映画「ディセンダント1,2,3」ストーリーネタバレとフル動画を無料視聴

10 min

「ディセンダント」シリーズを1作目~3作目まですべて無料で視聴可能なのはmusic.jpのみ!

配信サービス お試し期間 有料・見放題 字幕・吹替
30日間無料
付与ポイント1600
合計1100ポイント 字・吹

↓30日以内に解約すれば無料↓


「ディセンダント」の動画配信状況

1作目:ディセンダント
2作目:ディセンダント2
3作目:ディセンダント3

※FODとHuluは1~3作目すべて未配信
配信サービス お試し期間 有料・見放題 字幕・吹替
31日間無料
付与ポイント600
1作目:330ポイント
2作目:配信なし
3作目440ポイント
字・吹
30日間無料
付与ポイント1100
1作目:440ポイント
2作目:配信なし
3作目550ポイント
字・吹
31日間無料
付与ポイントなし
1作目:配信なし
2作目:330ポイント
3作目:440ポイント
字・吹
30日間無料
付与ポイントなし
1,2作目:299ポイント
3作目:399ポイント
字・吹
30日間無料
付与ポイント1600
1,2作目:330
3作目:440ポイント
字・吹
※2020年5月13日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください)
非推奨VODサービス

amazon:視聴にポイント(別料金)が必要
dTV:視聴にポイント(別料金)が必要&1作目配信なし
TSUTAYA TV:ディセンダント2配信なし
Netflix:ディセンダント2配信なし&ポイントの都合で1作目か3作目どちらかしか視聴できない


「ディセンダント」シリーズは動画配信サービスでも全作配信していることは非常に少なく、かつ無料期間に3本とも視聴できるのはmusic.jpのみとなります。

music.jpであれば登録時にもらえる1600円分のポイントと、30日間の無料トライアルを使って、1円もかけずに「ディセンダント」シリーズを今すぐに視聴可能です。

↓30日以内に解約すれば無料↓


違法アップロードサイトでの視聴は危険?

Pandoraやdailymotionなど動画サイトはウイルス感染のリスクがあります。

例えば動画共有サイト「openload」では、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されており、気づかぬうちに被害に遭う可能性が高いので絶対にアクセスしないでください。



「ディセンダント」を視聴するならmusic.jp

お試し期間 30日間無料 月額料金 1958円(税込)
作品数 180,000本 付与ポイント 動画ポイント:1000
通常ポイント:600
視聴方法 オンライン 視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 すべての作品でポイント購入が必要。ただし、登録時にもらえるポイントが多い
メリット

・登録時にもらえるポイントが多い
・配信映画やアニメの数がVOD最強レベル
・音楽やコミック(電子書籍)まで視聴可能

デメリット

・すべてのコンテンツがポイント制
・macパソコンだと視聴できないことがある


muisc.jpの特徴はなんと言っても、全コンテンツがポイント(別料金)制なこと。

見放題動画ならどれだけ見てもお金がかからない他のVODサービスと違い、登録時にもらえるポイントを使い切ってしまったら、無料期間が残っていても何もできなくなってしまいます。


もっとも、music.jpはもらえるポイント数が1600とかなり多い!

「ディセンダント」シリーズであれば3作品で合計1100ポイント必要なので、残り500円分のポイントが余る計算になります。

なので余ったポイントを使って他のディズニー映画を見ることもできますし、「ディセンダント」3作品を全部視聴できるのはmusic.jpだけなので、今すぐ30日間無料トライアルで視聴してみてください。


↓30日以内に解約すれば無料↓

「ディセンダント」のあらすじ


20年前に作られた国“オラドン”

オラドンは、美女と野獣のベルとビーストが治めている国。一方、”悪役”であったヴィランズたちは“ロスト島”という遠く離れた、魔法すら使えない小島に隔離されていました。


オラドン王国では、もうすぐベンの戴冠式が行われる予定でした。

「美女と野獣」の2人の息子のベンです。


彼は戴冠式を前に、ロスト島で暮らす子供たちをオラドンの学校へ通わせようと考えます。そこで手始めにまず4人の子供を呼び寄せることにしました。

101匹わんちゃんのクルエラの息子:カルロス
アラジンのジャファーの息子:ジェイ
白雪姫のイーヴィル・クイーンの娘:イヴィ
眠れる森の美女のマレフィセントの娘:マル


マレフィセントの娘のマルを呼ぶと聞き、猛反対するベルとビースト

マレフィセントは、他のヴィランズの中でも最悪にして最強の存在だったのです。ベンは、親がヴィランズだからといって子供たちに罪はないと説得し、元野獣だったビーストもしぶしぶ認めることになります。


その頃ロスト島では、マルたち4人が暴れ回っているとマレフィセントが現れ、「オラドンの学校へ通う事になった」と伝えたのです。嫌がるカルロスたちでしたが、マレフィセントはオラドンを征服するチャンスだと言いました。

マレフィセントは、オラドンを自分の国にしようと計画しており、娘のマルと仲間に「フェアリーゴッドマザーの魔法杖」を手に入れるように指示。これがあればロスト島でも魔法が使えるようになり、魔法の使えるマレフィセントにとって敵はいないも同然でした。


結局、4人の子供は渋々オラドンへ向かっていきます。

オラドンへ着いたマルたちは、ベンたちに暖かく出迎えられました。ですが、ベンの恋人で眠れる森の美女オーロラの娘のオードリーはマルの事を毛嫌いしていました。


そして始まる学校生活。

子供ということもあり、4人は徐々にオラドンに馴染んでいきました。


そんなある日、魔法の杖が博物館に展示されていると聞き、夜に博物館へ忍び込びます。ところが、魔法の杖まであと一歩の所でセキュリティが作動し失敗し。そこでフェアリーゴッドマザーに杖を使わる作戦に切り替えます。


次の日にフェアリーゴッドマザーの娘のジェーンに近づくマル。

ジェーンは、自分の容姿にコンプレックスを抱えている事を知ったマルは、マレフィセントの呪文の書を使い髪形を変えてあげました。鼻も変えて欲しいと頼むジェーンにマルは、強力な魔法はフェアリーゴッドマザーにしか使えないと言います。

ジェーンを誘導し、フェアリーゴッドマザーに杖を使わせようとしましたマルでしたが、フェアリーゴッドマザーは魔法を使おうとはしませんでした。


一方でジェイとカルロスは部活動に参加します。

身体能力の高さを認められチームに参加したジェイとカルロスは、素直に喜びました。

その頃マルは、ジェーンのように髪形を変えて欲しいとみんなに頼まれ、人気者になってしまいます。オラドン征服という思惑に反して、マルたちは学園に馴染んでいってしまいました。

ですが、子供である彼らにとって親に認められる事こそが何よりの喜びでもあるのです。


その頃、ヴィランズの子供たちがオラドンに馴染んでいる事を良く思わないオードリーは、ベンにマルたちを信用するなと警戒します。実際、教室で授業を受けていたイヴィは、ベンが王になる戴冠式で魔法の杖が観られると知り、みんなに報告しに行きました。

イヴィの話しを聞いたマルは、ベンの元へ。


フェアリーゴッドマザーの杖を奪うチャンスを得るために、ベンの戴冠式で横に立ちたいと言ったマルでしたが、彼女しか無理だと言われてしまいます。その言葉を聞いたマルは、再び作戦を練り出しました。マルは、呪文の書を使ってみんなと恋の魔法を使う事にします。

恋の魔法にかけられたベンは、大勢の人やオードリーの居る前でマルに告白してしまいます。ベンの告白に傷ついたオードリーは、去って行きました。一方でマルはベンの告白を受け入れ彼女になります。


その後、マルはイヴィにメイクしてもらいベンとデートに出かけました。

魔法の湖に連れて行かれたマルは、ベンとお互いの事を話します。

「僕の事好き?」と聞かれたマルは、「わからない」と答えます。ベンはマルに親とは違っていい子だと言われ、本当に杖を奪ってオラドンを支配するのが正しいのかどうか悩み始めました。ベンは、魔法の湖に飛び込むと言い出し、マルはその姿を見守ります。


湖から上がって来ないベン

心配したマルは、湖に飛び込んで行きましたが、泳いだ事がなかったので溺れてしまいます。潜っていたベンに助けられ、心配していたマルは怒りました。ベンは、泳げないのに自分の為に飛び込んでくれた事に喜びます。

その姿を見て、少しづつ気持ちが変化していくマル。


その後、戴冠式の前に家族を学園に招いたパーティーが開催されます。

パーティーは順調に進んでいましたが、オーロラの祖母はマレフィセントに瓜二つのマルを見て驚き、ベンに向かってヴィランズを国に入れるなんて正気じゃないと言い放ちました。

すると、オーロラや他の生徒たちもマルたちの事を批判します。


これが後押しとなって杖を盗む決心をしたマルは、戴冠式の後にベンにかけた魔法を解く準備を始めることにしました。

マルは、自分たちがオラドンを征服するのに、ベンが自分の事を好きなままというのは残酷だと感じたのです。4人とも学園を去る事に迷いはありましたが、ヴィランズを受け入れる事はないと絶望。

自分の使命を実行すると決意したのです。

 

「ディセンダント」のネタバレ


そして戴冠式の当日。

実はベンの恋の魔法は、魔法の湖の力で既に解けていたとマルは知ります。

その事がきっかけでマルは、ベンがダマしていたのではなく、本当に自分の事を好きでいてくれたと知ります。ついに戴冠式が始まり、フェアリーゴッドマザーが杖を取出しました。すると、フェアリーゴッドマザーの娘のジェーンが杖を奪ったのです!


ジェーンは、「綺麗になりたい」と願いながら杖を振り回し、バリアを破壊。予定とは違ったものの、魔法が使えるようになったマレフィセントはそのスキにオラドンへ侵入してしまいます。


マルはとっさにジェーンから杖を奪いました。

ベンは、「君はお母さんとは違う。本当の願いは?」と聞きます。するとマルは、「この学園でベンやみんなと一緒に居たい」と告げたのです。イヴィやカルロスたちも同じ考えで、みんなは「いい人になりたい」といいます。


その言葉を聞いて喜ぶフェアリーゴッドマザーやベン。

ですが、そこへマレフィセントが現れます。


マルは、マレフィセントにロスト島に戻るように伝えます。

ですがマレフィセントはマルから杖を奪おうとし、マルたち4人はそれに応戦します。マルは愛のパワーでマレフィセントに勝ち、最後は小さいトカゲの姿になってしまいました。

オラドンを救った事で国民たちは、正しい行いをしたマルたちヴィランズの子を受け入れ、無事ベンのこと戴冠式を終える事が出来たのです。


「ディセンダント2」のあらすじ


「美女と野獣」カップルの息子のベン。

その恋人のマルはプリンセスのような扱いを受けていました。


マルは「女王」にふさわしい堅苦しい作法を覚えたり、自分を追いかけ回すマスコミ対応にも疲れ、オラドンの生活に不満を感じ始めていました。”隔離島”だったはずのロスト島での生活が懐かしいと思うくらいには。

一方でベンも王様として忙しく、デートの時間も取れません。


ただ、それでもベンとマルの愛情自体は本物でした。

でもそんなマルはベンに隠している事があって、呪文の本をフェアリーゴッドマザーに渡せず、魔法の力に頼りながらオラドンで生活をしていたのです。

一方のイヴィは魔法の鏡を手放していて、マルが呪文の本を持っているのを見つけ自分のように手放し博物館へ寄付すべきだと言います。マルは、呪文の本無しではオラドンに馴染めないと感じていました。


ある日カルロスは、マルに頼みごとをします。

カルロスは、ジェーンに恋をしていて、舞踏会のパートナーになって欲しいと思っていたのです。ですが、ジェーンを誘う事が出来ずにヤキモキしていました。

そして、マルに自分の気持ちを話せるようになる魔法を頼んだのです。


魔法で作ったアメを持ってきたマル。

カルロスにアメを渡そうとしましたが、ペットの犬ドゥードに食べられてしまいます。すると、ドゥードは話せるようになってしまいました。ドュードはとてもおしゃべりで、カルロスは頭を悩ませます。


その後舞踏会の準備も忙しいマルは、ベンとのデートを忘れてしまいました。

間に合わせる為に魔法を使って食事デートに向かったマル。用意してもらった食事に喜んでいたベンでしたが、マルの持っていた呪文の書を見てしまいます。呪文の書には印がついていて、そこには「ごちそうを作る魔法」とあったのです。


ベンに問い詰められたマル。

マルは、自分がオラドンの出身でない事をコンプレックスに感じていたのです。ベンに「プリンセスのようにはなれない」と言い放ったマルは、ロスト島へと帰ってしまいました。

イヴィもマルが帰った事を知り、ロスト島へ向かう準備をします。

 

「ディセンダント2」のネタバレ


「美女と野獣」カップルの息子のベン。

その恋人のマルはプリンセスのような扱いを受けていました。


マルは「女王」にふさわしい堅苦しい作法を覚えたり、自分を追いかけ回すマスコミ対応にも疲れ、オラドンの生活に不満を感じ始めていました。”隔離島”だったはずのロスト島での生活が懐かしいと思うくらいには。

一方でベンも王様として忙しく、デートの時間も取れません。


ただ、それでもベンとマルの愛情自体は本物でした。

でもそんなマルはベンに隠している事があって、呪文の本をフェアリーゴッドマザーに渡せず、魔法の力に頼りながらオラドンで生活をしていたのです。

一方のイヴィは魔法の鏡を手放していて、マルが呪文の本を持っているのを見つけ自分のように手放し博物館へ寄付すべきだと言います。マルは、呪文の本無しではオラドンに馴染めないと感じていました。


ある日カルロスは、マルに頼みごとをします。

カルロスは、ジェーンに恋をしていて、舞踏会のパートナーになって欲しいと思っていたのです。ですが、ジェーンを誘う事が出来ずにヤキモキしていました。

そして、マルに自分の気持ちを話せるようになる魔法を頼んだのです。


魔法で作ったアメを持ってきたマル。

カルロスにアメを渡そうとしましたが、ペットの犬ドゥードに食べられてしまいます。すると、ドゥードは話せるようになってしまいました。ドュードはとてもおしゃべりで、カルロスは頭を悩ませます。


その後舞踏会の準備も忙しいマルは、ベンとのデートを忘れてしまいました。

間に合わせる為に魔法を使って食事デートに向かったマル。用意してもらった食事に喜んでいたベンでしたが、マルの持っていた呪文の書を見てしまいます。呪文の書には印がついていて、そこには「ごちそうを作る魔法」とあったのです。


ベンに問い詰められたマル。

マルは、自分がオラドンの出身でない事をコンプレックスに感じていたのです。ベンに「プリンセスのようにはなれない」と言い放ったマルは、ロスト島へと帰ってしまいました。

イヴィもマルが帰った事を知り、ロスト島へ向かう準備をします。


「ディセンダント3」のあらすじ


ヴィランズのマレフィセントの娘マル。

「美女と野獣」の2人によって治められているこの国は、「臭いものにはフタ」と言わんばかりに、マレフィセントをはじめ、その子どもたちまでロスト島に隔離していました。


ところが、今やマルはオラドンの王ベンの恋人。これまでの事件を乗り越えてきた2人は、ともに国の現状を変えようと動き始めていました。

ヴィランズの子供たちを徐々にオラドンへ受け入れ、勉強を受けさせて正しい道に導こうと考えていました。イヴィやカルロスやジェイも協力し、ロスト島へ子供たちを迎えに行く事に。


オラドンの学校へ通う事になったのは、シンデレラの姉のドリゼラの娘“ディジ―”とプリンセスと魔法のキスのファシリアの娘“セリア”。ピーターパンのスミーの双子の息子“スクイーキー”と“スクワーミー”の4人に決まります。

一方でマルは、未だに行方の分からないウーマの事を心配していました。ウーマは「ディセンダント2」でオラドンをかき乱して逃走したにも関わらず、未だに見つかっていないのです。


心配するマルにベンは、見張りを増やすと約束。

そしてベンに呼ばれて、ステージに上がったマルは、彼から「結婚してくれ」と言われプロポーズを受け入れました。大喜びするマルとオラドンの国民たちでしたが、王座を狙っていたオードリーは激怒します。


オードリーの祖母は、何故ベンと結婚できなかったのかと責め立てました。

責められたオードリーは、喜んでいるマルの手を掴み、恋の魔法を使った卑怯者と言い放ちますが、彼女に相手にされずに余計に腹を立てます。


そしてマルたちは、ヴィランズの子供を迎えにロスト島へ。

すると、ロスト島のバリアが開いたスキに閉じ込められていた神のハデスが飛び込み、抜け出そうとしました。マルはハデスをバリアの中に追いかえす為に、ドラゴンへ変身。ハデスは、魔法の燃え差しを使ってマルのパワーを奪いとりました。


ロスト島へ再び閉じ込められたハデス。

ハデスが島に戻ったので、ヴィランズの子供たちはオラドンへ案内されます。

新しい環境に感動し、見るもの全てにワクワクしていました。その頃オードリーは、今まで我慢していた感情が一気にあふれ出し、我慢できずに博物館に展示してあるオラドンの冠とマレフィセントの杖を盗み出してしまいます。

 

「ディセンダント3」のネタバレ


一方で、ハデスがバリアを出そうになった件でオラドンはパニックに。

元王のビーストは、今後もヴィランズの子供たちを迎えるたびに今回のようなリスクがあると言います。話をしている最中にベンの携帯に「博物館から魔法の杖と王冠が盗まれた」という情報が入り、何も知らないマルたちはウーマの仕業だと思いました。

ロスト島の子供を今後も受け入れるかどうかを聞かれたマルは、「国を守るためにはバリアを二度と開かない方が良い」と決断したのです。反対するベンでしたが、マルはこれしか方法がないと言いました。


その後マルは、イヴィの家に行き今後ヴィランズの子供を受け入れられないかもしれないと話します。それだけではなく、バリアを永遠に閉じる案が自分のモノだと言えずイヴィにウソをついてしまいました。

後悔するマルの前に現れたのは、悪に染まったオードリー。自分を王女にしなかったオラドンに復讐を誓い、去り際にマルの姿をおばあちゃんに変えてしまいました。その後移動したオードリーは、オラドンのみんなに眠りの呪いをかけて眠らせてしまいます。


呪いに気づいたジェーンは、湖に潜って眠りの呪いを逃れました。

マレフィセントの杖の呪いは強力で、マルには解く事が出来なかったのです。マルは、唯一の手段であるロスト島へハデスの燃え差しを取りに行く事にします。ロスト島では魔法が使えないので、マルは元の姿に戻りました。


そしてハデスに会いに行くと彼は「会いたかったぞ、娘よ」と言います。

マルは、ハデスの娘。そしてハデスは、燃え差しを渡して「絶対に水に濡らすな」と言ました。マルたちがロスト島を出ようとすると、ハリーとギルが一緒にバリアを抜け出して
しまいます。

マルたちが追い返そうとしているとウーマが海から現れ、自分たちもオラドンへ行くと言い出しました。マルに協力しオードリーから国を守るかわりに、ウーマはバリア廃止を求めます。

オラドンへ戻ったウーマとマルは、オードリーの差し向ける罠にも打ち勝っていきました。


そんな中でマルは、イヴィについたウソがバレてしまいます。

ウソがばれた事で、ウーマはマルを信用せずにハリーたちと去っていきました。後悔したマルがイヴィたちに弁解しようとすると、オードリーの魔法でみんなが石化してしまいます。


途方に暮れたマルは、ウーマに謝り助けを求めました。

マルのウソに怒り手を貸さないウーマ。


一人でオードリーへ戦いを挑むマルでしたが、燃え差しが濡れてしまいます。ボロボロになりながらも戦うマルの姿を見て協力しパワーを与えてくれたのです。

その後マルに負けたオードリーは深い眠りにつき、目覚めませんでした。マルは、ロスト島からハデスを呼び寄せてオードリーを救ってもらいます。その後みんなにウソを許してもらったマルは、ある事に気づきました。


翌日の王女の戴冠式でマルは、「オラドンの女王にはなれない」と言います。

驚くみんなに事情を説明し、怯えながら暮らすのではなくバリアを開放し「ロスト島とオラドンの女王になる」と宣言しました。ベンやイヴィたちみんなも賛成し、きちんとヴィランズと向き合う事にしたのです。

バリアが解放されて、ロスト島の人々がオラドンへやってきてました。全ての人にチャンスを与えたのです。そして、マルとカルロスとイヴィとジェイは自分たちの親に合う為にロスト島へと帰っていったのです。


↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です