映画「ポケットモンスター 裂空の訪問者デオキシス」のフル動画を無料視聴

8 min
映画「ポケットモンスター 裂空の訪問者デオキシス」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 ポケモン映画はTSUTAYA TVだけの独占配信となっています。「裂空の訪問者デオキシス」をはじめポケモン映画シリーズをすべて視聴可能。 おまけに30日間の無料トライアル期間が設けられているので、その間にポケモン映画を楽しみ、解約してしまえば1円も費用は発生しません。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「ポケットモンスター 裂空の訪問者デオキシス」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT × ×
FOD × ×
TSUTAYA TV 見放題
Hulu × ×
dTV × ×
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ × ×
music.jp × ×
  「ポケットモンスター 裂空の訪問者デオキシス」を配信しているサービスはTSUTAYA TVのみ。 そもそもポケモン映画を配信しているのはTSUTAYA TVだけ。反対にミュウツーの逆襲~ポケモンの映画最新作まで、TSUTAYA TVであればすべて視聴が可能となっています。 月額2000円以上のサービスなので決してお安くはないのですが、無料トライアル期間が30日あります。期間内に視聴&解約してしまえば1円もかかりません。 もちろんポケモン以外の映画やアニメも楽しめるようになっていますし、ぜひTSUTAYA TVを試してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「ポケットモンスター 裂空の訪問者デオキシス(邦題)」「pocket monster rekkuu no houmonnsya deoxis(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「ポケットモンスター 裂空の訪問者デオキシス」を視聴するならTSUTAYA TV

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TV:10000以上
DISCAS:TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ
付与ポイント 1100
視聴方法 オンライン
DVDレンタル
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 オンラインとは別に準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
  TSUTAYA TVはツタヤの運営する動画配信サービスです。

TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス

TSUTAYA TVの無料トライアルに登録すると、この2つのサービスを同時に利用できます。   月額2417円ですが、30日以内に解約すれば完全無料。 また、TSUTAYA TVで配信されているサービスは他に比べると少ないものの、他にはない作品も多く、またTSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)を組み合わせると、どのサービスよりも無料で多くの映画やアニメを楽しめます。    

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「ポケットモンスター 裂空の訪問者デオキシス」のあらすじ

暗い宇宙空間を漂う隕石。 紫と緑の光を発しながら隕石は地球へ… 今日は、月が美しく輝く夜。 北極の大氷原で、ロンド博士の研究チームが調査活動をしています。 すぐそばには、タマザラシ、トドグラー、トドゼルガの巨大な群れ。博士の息子トウイは、その群れのそばで、タマザラシと遊んでいました。 そこへ、凄まじい勢いで隕石が落下してきます。 衝撃でポケモンの群れが暴走し、巻き込まれたトウイは、荒れ狂う波のように押し寄せるポケモンたちに、ふみつぶされそうになります。恐怖で気を失うトウイ。 隕石によってできた巨大なクレーター。 そこから1匹のポケモンが現れました。 宇宙から来たポケモンで、ロンド博士はデオキシスと命名。デオキシスは、よくしなる長い両腕で爆風を起こし、緑の卵形の結晶を抱き上げます。 そこへもう空からレックウザが現れ、デオキシスを攻撃し始めます。自分の縄張りをおかされたと思い、怒り狂っています。デオキシスとレックウザの激しい闘いで、調査基地は破壊されてしまったのです。 デオキシスは、攻撃でちぎれた腕を再生しながら闘いますが、ついにレックウザに破れ、粉々に飛び散ります。緑の卵型の結晶は、北極の海に沈んでいきました。 ロンド博士の調査隊は、結晶を回収し、北極を後にしたのです。 ・・・ それから四年後。 ロンド博士たちが暮らす、ラルースシティ。電力とコンピュータシステムにより全てが自動化されたハイテクの町です。 4年前の事件で回収してきた結晶の解析を続けていた、ロンド博士と助手のユウコは、ある波長のレーザーを照射しつづければ、デオキシスを再生できることを突き止めました。 レーザー照射により、結晶はまるで心臓のようなリズムで光りはじめますが、システム不良で中断されてしまいます。 同じ頃、北極。 氷を突き破り、オーロラのような光を放ちながらデオキシスが再び姿を現しました。 その頃、バトルタワーに挑戦するだめにラルースシティにやってきたサトシたち。もちろんロケット団たちも、こっそりとやってきました。 サトシたちは、ラルースシティの様子に驚きます。駅では、キューブ型のロボが組み合わさったガードロボに写真をとられ、ラルースシティで暮らすためのIDカードを渡されます。歩道は自動で動き、自動販売機もロボット型。 まさにハイテクシティでした。 サトシが動く歩道でトラブルになった事をきっかけに、地元の子ども、リュウ、ショウタ、ヒトミ、キャサリン、オードリーと知り合います。 子どもたちは、一緒にバトルタワーに向かいます。ラルースシティの中心にそびえ立つ、近代的なバトルタワー。「腕がなるぜ!」サトシはやるき満々です。 バトルタワーに入ったサトシですが、タワーの中でも迷子に。 サトシは図書室にいるトウイと出会います。子どもの頃の体験がもとでポケモンに触れなくなっていたトウイは、ピカチュウにおびえて逃げ出しました。 事情を知らないサトシがトウイを追いかけ、なりゆきで、二人でタッグバトルに挑むことになります。 トウイにはパートナーのポケモンがいません。 さらに「僕はできないよ!」と何度も言ったのですが、タケシは耳をかしません。無理矢理バトルを始めますが、みじめな負け方をしてしまいます。 会場の外で、ユウコがサトシに、トウイは幼少時のトラウマからポケモンに触れないのだと説明。けっしてポケモンが嫌いなわけではないのだ、と。 トウイは植物園に逃げ込み、「ともだち」を探します。出て来たのは、菱形や銀河型に形をかえる、光りのツブの集合体です。まるで、小さな宇宙です。 トウイと「ともだち」は、心を通わせていました。トウイは、バトルに出たことを「ともだち」に聞いてもらいますが、そこにサトシが来ました。「ともだち」は姿を消してしまいました。 サトシはトウイに、誰と話していたのかたずねますが「僕に構わないで」と逃げるトウイ。 その頃、ラルースシティにデオキシスが飛来し、バトルタワーの頂上に立ちました。まるでアンテナです。オーロラのような電磁波を放つと、しばらくして、飛び去りました。 トウイが気になるサトシは、彼につきまといます。思わずピカチュウごとサトシを突き飛ばすトウイ。ケンカが始まりそうになりました。 そこへ現れたタケシ。「美味しい物を食べると、心も体も元気になれる!」とチーズフォンデュをごちそうします。一緒にごちそうを食べたサトシとトウイは仲良くなりました。 楽しい雰囲気の中、トウイはピカチュウに触ろうとがんばりますが、できません。「ごめんね…」と立ち去るトウイ。ピカチュウのそばには、プラスルとマイナンがやってきて、3匹は仲良くなりました。 その日の夕方。デオキシスが時計塔の上に立ち、何かをさがしています。 オーロラに似た電磁波を放射するデオキシス。 日が暮れて、バトルタワーの中庭に集まっている、サトシと地元の子どもたち。ヒトミはパソコンで、デオキシスやオーロラの事を調べ、難しい顔をしています。 トウイが、ユウコのさしいれのクッキーを持ってやってきました。美味しいクッキーを食べ、人間もポケモンも精一杯遊びます。楽しい時間です。 翌日、トウイがサトシたちを植物園につれてきました。 「ともだち」を紹介するためです。美しい、光りのツブの集合体をみて、みんな驚きます。子どもたちも、自分たちのポケモンをトウイに紹介します。 デオキシスはラルースシティの上を飛び回りながら、まだ何かを探しています。さらに、レックウザが近づいてきました。デオキシスに気づいて、追い出しに来たのです。 デオキシスとレックウザを見張っていたロンド博士は「ラルースシティが危ない」と、住人全員を避難させます。ガードロボが活躍し、ラルースシティの人たちは、電車やフェリー、歩くなどで、ラルースシティから逃げ出しました。 ラルースシティの電力がダウンして、トウイたちは植物園に閉じ込められました。デオキシスは、次々に自分のシャドーポケモンを生み出し、人間をつかまえ始めました。そこへレックウザが現れます。 デオキシスは、ラルースシティの回りにバリアをはりました。レックウザは攻撃をしかけますが、バリアが強くて、破ることができません。レックウザだけではなく、人間も、ポケモンも、バリアのせいでラルースシティに入れなくなりました。 子どもたちは、力づくで自動ドアをこじあけて、外に出ようとしますが、デオキシスのシャドーが襲ってきて、ショウタとカメックスが連れ去られます。 何とか裏口から脱出した子どもたちは、ユウコと再会し、研究所に逃げ込みました。ユウコはデオキシスが宇宙のポケモンであること、再生するポケモンであることなどを説明します。 電力がなければ、何も動かないラルースシティ。みんなお腹がすいてきました。サトシたちは、食糧と水、そして連れ去られた人たちを探しに行くことにしました。 公園でホットドックの自動販売ロボをみつけたサトシたちですが、電力がないので取り出せません。ピカチュウが充電すると、ロボは動き出しホットドックを手に入れる事ができました。 そこへ、たくさんのデオキシスのシャドーが襲ってきて、マイナンがさらわれてしまいました。泣いてしまうプラスル。励ましてあげたいトウイですが、それでも、ポケモンに触ることができません。 リュウとヒトミが偵察して、つかまえられた人間とポケモンは、ラルースシティ外れの建物に集められていることが分かりました。 ホットドックと水をもって、研究所に戻ってきたサトシたち。そこにデオキシスのシャドーが襲ってきます。地下に逃げ込むと、シャドーは去って行きました。 地下はデオキシスの再生実験室です。部屋の中央には結晶があります。みんなが見つめていると、結晶が光り出し、光りのツブの集合体が出てきて、トウイによりそいました。 トウイの「ともだち」は再生される前の、デオキシスだったのです! ヒトミは、デオキシスが出す電磁波とオーロラのパターンを調べて、それがデオキシスの言葉であることを発見。デオキシスは「ともだち」「どこにいる」と言っていました。仲間を探してしたのです。 デオキシスが人間とポケモンをつかまえたのは、人間やポケモンが出す電磁波がじゃまで、仲間を探しづらくなるからだ、ということも分かりました。 トウイたちは、目の前のデオキシスの結晶を再生することに。 そのためには電力が必要です。 サトシたちは、捕らえられている人間とポケモンを救い出し、みんなで力を合わせて、人力で風力発電の風車を回す作戦を考えました。 作戦に向かって走り出す、サトシたち。デオキシスや、シャドーたちと戦いながら、人間とポケモンを救い出し、ついに人力で風車を回し始めます。 空では、バリアを破ったレックウザがラルースシティに侵入。デオキシスと壮絶なバトルを始めました。ラルースシティはどんどん破壊されていきます。 サトシ、トウイ、ピカチュウ、プラスル、マイナは研究所に戻ってきました。電力が戻った研究所で、システムが再起動されます。トウイがスタートレバーを上げ、デオキシスの結晶にレーザーを照射し始めました。 あと一歩のところで、レーザーが止まってしまいます。「あと20%、電力がたりないのよ!」とユウコ。ピカチュウ、プラスル、マイナンが全力で放電し、電力をつくります。 卵がまぶしい光りをはなちます。「デオキシス、きみなんだね!」とトウイが言った時、波長が100%シンクロしました!みんなの前にデオキシスが現れました。再生したのです! デオキシスは無表情ですが、トウイと心を通わせていることが分かります。「行こう、君の仲間のところに」とトウイ。 サトシ、トウイ、ピカチュウが電気をおびたように発光し、生まれたばかりのデオキシスと一緒に空を飛び、レックウザと戦っているデオキシスのもとへ急ぎます。 戦いの場では、デオキシスがレックウザにとどめをさそうとしていました。かけつけた新しいデオキシスは、レックウザをかばいます。もう戦いたくないのです。 2体のデオキシスは、再会を喜び合いました。2体で宙にうき、デオキシスのことばである電磁波を放ちます。ラルースシティは、緑と紫の美しいオーロラにつつまれました。 しかし、レックウザはまだあきらめていませんでした。地上から2体のデオキシスを攻撃するレックウザ。  

「ポケットモンスター 裂空の訪問者デオキシス」のネタバレ

その時、ラルースシティのガードロボが暴走をはじめました。デオキシスの放った電磁波で、システムが異常を起こしたのです。 数え切れないほどのキューブロボが、津波のように押し寄せてきて、レックウザが飲み込まれそうになります。2体のデオキシスがレックウザを助けようとします。 このままでは、ラルースシティ全体が、暴走したキューブロボに飲み込まれてしまいます。 ロンド博士からトウイに連絡がきました。「チーフロボを止めれば、暴走がおさまる。遠隔操作できないから、IDカードをつかって直接チーフロボをストップさせるのだ。トウイ、お前がやるしかない。ラルースシティを救えるのは、お前だけだ」 サトシとトウイは、キューブロボの波にのって流されてきた、ホットドックマシンに乗り込み、チーフロボを目指します。 キューブロボの流れはすさまじく、トウイはホットドックマシンから落ち、流されてしまいました。残るは、サトシだけです。サトシは、ピカチュウと協力してチーフロボにたどりつきます。 サトシは、ピカチュウ、トウイの連携プレーでチーフロボにIDカードをかざしました!そして、全てのシステムが停止しました。 全く動かなくなったキューブロボのかたまりが、バラバラになって崩れ落ちていきます。巻き込まれて落ちていくプラスルとマイナンを助けるため、ついにトウイは2匹を抱きしめました! 混乱は終わりました。 レックーザの怒りはしずまり、空へと帰って行きます。2体のデオキシスも、宇宙に帰って行きました。「さよなら、僕のともだち」とささやくトウイ。そばにはプラスルとマイナンがいます。「もう、どこにいても寂しくないさ」とサトシが声をかけます。 オーロラの輝きの中、サトシとトウイが並んで空を見上げます。「ピカチュウ、いつも俺のそばにいてくれて、ありがとな」とサトシ。 秩序をとりもどしたラルースシティで、みんな、いつもの生活に戻っていきます。 サトシたちも、新しい冒険へと旅立つのでした。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です