映画「沈黙の追撃」のフル動画を無料視聴【字幕/吹替】

1 min
映画「沈黙の追撃」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 ウルグアイにあるマインドコントロール研究所。偵察をしていたアメリカ軍が行方不明になります。救出部隊の隊長に抜擢されたのは、最強の囚人コーディーでした。 沈黙の追撃を視聴するなら、U-NEXTの31日間無料トライアルを使うのが手っ取り早いです。その他の「沈黙」シリーズも配信されているので、ぜひ今すぐ視聴してみてください。

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「沈黙の追撃」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題
FOD × ×
TSUTAYA TV 400ポイント
Hulu × ×
dTV × ×
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ 408ポイント
music.jp 330ポイント
※2020年4月11日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください) 「沈黙の追撃」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・U-NEXT ・TUTAYA TV ・Amazonプライムビデオ ・music.jp ただ、Amazonプライムビデオは有料なので注意してください。 30日間の無料トライアルこそあるものの、肝心の映画の視聴にポイント(別料金)が必要です。タダでもらえるポイントもないので、結局自腹になってしまうわけです。 それ以外なら、沈黙の追撃を無料で視聴可能。 ですが「沈黙の~」シリーズを他にも視聴したい場合、ほぼU-NEXT一択です。 music.jpとTSUTAYA TVは「沈黙の~」シリーズ視聴にポイントが必要で、無料トライアルの段階では登録時にもらえるポイントを使い切ってしまえば、あとは自腹となってしまいます。 反面、U-NEXTなら沈黙シリーズの視聴にポイントは不要なので、31日間の無料トライアル期間を使って、沈黙シリーズを一挙に楽しむ事が可能です。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「沈黙の追撃(邦題)」「chinmoku no tuigeki(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「沈黙の追撃」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン ダウンロード 視聴デバイス スマホ タブレット パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
  U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。 130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。 おまけに、登録から31日間は無料。 映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。 スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。

↓31日以内に解約すれば無料↓

「沈黙の追撃」のあらすじ

ウルグアイの巨大ダムを撮影する一機の偵察機。危険な研究が行われていると見られ、アメリカ軍が極秘で偵察しています。 一方、アメリカ大使館。大使の警備にあたっていたシークレットサービスが豹変し、大使を殺して自殺するという不可解な事件が発生します。 ダムの近くの岬では、偵察に降り立ったアメリカ軍のヘリが襲撃を受けます。兵士は研究室に連行され、ある装置にかけられました。 それはマインドコントロールをかける装置。瞬く間に洗脳できるのです。 行方不明となった兵士を救出するため、アメリカ軍は救出部隊を送ることを決定。 召集されたのは、最強の囚人コーディーとその手下たち。全員の釈放と10万ドルの謝礼を約束し、彼らはウルグアイに出発。CIAのフレッチャーと、心理学者のチャペルも同行します。 コーディーはフレッチャーが邪魔だったため、ヘリから追い出し、別の町に行きました。そこで旧知の女兵士ダミータと再会します。 敵地で置き去りにされたフレッチャー。 ですが、敵であるはずの兵士たちとは顔見知りのようで…? ダムの研究室では、レイダー博士がアメリカ兵たちを洗脳し、意のままに操っています。そこにフレッチャーが現れました。2人は何かを企んでいるようです。 夜。コーディーたちはダムの監視員を狙撃し、トンネルに侵。トンネルに時限爆弾を仕掛けさせながら、研究所へ進みます。そこで複数のアメリカ兵を救出しました。 脱出しようとすると、トンネルの奥から敵の戦車が! トンネル内は激しい銃撃戦になります。コーディーは手りゅう弾で戦車を爆破。時限爆弾のスイッチを押すと、用意していた潜水艦に乗り込み脱出。 その直後、ダムは研究所もろとも爆破しました。 チャペルは研究室で見つけたCD-ROMをコーディーに渡します。それはキリンダイル社の極秘資料でした。キリンダイル社とは?コーディーはクビをかしげました。 救出したアメリカ兵が突然、何かを合図に攻撃を開始しました。医者が殺され、コーディーとも決闘を始めます。 チャペルは空母に救助を要請。しかし艦長は、潜水艦が浮上したら撃沈することを決定します。潜水艦は銃撃戦で穴が空いたため浮上。コーディーらがボートで脱出した直後、空母からミサイルが発射され、潜水艦は海に沈みました。  

「沈黙の追撃」のネタバレ

レイダーとフレッチャーは、キリンダイル本社にやってきました。ここはマインドコントロール研究の総本山。彼らは社長と会います。 事業拡大を目指す社長は、大統領の失脚を目論んでいました。規模縮小を求める大統領は、彼にとって疎ましい存在なのです。社長は大統領の婚約者を誘拐し、研究室でマインドコントロール装置にかけました。 コーディーはキリンダイル社への潜入を試みますが、洗脳された男に妨害され中止に。その際、チャペルが警察に連行されます。 コーディーは新しいアメリカ大使のヒギンズに接触。大統領が出席するオペラ鑑賞会に、大使になりすまして潜入しようと考えていたのです。 大使のフリをしたコーディーは、オペラハウスに潜入。 キリンダイル社の社長に近づき、マインドコントロールで利益を得ることを非難します。そこへ本社にいるレイダーから電話が。レイダーは会社のお金を奪うため、送金コードを聞き出そうとしました。 レイダーはマインドコントロール装置を起動。するとオペラハウスにいる婚約者を含めた数名が、無表情で攻撃を始めます。オペラ会場は騒然となりました。 レイダーはフレッチャーが邪魔になり、チャペルと一緒にガラス張りの装置に閉じ込めました。オペラハウスの騒動を沈めたコーディーは、キリンダイル社に移動。ヘリで逃げようとするレイダーを阻止します。 研究室に逃げ込んだレイダーは、フレッチャーに殺されます。そこにコーディーがやってきて、フレッチャーを殺害。悪事に関わった者たちは、全て消えました。 とあるリゾートホテル。コーディーは死んだ仲間たちを追悼しています。生き残ったチャペルは、まるでマインドコントロールにかかっているかのような目をしていました。

↓31日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です