映画「ブレードランナー(2007)」のネタバレとフル動画を無料視聴

1 min
映画「ブレードランナー ファイナルカット(2007)」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 結論から言うと、ブレードランナーは動画配信サービスU-nextで視聴するのがオススメ。 31日間の無料トライアルを使えば1円もかけずに視聴が可能な上に、「ブレードランナー2049」など、シリーズの他の作品も楽しむことができます。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「ブレードランナー」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題
FOD 1700ポイント
TSUTAYA TV × × ×
Hulu × × ×
dTV 300ポイント
Netflix × × ×
Amazonプライムビデオ × × ×
music.jp × × ×
  「ブレードランナー」を無料で見れるVODは3つ。 ・U-next ・TSUTAYA TV ・dTV ただし、dTVとTSUTAYA TVは実質有料です。 どちらも約30日間の無料トライアルこそあるものの、dTVはブレードランナーの視聴に300ポイント(300円)必要で、タダでもらえるポイントもありません。 TSUTAYA TVは登録時に1100ポイントもらえるものの、ブレードランナー ファイナルカットの視聴には1700ポイント必要で、差額の600円を払わないと視聴ができません。 なので、無料で見ようと思えば選択肢はU-NEXT一択。 ブレードランナー ファイナルカット版の視聴にポイントは不要ですし、ブレードランナー2049も、登録時にタダでもらえるポイントを使って視聴可能。 さらに無料トライアル期間も31日間とかなり長く設定されているので、今すぐU-NEXTに登録して、ブレードランナーを視聴してみてください。

↓31日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「ブレードランナー(邦題)」「blade runner(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「ブレードランナー」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン
ダウンロード
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
  U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。 130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。   おまけに、登録から31日間は無料。 映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。 スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。

↓31日以内に解約すれば無料↓

「ブレードランナー」のあらすじ

21世紀初頭、アメリカのタイレル社がレプリカントと呼ばれる人間そっくりなロボットを開発。 彼らは奴隷のように扱われたり、地球以外の別の惑星の調査をさせられたりと過酷な扱いを受け続けてきました。ですが、ある時を境に人間に対して反乱を起こします。 通常、レプリカントは人間のような感情を持ちません。 しかし、製造後、数年が経つと感情が芽生え、反乱を行うなどの行為に走る可能生があります。そのため、レプリカントたちは4年間で停止するように作られているのですが… 人間とレプリカントの対立が続く2019年。 昼夜問わず酸性雨が降りしきるロサンゼルス。 デッカード(ハリソン・フォード)はレプリカントを取り締まる捜査員、通称ブレードランナーを退職し、自堕落な生活を送っていました。 しかしある日、デッカードの元にブレードランナー時代の知り合いであるハリー警部から連絡があり、4体のレプリカントを捕まえてほしいとの依頼を受けます。 退職したことを理由に断ろうとするデッカードでしたが、半ば押し切られる形で捜査を始めることに。しかもその4体は、スペースシャトルの乗組員を殺害し、そのままシャトルを奪った危険なレプリカントです。 ちなみに彼らは3日前にも、レプリカントを製造するタイレル社に押し入ろうとして失敗しています。その後行方が分からなくなっていますが、それまでの行動からしても一刻も早く捕まえなければいけないのは明らかでした。  

「ブレードランナー」のネタバレ

デッカードはまず、レプリカントたちが押入ろうとしたというタイレル社へ。 タイレル社でデッカードを出迎えたのは、社長であるタイレルと秘書のレーチェル。タイレルはレプリカントかどうかを見分けるテストのことを尋ねます。 デッカードたちブレードランナーは、被験者に対していくつかの質問をして、彼らがレプリカントかどうかを見分けるのです。 タイレルは人間に対してどのような効果があるのかを見たいと言い、レーチェルに対してそのテストをしてくれないかと依頼。それを受けたデッカードはレーチェルに対してテストを行います。 テストが終わると、タイレルはレーチェルを退席させ、テストの結果について聞きます。テストの結果はレーチェルがレプリカントであることを示していました。 タイレルによると、レーチェルは試作品のレプリカント。 “記憶”を持たせたモデルだと言います。 4年の寿命しかないレプリカントは通常、記憶を持ちませんが、記憶があることによって、より人間らしい振る舞いをするようになると。 さらに、タイレルはレーチェルに彼女がレプリカントであるということは秘密にしていました。しかし、テストの結果は、レーチェルは自分がレプリカントであると気付いていることを示していました。 デッカードが次に向かったのは、レプリカントたちが一時的に潜伏していたと見られる廃屋。 調査の結果、彼はいくつかの写真と何かの破片を入手します。 一方その頃、デッカードが追いかけているレプリカントたちは、レプリカント製造施設で作業員から自分たちの製造年月日や製造番号を聞き出そうとします。 が、彼は社長のタイレル以外は知らないと否定。 社長に直接会うにはどうすれば良いかと尋ねるレプリカントに、作業員はJF・セバスチャンという人物に案内をさせると言います。 デッカードが自宅に戻ると、レーチェルが訪ねてきていました。 レーチェルは自分に対して行われたテストの結果を聞こうとします。そして、自分には幼少期の記憶があるため、レプリカントではないと言って、思い出を語り始めます。 しかし、それはタイレルの姪の記憶を移植して作られたもの。レーチェルの本物の記憶ではありません。デッカードがそのことを告げると、レーチェルは酷く動揺した様子を見せます。 慌てて冗談だと誤魔化そうとするデッカードでしたが、時すでに遅し。 レーチェルは傷付いた様子で部屋から出て行ってしまいます。 同じ頃、JFセバスチャンは路上でひとりの女性と出会います。 彼女は孤児で、帰る家もないというので、セバスチャンは自宅のアパートに連れていきます。しかし、その女性はプリスという名前の逃走中のレプリカントの1体でした。 セバスチャンたちが家に戻ると、彼が趣味で作ったロボットがふたりを出迎えます。 一方、デッカードはレーチェルが去った自室で、手がかりである写真と何かの欠片を調べていました。 調べるうちに、見つけた破片が人工的に作られた蛇の鱗であることを突き止め、デッカードはその蛇の持ち主、つまり逃走中のレプリカントのうちの1体が働くクラブにたどり着きます。 レプリカントはデッカードがブレードランナーだと知ると逃走しますが、彼は追いかけ、射殺することに成功します。 現場にやってきた刑事は「残りのレプリカントはあと4体だな」と、デッカードに言います。 1体はさっき射殺したため、残りのレプリカントはあと3体ではないかと反論するデッカードに、刑事はレーチェルが自分がレプリカントであることを知って行方不明になったことを知らせ、彼女も排除しろと冷たく命じるのでした。 意気消沈するデッカード。 しかし、次の瞬間、目に飛び込んできたのは、人混みの中に佇むレーチェルの姿でした。 デッカードは彼女を追いかけますが、途中で逃走中のレプリカントの1体であるリオンに遭遇してしまい、暴行を受けます。 「俺は何年生きられる?」 と、自分の寿命について尋ねるリオンに、デッカードがレプリカントは4年しか生きられないと告げると、リオンは悲痛に顔を歪め、デッカードをより激しく殴りつけます。 リオンはデッカードを殺すつもりでした。 フラフラになったデッカードに懐から取り出した銃を突きつけ、引き金を引こうとしたそのとき、1発の銃声が鳴り響き、リオンを貫きます。 デッカードを救ったのはレーチェルでした。 デッカードはレーチェルを自宅に連れて帰ります。 レーチェルはもし、自分が逃げ出したら追ってくるかとデッカードに問いますが、助けてもらった恩があるデッカードは「俺は追わない」と答えます。 しかし、デッカードがレーチェルを追わない理由はそれだけではありませんでした。彼はレプリカントであるレーチェルを愛してしまったのです。 その夜、ふたりは結ばれます。 一方、セバスチャン宅ではプリスとロイが合流し、他の仲間たちが死亡したことを知ります。自分も死んでしまうのかと心配するプリス。彼女をなだめるようにロイはキスをします。 ふたりはレプリカントでしたが、互いに愛し合うようになり、ふたりでずっと一緒にいるため、自分たちを作ったタイレルに、4年というレプリカントの短い寿命を伸ばしてもらおうとしていたのでした。 しかし、社長であるタイレルにはそう簡単に面会することはできません。 そのため、彼らはセバスチャンの助けを借りる必要がありました。 プリスとロイはなかなか承諾しないセバスチャンを説得。 ついにタイレルに会いに行けることになります。 セバスチャンと共にタイレルに面会したロイ。 彼は早速寿命を伸ばしてもらおうとしますが、タイレルは科学的に不可能であると断られてしまい、そのまま彼を殺してしまいます。 タイレルが何者かの手によって殺されたと連絡を受けたデッカードは、その場に居合わせたセバスチャンに話を聞くため、彼のアパートを訪れます。 しかし、セバスチャンの自宅アパートにはプリスがひとり残っていました。 家に踏み入るなり、不穏な空気を感じ取ったデッカードが銃を構えてアパートを見回っていると、セバスチャンの作ったロボットたちにまぎれて潜んでいたプリスに襲われます。 戦闘の末、デッカードはプリスを射殺。 しかし、そこでロイが帰ってきたため、そのままデッカードはロイとも戦闘になります。 デッカードはアパートの屋上に追い詰められ、絶体絶命になりますが、デッカードにとどめを刺す前にロイが寿命を迎え、静かにその動きを停止します。 デッカードは無事にスペースシャトルを奪ったレプリカント4体を排除することに成功しましたが、彼にはまだやることが残っていました。 プリスたちとの戦闘で負った怪我の治療もそこそこに、デッカードは自宅へ戻ります。そして、未だ眠っているレーチェルを優しく起こし、ふたりは街から逃亡するのでした。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です