「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」のフル動画を無料視聴

1 min
ぼくたちと駐在さんの700日戦争」のフル動画を無料視聴する方法を紹介します。 地元の悪ガキと新しく赴任してきた駐在さんの対立(と言っても、プロレスのような安心感のある対立)を描いたストーリーになっています。映画は、終始コメディー。 時には腹を抱えてしまうほど笑えるだけではなく、懐かしいノスタルジックさに囚われたり、胸がジーンと熱くなってきます。 ぼくたちと駐在さんの700日戦争を見るなら、動画配信サービスがオススメ。 今回ご紹介するU-NEXTなら登録してすぐに高画質で動画が見れますし、今なら登録から31日間は無料のお試し期間になっているので、視聴してから解約してしまえば1円も費用はかかりません。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題
U-NEXT 見放題
FOD × ×
TSUTAYA TV 400ポイント
Hulu × ×
dTV 324ポイント
Netflix 見放題
Amazonプライムビデオ 見放題
music.jp 324ポイント
  「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・TSUTAYA TV ・music.jp ・Amazonプライムビデオ ・U-next ・Netflix ・dTV いずれかのサービスに登録していればすぐに視聴できます。 この中で新しく登録するなら、オススメはU-NEXT(ユーネクスト) 「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」の視聴にポイント(追加料金)が必要ないですし、もともと配信されているアニメや映画の数も15万作品以上と膨大で、31日の無料トライアルでも足りないくらい楽しむことができます。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 試しに「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」「bokutachi to chuzai san no 700 nichi sensou」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン
ダウンロード
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
  U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。 130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。 おまけに、登録から31日間は無料。 映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。 スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」のあらすじ

1979年。 とある田舎町に住む少年「ママチャリ」と、その仲間たちはイタズラして周囲を困らせることに全力を注いでいました。 着ぐるみを着て人を脅してみたり。 「バーバー」を「ババー」に変えてみたり。 イタズラ小僧と呼ばれ、憎まれつつも好かれている彼らは街では有名人でした。 そんなある日、事件が起こります。 仲間の1人である西条が原付バイクのスピード違反で捕まってしまい、停学処分になりました。取り締まりをしたのは新しく赴任してきた駐在さん。 「スピードが出やすい下り坂でネズミ捕りをするのは卑怯だ!」 復讐するべくママチャリの仲間たちは一致団結します。 自転車ならスピードだしても大丈夫、という考えでスピード違反を取り締まる駐在さんの前をさっそうと通り過ぎるママチャリたち。 でも、自転車も軽車両。結局捕まってしまいます。 ママチャリたちはリベンジとして、駐在所にエロ本を仕込みます。 ところがこの作戦も失敗。むしろママチャリが好意を寄せる女性の前でエロ本のタイトルを朗読され、返り討ちになってしまいます。 好意を寄せる女性とは、喫茶店で働いている加奈子。 ママチャリは駐在さんへのリベンジが成功したら、彼女に告白するつもりでした。ですが、実は加奈子が駐在さんの奥さんだと知ります。 これにママチャリは大ショック。 怒りや悔しさも混じり、駐在さんへのイタズラはエスカレートしていきます。 落とし穴を仕掛けたり、勝手に家に上がり込んだり、駐在さんへの嫌がらせを続けていると、ある日、ママチャリたちに和解が持ちかけられました。お前ら、あんまりおかしなことばっかりやってんなよ」 駐在さんはそう言いママチャリたちを乗せ山中にパトカーを走らせます。 街を一望できる高台に着くと、ママチャリたちは美しさに見とれていました。すると突如後ろからパトカーの急発進の音がします。マチャリたちが振り向くと 「ばーか!お前らここから歩いて帰りやがれ!」 駐在さんが運転席の窓から手を振っていました。 ママチャリたちを置き去りに、颯爽と山中に消えていくパトカー。 ですがママチャリたちも負けておらず、あらかじめパトカーにくさい雑巾を仕込み、ささやかな仕返しをすることに成功しました。 結局、今後もイタズラの日々が続くことになります。 ある日、ママチャリの仲間の西条が事故を起こして入院してしまいます。女性のスカートを見ようとよそ見してしまった、なんとも情けない理由です。 ですが、西条もただでは転びません。 病院にお見舞いに来たママチャリたちに、隣町の花火大会で使う花火を盗む提案をします。もちろん、すべては駐在さんを困らせるためです。 ただ、これはもう立派な犯罪。 今まで彼らが駐在さんたちにやってきたのは”嫌がらせ”に過ぎませんでしたが、明らかに罪を犯すとなると、仲間たちは付き合いきれなくなっていきます。 そして、1人また1人と去ってしまいました。 ママチャリも1度は病室を出ますが、財布を忘れたことに気づき戻ると、西条とある女の子の会話を耳にします。 心臓の病を抱えたミカちゃん。 ミカちゃんは心臓の手術を控えていましたが、決心がつかずにいました。そこで西条は花火を見せて、彼女に手術をする決心をしてもらおうとしていたのです。 「ここからじゃ花火が見えないと」 そう言う彼女に西条は絶対に見せると約束します。 これを見たママチャリは花火を盗むことを決意しました。

ぼくたちと駐在さんの700日戦争のネタバレ

ママチャリが花火を盗む計画を立てていると知り、少しずつですが仲間が集まってきます。 そして花火大会の当日、取材と言って花火職人の親方に会い、質問を早々に終わらせると取材協力費を渡して帰ります。 その時に花火玉と導火線を盗み、花火玉は女装した仲間のブラジャーに隠します。 病院に向かおうとしたところ、駐在さんに見つかってしまい尋問を受けてしまいます。 「お前がそんなことする必要はない」 駐在さんになだめられますがママチャリの決意は堅く揺らぎません。 そんな時、近くで喧嘩が起きます。 もちろんそれはママチャリの仲間が起こしたものです。駐在さんが仲裁に向かう隙にママチャリたちは病院に向かい、花火をあげる準備をします。 そこにまた駐在さんが現れ、花火を返せ返さないの問答が続く。 その時、ママチャリたちの仲間がパトカーを盗み、気づいた駐在さんが追いかけていきました。そのスキをついて、花火を打ち上げるのに成功したのです。 もちろん、西条とミカちゃんも見ていました。 西条とミカちゃんは大喜びしますが、彼らの前に現れたのは手錠をかけられたママチャリたちでした。その時、またしても窓の外から大量の花火が打ち上がります。 一体誰が? そう思い、屋上へ駆け上がります。 そこに居たのは駐在さんでした。ミカちゃんのために、自腹で花火を購入してくれ、そして打ち上げてくれていたのです。 その後、花火職人から代金は受け取っていると連絡がありママチャリは釈放。…こうしてママチャリと駐在さんは通じ合ったかと思いきや、また明日も戦争は続いていくのでした。

ぼくたちと駐在さんの700日戦争の感想

子供の頃、誰しもイタズラの経験はあるものです。 同時に、映画を見ていると過去の自分の記憶が次々と蘇ってきました。ママチャリのようなド派手なイタズラはしていなくても、自分も色々やったなぁ…と。 恋愛、イタズラ、反抗、友情… ストーリーとしての完成度はもちろん、子供の時に誰もが体験した感情が波のように押し寄せる、ノスタルジックさを持つのがこの映画の魅力です。 未熟さが残った男子高校生がたまに羨ましくなってしまいますし、こういうバカをやれるのは若かりし青春時代ならでは。。 この映画を見て、まだ学生の方は今の時間をと仲間を大切にしてほしいし、社会人の方は思い出を振り返ってぜひ、友人に会って若い時の純真な思いを肴に語り合ってほしいですね。 青春っていいな、と心から思う作品です。

ぼくたちと駐在さんの700日戦争は実話?

「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」は実話をもとにした映画です。 「くろわっ」さんが2006年3月からブログでエッセイとして書いたもので、主人公である悪ガキ「ママチャリ」はご本人をモチーフにしています。 ちなみにママチャリというニックネームは、仲間たちと自転車で走った時に1人だけママチャリで時速30キロしか出てなかったからだとか。 実はママチャリたちのイタズラには決まりもあります。 [box class=”blue_box” title=”イタズラのルール”] 相手に怪我を負わせてはならない しかけられた相手も笑えなくてはならない 相手が弱者であってはならない 償いができないものは悪戯ではない[/box] ただし、信念は同じでも映画にあるイタズラすべてを実際にやったわけではないようです。花火を盗もうものなら普通に捕まってしまいますしね(笑)  

↓31日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です