ポケモン「ビクティニと黒き英雄ゼクロム/白き英雄レシラム」のフル動画を無料視聴

9 min
映画「ポケットモンスター ビクティニと黒き英雄ゼクロム/白き英雄レシラム」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 まずポケモン映画は違法動画サイトで時間をかけて探すよりも、ポケモン映画を独占配信しているTSUTAYA TVで一挙視聴するのがオススメです。 TSUTAYA TVには30日間の無料トライアルがあるので、ミュウツーの逆襲~からポケモン映画を1円もかけずに高画質で楽しむことが可能です。登録もカンタンなのでぜひ試してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「ビクティニと黒き英雄ゼクロム/白き英雄レシラム」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT × ×
FOD × ×
TSUTAYA TV 見放題
Hulu × ×
dTV × ×
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ × ×
music.jp × ×
※2020年3月24日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください) 「ビクティニと黒き英雄ゼクロム/白き英雄レシラム」を配信しているサービスはTSUTAYA TVのみ。 そもそもポケモン映画を配信しているのはTSUTAYA TVのみ。反対にミュウツーの逆襲~ポケモンの映画最新作まで、TSUTAYA TVであればすべて視聴が可能となっています。 月額2000円以上のサービスなので決してお安くはないのですが、無料トライアル期間が30日あります。期間内に視聴&解約してしまえば1円もかかりません。 もちろんポケモン以外の映画やアニメも楽しめるようになっていますし、ぜひTSUTAYA TVを試してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「ビクティニと黒き英雄ゼクロム/白き英雄レシラム (邦題)」「pocket mnster biktini to kuroki eiyuu zexrom siroki eiyuu lecilum(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「ポケットモンスター ビクティニと黒き英雄ゼクロム/白き英雄レシラム 」を視聴するならTSUTAYA TV

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TV:10000以上 DISCAS:TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ 付与ポイント 1100
視聴方法 オンライン DVDレンタル 視聴デバイス スマホ タブレット パソコン
備考 オンラインとは別に準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
  TSUTAYA TVはツタヤの運営する動画配信サービスです。
TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス
TSUTAYA TVの無料トライアルに登録すると、この2つのサービスを同時に利用できます。 月額2417円ですが、30日以内に解約すれば完全無料。 また、TSUTAYA TVで配信されているサービスは他に比べると少ないものの、他にはない作品も多く、またTSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)を組み合わせると、どのサービスよりも無料で多くの映画やアニメを楽しめます。

↓30日以内に解約すれば無料↓

「ポケットモンスター ビクティニと黒き英雄ゼクロム/白き英雄レシラム 」のあらすじ

氷河におおわれた、南極のような場所。ドレッドは、遠く離れたアイントオークから、「大地の民」の子孫に会いに来ていました。 大昔、「大地の民」と呼ばれる人びとは、アイントオークに豊かな町を築き、栄えていました。しかし、ある出来事のせいで、アイントオークは荒れ果てて、「大地の民」は世界中に散らばってしまったのです。 ドレッドは、再び、大地の民を集めようと子孫たちを説得していました。 「ここは動かん!」と、ドレッドの誘いを拒否する、族長。ドレッドの話は、ただの言い伝えだ、と耳を貸しません。「真実です!それを証明して見せます!」とドレッド。 その時、氷河が動き出し、子どもが足を滑らせて冷たい海に落ちてしまいました。割れた氷河は孤立し、取り残されます。向こうからは、巨大な氷河がせまってきます。このままでは、村が全滅してしまいます。ドレッドが合図すると、伝説のポケモン、ゼクロムが現れました。 ドレッドはゼクロムを使って氷河を砕き、子孫たちを助けます。「大地の民が、大地とのきずなを取り戻すときが来たんです!」とドレッド。「希望の先に、理想はある!」とゼクロム。 ドレッドは、大地の民の子孫たちを、アイントオークに呼び寄せることに成功しました。 サトシたちが、収穫祭のポケモンバトルに参加するために、アイントオークにやってきました。アイントオークは、海と森に囲まれた山岳の町で、中央には「大地の剣」とよばれる大きなお城があります。 岩だなから落ちそうになったシキジカを助けようとするサトシですが、自分が崖に落っこちそうになってしまいます。そのサトシの足を、幻のポケモンビクティニがそっとひっぱります。サトシの体に、強力なパワーがみなぎります。 サトシは、シキジカを抱えて、反対側の壁までスーパージャンプをしました。「信じられない!」と、驚く、アイリス、デント。 サトシは、そのまま洞窟に入っていきました。恥ずかしがり屋のビクティニは、隠れながらサトシとピカチュウを見守っています。洞窟は複雑ですが、ビクティニがテレパシーで、サトシに出口を教えます。 道の途中、広い立体迷路のような地下空間にたどりついたサトシは、そこで、卵のような石を見つけます。石が青白くに輝きだし、その光りは、サトシのまわりも包みます。 ビクティニのテレパシーで城の地下階段にたどり着いたサトシは、調理場の暖炉の隠し扉をあけて、城の中に入りました。サトシが歩いてきた道は、秘密の抜け穴だったのです。 外の道を歩いてきた、アイリス、デントに合流したサトシは、城の中を観光します。ビクティニは透明になって、こっそりついていき、おやつのマカロンを盗み食いします。マカロンが大好きなのです。 広い城で迷い、「急がないと、バトルの申し込みに間に合わなくなっちゃう!」と困っているサトシたちに、ドレッドが声をかけました。「案内しようか?」。旅から戻ったドレッドは、町長のために城の修復作業をしていたのでした。 町では、ビクティニのマスコットがたくさん売られていました。ビクティニは、大昔にそのパワーで城を守ったと伝えられていて、「勝利ポケモン」と呼ばれているのです。みんな、お守りのためにビクティニのマスコットを持つのでした。 収穫祭のバトルが始まりました。サトシのポカブはダイケンキとバトルします。最初は歯が立たないポカブですが、ビクティニがこっそりパワーをあたえたために、一撃でダイケンキを倒しました。 それをみて、自分もバトルに参加している、ドレッドの妹のカリータはビクティニがいるのでは?と疑います。 カリータはサトシにバトルを申し込みました。ズルック対ササンドラです。この時も、ビクティニがズルックにこっそりパワーを与えたため、ズルックは一撃でササンドラを倒しました。 カリータはサトシたちにビクティニのことを説明します。サトシは、洞窟の中のテレパシーや、消えたマカロンの事を思い出して、ビクティニがいることに気づきました。 サトシは、マカロンでビクティニをおびきだし、友達になりました。 ビクティニと一緒にアイントオークの町を走り回るサトシたち。突然、ビクティニが見えないバリアにはじかれます。ビクティニは、反射的に、強力な炎でバリアを攻撃し、そのままおびえたように逃げていってしまいました。 カリータの母、ジャンタが、ビクティニが結界におびえたことを教えてくれます。町には見えない結界が張られていて、ビクティニはその外に出られないという言い伝えがあるのです。 ドレッドと町長も合流し、みんなでビクティニを探します。ビクティニは、水車のある池にいました。今度こそ、サトシたちとビクティニは、本当に仲良くなりました。 町長は、サトシたちに、アイントオークの伝説と、ビクティニのこと、ドレッドが考えている計画を説明します。 千年以上前、この辺りは「大地の里」と呼ばれ、王様のもとで、大地の民の国が栄えていました。ビクティニは、王様のポケモンでした。 王様は、大地を流れる見えない大きなエネルギー「竜脈」の力を上手く使い、自然と、人間と、ポケモンが調和してくらせる幸せな場所を作っていたのです。 王様には双子の王子がいました。二人は、それぞれ、理想の勇者、真実の勇者と呼ばれていました。そして、大いなる伝説の竜ポケモン、ゼクロムとレシラムを友にしていました。ゼクロムとレシラムは、自分たちが認めた人間だけに知恵と力を貸すのです。 やがて、二人の王子は対立し、大戦争が起りました。ゼクロムもレシラムも激しい戦いに傷つき、パワーを失い、石に姿を変えて長い眠りについてしまいます。 王子たちは、自分たちの間違いに気づきますが、遅すぎました。戦いの影響で竜脈のエネルギーが乱れ、大地の崩壊が始まったのです。 王様は、ビクティニの力を借りて、竜脈のエネルギーを押さえることにしました。ビクティニの力を集約するために城の周りに結界を作り、力を合わせて、剣の形の城を空に浮かび上がらせました。 王様は、城を、竜脈のエネルギーを封じることができる、今の場所に下ろしました。竜脈の暴走はおさまりましたが、王様は力つき、結界を解く前に死んでしまいました。 残されたビクティニは、千年以上、たった一人で、結界の中で暮らすことになりました。 大地とのきずなを失った「大地の民」も、世界中に散らばってしまったのでした。ドレッドは、彼らを集め、大地の里を復活させようとしていたのです。 ドレッドは、荒野や極寒の地を回り、大地の民を集めようと頑張りましたが、最初は誰も相手にしてくれませんでした。 月の美しい夜、城のそばで落ち込むドレッドの耳に、「お前の理想はそんなものか!」という声が響きます。 「捨ててしまえ、そんな理想は!」声は、大地の剣の城の中から聞こえてくるようです。ドレッドと町長は、声に導かれるように、城の地下洞窟を目指しました。サトシが通ってきた洞窟です。 立体迷路のような洞窟で、町長は同じ場所を歩くだけですが、ドレッドは、どんどん下の方に降りていきます。道が、前にすすめる者を選んでいるのです。 ドレッドは、ゼクロムの石にたどりつきました。 「大いなる竜の石!」とつぶやくドレッドの前で、石は激しい電撃を放ち、ゼクロムが目覚めました。 「理想を求める覚悟、見せてもらった!」とゼクロム。 ゼクロムは極寒の地に飛び、氷河を砕き、荒野に飛んで竜巻を撃退します。ゼクロムの姿をみた大地の民たちは、ドレッドを信じ、アイントオークに集まってきました。 ゼクロムはドレッドに、大地の剣の城をつかって、竜脈のエネルギーをコントロールできることを教えます。ドレッドは、大地の剣の城を飛ばすことで、大地の里を復活させようとします。 その夜。サトシの隣で眠るビクティニは夢を見ていました。大地の剣のてっぺんにいるビクティニ。結界に閉じ込められています。雲が猛スピードで流れ、朝昼晩、春夏秋冬が、めまぐるしく移り変わります。 王様が現れました。「すまないビクティニ。お前をここにおいていくことを、許しておくれ…」消えていく王様…。ビクティニは悲しくて、エンエンと泣きます。 サトシが、ビクティニの夢に気づきました。ビクティニは眠っていますが、目に涙が光っています。「やっぱり、寂しかったんだな」とサトシ。 目覚めたビクティニは、サトシと一緒に、城の庭を散歩し、遠くにみえる海を指さします。朝日がさし、ビクティニが一生懸命サトシに何かを伝えます。サトシには、すぐに分かりました。 「あそこに、行きたいんだな。俺、お前を絶対、あの海につれてってやる!」強く決意する、サトシです。 ついに、ドレッドが作戦を始めました。「大地の民は、今日、大地のきずなを取り戻す!」 城のバルコニーの台の前で念じ、結界の石の模型を浮かび上がらせるドレッド。ドレッドが、気のようなもので結界の石をあやつると、本物の結界の石である巨大な「守りの柱」が城のまわりに浮かび上がってきました。 おびえたビクティニは、城の中に逃げ込みます。「ビクティニ、お前の力を貸してくれ!」というドレッドから逃げようとするビクティニですが、ドレッドは守りの柱の模型で取り囲み、閉じ込め、無理矢理エネルギーを吸い出します。 ビクティニのエネルギーを、城に閉じ込めたエスパーポケモンたちに流し、そのパワーで城を移動させようとするドレッド。城は浮かび上がりますが、ビクティニは苦しみます。 城が浮かんだことで、大地の竜脈が光り出しました。浮かんだ城の剣の先に反応し、森や大地に亀裂が走ります。 「ついにやったぞ!」と喜ぶ町長。「城をもとの場所に戻せば、大地の里を復活する!」と、強引に城を移動させつづけるドレッド。 ビクティニが、苦しみに叫びました! ビティニの叫びをキャッチしたサトシがドレッドのもとに駆けつけました。「ビクティニが苦しんでるじゃないか!ここから、出してやって下さい!」と叫ぶサトシ。ドレッドは、ゴチルゼルでサトシを攻撃します。 カリータとジャンタも「やめてちょうだい!」と叫びますが、ドレッドはやめません。ジャンタはゴルーグを出し、ゼクロムと対決しますが、歯が立ちません。 ゴチルゼルが全員の動きをねんりきで封じ、サトシは気絶してしまいます。 気絶しながら、サトシは、ビクティニの思い出をキャッチしていました。王様は、死んでしまう直前に「城を動かしてはならぬ。再び城を動かしたら、竜脈が乱れ、世界を滅ぼしてしまうかもしれん」と、ビクティニに伝えていたのです。 目覚めたサトシは、他のみんなと一緒に城の台所に閉じ込められていました。「兄さんを許して」と謝るカリータに、サトシが言います。「ビクティニが教えてくれた。城を動かしちゃだめなんだ!」 竜脈が乱れたのは、ゼクロムが石になった後なので、ゼクロムは真実を知らないのでした。 ゼクロムに対抗できるのは、レシラムだけです。サトシには、心当たりがありました。暖炉の奥の隠し扉を開け、中に入るサトシたち。 外は、大変なことになっていました。竜脈が、緑から紫の不吉な色にかわり、暴れ、大地を破壊し、もう歯止めがききません。 地下の立体迷路のような空間を走るサトシたち。気がつけば、みんなは上を走り、サトシだけが、下の空間に向かっています。選ばれたものだけが、レシラムにたどりつけるのです。 レシラムの声が響きます。「お前はもっているのか、真実に近づく勇気を!」 足下の岩が、黄金の粒子に包まれ崩れていきます。サトシは猛スピードでつっぱしり、ついに、レシラムの石の前にやってきました。 石が熱と炎を放ちます。「お前の真実は、何だ!」 「俺は、ビクティニを死なせたくない!助けたいんだ!千年もここに、一人でいたんだ!寂しかったんだよ!俺は、あいつに海を見せてやりたい!」 石から溶岩のように輝き、レシラムが復活しました。「お前の勇気は、真実となる!」とレシラム。 外では、竜脈が暴走していましたが、ドレッドは、まだ城を動かし続けています。ビクティニは、限界です。 サトシがレシラムに乗って現れました。「レシラム!俺たちを城に下ろしてくれ!」 レシラムは、サトシたちを城に下ろすと、ゼクロムとの戦いを始めました。戦いの途中、ゼクロムが竜脈のエネルギーに落ちてしまいます。レシラムが、すばやくゼクロムを助けました。見つめ合い、事情を伝えるレシラム。ゼクロムは全てを理解しました。 城では、ピカチュウとゴチルゼルが激しく戦っています。ドレッドが叫びます。「理想のためには、犠牲が必要だ!」。サトシが答えます。「犠牲が必要な理想なんていらない!」 レシラムとゼクロムがやってきました。ゼクロムは、ビクティニを閉じ込めていたオリを破壊し、助けます。「大地の怒りが聞こえる」とゼクロム。 「僕がしようとしたことは、間違っていたのか…」と、ドレッドはようやく間違いに気づきますが、竜脈を押さえる方法を知りません。 「大地の怒りを止めるのだ」。「剣をつかえ」。レシラムとゼクロムに教えられたドレッドは、レシラムとゼクロムの力をかりて、竜脈を押さえ込もうとします。 紫に光る竜脈のエネルギーが、城に逆流し、城が壊れ始めました。ドレッド以外の全員が脱出しようとしますが、ビクティニは結界があるので逃げられません。ビクティニを抱いたサトシも、ピカチュウも、城の中に残ることになりました。 ドレッドは、激しく傾いた城から、落っこちていきました。 竜脈のエネルギーを全て受け止めている城は、そのパワーのために、猛スピードで宇宙に向かって上昇します。気温が下がり、酸素がなくなっていきます。サトシはピカチュウとビクティニを抱きしめて、守ります。 ゴルーグに乗って飛んで来たドレッドが叫びます。「サトシ君負けるな!君は大いなる竜に選ばれた男だ!」ゼクロムとレシラムが、必死で守りの柱を破壊しようとしますが、柱はびくともしません。 守りの柱は、サトシたちをガッチリと取り囲みました。サトシは、寒さに凍り、息ができず、死を覚悟しました。 「ごめん、ビクティニ。海につれていくって約束したのに…ゴメン」サトシの瞳から涙がおち、凍って…砕けました…。 その瞬間、ビクティニが炎のように燃えさかりました!エネルギーの塊になったビクティニは、柱のつなぎ目に体当たりします。二度目の体当たりで、柱を突き飛ばしました! 「ビクティニー!!!」サトシの声が、宇宙に響き渡り…サトシは気を失いました。 城はエネルギーを失い、ゆっくり地上へ降りていきました。ポケモンたちとドレッドが力を合わせ、剣の城を、竜脈の頭である岬に突き刺しました。竜脈の乱れは、収まりました。 意識が戻ったサトシが、寂しそうに空を見上げました。ビクティニは、消えてしまったのでしょうか。  

「ポケットモンスター ビクティニと黒き英雄ゼクロム/白き英雄レシラム 」のネタバレ

サトシたちは浜辺にやってきました。「海に来たぜ、ごめん、ビクティニ…」と涙するサトシ。マカロンを海に放り投げます。「お前の好きだったマカロンだ!」 マカロンが空中で止まり、カリカリとなくなっていきます。姿を消したビクティニの仕業です。ビクティニは、生きていたのです! ビクティニは、サトシに思いを伝えました。サトシの頭の中に、緑がよみがえる大地が見えます。ビクティニが飛び回っています。「そうか、お前、大地の里に帰るんだな。みんなを元気にしてやってくれよな!」 ドレッドは、みんなに謝りました。ジャンタが励まします。「大変なのはこれからよ。みんなで理想の大地を取り戻しましょう!」 岬では、剣の城が太陽に輝いています。レシラムとゼクロムが、海の上を疾走し、虹が輝きだすのでした。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です