映画「戦争のはらわた」のフル動画を無料視聴☆Pandora

戦争のはらわたのフル動画を無料視聴する方法を紹介します。


1977年にサム・ペキンパー監督が作り上げた、第二次世界大戦を舞台とした戦争映画です。

「ワイルドバンチ」や「わらの犬」など、その強烈なバイオレンス描写に定評のあるペキンパー監督が、戦場の醜さ、凄惨さをリアルに描き出した、衝撃作です。


映画「戦争のはらわた」を今すぐ視聴することができます。

とりあえず、手っ取り早く無料で視聴したいという場合、下記のリンクから「安全に」「合法的に」「今すぐ」視聴してみてください。


 

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「戦争のはらわた」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT × × ×
FOD × × ×
TSUTAYA TV × × ×
Hulu × × ×
dTV × × ×
Netflix × × ×
Amazonプライムビデオ × × ×
music.jp 108ポイント・割引
 

「戦争のはらわた」を配信中のサービスはmusic.jpのみです。


それ以外のサービスでは視聴できないので、music.jp(ミュージックドットジェーピー)を利用してみてください。

music.jpで「戦争のはらわた」を視聴するにはポイント(追加料金)が必要ですが、無料登録の時点で合計1600ポイントもらえるので、1円も支払わずに楽しむことができます。

 

↓30日以内に解約すれば無料↓

動画共有サイトでの視聴は危険?

youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。

試しに「戦争のはらわた」「Cross of Iron(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。


おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…



それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「戦争のはらわた」を視聴するならmusic.jp

お試し期間 30日間無料 月額料金 1958円(税込)
作品数 180,000本 付与ポイント 動画ポイント:1000
通常ポイント:600
視聴方法 オンライン 視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 すべての作品でポイント購入が必要。ただし、登録時にもらえるポイントが多い
 

music.jp(ミュージックドットジェーピー)は日本企業が運営する動画配信サービス。

music.jpは名前からして音楽専門のサービスに見えますが、実は音楽、映画、漫画など幅広いメディアを揃えた、知る人ぞ知る総合配信サービスです。


特徴は、見放題ではなくすべての動画やコミックの視聴にポイントが必要なこと。

もっとも、30日間の無料トライアルの時点で合計1600ものポイントがもらえますし、動画1本は200~400ポイントであることが多く、漫画でも映画でも幅広いジャンルから楽しめます。

スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「戦争のはらわた」のあらすじ


第二次世界大戦中、日に日に激しさを増す、西ドイツとロシアの戦線。

ソ連(ソビエト連邦)軍の攻勢の前に敗色濃厚なドイツ軍は、それでもソ連軍に必死に抵抗し、反撃のチャンスを伺っていました。


そんな最前線に、新しくシュトランスキーという大尉が赴任してきます。フランスから志願してやってきた彼は出迎えたブラント大佐に、「自分は、鉄十字章が欲しくてこの前線にやってきた」と宣言します。

鉄十字章とは、ドイツで中世の頃から使われている、軍人に与えられる伝統的な名誉の勲章のことです。


ちょうどそこへ、シュトランスキーの部下となるシュタイナー少尉という小隊長が、偵察を終えて戻って来ます。ブラント大佐は小隊長に「シュタイナーとはソリが合わないだろう」と忠告するのでした。

大佐の言ったとおり、シュタイナーが連れて帰ったまだ若い少年のようなソ連兵士の処遇を巡って、両者は早速意見が対立します。

いち兵士として、たちまち命を失う戦場を生き抜き、大佐を救うなどの殊勲をあげ、鉄十字賞を胸に刺すシュタイナー。対して、貴族階級の出身であり、軍人の管理職として「部下は上司に従うべきだ」と、理念や規律を振りかざすシュトランスキー。2人はまさに、水と油の関係でした。


シュトランスキーは、直属の部下である副官のトリービヒに、誘導尋問で同性愛者であることを告白させ、上層部に密告されたくなかったら、自分に従うようにと命じます。

同じ頃シュタイナーとその小隊は、ちょうど誕生日を迎えた兵士を皆で祝っていました。


次の日、偵察中のシュタイナーは、敵との中立地点に近い非武装地帯で、若い少年ソ連兵を逃がします。しかしその直後、攻め入ってきたソ連兵に、少年は撃たれてしまうのでした。

ソ連軍の攻撃は凄まじく、昨夜誕生日を迎えたばかりの兵士は戦死してしまいます。その時、隊の指揮を執るべきだったシュトランスキーは、地下壕でずっと上層部との電話のやり取りに終始していました。


この戦闘で重症を負ったシュタイナーは、病院に収容されます。入院中、介護してくれたエヴァという看護婦と愛し合うようになりますが、シュタイナーは戦友や戦場の幻覚にさいなまれてしまいます。

戦場を離れ一緒に暮らしたいというエヴァの願いをよそに、シュタイナーは結局、ちょうど病院に治療に来ていた部下と共に、再びロシア戦線へと戻って行くのでした。


戦線に戻ったシュタイナーにシュトランスキーは「鉄十字章をもらうために君の署名が必要だ」と告げます。

シュタイナーは、なぜあなたはそんなに鉄十字章が欲しいのかと訪ねます。シュトランスキーは、戦場へ行って鉄十字章をもらわずに帰ったら、(貴族階級の)家族に合わせる顔がないんだと訴えるのでした。


次にシュタイナーは、大佐に呼ばれます。

大佐は、シュトランスキーが鉄十字章をもらう対象となった戦闘に於いて、確かに指揮を執っていたのかを確認していたのです。それは、シュタイナーが負傷し、誕生日を迎えたばかりの兵士が戦死した、あの戦闘でした。

シュタイナーは素直に、シュトランスキーが指揮を執っていたのは見なかったと告げます。折りしも前線ではソ連の激しい空爆が始まっていましたが、大佐はシュタイナーに、シュトランスキーを見なかったことを証言してくれと依頼します。


大佐はシュタイナーの味方のつもりでしたが、シュタイナーは部下を救うため、大佐に返事をする前に前線へ飛び出します。空爆にやられた最前線では、部下がたった一人だけ塹壕の中に隠れ、生き残っていました。

「みんなやられた後、一人で3時間、ずっとここにいたんです、もう一人にはなりたくない」

と震える部下を、シュタイナーは「もう大丈夫だ」抱きしめるのでした。


強力な戦車を率いてのソ連の猛攻撃に、前線の司令部は遂に退却を決定します。最前線に配置されている各小隊に撤退を伝達するのは、シュトランスキーの役目でした。

シュトランスキーは、鉄十字章のための署名を拒んだシュタイナーを疎ましく思い、伝達の途中で通信機が壊れたことにして、彼の小隊には伝達をしませんでした。


前線で孤立したシュタイナーの小隊はなんとか生き残り、数十キロ先にある味方の司令部まで、ソ連軍の陣地を徒歩で突っ切る決断をします。

途中立ち寄ったソ連の女性兵士の兵舎で、女性兵士の抵抗による犠牲はあったものの、女性兵士たちからソ連軍の軍服を何着か奪います。シュタイナー小隊は、「ドイツ兵の捕虜を連れた、ソ連兵」に化けて、なんとかソ連軍の陣地を潜り抜けました。


そして、味方の陣地まで、あと数百メートルと迫った地点までたどり着きます。シュタイナーは無線で、ソ連兵の軍服を着ている者もいるが味方だ、攻撃はするなと連絡し、味方の陣地へ歩き出します。

しかし、その無線があったと連絡を受けたのは、シュトランスキーでした。

シュトランスキーはトリービヒに、「戦場で敵の軍服を着た者が近づいてきたら、発砲するのもやむを得んよな?」と告げ、シュタイナー小隊が近づく陣地の前線へ送り出すのでした。


「戦争のはらわた」のネタバレ

シュタイナーは、ソ連軍の軍服を着た兵士には武器を持たせず、頭の後ろで手を組ませて、人質のように見せ。その後ろをドイツ軍の軍服を着たままの兵士たちが歩くという形で、味方の陣地へ歩き始めました。

しかしトリービヒは、戦場が爆煙でけむって見えにくいのをいいことに、近づいてくるのがシュタイナーの小隊だと知りながら、部下に「ソ連軍の罠だ、撃て!」と射撃命令を出します。部下の兵士は何かおかしいと感じつつも、命令には逆らえず、射撃を開始しました。


武器を持っていないシュタイナーの部下たちが、味方の銃撃で無抵抗のまま、次々に倒れていきます。シュタイナーは必死に、無線で連絡した際に使用した、味方しか知らない暗号を叫びますが、その時本物のソ連軍の攻撃も始まります。

敵と味方の攻撃に挟まれ、シュタイナーの声は味方の陣地に届かず。シュタイナーと他数名だけがなんとか陣地にたどり着き、大半は陣地の目前で無念の戦死を遂げました。


怒りに震えるシュタイナーは、「シュトランスキーに命令されてやっただけだ」と言い訳をするトリービヒを、射殺します。そして部下の伍長に小隊の指揮を任せると、シュタイナーはシュトランスキーの元へ向かいます。

シュタイナーを前に、「小隊はどうしたんだ」と開き直るシュトランスキーに、シュタイナーは「お前が俺の小隊だ。鉄十字章のもらい方を教えてやる」と、シュトランスキーを連れて戦場へ飛び出します。


ソ連軍の怒涛の攻撃が展開される中、機関銃の弾を撃ちつくし、「弾の装填はどうやるんだ?」と焦りながら聞くシュトランスキー。それを見たシュタイナーは、さも可笑しそうに、大声で笑い始めます。

敵の攻撃がなおも激しくなる戦場で、シュタイナーの高らかな笑い声だけが、響き渡っていました。



「戦争のはらわた」の感想


「戦場にかける橋」や「史上最大の作戦」など、有名な戦争映画に比べると知名度は低いかもしれませんが、紛れもなく戦争映画史上に残る傑作です。


特に、ペキンパー独特のスローモーションを多用した戦場シーンは、戦争のむごたらしさを、これでもかと言わんなかりに見せ付けてくれます。

冒頭の戦闘シーンで、爆風で引っくり返った兵士が、もんどりうって鉄条網に絡みつき。そのまま動かなくなった兵士の上に、更なる爆撃による土砂が、容赦なく降り注ぐ。


塹壕の中へ、突っ込むように次々と飛び込んでくる敵兵。銃撃戦でも砲撃でもなく、「人対人」の肉弾戦が始まる怖さ。デコボコの地形をものともせず、障害物をなぎ倒し、ギリギリと音を立てて近づいてくる戦車。

そんな、「迫力ある」という表現では済まされないような、戦争の怖さ、恐ろしさを体感させてくれるシーンが続出します。


そして、主人公のシュタイナーが率いる小隊を待ち受ける、あまりにむごい運命。

クライマックスに至るまで、じっくりと時間をかけて小隊の面々を描いてきただけに、彼らが味方の射撃によって次々と倒れていく様は、正視出来ないほどです。

ちょうど1974年に「エクソシスト」が日本でも公開され大ヒットし、そこから始まった「オカルト映画ブーム」の後にこの映画が公開されたので、「はらわた」というホラー映画のようなタイトルを付けられてしまいましたが。


それだけ、この映画の戦場シーンが「残酷で凄惨」だったわけです。

同時に戦争のむごさ、その醜い裏側をまさに「はらわたをえぐり出すように」描いた映画だということで、この邦題も、そんなに悪くないなという気にさせてくれるのです。


「戦争のはらわた」の考察


主人公のシュタイナーと対立するシュトランスキー。


彼がなぜこうも「鉄十字章」にこだわるかというのは、日本人には理解しにくいところです。いくら名誉のためとはいえ、自軍を不利な状況にさらしてまで勲章1つ欲しいものなのかと。

はじめてこの映画を見た時、そう思っていました。


ただ、実際には「栄誉が欲しい」だけでなく、シュトランスキーが貴族の出身であること。それも旧ドイツ帝国の中心となった、プロセインの貴族の家系だというのが関係しています。

ドイツ軍にとっての鉄十字勲章、とりわけプロセインの家系にとっては、いにしえからの伝統を受け継ぐものとして、特別視されていたのです。日本でいえば天皇陛下から勲章をもらうようなものかもしれません。


なのでシュトランスキーは

これをもらって帰らないことには「家族(とその家系)にあわす顔がない

と考えたわけです。


これに対しシュタイナーは、自分の胸に付けていた鉄十字章を、「そんなに欲しいならあげるよ」と言わんばかりに、シュトランスキーに放り投げます。

軍隊に対する考え、戦争に対する考えが全く異なった2人であるということを、象徴するシーンですね。シュタイナーにとって勲章は目指すものではなく、戦争の果ての結果としてついてくるものであると。


また、シュタイナーを評価しているように思える大佐にも憎まれ口のような言葉を言ってしまうのが、シュタイナーの真っ直ぐさゆえの「悪いところ」でしょうか。

敵の攻撃が激しくなっている中、部下を砲撃の中にさらしておいて、自分たち士官は勲章の行方について、屋根の下でくどくど話し合っている。

それがシュタイナーにはガマンならなかったのでしょうけども、目をかけていたはずの男に反論されるとは、大佐も思っていなかったでしょう。…この世渡り下手な感じも根っからの武人!という感じですね。


しかし、それだけ部下を大事にし戦場の怖さをしっているからこそ、シュタイナーはこれまで生き延びてきました。何より多くの部下や、上官までも救ってきたと言えるのだと思います。


そして、やはりこの作品で印象的なのはラストシーン。

鉄十字章にこだわっていたシュトランスキーが、実は機関銃の弾の装填の仕方も知らなかった事実。どの国も戦争してる兵と上層部の考え方は悲しいほど違うという、皮肉さたっぷりの映像です。

シュタイナーの高笑いが、いつまでも耳の奥に残り続ける、なんともやるせないあのラストシーンは、ずっと前に見たのに今でも鮮明に思い出すことができますね。

「戦争のはらわた」の動画を視聴するならmusic.jp


戦争のはらわたを視聴できるサービスはmusic.jpのみです。

30日間無料で利用できますし、登録時にもらえるポイントを使えば「戦争のはらわた」をはじめ、他のドラマや映画、さらには漫画なども無料で楽しむことができます。

music.jpへの登録はカンタンで、3分あれば終わるのでぜひ試してみてください。合わなければ、30日以内に解約すれば1円もかかりません。

 

↓30日以内に解約すれば無料↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です