映画「カフェ・ソサエティ」ネタバレとフル動画を無料視聴【配信一覧】

1 min
映画「カフェ・ソサエティ」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 手っ取り早く視聴するなら動画配信サービスのU-NEXTがオススメで、31日間の無料トライアルを利用すれば1円もかけずに視聴可能。 登録が必要なのが少し手間ですが、住所などの項目も不要で最低限の入力でOK。3分あればカフェ・ソサエティを視聴できます。

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「カフェ・ソサエティ」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題
FOD × ×
TSUTAYA TV 300ポイント
Hulu × ×
dTV × ×
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ 見放題
music.jp 440ポイント
※2020年5月1日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください) 「カフェ・ソサエティ」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・U-NEXT ・TUTAYA TV ・Amazonプライムビデオ ・music.jp 4ついずれも、すでに登録していれば今すぐ視聴可能です。 また、新しく1つ登録すれば無料トライアル期間に「カフェ・ソサエティ」を1円もかけずに視聴可能なので、どれを選んでもOKとなります。 ただ、 「せっかくなら他の映画も見たい!ということであればU-NEXTがオススメ。単純に見放題映画の数が多いですし、無料トライアル期間も31日間と最長で、無料期間内だけでも十分に楽しめるからですね。 もちろん実際に利用してみて気に入ったらそのまま有料会員になればいいですし、ぜひカフェ・ソサエティをU-NEXTで視聴してみてください。

↓31日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「カフェ・ソサエティ(邦題)」「cafe society(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「カフェ・ソサエティ」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン
ダウンロード
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
  U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。 130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。   おまけに、登録から31日間は無料。 映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。 スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。    

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「カフェ・ソサエティ」のあらすじ

1930年代のハリウッド。フィル・スターンは映画業界で活躍する大物エージェントです。ハリウッドヒルズにある彼の豪邸には、映画関係者が集まり、華やかなパーティーが開かれています。 そこにニューヨークに住む姉のローズから電話が入り、フィルは甥のボビー・ドーフマンの世話を頼まれました。ボビーは職を求めてハリウッドへ出てくるようです。 ブロンクスに住むユダヤ人のドーフマン一家。 宝石職人をしているローズの夫マーティは、ハリウッドで成功したフィルを快く思っていません。なにかにつけてユダヤ人の恥だと罵倒しますが、ローズにとっては自慢の弟。夫妻はフィルを巡ってよく言い争いをします。 ボビーは末っ子で、エヴェリンという姉とベンという兄がいます。エヴェリンの職業は教師で、夫のレナードは大学教授。一方ベンの稼業はギャングですが、新しい可能性を求めてナイトクラブの経営に乗り出そうとしていました。 二週間後、ボビーが期待に胸を膨らませて、ハリウッドへやってきます。フィルの職場へと直行するボビーでしたが、フィルは多忙のためすぐには会えないといいます。 各地を飛び回っているフィルとの対面はなかなか叶わず、気が付けば三週間の月日が流れていました。不安になって実家に電話したところ、ベンから気晴らしにと売春クラブの電話番号を教えられます。 「お金を出して女性と寝ても楽しくないよ」 ボビーは恰好をつけて断ります。ですが、欲望には勝てず、結局売春クラブに電話しました。 そしてモーテルでコールガールの到着を待ちます。 やってきた娼婦のキャンディは遅刻してきたうえ、部屋を間違えるという失態をして、ボビーを苛立たせます。女優を目指しているキャンディは、金に困ってこの仕事をはじめたばかり。娼婦としてはずぶの素人でした。 事情を知ったボビーは、キャンディを抱く気を失ってしまい、20ドルを持たせて家から追い出しました。 ようやくフィルに会える日が来ます。ボビーはフィルの雑用係として働くことが決まりました。フィルは秘書のヴェロニカ、愛称ヴォニーを呼び出し、ボビーを街へ案内してやってほしいと指示します。 土曜日、ボビーはヴォニーに連れられて、ビバリーヒルズへ。映画スター達の邸宅を案内してもらいます。スターになることを夢見て、田舎から出てきたと話すヴォニー。しかし今ではハリウッドへの憧れもなくなったといいます。 ボビーは美人で気取らない人柄のヴォニーに魅かれていきます。しかし恋人がいるのか聞く勇気がありません。 次の土曜日、ボビーはヴォニーと映画を見に行き、バーで飲みます。 ヴォニーにすっかり夢中になっているボビー。ヴォニーの手を握り、口説こうとしますが、かわされます。ヴォニーは訳ありの恋愛をしていました。 ボビーはめげずにアプローチし続けますが…。  

「カフェ・ソサエティ」のネタバレ

映画業界で成功した叔父フィルを頼り、ハリウッドへやってきた青年ボビー。 フィルの事務所で雑用係として働きだしたボビーは、秘書ヴォニーに恋をしていました。 ある日ボビーはフィルの主催するパーティーに参加します。そこで知り合ったテイラー夫妻から新作映画の試写に招待されました。夫妻はニューヨーク在住で、夫のスティーブは実業家、妻のラッドはモデルエージェントの仕事をしています。 ボビーはヴォニーと一緒に行くつもりでしたが、予定があると断られてしまいます一緒にお祝いをしたいんだとなおも食い下がるボビー。雑用係から脚本を読む仕事に昇進したことを報告します。 ヴォニーは料理を作ってあげると言い出し、二人は水曜日にボビーの部屋でディナーをすることになりました。 ボビーが試写に行っている頃、ヴォニーは恋人に会いに酒場へ。 恋人の正体はフィルでした。ヴォニーは妻子あるフィルと不倫をしていたのです。フィルは妻と別れて君と一緒になるとヴォニーに告げます。道ならぬ恋に身を捧げてきたヴォニーは涙を浮かべて喜びます。 水曜日、部屋を整え、ヴォニーの到着を待つボビーでしたが、ヴォニーから今夜は行けそうもないと連絡が入ります。フィルと会う約束ができたのです。 その日はヴォニーとフィルが付き合い始めて一年となる記念日でした。ヴォニーは往年の映画スター、ルドルフ・ヴァレンティノの直筆の手紙をプレゼントします。 しかしフィルは浮かない表情で告げます。離婚はできないと。こうなることを予感していたヴォニーは、取り乱すことなく別れを受け入れました。 夜、ヴォニーがボビーの部屋を訪ねてきました。ヴォニーは泣きながら恋人と破局したことを報告します。恋人とは不倫関係にあったことや、記念日にルドルフ・ヴァレンティノ直筆の手紙をプレゼントしたことも。 ボビーは失恋で傷ついたヴォニーを慰めます。 海へ行ったり、ハリウッド中の映画館を回ったりとデートを重ねるうちに、二人の仲はより親密に。ヴォニーはボビーの優しさに魅かれていきました。 ボビーも結婚を意識するようになり、ハリウッドを離れてニューヨークで暮らそうとプロポーズ。しかしヴォニーは「素敵な考えだけど」と言葉を濁します。 ある日、ボビーはフィルに呼び出され、相談を持ち掛けられます。妻と別れ、愛する女性と一緒になろうと思っていると。フィルの相手がヴォニーだとは知らないボビーは、別れて新しい人生を歩むべきだと助言してしまいます。 一方ボビーもニューヨークに戻り、恋人と結婚するつもりだと報告。その相手がヴォニーだと知ったフィルは、驚きつつも真実を話すことができませんでした。 海岸でデートするボビーとヴォニー。フィルが妻との離婚を悩み、苦しんでいると聞いたヴォニーは、複雑な気持ちになります。フィルは妻と離婚すると再びヴォニーに宣言します。そして一生傍にいて欲しいとプロポーズしました。 二人の男から同時にプロポーズされ、ヴォニーは困惑していました。成功した権力者のフィルと純真な青年のボビー。ヴォニーは二人とも同じくらい愛していました。 フィルのオフィスにやってきたボビーは、離婚ですっかり神経をすり減らしたフィルを励まします。しかしデスクに飾られたヴァレンティノの手紙を見て、ボビーはようやく気付きました。フィルが寄りを戻したがっている恋人がヴォニーであることを。 ボビーは自分と叔父のどちらかを選ぶのかとヴォニーに尋ねます。彼女は答えました。 「フィルと結婚する」と。 傷心のボビーはハリウッドを去り、ニューヨークへ戻ってきました。そしてベンのナイトクラブを手伝い始めます。 交流が続いていたラッドから美しいモデル達を紹介してもらい、「レ・トロピック」という名に変えてクラブをリニューアル。すると、瞬く間に人気店へクラブには最高の酒と美女を求めて業界人や政治家が集うようになります。 金持ちと有名人に囲まれるようになったボビーはカフェ・ソサエティのすべてを学んでいきます。店にはNYの裏社会の大物達も出入りしました。ボビーはそれらの客全員に握手をし、会話をしてまわります。 その後ボビーはラッドに紹介されたヴェロニカ・ヘイズという美女と結婚。 ヴォニーと同じ名のヴェロニカに運命を感じたボビー。離婚したばかりのヴェロニカを、熱烈なアプローチの末、射止めたのでした。 一方、姉のエヴェリンはある問題に悩まされていました。夫のレナードが騒音トラブルで隣人と揉めはじめたのです。隣人は凶暴かつ短気な男で、話し合いに応じてくれそうもありません。 エヴェリンから相談を受けたベンは、隣人を連れ去り、河に沈めてしまうのでした。ヴェロニカが子供を授かり、ボビーは幸せの絶頂期にいました。 生まれた娘はスーザンと名付けられ、ヴェロニカは子育てに追われる日々。一方ボビーはクラブの仕事に邁進していきます。 ある日、フィルとヴォニーが店を訪ねてきました。久しぶりにヴォニーと再会したボビーは動揺を隠せません。 フィルとの結婚によりすっかりセレブ生活に染まってしまったヴォニー。昔の彼女を知るボビーはやるせない気持ちになります。それでもヴォニーからランチに誘われると断ることができませんでした。ボビーはまだ彼女に気がありました。 ヴォニーをマンハッタンへ案内するボビー。ロマンティックなデートを重ねるうちに、愛が再燃していきます。二人は夜明けのセントラルパークでキスをしました。 ゆすりや密輸、脱税や殺人など悪事を重ねてきたベンがついに逮捕。 以前から検事局に目を付けられていたのです。第一級殺人を含む罪で起訴されたベン。ボビーは彼のため優秀な弁護士を手配し、裁判に挑みます。 しかし有罪を裏付ける証拠の数々が出てきて、ベンは全罪状で有罪となりました。有名弁護士が二人ついたにも関わらず、死刑の判決が下ります。 面会に行ったボビーはベンの変貌ぶりに驚きます。 拘置所でキリスト教に改宗したベンは、驚くほど穏やかな顔つきになっていました。ユダヤ教には来世がないと話すベン。彼は死を恐れるあまり、キリスト教に魂の救済を求めたのでした。 7月末にベンが処刑されました。 クラブの経営権はボビーに譲渡されることに。皮肉にもベンのスキャンダルが宣伝効果になって、店はさらに大繁盛。投資家からハリウッドにも店を出してはどうかと提案されます。 成功したボビーは、超高級ホテルに泊まれるほどの富豪になりました。しかしヴォニーとの関係は終わりを迎えようとしていました。互いのためもう会わない方がいいと別れを告げるヴォニー。 ベンはまだ彼女に未練を残していましたが、夢のような時間が長くは続かないことを実感するのでした。 その年が終わろうとしていました。ボビーはヴェロニカとパーティーに出かける支度をしています。ヴェロニカは第二子を妊娠中、夫婦の関係も良好です。 レナードとエヴェリン、ヴェロニカのほか、テイラー夫妻など常連客がクラブに集い、盛大なカウントダウンパーティーが始まります。年越しのカウントダウンをするのは支配人のボビーです。 やがて新年を迎えます。華やかなお祝いムードに包まれる中で、ボビーはどこか浮かない表情をみせます。ヴォニーのことを思い出していました。 その頃ヴォニーはフィルとともにあるホームパーティーに参加していました。彼女もまたボビーを忘れられず、孤独を募らせるのでした。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です