「戦火の勇気」のフル動画を無料視聴!字幕/吹替の配信

1 min
戦火の勇気のフル動画を無料視聴する方法を紹介します。 「戦火の勇気」は湾岸戦争を舞台にした映画です。 戦争中の友情、とある女性兵士の活躍、戦争映画なのにまるでミステリーを見ているような、次の展開が気になって仕方がないあらすじ…もっと多くの日本人に知ってもらいたい作品の1つとなります。 戦火の勇気のあらすじと結末ネタバレ、感想や世間からの評価。 さらには戦火の勇気の高画質動画を、無料で今すぐ視聴できる方法をまとめましたので、ぜひ見ていっていただければなと思います。ちなみにササッと動画だけみたいという方はこちらからどうぞ。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「戦火の勇気」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題 字・吹
FOD 300ポイント
TSUTAYA TV 400ポイント
Hulu × × ×
dTV × × ×
Netflix × × ×
Amazonプライムビデオ 199ポイント
music.jp 324ポイント
  「戦火の勇気」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・TSUTAYA TV ・music.jp ・Amazonプライムビデオ ・U-next ・FOD いずれかのサービスに登録していればすぐに視聴できます。 ただ、多くの動画配信サービスは視聴にポイント(別料金)が必要ですし、字幕だけしか視聴できないサイトが大半です。 唯一、U-NEXT(ユーネクスト)だけは視聴にポイントは必要ないですし、字幕と吹替どちらでも見ることができます。登録も簡単なのでまずは試してみてください。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 試しに「戦火の勇気」「Courage Under Fire(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「戦火の勇気」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン
ダウンロード
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
  U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。 130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。 おまけに、登録から31日間は無料。 映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。 スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

戦火の勇気のあらすじ

戦火の勇気は1996年にアメリカで公開された映画。 この時期の戦争といえば、湾岸戦争ですね。 中東の軍事大国・イラクが隣国のクウェートに進撃・占領をきっかけにアメリカを主体とする多国籍軍がそれを奪還すべく「砂漠の嵐作戦」を打ち立て出撃していきます。 イラクの独裁政治を叩く為イラク領内に進軍した時、アメリカ軍の戦車部隊で戦闘に従事していた「愛称:ナット」ことナサリエル・サーリング中佐は自軍の戦車を誤射し、同士討ちとなりボイヤー大佐をなくしてしまいました。 アメリカ本国に帰還し、そのことに関しては「暗夜の戦闘の中での仕方ないこと」のようになってしまうのですが、何か罪悪感にかられる思いのサーリング中佐。 そして、ペンタゴンから軍のセレモニーや名誉勲章を扱う事務職を与えられます。 罪悪感から、アルコールに溺れながらも事務職をする毎日のサーリング中佐。ある日、上司のハーシュバーグ将軍に呼ばれ、落ち込むサーリング中佐を励まします。 そんな中、ワシントンポストのガードナー記者がサーリング中佐に詰め寄り、地上部隊へ救出ヘリで向かって撃ち落とされ戦死した女性パイロット・カレン・ウォールデン大尉の女性初の名誉勲章受章者の調査を依頼、ハーシュバーグ将軍にもその調査を命じられました。 ウォールデンの写真を見たサーリング中佐。 戦死者は女性の大尉殿ということに絶句しますが、命令通り調査に乗り出します。 帰還した数人の兵士にイラクで彼女と一緒にその場で戦った時の様子を聞き情報収集していくのですが、帰還兵達の証言はそれぞれ食い違うのです。 「救出ヘリが撃ち落とされ着地した後、恐怖に震えて泣きじゃくっていた」 と証言するものもいれば、 「迫りうる敵と交戦し、勇敢に戦っていた」 と言うものもいます。 試行錯誤の渦中、ハーシュバーグ将軍とも対立するようになるサーリング中佐。真相を追い求めて、奔走するサーリング中佐の前にイラクでウォールデン大尉とその場にいた衛生兵イラリオの存在までたどり着きました。 彼は帰国後、ヘロインが見つかり除隊されていたのでした。除隊後、一人湖にたたずむイラリオを発見したサーリング中佐はそこで衝撃の真実を聞きその後、真相が分かったことにより急展開していきます。

戦火の勇気のネタバレ

アメリカ本土に帰還したサーリング中佐は女性パイロット・カレン・ウォールデン大尉の名誉勲章についての調査の中、食い違う証言に頭を抱えていましたがそんな中、一人の帰還兵で今は不祥事で除隊になったイラリオに真相を迫ります。 イラリオの証言によると、救助ヘリが撃ち落とされ不時着した後、上官の位のウォールデン大尉は自軍の動揺する部下をまとめ、自軍とともに銃を持ち迫りくる敵と勇敢に戦っていて、彼女の戦場での臆病さを証言したモンフリー兵士が彼女を置き去りにして逃亡した事実もわかったのです。 敵に周囲を囲まれて攻撃に耐えていた彼女らをアメリカ軍の救援ヘリが来て兵士を1人ずつ救援中に敵が迫り、ウォールデン大尉が全員救出されるまで地上で援護射撃するのですが、モンフリー兵士が臆病風に吹かれ彼女を置き去りにして逃亡を図った後、ウォールデン大尉がナパーム弾の炎に包まれたと語り真相がついに判明したのです。 イラリオの証言により急ピッチで調査が加速して行きます。 カレン・ウォールデン大尉はアメリカ軍史上初となる女性の名誉勲章受章者となったのです。 しかし彼女の授賞式の時、サーリング中佐は出席せず、同士討ちして戦死したボイヤー大佐の両親へ合いに行き謝罪するのでした。 そして幕は閉じます。

戦火の勇気の感想

戦火の勇気の感想を一言でいうなら、 「戦火の中で兵士としての、人間の存在価値と真の友情」 です。 救助ヘリ不時着後、大尉の立場から孤立した自軍をまとめ上げ、昼夜問わず敵が迫りくる中、必死に部下を励まし耐え凌ぐ場面はリーダーシップとは何かを思い知らされました。 それと最後の救出時も先ず部下を救助ヘリに乗せ、自ら救援ヘリの盾となり援護射撃をし、仲間の一人が彼女を置いて逃亡を図りヘリが飛び立った後も岩陰で必死にヘリの援護射撃をしていたウォールデン大尉にはもはや敬服! あと、「モンフリーこの野郎」は映画を見たら誰でも思う気がしますね(笑) 家族や子供がアメリカ本土で彼女の帰還を待っていた場面も少し出てきますが、この場面では年甲斐もなく涙が出てきてしまいました…まさに戦火の勇気、というタイトルがピッタリな映画でした。

戦火の勇気の評価

戦火の勇気は、戦争の中にも兵士とは何か、人を思いやる兵士の心中がいかに難しく帰還後も威信とわだかまりの中で戦っているのかが分かる映画でした。 一人の女性大尉の兵士に焦点が当てられそれを中心に展開していくのですが、他の戦争映画とは違った緊張感があり、真相解明の場面でも証言が食い違い試行錯誤しながらも解決にたどり着くところは、とても良くできていました。 ミステリーとまではいかなくても、ちょっとした謎解き要素も楽しめます。 激しい打ち合いよりも静寂な中で、時折迫って攻撃を仕掛けてくる敵との睨み合いと自軍と陣地死守、その間の極限状態における兵士たちの心の葛藤と帰還後の調査を並行しての作品はネットでも反響を呼んでいます。 主演にデンゼル・ワシントンとメグ・ライアンの大御所、そして、今やハリウッドで大活躍しているマット・デイモンも登場する戦場と、帰還後のそれぞれの兵士に焦点をあわせた作品です。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です