「永遠の0」のフル動画を無料視聴☆dailymotion、Youtube、openload

映画「永遠の0(永遠のゼロ)」のフル動画を無料視聴


戦争もの、おまけに特攻ものなので、映画を見ても幸せな気分になれない事は明らか。そのせいか、敬遠されてしまうことも多い作品です。

ただ、主演の岡田准一さんのイケメンぶり&抜群の演技力によって、若い女性でも楽しめるような映画になっているし、実は家族愛を描いたストーリーでもあります。


永遠の0を無料で視聴するなら、TSUTAYA DISCASがオススメです。

詳細な説明はいいから、少しでも早く「永遠の0」を見たい!という場合は、下記のボタンをクリックしてTSUTAYA DISCASの30日間無料トライアルを始めてください。

 

↓30日以内に解約すれば無料↓


 

「永遠の0」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題
U-NEXT × ×
FOD × ×
TSUTAYA TV 無料DVDレンタル
Hulu × ×
dTV × ×
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ × ×
music.jp × ×

「永遠の0」をオンラインで配信しているサービスはありません。

ただし、TSUTAYA DISCAS(無料でDVDをレンタルできるサービス)の30日間無料トライアルを使えば、1円もかけずに永遠のゼロの映画を視聴することが可能です。

①TSUTAYA DISCASの30日間無料トライアルに登録する
②TSUTAYA DISCASで永遠の0をオンラインレンタルする
③永遠の0のDVDが自宅に届いたら視聴&ポストに返却

という流れですね。

なのでDVDが届くまで少し時間はかかってしまいますが、永遠の0を無料で視聴できる唯一の方法です。

それに、TSUTAYA DISCASは無料トライアル期間でも最大8枚までDVDレンタルが可能。気になっていたアニメやドラマ、映画もまとめて視聴することができます。

 

↓30日以内に解約すれば無料↓

動画共有サイトでの視聴は危険?

youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。

「永遠の0」「eien no zero」で検索してみたところ「dailymoiton」で奇跡的に永遠の0のフル動画がアップされていることが判明しました!


ただ、動画が長いぶん読み込みがめちゃくちゃ遅く、少し再生されて30秒~1分くらい止まって、とても見られたものではありませんでした。


また動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…



それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「永遠の0」を視聴するならTSUTAYA DISCAS

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ 付与ポイント 1100
視聴方法 DVDレンタル 視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
 

TSUTAYA DISCASはツタヤの運営する動画配信サービスです。

TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス
TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス

TSUTAYA DISCASの無料トライアルに登録すると、この2つのサービスを同時に利用できます。


月額2417円ですが、30日以内に解約すれば完全無料。

また、TSUTAYA TVで配信されているサービスは他に比べると少ないものの、他にはない作品も多く、またTSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)を組み合わせると、どのサービスよりも無料で多くの映画やアニメを楽しめます。
 

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「永遠の0」のあらすじ

祖母の葬儀を終えた、主人公の佐伯健太郎。

彼は祖父から、自分とは血の繋がりはないことを教えられます。実の祖父は、特攻隊に所属しており、享年26歳で亡くなっていたのです。


実の祖父はどんな人だったのか?

興味を持った健太郎と、姉の慶子は、自分の本当の祖父である「宮部久蔵」について調べ始めました。資料を漁るだけではなく、実際に祖父とともに戦った人に話を聞きます。


ところが彼らの祖父への評価はヒドいものでした。

海軍一の臆病者
帝国海軍の恥さらし
空を逃げ回っていた

祖父のことを母・清子に聞いても何も覚えていないため、「ろくでもない人」と思うようになり、健太郎は次第にやる気をなくしていきます。


これが最後と、景浦という人に訪ねると

宮部が臆病者ならなぜ特攻に行った

とだけ言われて追い返されてしまいます。

景浦にそう言われると健太郎と慶子は疑問を持ち、やる気を取り戻しました。そして宮部久蔵の部下だった井崎を訪ね、話を聞きます。

宮部久蔵という男


宮部久蔵は腕の良い戦闘機のパイロットでした。

1941年。真珠湾攻撃から始まった太平洋戦争。


真珠湾攻撃の任務を遂行してきたパイロット達は作戦が成功したと喜びます。

しかし宮部は敵機が少なかったことや、仲間が3人も亡くなったことから「あれは失敗だ」と言います。

私は死にたくない

その主張は戦時中には臆病者の発言であり、味方の士気を下げる許されない言葉でした。いかに凄腕でも、彼は多くの仲間から反感を買ってしまいます。


時は流れ、ミッドウェー海戦。

これから長く続く、日本海軍転落の最初の一歩となるこの海戦には、もちろん宮部も参加していました。敵機の接近に応戦するべくパイロットは空母から飛び立ちます。


ですが、その間に味方の空母は敵の攻撃を受けます。

最終的には空母4隻を失う大敗北であり、空母の船員はもちろん、精鋭であったパイロットにも多数の死者が出ました。


さらに時は過ぎ…

ラバウル島に移り、宮部は小隊長になりました。


宮部が任務後の日課の筋トレをしていると井崎がやってきます。仕事のあとに筋トレは辛くないか?と聞かれるとポケットから写真を取り出します。

「辛い時はこれを見る」

妻と子供の写真でした。


私ひとりが死んでも戦況は変わらないが妻と子供は違う

必ず生きて帰る


宮部は、誰よりも家族を愛していました。

後の世に孫として生まれる健太郎と慶子。その母(宮部の娘)である清子と、さらに母である祖母(宮部の妻)を誰よりも大事にしていたのです。


対戦は進み、刻々と状況が悪くなる日本軍。

そんなある日、宮部の部隊の1人が出撃した帰りに燃料切れになり、せめて敵機に体当たりして死のうとします。


が、全力で止めようとする宮部。

敵に突撃することを許さず、海に不時着させると、「必ず助けに来る」と言い、急いで拠点まで戻ります。ですが、結局彼を助けることはできませんでした。

救助に向かった人の話では、サメに食べられてしまったようです。


なぜ止めたのか、井崎は宮部を問い詰めました。

「なぜ自爆させてやらなかったのですか」
「どうせ死ぬなら花々しく死なせてやれば良かった」

と言う井崎に

「お前には死んだら悲しむ家族はいないのか」
「どんなときも生きる努力をしろ」

井崎に熱弁します。


その言葉は、井崎の乗る零戦(戦闘機)が海に不時着した時によみがえりました。

自分が死ぬことに激しい恐怖を覚えた井崎は、サメに怯えながらも6時間も海を泳ぎ生き延びることができました。

「生きて帰りたい」

と言うのが禁句だったこの頃に、周囲の目を気にせず生に執着しているのが宮部でした。現代になって振り返る井崎は、宮部のことを誇りに思っていました。


宮部の孫、健太郎は話を聞いて疑問を持ちます。

「なぜそこまで生きることに執念を燃やしていた人が最期は特攻を選んだのか」

「永遠の0」のネタバレ

宮部はその後、特攻隊のパイロット教官として働いていました。

今日の飛行は完璧でした。なぜ不可なのですか

そう生徒に問われると

飛行は完璧でした。でも不可です。私は君たちには死んで欲しくありません

ここでも久蔵は「生きること」を生徒たちに説いていたのです。

ですが生徒たちは意味が分からずに宮部を煙たがっていました。当時は特攻して華々しく散ることが最大の栄誉であり、宮部は腰抜けにしか見えませんでした。


ある日、訓練中の事故で生徒の1人が死んでしまいます。

上官はその生徒を痛烈に批判しますが久蔵は反論し、それをきっかけに久蔵は生徒たちに信頼されていったのです。





再び現代。

健太郎は、話を聞こうとして追い返されてしまった宮部のかつての仲間、景浦に改めて話を聞きに行くことにしました。今度は、祖父のことを話してくれたのです。





景浦は自分の飛行技術に自信を持っており、宮部の飛行技術といつも戦わずに無傷で帰ってくることに反感を抱いていました。

ある日、宮部に模擬戦を申し込んだ景浦。零戦に乗る久蔵を景浦は攻撃しますが、みごとに避けられてしまい、景浦も操縦技術を認めるしかありませんでした。


模擬戦とは言え、宮部を殺そうとした景浦。

罪悪感を感じて自殺しようとするも、宮部がそれを止めました。

結果、景浦は生き残って戦いを続けることになりますが、すぐに2人は別の部隊への配置となり、それからは会うこともなくなっていきます。



さらに時は流れ。

もう終戦の間際になっていました。つまり、日本軍が極限まで追い詰められていた時期で、特攻が日常化していた時でもあります。


景浦も教官となり、宮部と再会。

ですが景浦は宮部の変わりように驚きます。

宮部は無精髭を生やし、すっかり疲れ切っていて生気がない様子でした。かつての気力と意欲に満ちあふれた面影はまったくありませんでした。


教官として、多くの若者を訓練してきた宮部。

ですが、どれだけ訓練しても、どれだけ命をつなぐ重要性を説いても、教え子たちはみな特攻していく。

自分だけ生きていていいのか

罪悪感と後悔に押しつぶされてしまっていました。


とうとう久蔵は特攻隊に志願します。

景浦は止めようとしますが、宮部は聞き入れませんでした。


そして特攻の日。

宮部は大石という兵と機体を交換します。

出陣していった宮部と大石でしたが、大石は途中でエンジントラブルのために帰還します。すると、機体に手紙が添えられていたのを発見します。


それは宮部が大石にあてたものでした。

もし生還できたのなら妻と子を頼む

宮部は機体のエンジントラブルに気づいたのです。あえて大石と機体を交換して彼の命を救い、妻と子供を託して特攻していきました。


命を救われた大石。

彼は終戦後、久蔵の妻・松乃のもとへ通いつめます。


初めは警戒されていましたが、少しずつ心を開いて2人は惹かれていきます。

「たとえ死んでも、それでも、僕は戻ってくる。生まれ変わってでも、必ず君の元に戻ってくる。」

松乃は以前、宮部に言われていた言葉を思い出していました。

そして、大石と宮部を重ね合わせていたのです。

「あなたを初めて見た時、宮部が帰ってきてくれたと思いました。彼は約束を果たしてくれました」

2人は結婚します。


そしてこの大石という男こそが、宮部の孫の健太郎と慶子が、今まで接してきた祖父でした。自分とは血の繋がりがない、と言った理由がコレです。

健太郎が空を仰ぐと、零戦に乗った宮部久蔵がこちらを見てほほえんだ。

そんな気がしました。


「永遠の0」の感想


戦争とはなんて愚かなものだろう。

そんな、戦争映画特有の月並みな感想を抱きつつ、いかに自分の信念を貫き通すのが難しいのかを感じさせてくれる作品になっています。


「命を粗末にするな!生き残れ!」

兵士の命が軽い時代に、部下に自分の信念を語れる男ほどカッコいいものはありません。もし自分が特攻する前にこんな言葉を言われたら、どれだけ救われることか。


ですが、最後は宮部も特攻に向かいます。

なぜ自分は学生たちに死に行く方法を教えているのか


重い。

あまりにも重い。


でも、これがアニメやヒーロー物の映画なら、

「それでも、俺は生きなきゃいけないんだ!」

と最後まで信念を貫き通したでしょう。

けど、自分の罪に耐えかねて、いわばラクになるために特攻を選んだ宮部の姿は、人間の限界も感じさせます。


どんな人でも、最後まで信念を貫き通すのは難しいことだ。どんな人でも、自分の罪や失敗から目をそむけるために、逃げてしまいたくなる時がある。

それを知ってなお、僕らは生きていかなければいけない。信念を曲げずに生きることがいかに難しく、それでもそうあるべきと目指さなければいけないのか。

そう感じさせる作品ですね。


 

↓30日以内に解約すれば無料↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です