映画「ポケットモンスター ディアルガvsパルキア ダークライ」のフル動画を無料視聴

映画「ポケットモンスター ディアルガvsパルキア ダークライ」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。

まずポケモン映画は違法動画サイトで時間をかけて探すよりも、ポケモン映画を独占配信しているTSUTAYA TVで一挙視聴するのがオススメです。

TSUTAYA TVには30日間の無料トライアルがあるので、ミュウツーの逆襲~からポケモン映画を1円もかけずに高画質で楽しむことが可能です。登録もカンタンなのでぜひ試してみてください。

 

↓30日以内に解約すれば無料↓


 

「ポケットモンスター ディアルガvsパルキア ダークライ 」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT × ×
FOD × ×
TSUTAYA TV 見放題
Hulu × ×
dTV × ×
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ × ×
music.jp × ×
 

「ポケットモンスター ディアルガvsパルキア ダークライ」を配信しているサービスはTSUTAYA TVのみ。

そもそもポケモン映画を配信しているのはTSUTAYA TVのみ。反対にミュウツーの逆襲~ポケモンの映画最新作まで、TSUTAYA TVであればすべて視聴が可能となっています。


月額2000円以上のサービスなので決してお安くはないのですが、無料トライアル期間が30日あります。期間内に視聴&解約してしまえば1円もかかりません。

もちろんポケモン以外の映画やアニメも楽しめるようになっていますし、ぜひTSUTAYA TVを試してみてください。

 

↓30日以内に解約すれば無料↓

動画共有サイトでの視聴は危険?

youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。

「ポケットモンスター ディアルガvsパルキア ダークライ (邦題)」「pocket monster diarga vs parkia darkray(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。


おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…


それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「ポケットモンスター ディアルガvsパルキア ダークライ 」を視聴するならTSUTAYA TV

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TV:10000以上
DISCAS:TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ
付与ポイント 1100
視聴方法 オンライン
DVDレンタル
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 オンラインとは別に準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
 

TSUTAYA TVはツタヤの運営する動画配信サービスです。

TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス
TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス

TSUTAYA TVの無料トライアルに登録すると、この2つのサービスを同時に利用できます。
 

月額2417円ですが、30日以内に解約すれば完全無料。

また、TSUTAYA TVで配信されているサービスは他に比べると少ないものの、他にはない作品も多く、またTSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)を組み合わせると、どのサービスよりも無料で多くの映画やアニメを楽しめます。
 
 

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「ポケットモンスター ディアルガvsパルキア ダークライ 」のあらすじ


はてしない時間と空間のはざまの暗闇。ディアルガとパルキアが、戦っています。戦いは激しさを増していき、空間をつなぐポケモン、アンノーンの群れが飛び散っていきます…



ここは、アラモスタウンの中心にたつ時空の塔の地下の研究室。

科学者のトニオが100年前の建築家、ゴーディの日記を読んでいました。ゴーディは、トニオのひいおじいさんで、時空の塔を建てた人です。

「出会うはずのないものが出会い、全てが崩壊していく…か。面白い物を見つけたな」トニオがつぶやいたその瞬間、空間が揺れ、棚におかれた砂時計が床に落ちて、割れてしまいました。


アラモスタウンでのポケモンコンテストにヒカリが参加するため、サトシたちがやってきました。アラモスタウンは南ヨーロッパの雰囲気がただよう、断崖の町。町への出入り口は、高く長い石橋だけです。

石橋と反対側に着いてしまったサトシたちは、ガイドのアリスの気球にのせてもらい、町に入ります。アリスは、音楽家でもあり、草笛でポケモンと交流できるのでした。

サトシたちの後から、ロケット団も、町に入ります。


サトシたちは、時空の塔の下に広がる庭園にやってきました。ここも、ゴーディが、自然と人間、ポケモンの調和をしてデザインしたのです。

気持ちのよい庭園で、のんびり遊ぶ、ポケモンたち。ところが、遊んでいるうちに、ケンカになってしまいました。サトシたちが止めても聞きません。

アリスが草笛を吹きはじめました。ポケモンたちは、みんな、草笛のメロディにうっとりしてケンカをやめました。野生のポケモンたちも、せつなくて、うつくしいメロディに聴き入ります。「おばあちゃんに習った曲なの」とアリス。


そこへ、エルレイドが走ってきました。焦って、アリスを手招きします。後をついていくと、庭園の石の柱がゆがめられ、切られていました。


「ダークライだ」

王さまのように着飾った、アルベルト男爵がやってきました。自慢屋でいばり屋の感じの悪い男です。庭園の石を蹴ったりしています。タケシがダークライについて、悪夢を見せるポケモンと補足。


その時、ガサガサと揺れる草むら。

みんながハッと気づいて構えると、そこから出てきたのはトニオでした。空間の異常を調べていたのです。トニオとアリスは小さい頃からの幼馴染でもあります。


する突如、庭園の空間が歪みました。

異空間でのディアルガとパルキアの戦いが激しくなり、アラモスタウンへの影響が強くなっているのです。庭園の木が倒され、黒い影がすばやく動きました。

「なにかいるぞ!」

影の正体はダークライ。

地面から浮き出てきたダークライは「ここに、くるな」と囁きます。


男爵がベロベルトで攻撃をしかけました。

すばやくよけるダークライ。ナイトメアを放ち、サトシを異次元に引き込みます。歪んだ、誰もいない異次元の庭園で、サトシはパルキアの影を見ます。その後ろにはダークライ。

まるで、悪い夢の中のように、自由に走れず、攻撃もできず、サトシはピカチュウと一緒に地面に飲み込まれてしまいました…。


気づいたとき、サトシはポケモンセンターのベッドで眠っていました。ナイトメアを受けたサトシは気絶し、悪夢を見ていたのです。

サトシたちは、ダークライを敵だと考えますが、アリスは「アルベルト男爵が先に攻撃したから…」とダークライをかばいます。

トニオは、異常な現象を解明するために、過去を調べ始めました。


夜。時空の塔のまわりに、盛大な花火があがっています。


トニオは、研究室でゴーディの日記を読んでいます。日記から一枚の写真が出て来ました。アリスのおばあちゃん、アリシアとゴーディが写っています。写真の裏には、メロディが書かれています。


100年前。子どもの頃のアリシアが、庭園にいます。

アリシアの視線の先には、何匹ものポケモンを倒すダークライ。ダークライも、弱って死んでしまいそうです。アリシアはダークライに優しくします。

木陰で草笛を吹くアリシア。その回りをポケモンたちが囲み、少し離れて、ダークライもいました。ダークライは、アリシアに心を開き、庭園に住み着いたのでした。


ゴーディの日記は続きます。「悪夢は、私に、やるべき事を教えようとしている。」日記に描かれた、時空の塔の設計図。「私は、オラシオンを残さなければならない」。


次の日の朝、サトシたちは、ポケモンコンテストの会場の下見にやってきました。コンテストは時空の塔で開かれるのです。塔から、鐘の音が響き渡っています。

塔の真ん中はとても広いホールで、奥の壁にはポケモンに囲まれた女の子が草笛を吹いている巨大な彫刻があります。その右側には、振り子がゆれる巨大な時間の塔、左側には球体がまわる巨大な空間の塔です。


アリスの案内で、地下にある、トニオの研究室に行くサトシたち。

ピカチュウが、金属製の重たいディスク「音盤」を見つけました。それを、塔の頂上にある演奏器にいれると、記録されていたメロディを鐘の音で流すことができるのです。

サトシたちは、演奏器のある最上階に向かいました。演奏器は、巨大なカラクリ仕掛けの機械で、オルゴールとパイプルガンを組み合わせたみたいです。

サトシたちが、CDを入れるように、カチリと音盤をセットし、横のレバーを引くと、電気が流れ、作動し始めました。歯車が回りだし、美しい鐘の音色が、町中に響き渡ります。「世界で一番大きな楽器なんです」とトニオ。


塔から外に出たサトシたちは、広場でバトルを開始。

その時、時間と空間の塔の間が、カッと光り、一瞬、空がピンク色に染まりました。パルキアが、次元の穴をみつけて、出てきたのです。パルキアはバリアの中に隠れているため、サトシたちには姿がみえません。


パルキアの気配を察したダークライが、地面から出てきました。「でていけ」とダークライ。

男爵が攻撃をしかけ、ダークライを誤解したサトシたちも、ダークライを倒そうとします。

ダークライの放つナイトメアは、町中のポケモンにあたります。眠りに落ちたポケモンたちは、夢の中の自分を実体化させて、町をさまよいます。


ダークライのナイトメアがベロベルトに命中。

副作用で、男爵はベロベルトの姿に変わってしまいます。


「出ていけ!」と叫ぶダークライに、サトシが「出て行くのはお前の方だ!」と叫ぶと「やめろ!違う!」とダークライ。そのまま去っていきました。


トニオが、異常な現象を分析。「町の空間に強い力が働いて、異常が起きている。夢が現実世界に現れている」

町の異常はそれだけではありませんでした。たった一つの出入り口である石橋が、霧につつまれ、渡ろうとしても、町に戻ってきてしまうのです。みんな、町から出られなくなりました。


「ダークライのしわざだ!」という男爵は、ポケモントレーナーたちを連れて、ダークライ退治に向かいます。サトシも行こうとしますが…。

ですが、アリスもトニオも、ダークライのしわざだとは考えていませんでした。二人は、子どもの頃のできごとを、サトシたちに伝えます。


子どもの頃、庭園で遊んでいたアリスは、足を滑らせて高い崖から落ちてしまいました。

トニオが助けようとしますが、間に合いません。その時、ダークライがあらわれ、アリスをそっと抱きかかえて助け、そのまま立ち去ったのでした。


「ダークライは悪いやつじゃない。何か事情があるんだ。僕がつきとめるからもう少し待ってくれ」と、トニオ。

トニオは、調査と分析を続け、時空と空間の塔の間に、パルキアが隠れていることを突き止めました。ダークライは、パルキアに「出て行け」と言っていたのです。サトシを異空間に引き込んだのも、パルキアのことを伝えるためでした。


事情を知らない男爵とトレーナーたちは、大勢でダークライを攻撃しています。ダークライは「邪魔をするな!」とポケモンたちを、けちらします。

ダークライがパルキアを見つけました。時間と空間の塔の間で、バリアに守られて浮かんでいるパルキアを、全力で攻撃するダークライ。ついにパルキアのバリアがやぶれました!

眠らされていたポケモンたちは目覚め、ベロベルトに変身していた男爵も元に戻りますが…。


町全体が、橋で切り離され、異空間に浮いてしまいました。町の上空には暗黒の空間が広がっています。その空間で戦い続ける、パルキアとディアルガ。パルキアは肩に怪我をしています。

怪我をしたパルキアは、ディアルガから逃げて町の上空に隠れていただけなのでした。

パルキアとディアルガの壮絶な戦いで、強いエネルギーがはなたれ続け、町がどんどん溶けて消えていきます。このままでは、町全体が溶け、人間もポケモンも異空間に消えてしまいます。

ダークライは、パルキアとディアルガの流れだまを防ぎ、必死で、町とアリスを守ろうと戦います。ゴーディの日記が繰り返されます。

「出会うはずのないものが出会い、全てが崩壊していく…悪夢は、私に、やるべき事を教えようとしている…」

ゴーディは、夢で未来の事をみていたのです。そして「オラシオン」が町を救う鍵なのです。「未来のためにオラシオンを残さなければ…か。オラシオンの意味さえ分かれば…」とトニオ。

「オラシオンなら知っているわ!」

アリスが吹く草笛のメロディが「オラシオン」なのでした。「祈り」という意味で、アリスは、アリシアからこのメロディを習ったのです。

トニオ、アリス、サトシたちは、時空の塔に戻り、オラシオンの音盤を探します。それを、頂上の機械に入れて、町に曲を流すのです。


オラシオンの音盤は、塔の中央広間、彫刻の真下にありました。音盤を持ち、気球で頂上へ急ぐサトシたち。

その間にも、町は溶けて消え続けます。タケシとポケモンが中心になり、人びとを庭園の真ん中に避難させます。

パルキアとディアルガの争いに巻き込まれ、気球が破壊されたため、サトシとヒカリ、ポケモンたちは、走って頂上をめざします。


ダークライは、ギリギリの戦いを続けます。そして、自分を助け、仲間に入れてくれたアリシアの言葉を思い出します。「ずっと、ここにいていいよ。ここは、みんなの庭だから」

ダークライは、ディアルガとパルキアの真ん中に突っ込み、二体の攻撃をまともに受けてしまいます。最後の力をふりぼり、二体をナイトメアの中に閉じ込めるダークライ。「ここは、みんなの庭だ!!!」

頑張ったダークライですが、ついに力つきます。ナイトメアのバリアから、パルキアとディアルガが現れ、ダークライは紫色の光りのツブになり、消えていきました…。泣き出すアリス。


「ダークライの思いを無駄にするもんか!」頂上の演奏装置にたどりついたサトシは、大急ぎで音盤をセットし、レバーを引きます。しかし…電源が入りません。時空の塔も消えかけて、パワーが足りなくなっていたのです。もう、だめなのでしょうか。

 

「ポケットモンスター ディアルガvsパルキア ダークライ 」のネタバレ


ピカチュウとパチリスが電気を放電しました!演奏装置が充電され、歯車が回転し始めました!町に、美しい鐘の音が響き渡ります。「オラシオン」です。

パルキアとディアルガが動きを止めました。時空の塔は、黄金に輝きだし、形を変え始めました。二本の塔は翼をひろげ、その翼からツルがのび、スズランのような花が咲きます。遠くから見ると、光り輝く不死鳥のようにみえます。

パルキアとディアルガは、その光りに包まれます。パルキアのキズが治りました。ディアルガは、自分の世界へ戻っていきました。パルキアも戻ろうとしますが…。

「パルキアのバカヤロー!この町を元に戻せ!!!」

サトシが、怒りの声を上げます。

パルキアが光を放つと、ゆがんでいた空間が変化し、町はもとの姿に戻りました。パルキアは、自分の世界に帰って行きました。


夕方。平和がもどった庭園で、全員がしょんぼりしています。みんな、ダークライの事を考えているのです。

「ありがとう…」とアリスが涙をこぼします。
「ダークライ、ごめん。もっと早くお前のことを分かってあげられなくて…」とサトシが涙をこぼします。


その時です。「!」崖にうつった時空の塔の影の上に、ダークライに似た影が浮かび上がります。影は、どんどんダークライの姿に成長します。全員が、時空の塔を振り向きます。

ダークライがいました!塔のてっぺんに、すらりと立っています。無事だったのです!アリスとトニオはそっと寄り添いました。サトシたちも、晴れ晴れと笑うのでした。

 

↓30日以内に解約すれば無料↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です