは、警備主任のデウォルドでした。

しかし、忘れもしないその顔は、上司のトッドを射殺した正体不明の男に違いありません。


とりあえず、無事に戻ってくる事ができたアクセル。

トッド警部を撃ったのはデウォルドだと告発するも、デウォルドは品行方正な人物と評判だったので、誰にも相手にしてもらえません。このまま主張を続けても意味はなさそうです。


アクセルは仕方なく引き下がり、自身が泊まっているモーテルへ。

モーテルに帰ると、彼の部屋ではワンダー・ワールドの経営者、アンクル・デイブが待っていました。デイブはアクセルに、ワンダー・ワールド総支配人のロジャーが行方不明になっていることを打ち明け、彼が残したメモを見せます。

その夜、デウォルドが全米警備会社から表彰を受ける予定だと知ったアクセル。ローズウッドと共に表彰式に潜入しますが、デウォルドに挑発されて彼を殴ってしまう騒ぎを起こし、逮捕されてしまいました。


翌日、フリントのお陰で釈放されたアクセルとローズウッドはトッド警部を撃った犯人達が犯行の日に載っていたトラックを調査し、荷台から小さな紙の破片を発見。


それは偽札の切れ端でした。


ワンダー・ワールドで偽札が製造されていると確信したアクセルは、遊園地のマスコットキャラクターの着ぐるみに隠れて、再び潜入。

遊園地の女性警備員、ジャニスの力を借りて、アクセルは警備員しか入ることができない、改装中の“幸せの森”というエリアがあることを知ります。


幸せの森に向かったアクセルは、そこで偽札の印刷機を発見しますが、デウォルドに見つかり逃走。途中でFBIのフルブライトに連絡を取ることに成功しますが、またもや遊園地の警備員たちに捕まってしまいます。

アクセルの通報により、遊園地にフルブライトが駆け付けますが、偽札と印刷機はすでに隠されてしまったあとでした。


さらなる手掛かりを求めて、その晩アクセルはアンクル・デイブを呼び出します。

ロジャーが失踪した日のことを聞こうとするアクセルでしたが、収穫はありません。

しかし、ロジャーが残したメモをもう一度見せてもらうと、そのメモこそが偽札の印刷に使用する原紙であることに気付きます。動かぬ証拠を見つけたと喜ぶアクセルでしたが、そこにデウォルドが現れます。

彼はアクセルがデイブと接触することを予想していたのです。


デウォルドはアクセルの銃でデイブを撃ち、アクセルにも暴行を加えます。しかし、隙をついてアクセルは証拠である原紙を持って脱出。デイブを病院に運びます。

デイブを病院搬送したアクセルでしたが、デウォルドらの策略により、アクセルはデイブを撃った犯人として警察に追われる身に。何とかジャニスに連絡を取ったアクセルでしたが、ジャニスはデウォルドによって人質に取られていました。

デウォルドはアクセルに原紙を持って遊園地に来るように命令します。


アクセルはローズウッドに連絡を入れ、その足で遊園地へ。

原紙を奪われそうになりますが、合流したローズウッドと協力してジャニスを助け出します。


そこへフリントが合流。アクセルたちは夜の遊園地で銃撃戦を繰り広げます。全員が負傷しながらも、彼らはデウォルド、そして彼とグルだったフルブライトを倒します。

晴れて事件は解決。アクセルのお陰で一命を取り留めたデイブは、彼に感謝の意を込めて、ワンダー・ワールドの新しいマスコットキャラクターとして“アクセル・フォックス”を作ります。

その公開セレモニーに出席したアクセルはケガこそしていましたが、ローズウッドとフリントと共に笑い合っていました。


↓31日以内に解約すれば無料↓



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です