映画「チャーリーとチョコレート工房」ネタバレとフル動画を無料視聴

6 min
映画「チャーリーとチョコレート工房」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 ティム・バートン監督とジョニー・デップが組んだ4作目。ジョニー・デップの相変わらずの怪演が楽しめます。 色鮮やかなお菓子の国そのままのセットは、チョコレートの川以外は全て本物のお菓子が使われているそうです。器用に選別をするリスもCGではなく本物。 視聴にオススメなのはTSUTAYA TVを使うこと。 月額2000円以上の決して安くはないサービスなのですが、30日間の無料トライアルがあるので、期間内に視聴&解約することで1円の費用もかけずに視聴可能です。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「チャーリーとチョコレート工房」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題 字・吹
FOD × ×
TSUTAYA TV 見放題
Hulu × ×
dTV 見放題 字・吹
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ 199ポイント 字・吹
music.jp 440ポイント 字・吹
※2020年5月1日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください) 「チャーリーとチョコレート工房」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・U-NEXT ・TSUTAYA TV ・dTV ・Amazonプライムビデオ ・music.jp ただ、Amazonプライムビデオは有料なので注意してください。 無料トライアルこそあるものの、肝心の映画の視聴にポイント(別料金)が必要です。タダでもらえるポイントもないので、結局自腹になってしまうわけです。 オススメはTSUTAYA TV。 music.jpよりも見放題動画が多く、U-NEXTやdTVよりも登録時にタダでもらえるポイントが多く、有料動画(最新や人気の映画)をより多く無料で視聴できます。 また無料トライアル期間も30日間あるので、「チャーリーとチョコレート工場」はじめ見たい映画を楽しんでも、期間内に解約してしまえば1円もかかりません。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「チャーリーとチョコレート工房(邦題)」「charlie and the chocolate factory(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「チャーリーとチョコレート工房」を視聴するならTSUTAYA TV

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TV:10000以上
DISCAS:TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ
付与ポイント 1100
視聴方法 オンライン
DVDレンタル
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 オンラインとは別に準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
  TSUTAYA TVはツタヤの運営する動画配信サービスです。

TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス

TSUTAYA TVの無料トライアルに登録すると、この2つのサービスを同時に利用できます。   月額2417円ですが、30日以内に解約すれば完全無料。 また、TSUTAYA TVで配信されているサービスは他に比べると少ないものの、他にはない作品も多く、またTSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)を組み合わせると、どのサービスよりも無料で多くの映画やアニメを楽しめます。    

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「チャーリーとチョコレート工房」のあらすじ

チャーリー(ハイディ・フレモア)はチョコレートが大好きな男の子。 2人のおじいちゃん、2人のおばあちゃん、お父さん、お母さんと大勢で幸せに暮らしています。しかしその家庭はとても貧しく、チョコレートが買えるのは年に一度のチャーリーの誕生日だけでした。 チャーリーの家の近所に、不思議なチョコレート工場があります。ほかのどんな工場よりも大きいのに、働いている人の気配は皆無。それでもチョコレートはどんどん出荷されていきます。 チョコレート工場の持ち主であるウォンカ(ジョニー・デップ)も謎の人物。 そのウォンカが世界に向けてこんな発表をしました。 「世界中へ出荷する板チョコにたった5枚だけゴールデン・チケットを封入する。そのチケットに当たった5人をチョコレート工場へ招待し、その中の1人には特別賞を与える」 世界中は大騒ぎ! ゴールデン・チケット争奪戦が繰り広げられました。 そして、すでに4人までがチケットを手にしたのです。 1人目はドイツのオーガスタス。チョコレートを山のように食べている太った少年。 2人目イギリスのベルーカ。ナッツ会社を経営するお金持ちの令嬢で、父親の会社の従業員に何万個ものチョコレートを調べさせ、ゴールデン・チケットを手に入れました。 3人目は「ガムを噛み続ける」ギネス記録に挑戦中のアメリカ人、バイオレット。ずっとガムを噛んでいます。 4人目はアメリカのゲームオタクで確率論からゴールデン・チケットを引き当てたマイク。チョコレートは嫌いで食べません。 さて、最後の5枚目のチケットは誰が引き当てるのでしょうか…? チャーリーは誕生日にウォンカチョコレートを一枚だけ買ってもらいました。 家族全員、息を呑んで包み紙を開けます。ゴールデン・チケットは……ありません。みんながっかりしますが、チャーリーは自分がもらったチョコレートを家族全員で分かち合います。 おじいちゃんの一人が、大事に大事に隠していたヘソクリでもう一枚チョコレートを買ってくれます。しかしその中にもチケットはありませんでした。 どうしても工場へ行きたいチャーリー。たまたま道で拾ったお金で、こっそりチョコレートを買います。するとそこには……ゴールデン・チケットが入っていました! 周りの大人に「そのチケットを50ドルで買い取ろう」と言われ、家族のためを思うチャーリーは売ろうかどうか迷います。しかし夢の実現のためにチケットは自分が使うことに。 おじいちゃんと一緒にウォンカの工場へ行くチャーリー。 他の4人の子どもとともに工場ツアーが始まります。 ウォンカは真っ白い顔をして奇妙に笑う人物。こんな企画をしたというのに、子どもたちにはまったく興味もない様子で自分のおしゃべりに夢中です。 ウォンカの適当な案内にも関わらず、工場の中はまるで魔法の国のよう! チョコレートの川が流れており、草花も全てチョコレートで出来ていて食べられます!子どもたちもつきそいの大人たちも心を奪われます。 しかし1人目の大食いのオーガスタスに悲劇が……。彼は夢中になりすぎてチョコレートの川に落ちてしまいました。チョコレートまみれになって半死半生。 2人目の犠牲者はガムのバイオレット。工場の発明室で作られていた試作品のガムを勝手に食べて、体がブルーベリーになってしまいます。 3人目はお金持ちのベルーガ。 ナッツの選別室で人間の代わりに働いている何百匹ものリスを見て、ペットに一匹欲しいとわがままをいいます。無理やり一匹さらおうとしたベルーガはリスによって「ろくでなしナッツ」ゴミとしてダスターシュートへ。 4人目はゲームオタクのマイク。 彼はチョコレートにも工場の見学にも興味がありません。でも唯一、開発中のテレビ転送機だけは別。これは転送機を使って家々にチョコレートを届けようという画期的な発明です。 が、マイクは「たかがチョコレートに」そんな技術を使うことに大反対。もめているうちに自分が転送され小さくなってしまったのです。 子どもたちが1人脱落するたびに、不思議な小人のウンパ・ルンパが現れ、あざけりのダンスを踊ります。ウンパ・ルンパは本来はルンパランドという場所に住む小人で、カカオが大好物。 ウォンカは給料をカカオで払う約束をしてこの工場で働かせているのでした。人がいないように見えたのは、働いているのが小人のウンパ・ルンパだったからです。  

「チャーリーとチョコレート工房」のネタバレ

4人の子どもたちが脱落し、残ったのはチャーリー一人です。 「君に特別賞をあげよう」 ウォンカは得意満面の笑みで告げました。 その特別賞とは、この工場の相続権。家族も友達もいないウォンカは自分の髪に一本の白髪を見つけた時、老いを感じ、後継ぎを確保しようとしたのです。 相続の条件はチャーリーが家族との縁を切ること。チャーリーは迷わず断ります。チャーリーにとって家族よりも大切なものなどないからです。 チョコレート工場をあげようといえばどんな人でもきっと喜ぶはず、そう思い込んでいたウォンカはチャーリーの拒絶に愕然! ウォンカは歯科医の息子でした。厳しい父は息子に甘い物を食べることを許さず、親子の仲ははるか昔に断絶。自分の過去を振り返り、ウォンカはチャーリーとの違いに考え込みます。 それ以来ウォンカの心は晴れません。おいしいチョコレートが作れなくなってしまうほどに。ウォンカは思い余ってチャーリーの家を自分から訪ねます。 チャーリーから「自分のお父さんに会ってみなよ」と言われたウォンカは不承不承、父へ会いに行きました。お尻を押すチャーリーも一緒です。 父(クリストファー・リー)は相変わらず厳しい人でした。 仲直りならず――と思ったところ、チャーリーは歯科医院の壁にウォンカの新聞記事がいくつも貼ってあるのを見つけます。遠く離れてしまった息子の活躍を、父はやはりうれしく思っていたのでした。 父とウォンカは生涯で初めて、抱き合います。 チャーリーはチョコレート工場を引き継ぎました。 もちろん家族とも一緒です。 いえ、逆に家族が増えました。ウォンカもチャーリー一家と一緒に暮らしているのです。食事の席で対等に事業のことを話しあうチャーリーとウォンカ。 そんな2人をお母さんが優しくたしなめます。チャーリーの家では、仕事の話などせず楽しく食事をするのがルール、なのでした。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です