映画「カメラを止めるな」のフル動画を無料視聴【dailymotion】

1 min
映画「カメラを止めるな」のフル動画を無料視聴する方法を紹介します。 「カメラを止めるな」は日本初のゾンビ映画。ただ、一般的にイメージする「ゾンビ映画」とはまったく異なっていて、「こういう作品だから面白い!」と表現するのがすごく難しい映画です。 それでいて、多くの賞を受賞するほどの話題作。やっぱり直接見ていただくのが一番作品の魅力を理解できると思います(笑) 「カメラを止めるな」の視聴には動画配信サービスU-NEXTがオススメ。 月額1990円の有料動画配信サービスなのですが、登録から31日間は無料トライアル期間となっているため、その間にカメラを止めるなを視聴&解約してしまえば1円の費用もかけずに楽しめます。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「カメラを止めるな」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題
FOD × ×
TSUTAYA TV 見放題
Hulu 見放題
dTV 見放題
Netflix 見放題
Amazonプライムビデオ 440ポイント
music.jp 550ポイント
  「カメラを止めるな」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・U-NEXT ・TSUTAYA TV ・hulu ・dTV ・Netflix ・Amazonプライムビデオ ・music.jp ただし、NetflixとAmazonプライムビデオは実質有料な点に注意してください。

Netflix:唯一、無料トライアルがないので登録した瞬間に月額料金が発生 Amazonプライムビデオ:視聴に440ポイント(円)が必要。他のサービスと違い、タダでもらえるポイントもない

また、1つ登録するならオススメはU-NEXT。 無料トライアルが31日間ともっとも長く、さらには配信している作品数も14万点と非常に多いです。また、ポイント性動画もあるものの、見放題作品も非常に多いため無料期間の31日間だけでも十分楽しめるのが良いですね。 もちろん、気に入ればそのまま継続して有料会員になればOK。必要ないと感じたら解約してしまいましょう。U-NEXTは登録直後からすぐに「カメラを止めるな」を視聴可能です。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「カメラを止めるな(邦題)」「camera wo tomeruna(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「カメラを止めるな」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン ダウンロード 視聴デバイス スマホ タブレット パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
  U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。 130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。 おまけに、登録から31日間は無料。 映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。 スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。

↓31日以内に解約すれば無料↓

「カメラを止めるな」のあらすじ

とある山奥の廃墟で、自主製作映画の撮影隊がゾンビ映画を撮影していました。 撮影は難航し、ついに42テイク目に。疲れた様子の女優と男優に、メイク担当がフォローを入れます。 そんな中、なんと本物のゾンビが出演。逃げまどう女優と男優、果敢に応戦するメイク担当。監督は「撮影は続ける!カメラは止めない!」と大興奮。 スタッフたちは次々と襲われ、ついにゾンビ化した男優が女優を襲撃。女優は斧で男優の首をはねます。 こここで監督の「カット!」の声がかかります。実はこれは、37分のワンカット映画「ONE CUT OF THE DEAD」の撮影だったのです。  

「カメラを止めるな」のネタバレ

時は1か月前にさかのぼります。 再現VTRなどの監督を主な生業としている監督・日暮孝之(濱津隆之)は、プロデューサーの古沢真一郎(大沢真一郎)からとある企画を持ち掛けられます。 それは、新たなゾンビ映画専門チャンネルの開局記念として、生中継、ワンカメラ、ワンカットのゾンビ映画を撮ってほしいというものでした。 あまりに無茶な企画のため断ろうとしていた日暮ですが、娘の真央(真魚)が、主演俳優の神谷和明(長屋和彰)の大ファンであることを知り、企画を引き受けます。 顔合わせの日、出そろった出演者たちは曲者ばかり。 主演俳優の神谷は理屈っぽく、ヒロインの松本逢花(秋山ゆずき)はワガママでやる気がありません。カメラマン役の細田学(細井学)はアルコール依存症、録音役の山越俊助(山﨑俊太郎)は神経質でお腹が弱い体質です。 メイク役の相田舞(高橋恭子)は赤ちゃんを連れて現場にやって来ますが、大泣きによって本読みは中断。さらに監督役の黒岡大吾(イワゴウサトシ)と妙に仲が良い様子です。 顔合わせから大波乱の予感に、日暮は不安の色を隠せません。 自宅では、日暮の妻・晴美(しゅはまはるみ)が夫の台本を熱心に読んでいました。昔女優をしていた晴美に対し、真央は女優業を再開するよう勧めます。しかし晴美は台本を読むのはただの趣味で、女優は昔の話だと一蹴します。 その後のリハーサルでも、日暮は出演者たちから無理難題を突き付けられ、頭を抱える日々が続きました。 いよいよ迎えた撮影当日。 黒岡と相田が乗った車が事故を起こし、撮影に参加できなくなります。真央とともに撮影の見学に来ていた晴美が急遽メイク役を演じ、監督役は日暮が務めることになります。ギリギリまでリハーサルを重ね、生放送がスタートしますが、裏ではさらなるトラブルが発生していました。 差し入れの日本酒を1人であけてしまった細田は泥酔し、1人ではまともに歩けない状態に。山越は他の人の水を飲んでお腹を壊してしまいます。 アドリブや台本変更でなんとかその場をしのぎますが、カメラマンの谷口智和(山口友和)が腰痛に倒れて脱落。1台しかないカメラは、助手の松浦早希(浅森咲希奈)が引き継ぎます。 役にのめり込むタイプの晴美は、台本を無視して大暴走。あまりの現場の大混乱に何もできないプロデューサーの古沢に代わり、映画監督志望の真央が裏方の指揮をとり始めます。 どうにかトラブルを乗り越えながらようやくラストシーンが近づいてきたところで、撮影用のクレーンが破損。4メートルの高さから撮らなければ話のつじつまが合わないのですが、ラストシーンのカットをやむなく変更することにします。 ここで真央のアイディアで、スタッフと出演者たちが人間ピラミッドを作ります。真央がカメラを手に頂上に登り、上からラストのカットを撮影。皆エンドールまで必死に耐え、撮影はようやく終了します。 これが、冒頭で流れた37分ワンカットの「ONE CUT OF THE DEAD」だったのです。 撮影を終えた一同はみな達成感に浸り、健闘をたたえます。 真央は台本に挟まっていた写真を父に見せます。それは、日暮が小学生の真央を肩車している写真でした。この写真のおかげで、真央はラストの人間ピラミッドの案を思いついたのです。 日暮と真央は嬉しそうに笑い合うのでした。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です