007「カジノ・ロワイヤル」フル動画配信【無料視聴まとめ】

11 min
映画「007/カジノ・ロワイヤル」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 チェコ・プラハ。イギリス情報部MI6での最終試験で上司のMから殺しのライセンス「00」を得る諜報員ジェームズ・ボンド。007と呼ばれたボンドがある任務を解決したことでテロリストの金庫番である男、ル・シッフルは大きな痛手を受けていました。 数学の天才でもあったル・シッフルは起死回生の策としてモンテネグロのカジノ・ロワイヤルで行われる高額ポーカー大会の賞金で預かり金を補填しようと考えます。ボンドはテロ組織の資金源を止めるべく、ル・シッフルの待つポーカー会場で一線を交えます。 007シリーズは、VODサービスでもあまり配信されていませんが、music.jpの30日間無料トライアルを使えば、複数の007映画を楽しむことが可能。 もちろんカジノ・ロワイヤルも無料期間に楽しめますし、期間内に解約してしまえば費用はかかりません。今すぐmusic.jpで視聴してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「007/カジノ・ロワイヤル」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 330ポイント 字・吹
FOD × ×
TSUTAYA TV × ×
Hulu × ×
dTV × ×
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ 字:199ポイント
吹:1700ポイント
字・吹
music.jp 330ポイント 字・吹
※2020年4月29日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください) 「007/カジノ・ロワイヤル」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・U-NEXT ・Amazonプライムビデオ ・music.jp ただ、Amazonプライムビデオだけは有料なので注意してください。 無料トライアルこそあるものの、肝心の映画の視聴にポイント(別料金)が必要です。タダでもらえるポイントもないので、結局自腹になってしまうわけです。 なので、カジノ・ロワイヤルの視聴はU-NEXTもしくはmusic.jpの2択になります。 ちなみに007シリーズは見放題ではなくポイント制(有料)であることが多く、登録時にタダでもらえるポイントによって、無料期間に視聴できる本数が違ってきます。 U-NEXT:1本のみ music.jp:3本以上 music.jpを利用したほうが、少しでも多く007の映画を楽しめるので、ぜひmusic.jpの30日間無料トライアルで「カジノ・ロワイヤル」を視聴してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「007/カジノ・ロワイヤル(邦題)」「007 casino royal(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました。

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

007シリーズを楽しむ2つの方法

今すぐ視聴するならmusic.jp

お試し期間 30日間無料 月額料金 1958円(税込)
作品数 180,000本 付与ポイント 動画ポイント:1000 通常ポイント:600
視聴方法 オンライン 視聴デバイス スマホ タブレット パソコン
備考 すべての作品でポイント購入が必要。ただし、登録時にもらえるポイントが多い
  music.jp(ミュージックドットジェーピー)は日本企業が運営する動画配信サービス。 music.jpは名前からして音楽専門のサービスに見えますが、実は音楽、映画、漫画など幅広いメディアを揃えた、知る人ぞ知る総合配信サービスです。 特徴は、見放題ではなくすべての動画やコミックの視聴にポイントが必要なこと。 もっとも、30日間の無料トライアルの時点で合計1600ものポイントがもらえますし、動画1本は200~400ポイントであることが多く、漫画でも映画でも幅広いジャンルから楽しめます。 スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。

↓30日以内に解約すれば無料↓

007シリーズを多く楽しむならTSUTAYA DISCAS

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ 付与ポイント 1100
視聴方法 DVDレンタル 視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
まず、TSUTAYA DISCASは「動画配信」ではなく「DVDレンタル」です。

TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス

TSUTAYA TV/DISCASに登録すると、この2つのサービスをセットで30日間無料お試しできるのですが、007シリーズの視聴に有効なのはTSUTAYA DISCASのほう。 DVDレンタルといっても店舗に足を運ぶ必要はなく、スマホやパソコンで見たいDVDを注文すれば、自宅の郵便ポストに届けてくれます。返却も近くのポストに入れるだけでOK。 また、TSUTAYA DISCASはDVDレンタルな代わりに、他の配信サービスでは一切配信されていない作品も、9割は取り扱っているため、ラインナップが桁違い! 実際、007シリーズもTSUTAYA DISCASでは軒並み、「そういえばあの作品見たかったな」という作品も、無料期間に最大8枚までまとめて視聴することも可能。 自宅にDVDが届くまでタイムラグがある事がデメリットですが、 ①TSUTAYA DISCASで007シリーズを8作品レンタルする ②自宅にDVDが届くまでmusic.jpで007シリーズを3作品楽しむ とすれば、少しでも多く007シリーズを無料で楽しむことが可能です。DVD再生環境があるなら、ぜひmusic.jpと合わせてTSUTAYA DISCASも利用してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「007/カジノ・ロワイヤル」のあらすじとネタバレ

007になる男

チェコ・プラハ。 イギリス情報部MI6局長ドライデンは部屋に戻るとある違和感を抱きます。振り向くと目の前のイスに座る諜報員ジェームズ・ボンドは、機密情報を敵国に売りつけた容疑によりこの場所に来たと伝えます。 事実が本当で始末に来たのだとしたら殺しのライセンス「00」を持つ者以外なく、局長である自分は誰が昇格したかを把握していると言い切りデスクに隠した銃をボンドに向けます。 しかし事前に弾を抜かれていたことで余裕が無くしたドライデン。 そして来る前に部下を2人殺したことで殺人に対して何も感じなくなったボンドはドライデンの言葉を最後まで聞く気もなく持っていた銃で始末しました。 その後、ドライデンの粛清という最終試験で「適格」と判断されたボンドは殺しのライセンスを持つ諜報員007のコードネームを与えられます。 ウガンダ・ムバレ。 反政府グループゲリラのスティーブン・オバンノが投資を持ちかけたためにゲリラキャンプを訪れた謎の組織の幹部Mr.ホワイトと組織の金庫番ル・シッフル。 数学の天才でもあるル・シッフルは組織の力で世界各地の戦争行為を誘発し、それに乗じて株取引の資金運用をすることで巨万の富を得ていました。それをかぎつけたオバンノは半ば警戒しながらゲリラの資金すべてをル・シッフルに預けます。 アフリカ・マダガスカル。 見せ物賭けの人ごみにいた爆弾製造のテロリストを見張るMI6。爆弾犯が携帯電話を見て動くが諜報員の動作で張り込みがバレたために追いかけるボンド。 工事現場や市内を逃げ回り、追い詰められた爆弾犯は大使館に逃げ込みます。しかし「大使館内での拘束、殺人を禁ずる」という国際条約を破ったボンドは、警報を聞きつけた大使館の衛兵に構わず爆弾犯を射殺。大使館を爆破したことで急いで脱出しました。 回収した爆弾犯の荷物にあった携帯電話の着信記録を逆探知したボンドはバハマのホテル「オーシャン・クラブ」からの発信だと突き止めます。 その夜、イギリス・ロンドン市内にある上司Mの自宅に侵入したボンドは事の次第を報告。泳がせれば組織の内部を尋問できたはずが、ぶち壊しにしたことで尻拭いをさせられたとMは嘆きますが、世界から爆弾犯を1人葬ったと意に介さないボンド。 祖国のために感情を殺して冷静な状況判断ができなければ「00」の資格はないと忠告したMを無視してボンドは手がかりを求めてバハマ・ナッソーに向かいます。

死の投資家

オーシャン・クラブに到着後、警備室に侵入したボンドは着信日の7月6日の監視カメラをチェック。さり気なく得たホテルのコンシェルジュからの情報で着信記録の正体をつかみます。本名はアレックス・ディミトリオスで妻と共に宿泊していました。 その夜、ホテルのカジノラウンジで数名とポーカーに興じていたディミトリオスを発見したボンドはテーブルに座って彼と勝負を行います。 最後の勝負ではディミトリオスは賭け金全額の他に自分の車のキーを賭けて勝負を挑みます。結果はボンドの勝ちとなり「駐車券もくれ」と勝ちのセリフを言うボンドに苦虫を噛み潰したようにテーブルを離れ、波止場に停まるヨットに向かうディミトリオス。 ゲームの途中にディミトリオスを呼んでいたのはル・シッフルでした。仲介された爆弾犯の失態を叱責するル・シッフルへもう一人実行犯を紹介する彼の目に焦りが見えていました。 その間、ディミトリオスの帰りを待っていた妻とひと時の情事にふけるボンドは夫からの連絡を受けた妻から行き先がマイアミだと聞いた直後に部屋を離れてディミトリオスを尾行します。 行き着いたイベントホールで追跡するボンドに背後からディミトリオスにナイフを突き立てられます。衆人環視の状況でピンチに陥るボンドでしたがわずかな隙を見逃さずディミトリオスを返り討ちにします。 その後、ボンドはクロークに預けていたディミトリオスの手荷物を回収しようとしたが、すでに実行犯が持ち去ったあとでした。ボンドは携帯電話を使い実行犯を特定し追跡します。 着いた先はマイアミ空港。 その途中でボンドの存在に気付く実行犯は空港内の洋服店の試着室に入り、受け取った手荷物から空港警察の制服を取り出します。見失ったボンドは空港での状況をMに伝えたあと、実行犯を追いかけました。 MI6本部は飛行機会社「スカイフリート」の最新大型旅客機のお披露目がこの空港で行われることを掴み、Mはこのテロの本当の目的を知ります。 完成したばかりの旅客機がテロにより爆破されたとなればスカイフリート社の株は大暴落を起こし、大量の株の空売りをしていたル・シッフルが利益を独占できる経済テロでした。 実行犯は空港職員室内のスプリンクラーを作動させて混乱させ、航空機のある格納庫へ向かいます。やがてボンドは燃料用のタンクローリーにキーホルダー型の小型爆弾を取り付けて運転する実行犯の姿を見つけます。 先回りして走行中のタンクローリーに飛び乗るボンドを振り落とそうと暴走する実行犯。割れたフロントガラスから車内に入りこみ壮絶な格闘戦となりながらも爆弾を見つけたボンド。格納庫が近づき両者つかみ合いの途中で実行犯に逃げられてしまいます。 先に脱出した実行犯を後回しにしたボンドは機転を利かして旅客機の前にタンクローリーを停車。そこへあとから来た航空警察に拘束されたボンドを遠くから眺める実行犯は携帯電話の遠隔操作で爆弾を起動させます。 しかし爆発がないことに違和感を覚えた実行犯は、自分のベルトから聞こえた異音に気付きます。それは車内での取っ組み合いでボンドがつけた小型爆弾。それにより実行犯は自爆したが任務が完了したボンドの顔に安堵の顔が浮かんでいました。 事件解決の翌日。ボンドと合流したMは追跡中のル・シッフルの情報を教え、今回の事件で約1億ドルの負債を抱えて追い詰められた彼が出場する高額ポーカー大会にボンドを出場させます。

ポーカーとブラフ

ポーカー大会の軍資金はイギリス財務省が負担して対象は生け捕りというMの命令に従ったボンドはモンテネグロへ移動中の列車内で、派遣された役人であるヴェスパー・リンドと出会います。 列車内でシャトー・アンジェリウスを注いで、ポーカーの講義をしながら彼女の行動心理を分析するボンド。仕返しに分析をやり返す勝気な彼女に好感を持ちます。 ホテル・スプレンディドに到着したボンドたちはMからの支給品であるアストンマーチンを受け取ったあと、協力者のルネ・マティスに会いに行きます。ボンドはマティスにル・シッフルへの手引きの確認後、ポーカー大会に向けて準備を始めました。 その夜、ボンドを含めた会場に集まるプレーヤーたちへ主催者の一人メンデルが大会開始を告げます。 「手札2枚、場札5枚のホールデムポーカー。賭け金の上限は無し。持ち金は1000万ドル。追加は500万ドル。」のハウスルールによりポーカー大会がスタートしたのです。 数勝負でル・シッフルの癖とブラフを分析するボンド。 そこへドレスを着たヴェスパーが現れます。バーカウンターにいるマティスのところに向かう彼女に見とれていたが、ボンドは目の前のル・シッフルの様子を終始観察していました。 ル・シッフルや他のプレーヤーたちに揺さぶりをかけるためバーカウンターでヴェスパーにキスをするボンド。そしてマティスから小型盗聴器を受け取りテーブルに戻ります。 ゲーム開始から4時間後。主催者から1時間の休憩を告げられたプレーヤーたち。席を立ったル・シッフルが持っていた喘息の吸入器に盗聴器を仕込んだボンドはヴェスパーと共に会場をあとにします。 一方、部屋に戻ったル・シッフルには同行の情婦ヴァレンカを人質にして待ち構えていた男がいました。それは金を預けていたオバンノでした。激高するオバンノはル・シッフルを痛めつけて終始「金はどこだ?」と返金を命令します。 ポーカーでの賞金は1億5000万ドルで必ず返金すると懇願するル・シッフルにオバンノは片手剣を取り出します。しかし「腕を切り落としたいところだがポーカーができなくなる」として、その場を見逃します。 盗聴器から様子を伺うボンドとヴェスパーは、異変に気づき向かおうとします。 そこに部屋から出てきたオバンノと部下とで鉢合わせになり非常階段で格闘戦に。転げまわりながら階下へ落ちたボンドはオバンノを殺し、ヴェスパーを部屋に戻しました。 部屋で着替えたボンドは何事もなかったようにポーカーに戻ります。しかし再度、部屋に戻るとシャワーにうたれたままのヴェスパーがいました。人が殺される場面を見て震えていた彼女をボンドは静かに抱きしめて落ち着かせます。 翌朝、オバンノの処理を任されたマティスが部下の手で殺したように偽装されたことでますます追い詰められたル・シッフル。 再開後、プレーヤーは数名になりル・シッフルがブラフの癖を出したことボンドは勝負に出ます。レイズのせめぎ合いになり、ル・シッフルは1100万ドル全賭け(オールイン)を選択。それを受けて、ボンドもオールインします。 ショーダウンするとボンドはフルハウス。 しかしル・シッフルはその上の手のフォーカードでした。最初からブラフを読んでいることに気付いていたル・シッフルは自分の癖を餌に見事ボンドを釣り上げたのでした。 休憩中、ヴェスパーへ追加の軍資金を要望するボンドだが「思い上がりをなくさない限りあなたは負け続ける」と彼女は拒否。 打つ手が無くなったボンドはテーブルを離れたル・シッフルを暗殺しようと近づきますが謎の人物により止められます。それは同じテーブルで勝負をしていた髭面の黒人の男でした。彼はフェリックス・ライターと名乗り同じくル・シッフルを追うCIAの諜報員でした。 ゲームに残っているが、現状ではル・シッフルの優勝を止められない彼は自分の賭け金を託したことでボンドはゲームに復帰します。 ライターの金を加えてレートを上げたことで徐々に盛り返すボンド。しかし運ばれたドリンクを口にした途端、苦しみだし途中退席します。実はル・シッフルがヴァレンカにボンドのドリンクに毒を盛るように指示を送っていたのでした。 毒が全身に回る前に外に停めていたアストンマーチンに設置された解毒剤を打ちAED(除細動器)を試すが寸前で気絶したボンド。そこへあとから追いかけたヴェスパーによりAEDの心臓マッサージが施され、ボンドは息を吹き返し命拾いします。 テーブルに戻ってきたボンドに驚きながら勝負を進めるル・シッフルと最大賭け金100万ドルの最終ゲームを挑むボンド。 場札はスペードの4/6/8/とハートのA。次に出てきたのはスペードのA。各々のプレーヤーがオールインをする中、ル・シッフルはレイズを選択。少し考えてボンドは持ち金4050万ドルをオールインします。 ル・シッフルの手札はクラブのAとハートの6。よってAと6のフルハウスが確定。負けはないと確信したル・シッフルは受けてオールインを選択。 総額1億1500万ドルの大勝負となり、各々の手札をショーダウンしました。 最初のアジア人プレーヤーはスペードのKとQでフラッシュ。続けて大柄の黒人はクラブの8とハートの8のフルハウスで上の手。ル・シッフルは同じ手だがAが先なので勝ちとなります。 最後になったボンドは手札2枚をディーラーに渡します。その手はスペードの5と7。さらに上の手であるスペードのストレートフラッシュでした。 無表情ながら目の前の出来事が信じられないル・シッフルは決着がついたテーブルから早々に立ち去っていきました。金を出してくれたライターに見返りとしてル・シッフルの身柄を任せたボンドはヴェスパーとお祝いのディナーを共にします。

宵の明星の涙

食事の途中でマティスから呼ばれて退席したヴェスパーに違和感を覚えたボンド 。外に出るとヴェスパーは何者かに連れ去られていました。すぐにアストンマーチンで追いかけるボンドだが敵の罠にハマったことで車は大破して捕まってしまいます。 人里離れた小屋で目を覚ましたボンド。そこには裏で手引きをしたマティスにより逃げたル・シッフルがいました。拷問イスにボンドを座らせて打ちのめし、賞金受け取りのパスワードを尋問します。 別室からヴェスパーの悲鳴も聞こえるが、ボンドは「自分を殺せば金は入らない。どの道、組織がお前を消すぞ。」と脅し返したことで初めて焦りを浮かべるル・シッフル。そこへ奥から銃声が聞こえ、場は静かになりました。 現れたのはル・シッフルのボスであるホワイトでした。金はすぐ取り返すと弁解するル・シッフルにホワイトは「金はもういい」と有無を言わさずに射殺しました。 目の前の出来事が唐突に終わったボンドは気が緩んだのか気絶してしまいます。やがて病院で目覚めたボンドは見舞いに来たマティスをMI6に引き渡します。 短い道中でお互いに惹かれていることを療養所で自覚したボンドとヴェスパー。更にボンドは諜報員をやめて愛する彼女と共に第2の人生を歩むのも悪くないと本気で思うようになります。 Mに辞職願のメールを送り、バカンスとしてイタリア・ヴェニスを訪れたボンドとヴェスパー。ホテルに着いた途端、上司からのメールだと辟易しながら生活費のために銀行へ向かうヴェスパーに気をよくしたボンドは別れのキスをします。 しかし、財務省から通達されたMから「獲得賞金を振り込むように」という命令を聞いたボンド。手続きをしたはずのヴェスパーは何も言わなかったことに気付き、主催者のメンデルに電話を入れます。 そして、置いていった彼女の携帯電話にあった「30分後に会おう。ゲットー」というメッセージで彼女も裏切り者と確信したボンドはサンマルコ広場にあるスイス銀行支店に向かいますが、すでに姿はありませんでした。 路地から旧市街へ向かう後ろ姿の彼女を見つけたボンドは待ち伏せする刺客を仕留めるが、賞金を受け取りに現れた暗殺者ゲットーに見つかります。 ヴェスパーを人質にしながら逃げるゲットーを建設中の建物へ追い詰めるボンド。水に浮かぶ街というヴェニス特有の大型浮き袋が銃撃で破壊されたことで次第に全員がいる建物は倒壊し水に沈んでいきます。 ゲットーを倒して追いついたボンドは彼女を救おうとしたが、悲しみの表情を浮かべるヴェスパーは突き放してしまい、閉じ込められたエレベーターごと水中に落下します。 水中へ潜るボンドが必死に手を伸ばすが、それもかなわず彼女は命を落としてしまいます。地上に引き上げたが息を吹き返さない彼女の遺体をボンドは強く抱きしめていたのでした。 この出来事を遠くから見ていたホワイトは賞金入りのケースを回収しその場を後にします。 ヴェスパーには恋人がいてホワイトの組織に人質にされていたこと。 ボンドが察知してくれることを見越して携帯電話を残したこと。ル・シッフルの拷問中にホワイトが来て無傷だったのは金と引き換えに取引した彼女の計らいだったことがMにより明らかになります。 無情の報告を終え、ヴェスパーの手荷物を整理すると「ジェームズへ。ホワイトの電話番号」と書かれたメッセージを見つけたボンド。 組織に従わざるを得ず、ボンドとの愛も自分が死ぬ運命であることを理解しても愛さずにはいられなかった彼女なりの置き土産でした。 ヴェニスから離れたコモ湖畔の屋敷に戻るホワイトへ一本の電話が入ります。「Mr.ホワイトか?」という質問に返事をしたホワイトは突然、何者かに狙撃されます。 足の痛みをこらえて這い進むホワイトの目の前に現れた男の名は…。 「ボンドだ・・・。ジェームズ・ボンド・・・。」  

↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です