映画「フェイクシティ ある男のルール」のフル動画を無料視聴【吹替/字幕】

映画「フェイクシティ ある男のルール」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。

キアヌ・リーブス主演の犯罪ドラマで、彼が演じる刑事ラドローは、自分の中の男のルールで犯人を逮捕、時に銃殺。正義を信じる彼とそれを支える上司やチームがありますが、内部調査が始まり雲行きが怪しくなっていきます。


今すぐ無料でフル動画を視聴するには、TSUTAYA TVが便利です。

ツタヤの運営するサービスなので安心ですし、今までTSUTAYA TV(オンライン視聴サービス)に登録したことがなければ、無条件で30日間の無料トライアルが適用されます。

なので今TSUTAYA TVに登録して「フェイクシティ ある男のルール」を視聴し、30日以内に解約してしまえば、1円も費用をかけずに映画やドラマ、アニメなどを楽しむことができます。

 

↓30日以内に解約すれば無料↓


 

「フェイクシティー」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT × ×
FOD × ×
TSUTAYA TV 400ポイント
Hulu × ×
dTV × ×
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ 199ポイント
music.jp 330ポイント
 

「フェイクシティ ある男のルール」を配信しているサービスは以下のとおりです。

・TSUTAYA TV
・Amazonプライムビデオ
・music.jp



ただし、Amazonプライムビデオだけは実質有料です。

これは月額料金とは別に「フェイクシティ」の視聴にポイント(別料金)が必要なため。TSUTAYA TVもmusic.jpも同様にポイントが必要なのですが、この2つは登録時にタダでポイントをもらえるので費用負担はナシ。

でもAmazonプライムビデオは登録してもポイントはもらえないので、フェイクシティの視聴に必要な199ポイント(199円)を支払う必要があるわけです。


オススメは、TSUTAYA TV。

登録から30日間は無料トライアルで、さらにタダで有料動画視聴ポイントがもらえるのでフェイクシティの視聴も完全ゼロ円。また、無料期間中も有料会員と同じように見放題の映画やアニメを楽しめます。

 

↓30日以内に解約すれば無料↓

動画共有サイトでの視聴は危険?

youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。

「フェイクシティー(邦題)」「fakecity(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。


おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「フェイクシティー」を視聴するならTSUTAYA TV

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TV:10000以上
DISCAS:TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ
付与ポイント 1100
視聴方法 オンライン
DVDレンタル
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 オンラインとは別に準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
 

TSUTAYA TVはツタヤの運営する動画配信サービスです。

TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス
TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス

TSUTAYA TVの無料トライアルに登録すると、この2つのサービスを同時に利用できます。

月額2417円ですが、30日以内に解約すれば完全無料。

また、TSUTAYA TVで配信されているサービスは他に比べると少ないものの、他にはない作品も多く、またTSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)を組み合わせると、どのサービスよりも無料で多くの映画やアニメを楽しめます。


↓30日以内に解約すれば無料↓

「フェイクシティー」のあらすじ


とある暗がりに、2人の男の影。

1人は主人公のトム。もう1人は取引相手の韓国人。


裏取引が行われるのかと思いきや、トムは急に韓国人を挑発。怒った相手に殴られ、さらにはもぅていたマシンガンと車まで奪われてしまいます。

ところが、その後トムは見失った車を場所がわかっているかのように追跡。そしてアジトにいた韓国人たちを次々と始末していきました。


実はトムは刑事。

韓国人組織に捕まった少女姉妹を助けるための作戦だったのです。



作戦完了し、上司のワンダーに褒められるトム。

ですがトムは警察でありながら悪い酒グセ、犯人への過剰な暴行で警察内部でも問題視されています。

特に、以前までの相棒だったワシントンの密告により、最近トムの立場はますます悪くなっていたのです。



ワシントンに文句を言おうと尾行するトム。

ところが彼の入ったショップに武装強盗が現れ、ワシントンは死亡。この一件は「トムが仕組んだことではないか」と噂され立場がさらに悪くなってしまいました。

上司のワンダーの根回しもあり、なんとか左遷されるだけで済んだのです。トムはかつての相棒の無念を晴らすためにも、ワシントン殺しの犯人の調査を開始します。


ところが、担当の若い刑事ディスカントは犯人を捕まえないと言います。

なぜなら、犯人が捕まれば、トムはクビになるから。あんたを守っているのだと。


そこへ新情報が入ります。ワシントンを殺したのは、彼が釈放に協力した2人のクスリ売人だとわかったのです。実はワシントンは、警察官でありながらクスリの売人組織と共犯関係にあったのです。

さらにとある情報から、「菓子箱」が警察の不正のキーワードだと知るトム。


そしてワシントンを殺したと思われる2人の売人、フリーモントとコーツの居場所を探ったところ、2人は既に殺されていました。情報提供した売人のスクリブルは偽物のフリーモントとコーツと取引していたのです。

誰かが2人の仕業に見せかけるために仕組んだのだとわかり、トムは必ず始末すると決意。ディスカントと偽のフリーモントとコーツの元に向かおうとします。そこへ刑事仲間が止めようとやってきますが、「自分のような法を超えた刑事が必要だ」と伝えて取引場所に向かいました。


偽のフリーモントとコーツとの取引を開始。

ところが銃撃戦になり、ディスカントも死んでしまうのです。

しかも、殺した相手はなんと潜入中だったはずの捜査官でした。ですが、もともと信頼のないトムの言葉は警察に信用されず、逆にトムは警察から手配され2人の捜査官が逮捕しに来ます。

 

「フェイクシティー」のネタバレ


ですが、意外にも2人の捜査官はトムを連行しようとしませんでした。

そればかりか、思いがけぬ言葉を口にし始めます。


汚職をしていたのは自分たちだった。

ワンダーが汚職の黒幕である。

内部調査は、トムではなくワンダーが目的だった。知らないのはトムだけだったと。

そして「冥土の土産」を聞かせ終わった警察官2人はトムを始末しようとしますが返り討ちに。さらに、証拠となるディスクを持っていたワシントンの妻が襲われていたピンチにも駆けつけ、救出します。


すべてを知ったトムは、上司にして、黒幕のトムを問い詰めます。

すると彼は、トムを守るために全てやったのだというのです。ワンダーにとってトムは必要な存在であり、そのために、多くの秘密と金を握って彼を守っていたのだと。壁の内部には汚職の金が大量にありました。

それでもトムは許せず、ワンダーを殺します。


トムは自ら通報し、内部調査部の刑事がやってきますが、トムは罪には問われない、と言います。ワンダーを追い込むにはトムが必要だった、本部長も感謝すると。

トムは、ただ呆然と遠くの空を眺めていました。


 

↓30日以内に解約すれば無料↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です