映画「クリード 炎の宿敵」ストーリーネタバレとフル動画を無料視聴

6 min
映画「クリード 炎の宿敵」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 ただ、有料の動画配信サービスを含め、オンラインで今すぐ視聴する方法はありません。またDVDレンタル屋に足を運んでも、取り扱いがあるか…と考えるとかなり微妙です。 そこでオススメしたいのがTSUTAYA DISCAS。 ツタヤの月額制DVDレンタルサービスなのですが、ネットで注文すると自宅にDVDを届けてくれます。しかも30日間の無料トライアルがあるので、1円もかけずに「クリード 炎の宿敵」を視聴することが可能になっています。 オンラインの動画配信と違って今すぐ視聴は難しいのですが、「クリード 炎の宿敵」を手軽に楽しめる唯一の方法と言っても良いですし、無料お試しもあるのでぜひ今すぐ利用してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「クリード 炎の宿敵」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT × × ×
FOD × × ×
TSUTAYA TV/DISCAS DVDレンタル
Hulu × × ×
dTV × × ×
Netflix × × ×
Amazonプライムビデオ × × ×
music.jp × × ×
  「クリード 炎の宿敵」を配信しているのはTSUTAYA DISCASのみ。 U-NEXTやNetflixなど、オンラインで映画やアニメを楽しめるサービスでは一切配信されていません。 TSUTAYA DISCASはツタヤの月額制DVDレンタルサービスです。 ネットで見たいDVDを注文すれば、月8枚まで自宅の郵便受けに届けてくれます。視聴し終えたら近くのポストに投函すれば終わり。 何より動画配信サービスでも全滅しているような作品でも、TSUTAYA DISCASであれば95%取り扱っているのも助かりますね。見たかったけど見る機会がなくて…という作品を一挙に視聴するチャンスです。 また、すでにお話したように30日間無料トライアルあり。 期間内に解約すれば1円もかからないのでぜひ今すぐ試してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「クリード 炎の宿敵(邦題)」「CREED2(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「クリード 炎の宿敵」を視聴するならTSUTAYA DISCAS

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ 付与ポイント 1100
視聴方法 DVDレンタル 視聴デバイス スマホ タブレット パソコン
備考 準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
  TSUTAYA DISCASはツタヤの運営する動画配信サービスです。
TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス
TSUTAYA DISCASの無料トライアルに登録すると、この2つのサービスを同時に利用できます。 月額2417円ですが、30日以内に解約すれば完全無料。 また、TSUTAYA TVで配信されているサービスは他に比べると少ないものの、他にはない作品も多く、またTSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)を組み合わせると、どのサービスよりも無料で多くの映画やアニメを楽しめます。

↓30日以内に解約すれば無料↓

「クリード 炎の宿敵」のあらすじ

ウクライナで、ヴィクターという青年がボクシングの試合に臨んでいました。 彼の父親イワン・ドラゴもまたボクサー。かつて、アドニス・クリードの父である伝説のボクサー、アポロを試合で殺害してしまった過去を持つ人物です。父の声援を受けながらヴィクターは圧倒的な試合運びで勝利を飾りました。 その頃、アドニス・クリードもまた別の場所で戦っていました。 父の親友にして同じく伝説のボクサー、ロッキーの師事の元タイトル戦まで駆け上がってきた彼は、チャンピオンのダニー・ウィーラーにも逆転KO。見事チャンピオンに輝きます。 相手はチャンピオンのダニー・ウィーラー。アドニスは苦戦を強いられるも逆転KO で見事チャンピオンとなります。 チャンピオンになって自信をつけたアドニス。 進行性の難聴が日々悪化している恋人のビアンカを心から守りたいと考え、ビアンカにプロポーズします。そして、2人はめでたく結ばれることになりました。 その後、フィラデルフィアで自らの店を経営しているロッキーの元にドラゴが訪れます。 ロッキーとドラゴはかつて対戦した間柄で、激戦を繰り広げロッキーが勝利。敗北後、ドラゴの生活は一変、ロシアの英雄から転落した人生を送っていたのです。 ドラゴの悔しさは息子ヴィクターに受け継がれていました。 ついにその悔しさを晴らすべく、ロッキーの愛弟子アドニスに挑戦状を叩きつけたのです。挑戦を受けたアドニスにとってもドラゴは父を殺した憎き敵。当然と言わんばかりに申し出を受けようとします。 しかしアドニスの父アポロの死を目の当たりにしていたロッキーは、アドニスを守りたいという思いからそれに反対。どうしてもやるというならセコンドにはつかないと言い放ちます。 何としても戦いたいアドニスはロッキーには頼らずに試合に出る事を決めます。父アポロのセコンドをしていたデュークの息子リトル・デュークをセコンドに迎え入れ特訓を開始しました。   そんな中ビアンカの妊娠が発覚。 自分達が親になれるのだろうか? アドニスとビアンカに不安がよぎります。 喜びと不安が入り交じったまま試合当日を迎え、アドニスはリングに上がります。 試合はアドニスが善戦するも終始ヴィクターのペース。強烈なボディブローを食らいアバラを折られながらも立ち上がるアドニス。 チャンピオン交代か?と思われましたが倒れたアドニスを殴り付けたヴィクターの反則敗けで試合は終わります。タイトルの座は守られましたが満身創痍でアドニスは入院となりました。   見舞いに訪れたロッキーでしたが、肝心な時に側にいなかったロッキーにアドニスは怒り、追い返してしまいます。 以降ヴィクターは敗戦のショックもなく連戦連勝。追い打ちをかけたことでの反則負けとはいえ、世間の目はアドニスとヴィクター、どちらが勝者だったか分かっていたのです。 何より、アドニス自身が誰よりもその事実を理解していました。 。宛もなく歩き回りますがどうすれば良いのか、分からなくなります。 そんなアドニスを助けるためやってきたのはやはりロッキー。 「勝ち負けだけが全てではない」ロッキーの言葉に心動かされたアドニスは再びロッキーと共に歩くことを決意。それから程なくビアンカが産気付き女の子を出産します。アマラと名付けられました。 ビアンカの難聴は遺伝性のものでした。一番の懸念材料だった我が子の聴力は検査の結果、難聴と診断されます。 ショックを受けるアドニスでしたが、「自分を誇りに思える、そんな生き方をこの子にもみせてやるべきだ」ロッキーの言葉に発奮したアドニスは妻や子供、何より自分のためにヴィクターとの再戦を決意します。

「クリード 炎の宿敵」のネタバレ

かつてのように再びタッグを組むことになったアドニスとロッキー。 ロッキーは、アドニスをカリフォルニアにあるボクサーの虎の穴と言われる場所に連れてきます。周りには砂漠しかない、その場所で強くなる事だけを求め、トレーニングに挑めるのです。 ロッキーは古典的とも言えるやり方でアドニスを徹底的に鍛え上げ、アドニスの中に眠る野生の力を引き出そうとします。やがてアドニスの目に餓えた虎のような目が宿っていきます。臨戦態勢に入り準備万端です。   対するヴィクターもドラゴと共に激しい猛特訓を繰り広げ、準備を整えていました。   そして試合当日。 敢えてヴィクターのホームのウクライナを戦いの場所に選んだアドニス。ヴィクターへの大歓声の中、リングに上がりました。以前にも増して、鍛え上げられた体のアドニス。終始落ち着いた様子でゴングを待ちます。   やがてゴングが鳴り、試合開始です。 開始早々、激しい殴り合いが。特訓の成果がでたのか、ヴィクターの強烈なパンチもアドニスは耐える事が出来ました。そしてお返しと言わんばかりにアドニスも強烈なパンチをお見舞いするのです。 ダウンを奪い合い、両者互角のままラウンドは進みますが、ヴィクターの会心のボディがアドニスに入り、アドニスの肋が再び折れてしまいます一気に流れはヴィクターに向いていきました。ドラゴの指示で痛めたボディを執拗に狙います。 アドニスは痛みをこらえ、何度も何度も立ち上がり反撃を繰り返しました。 「俺はクリードだ!」レフェリーのチェックにも絶叫で返し、戦う意思をアドニスは捨てません。 何度も何度も立ち上がり、食らいつくアドニスに、信じられない表情のヴィクター。 不屈の闘志のアドニスのパンチはヴィクターをダウンさせるのでした。少しずつ気後れしていくヴィクターを追い詰めていくアドニス。 アドニスの猛攻に押される息子を守るようなドラゴのタオル投入で激戦はアドニスの勝利で幕が下りました。   全身で喜びを現し、アドニスは勝利の雄叫びを上げます。そしてビアンカ達もリングに駆け寄っていきアドニスと抱き合いました。   一方敗者のヴィクター。ショックでうなだれる姿にドラゴは「もういいんだ。早く帰ろう」優しく声をかけます。 追い込まれる息子の姿にアポロを重ねたのか、何よりも息子の命を守ったドラゴの姿はまさに父親そのものでした。ロッキーは次の時代を背負う存在になったアドニスを誇らしそうに見つめています。   それからロッキーはアドニスから勇気をもらったのか、音信不通だった息子ロバートに会いに行きます。 ロバートは快く受け入れ、ロッキーは初めての孫と対面しました。   ドラゴとヴィクターはまた勝者となるべく親子二人三脚で厳しいトレーニングに挑もうとしています。   そしてアドニスはしばらく振りに父親アポロの墓参りにやってきました。 アドニスは自らの勝利を報告し、自分の家族ビアンカとアマラを紹介します。 その姿はボクサーとして、父親としてまた一つ成長したアポロにも誇れる姿でした。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です