映画「武士の家計簿」のフル動画を無料視聴【dailymotionとyoutube】

映画「武士の家計簿」のフル動画を無料で視聴できます。


「そろばんバカ」と呼ばれた男「猪山直之」と息子の「成之」の生き様を描いた映画です。

「父親の愛」について深く考えさせる映画になっており、すでに結婚して子供を育てている父親はもちろん、まだ結婚していない男性も1度は見てもらいたい映画です。


武士の家計簿を見るなら、動画配信サービスがオススメ。

無料トライアル期間を利用すれば完全無料で、高画質で読み込みもスムーズな動画を今すぐに視聴できます。登録もカンタンなのでぜひ試してみてください。

 

↓31日以内に解約すれば無料↓


 

「武士の家計簿」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題
U-NEXT 見放題
FOD × ×
TSUTAYA TV × ×
Hulu × ×
dTV × ×
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ 300ポイント
music.jp 324ポイント
 

「武士の家計簿」を配信しているサービスは以下のとおりです。

・music.jp
・Amazonプライムビデオ
・U-next



Amazonプライムビデオとmusic.jpは武士の家計簿の視聴にポイント(別料金)が必要ですが、U-NEXTは視聴にポイントは必要なく、登録してすぐに完全無料で映画を楽しむことができます。

また、無料トライアルの期間も31日と他のサービスに比べて長く設定されています。その間、配信されている動画を無料で楽しむことができるので、まずは31日間試してみてください。

 

↓31日以内に解約すれば無料↓

動画共有サイトでの視聴は危険?

youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。

試しに「武士の家計簿(邦題)」「bushi no kakeibo(ローマ字)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。


おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…



それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「武士の家計簿」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン
ダウンロード
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
 

U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。

130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。


おまけに、登録から31日間は無料。

映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。

スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

武士の家計簿のあらすじ

そろばんに生きる男「直之」


時は江戸時代後期。

加賀藩。


代々、御算用者として勤めてきた猪山家の長男である猪山直之は、計算力に優れとてもマジメな男でした。ただ、融通がきかず協調性に欠ける性格でもありました。


その性格には、同じ職場の父親・信之も困るほど。

そこで、周囲が直之に所帯を持たせようとします。妻を持ち、子供を作れば、今の融通が効かない性格も少しは変わるのではないかと。


妻に選ばれたのは、町同心(役人)である西永与三八の娘の「お駒」でした。

お駒の父は、直之を

武士としては不甲斐ないが御算用者としては素晴らしい

と評価します。


今でこそ頭の良さが評価される時代ですが、当時は武士としての腕っぷしこそが男としての立派さであり、お駒は当初「なぜそんな人と?」と思っていました。

そんなある火、お駒が川で友禅染めをしているところに直之が偶然通りかかり、2人は意気投合。おまけに、この時はまだお互いを縁談の相手だとは知っていませんでした。


その後、彼が縁談の相手と知るとお駒は縁談を受けます。

祝言のあと、初夜なのに1人そろばんを弾きながら直之は

これしか生きる術がない。不器用で多分出世も出来そうもない。それでもいいか?

とお駒に尋ねます。


お駒は布団の上に座り、
「嫌だと申したらどうなさいます?」
と尋ね返しました。

「困る!」と慌てる直之を見て、「生きる術の中に私もお加え下さい」と優しくお駒は言うのでした。


翌日、お駒は早起きして台所に立ち炊事をこなしていました。

そこに女中が来て驚きながらお駒にそんなことしなくていいと言い、直之の母もお駒に優しく諭します。

「最初からとばすな、小出しに」
「全部やるとそれが当たり前になってしまう」

それを聞き入れ、お駒は少しずつ猪山家に順応していきます。

やがてお駒が懐妊し、長男の直吉が生まれ、盛大にお祝いが開かれました。

貧乏ながらも実直に生き続ける直之とお駒


ある日、直之は勘定方から任命され、藩のお救い米の不正調査に赴きます。

お救い米の量と供給に明らかな差があり、直之は不審に思い独自に調査をしはじめ、不正をはたらく役人の存在を突き止めました。


マジメな直之は、上司に報告。

ところが、事件の発覚を恐れた役人に報告をもみ消されただけではなく、左遷されてしまうのです。

ですが、最終的には役人の悪事が公となり、直之は評価されることになりました。そして異例とも言える、藩主の執筆役への大出世を遂げたのです。


武士の世はランクが上がるとその分出費もかさみます。

息子の直吉が4歳になり着袴の儀を迎えるものの、お駒は直之に金子が足りないと明かします。そして猪山家の借金の金額を知ることになりました。

実家に出してもらう、と言うお駒に直之はそれでは解決にならないと言い、なんとか出費を抑えられないかと思案します。


そこで出た案は鯛の塩焼きを手書きするというものでした。

祝いの席で集まった親類は皆絶句します。


一方直吉は「鯛じゃ鯛じゃ」とはしゃぎ、直之とお駒はホッとします。それでも、両親からは叱られてしまいました。

なぜあんなことを?と問いただされ、猪山家の借金事情を打ち明けることに。

借金の額は年収の倍あり、両親は驚き絶句します。


策はあるのか?と聞くと売れるものは売って10年で返すと宣言する直之。

もちろん、売るのは直之夫婦のものだけでなく両親、おばば様の大切なものも含まれています。母親・常は大切な小袖を、父・信之は茶壺や書籍、お駒は嫁入り道具などを売る決意を迫られます。


猪山家の命はそろばんであると言い、果てには武士の命である刀を売る始末。それぞれ着物3着ほどを残して家財道具を売って借金返済にあてます。

信之は世間体を気にしますが、家を潰されるよりかはましでしょうと直之に説得されます。お駒は嫁いできたことを後悔しているかと直之は心配します。


不安がる直之に

貧乏だと思えば暗くなりますが、工夫だと思えば明るくなります

と答えるお駒。

お駒は直之からプレゼントされた櫛も売らなきゃだめかと聞きますが、直之は優しく売らなくていいと告げます。


こうして、直之によって猪山家の台所事情は厳しく管理されていきます。

「武士の家計簿」のネタバレ

息子「直吉」への厳しい教育


ある日、直之は直吉にも御算用者の道を歩ませるべく、家計簿をつけるよう言います。

ですが直吉には荷が重すぎ、おつかいの途中で四文銭を落としてしまいました。それを隠しているうちに信之が心臓発作のために帰らぬ人になります。


葬儀の夜、悲しむ直吉に対してただ黙々とそろばんを弾く直之。


直之は帳尻のつじつまが合わないと指摘されてしまいます。

直吉が四文銭を失くしたと告げると、直之は「探してこい」といい、収支のズレを許しません。直吉は雨の中びしょびしょになりながら四文銭を探します。

それを見たお駒は直吉の手に四文銭を握らせ、これで帳尻を合わせればいいと言いますが、それを断って探し続けます。


いくら探しても出てこないため、直吉は四文銭を借り入れとして家計簿に書きますが、直之に怒られてしまいました。

それをきっかけに大喧嘩になり、直吉はおでこに傷ができてしまいます。


直吉が川で四文銭を拾ったことを打ち明けると、直之は「返してこい」と一点張りで、直吉は川に戻しに行くことに。

お駒は川に行った直吉を心配しますが、直之は死んだらそれが定めだと言います。お駒は探しに行くと言いますが、どこに行ったのかわからずに玄関先で泣き崩れてしまいました。

直吉は川に落ちないように気をつけながら淵を歩き、無事に四文銭を川に戻してくることに成功します。

直之によるそろばんの英才教育により、直吉は元服を11歳で済ませると改名し成之と名乗り、御算用者として出勤しはじめます。

成之の反発と理解


時が過ぎ、成之は嫁をもらいます。

猪山家が賑やかになるかと思った矢先、祖母の常が危篤状態になってしまいました。

お駒は呉服屋に走り、常が手離したくないと言っていた大切な小袖を取り戻し、常に着せてあげます。そして、満足そうに息を引き取ってしまいました。


その夜も、直之はそろばんを弾いていました。

それを見た成之は父親の生き方に疑問を感じ始め、父親とは違う道を歩もうと自らの生きる道を探し始めます。


幕末、成之は京に行き新政府軍で会計方をしていました。

しかし、一緒に京に来た仲間が殺されてしまい、それを聞きつけたお駒は心配して京に行くと言います。

止める直之でしたがお駒は昔、直吉が川に向かったのを止めなかったことを後悔していると泣きながら訴えます。直之も困ってしまいながらもお駒を抱きしめるのでした。


成之が仕事を終えて帰ってくると直之もお駒も歳をとっていて、直之はそろばんを弾くのもやっとの状態でした。

そんな直之を背負って昔、四文銭を返しに来た川淵を歩きます。


おぶってもらうのは初めてだ」と言う直之。

父におぶってもらったことはない」と返す成之。


お駒は「忘れているだけ」と言い、袴着の儀の時のことを思い出します。

成之が父親を思い出すと、出てくるのはいつもそろばんを弾いている背中のみ。まるで感情が無いのかと思うほど、そろばんに向かっている姿しか思い出せません。

それでも、時代が激しく変わりゆく中でそろばんだけで家族を守ったことを誇らしく感じるのでした。


「武士の家計簿」の感想


父親とは、なんと不器用な生き物なのか。

武士の家計簿を見て、そうつぶやかずにはいられませんでした。


直之は、子供に正しい道を歩ませようと熱心になり過ぎるあまり、周りからは冷たく見られてしまいます。また、悲しみを見せるのも下手で無感情にすら見えます。


けど、愛情はある。

それを伝える術がないだけで。


お駒はそんな直之を理解していましたが直吉にはなかなか伝わらず、直之が老いてからやっと父親というものを理解します。


私がこの映画を男性にこそ見てほしい!と思うのは、武士の家計簿で語られている「伝わらない愛情」は時代を超えて父親に共通するものだと思っているからです。


実際、私も子供の頃を振り返ると思い出すのは厳しい父の姿ばかり。

家族を支えるために働き続けるも、愛情を表に出すことはなく、子供からは「うちの父親はロクでもない」とあまり好かれずに終わってしまう。


成之のように、歳を取ってからでも父親の愛に気づいてくれるのは稀。

その愛情に気づかれないまま、永遠の別れを迎えてしまう父親が多くいるからこそ、「武士の家計簿」は自分を見直す良いきっかけになるハズです。


之のように、忘れているだけで父親に愛情を注いでもらったこと。

反対に、どんなに子供を思っていても、言葉にしなければ伝わらないこと。


まだ親の元にいる時、そして子供を持った時と2度見てみてもらいたい映画ですね。


「武士の家計簿」の解説


猪山家のお家芸である御算用とは、現在でいう公認会計士や経理担当のことを指します。

日頃の食費だけでなく、参勤交代でかかった宿泊費や交通費なども計算します。自宅の家計簿を預かっていれば分かると思いますが、非常に大事な役職です。


しかし、御算用者の地位は低いものでした。

直之の藩主の執筆役への出世は偉業とも言えるほどで、家禄を100石から180石に上げました。1石が75000円くらいだとして、600万くらいの昇給です。


ただ、あらすじでもお話した通り、出世しても貧乏なまま。

武士とは見た目を大事にするもので、身分費用といって何かと出費がかさみます。結果、贅沢をしているわけでもないのに貧乏生活は変わらなかったわけですね。


また、直之が出世する要因となった不正は「安政の泣き一揆」に起因します。

米の不作により値段が高騰し、苦しんだ庶民が卯辰山というところから金沢城に向かった一揆です。


それを受けて加賀藩では、お救い米を出したり、「かて入り粥」という雑穀や野菜を混ぜて炊いたご飯のことで、格安で売り出し飢饉をしのぎました。

そこで不正があったわけです。


また、「武士の家計簿」では成之の一生が描かれるわけではありませんが、彼は明治まで行きていて、大日本帝国海軍や呉鎮守府でも会計を担当していました。

一芸に人生を捧げる、男なら憧れてしまう生き方ですね。

 

↓31日以内に解約すれば無料↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です