帰ってきたヒトラーのフル動画視聴方法☆dailymotion&openload

帰ってきたヒトラーのフル動画の無料視聴方法を紹介します。

主演のブルーノ・ガンツがヒトラーに扮して、実際にベルリンの街をインタビューしまくったという、ある意味ドキュメンタリーといえる本作品。コメディで笑える場面も多い反面、最後はきっちり考えさせられる完成度の高い映画です。


帰ってきたヒトラーを視聴するなら、動画配信サービス(VOD)がオススメです。

動画配信サービスは登録すればすぐに視聴できる上に、大半のサービスが登録から約1ヶ月ほど無料お試し期間が用意されていて、その間に解約すれば1円も費用をかけずに視聴することが出来ます。


↓31日以内に解約すれば無料↓



「帰ってきたヒトラー」の配信状況

配信サービス 配信状況 字幕・吹替
U-next 字幕・吹替
FOD ◯(500ポイント) 字幕・吹替
TSUTAYA TV 字幕・吹替
Hulu 字幕・吹替
dTV 字幕・吹替
アマゾンプライムビデオ 字幕・吹替
music.jp
◯(324ポイント) 字幕・吹替

調査したサービスすべてで、「帰ってきたヒトラー」は視聴可能でした。

いずれのサービスも約1ヶ月ほどの無料お試し期間があるので、どのサービスでも1円もかけず視聴できます。もっとも、FODは視聴に500ポイント必要なのでそれ以外の動画配信サービスに登録したほうが良いですね。


オススメは、U-next(ユーネクスト)です。

月額1990円ですが登録から31日以内に解約すれば無料な上に、合計13万におよぶ映画やアニメを視聴できます。例えば「ヒトラー最期の12日間」などもU-nextでは見放題動画の対象になっています。

登録したら即座に視聴できるのでぜひ試しに登録してみてください。


↓31日以内に解約すれば無料↓


動画共有サイトでの視聴は危険?

youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。

試しに「帰ってきたヒトラー」「Er ist wieder da(原題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。



おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…



それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。



帰ってきたヒトラー」が視聴できるサービス

U-next(ユーネクスト)

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
視聴方法 動画配信 付与ポイント 600ポイント
備考 130,000本以上の動画が見放題
月額使用料1990円ですが、登録から31日間以内に解約すれば、1円も支払わず130,000本以上ある動画作品が見放題です。

動画配信サービスの中では、映画作品も豊富ですし、比較的インド映画も多く配信しています。登録すると無料トライアル特典として、600円分のポイントがもらえます。


↓31日以内に解約すれば無料↓


帰ってきたヒトラーのあらすじ


植え込みの上で、ふと目覚めたヒトラー。

陥落も間近で、戦闘音が鳴り響いていたベルリンから一転。街からは敵の兵士の姿がすっかりと消え、ドイツの少年たちがのんきにサッカーで遊んでいます。


「敵はどうなった?」

てっきり自分の忠実な少年兵(ヒトラーユーゲント)だと思って話しかけるも反応は冷ややか。とりあえずベルリンの街中を歩いていみると、敵の攻撃で崩れ去ったはずのベルリンの街は美しく、ドイツ人たちは幸せそうに暮らしていました。


私が知らない間にドイツは勝利したのか?

そう思ったヒトラーがキヨスクで新聞を見ると、1945年ではなく2011年になっていた…もちろん周囲の人はヒトラー本人だとは思わず「ベルリンでヒトラーのマネをする命知らずなコメディアン」と思い、ひとまずキヨスクで世話になることに。

ヒトラーはその間、原題の様々な知識を身に着けていきました。


帰ってきたヒトラーのネタバレ


ある日「コメディアン」ヒトラーのウワサを聞きつけたテレビ局の崖っぷちプロデューサー、ザヴァツキ。

彼を使って、テレビ局に良質な番組を売り込む起死回生のチャンスに賭けます。


ヒトラーとザヴァツキが取り組んだのは「政治」

ヒトラーの格好をして、ドイツの人々に実際にインタビューをしていきます。ヒトラーの格好をしたコメディアン(ヒトラー)に怒りをぶつける人がいる一方、今のドイツの悩みを申告に語る人が多くいました。

その中には、「かつてのドイツ」を思わせるような排外主義、弱者の切り捨てなど、今のドイツではなかなか言えない本音も少なくありませんでした。ただ、その中でドッグブリーダーの犬を銃で撃ち殺してしまう場面もあり、やはりヒトラーはヒトラーのまま。


そしてザヴァツキは、”ヒトラーのドイツ市民へのインタビュー”動画をyoutubeにアップ。

すると、あっという間に100万回再生。今まで抑圧されていたドイツの市民が本音をぶちまける様子に、多くの人がヒトラー(のなりきりをするコメディアン)に興味を持ち、指示をし始めます。


ザヴァツキは、この100万回再生の逸材とともにテレビ局に向かいます。

彼の上司のベリーニは、今までザヴァツキが持ってくるネタに興味も持ちませんでした。ところが、このヒトラーのモノマネをするコメディアンにはすっかり心を奪われ、彼をテレビ出演させることが決まります。


そこでヒトラーは、時代錯誤なトークで会場をヒエヒエに。

…と思いきやしっかりとオチをつけて会場は大笑い。と言っても、ヒトラーは最初から笑いを取ろうとしているわけではなく、過去の自分の発言をそのまま繰り返しているだけで、周囲が勝手にジョークと思ってしまうのです。

こうして「ヒトラーのモノマネ芸人」は一躍有名人となり、彼の過激な発言に反論する人も多く出てくる一方で、「今のドイツでは言いたくても言えない正論」を口にするヒトラーへの支持は止まりませんでした。


すっかり芸人として不動の地位を得たヒトラー。

そして彼のマネージャーとして活躍するザヴァツキ。

そして、ヒトラーをサポートし続けた秘書のクレマイヤー。


ヒトラーはクレマイヤーの実力を褒めていたものの、「ユダヤ人である」と聞いて残念がります。それは見たザヴァツキは、今までユダヤ人を嫌いと言っていたことが、ジョークではなく真実なのではないか?と疑念を持ちます。

そして、2人はクレマイヤーの実家へ招待されます。


そこにはクレマイヤーの祖母もいたのですが、彼女はヒトラーを見た瞬間

「こいつは人を騙してきたペテン師だ!」

と罵倒。

クレマイヤーが必死に「この人はあくまでコメディアンで、本物のヒトラーではない」と説得するものの、祖母の興奮は止まりません。「昔も皆、最初は笑ってた」とヒトラーの奥底を見透かすような言葉を浴びせます。


いよいよ、ザヴァツキはヒトラーの正体を怪しみます。

自分がずっと「ヒトラーのコメディアン」だと思っていた男は、最初は総統官邸に倒れていた。つまり、彼は決してモノマネ芸人ではなく、自分たちが化け物のように恐れてきたヒトラーそのものであると気づいたのです。


ザヴァツキは、以前ヒトラーから没収した本物の銃で、彼を病院の屋上で追い詰めます。そして、屋上からヒトラーは落ちていき…と思いきや、ザヴァツキの背後に幻のように現れます。


私は、どこにでもいる


その瞬間、映画撮影は終了。

ヒトラーと、ザヴァツキ役を特殊メイクで演じた俳優たちが映画の完成を喜んでいました。では、ザヴァツキ本人はどうなったのかといえば、精神病院に入れられてしまいました。

「あのコメディアンは本物のヒトラーだ!」と言い出した彼を、周囲の人がどんな目で見るかは明らかでした。そして、ヒトラー本人は着実に民衆の支持を集めていきます。まるで、かつて自分が政権を取った時のように…


帰ってきたヒトラーの動画を視聴するならU-next


映画「帰ってきたヒトラー(2001)」は5つのサービスで視聴可能です。

・TSUTAYA TV
・music.jp
・Amazonプライムビデオ
・U-next
・FOD
・Hulu


ただ、AmazonプライムビデオやFODなど無料期間であっても他にポイントが必要(有料)なサービスも多く、31日間の無料期間があり、ポイント等も必要なく帰ってきたヒトラーが視聴できるU-nextがオススメです。

また、U-nextは合計13万作品も映画やアニメを視聴できるので、お試し期間の間フルで映画を楽しめます。U-nextへの登録は3分あれば終わるので、下記のリンクをクリックしてさっそく視聴してみてください。


↓31日以内に解約すれば無料↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です