映画「ゲド戦記」のフル動画を無料視聴【dailymotion/openload】

5 min
映画「ゲド戦記」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 ゲド戦記をはじめジブリの映画は有料動画配信サービスでもまったく視聴できません。視聴する唯一の方法は、TSUTAYA DISCASの30日間無料トライアルを利用することです。 DVDレンタルなので今すぐ視聴できるわけではないのですが、最大8枚までDVDレンタルが可能で、ゲド戦記に限らず見たかったジブリ作品を一気に視聴可能です。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「ゲド戦記」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT × × ×
FOD × × ×
TSUTAYA TV/DISCAS DVDレンタル ×
Hulu × × ×
dTV × × ×
Netflix × × ×
Amazonプライムビデオ × × ×
music.jp × × ×
※2020年2月28日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください) 「ゲド戦記」を無料で視聴可能なのはTSUTAYA DISCASのみ。 U-NEXTやNetflixなど、オンラインで映画やアニメを楽しめるサービスでは一切配信されていません。 TSUTAYA DISCASはオンラインでDVDを注文し、自宅に届けてくれる月額制サービス。版権にうるさいジブリ作品などもすべてレンタル可能です。 今すぐ視聴できるわけではないですが、30日間の無料トライアル期間が設けられているので、DVDを最大8本まで借りても期間内に解約すれば費用ゼロ。 もちろん「ゲド戦記」以外のジブリ作品を楽しむこともできます。 現状だと、コレ以外でジブリ作品を楽しむ方法はありません。ぜひTSUTAYA DISCASの無料お試し期間を利用して視聴してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「ゲド戦記(邦題)」「gedosenki(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「ゲド戦記」を視聴するならTSUTAYA DISCAS

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ 付与ポイント 1100
視聴方法 DVDレンタル 視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
  TSUTAYA DISCASはツタヤの運営する動画配信サービスです。

TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス

TSUTAYA DISCASの無料トライアルに登録すると、この2つのサービスを同時に利用できます。   月額2417円ですが、30日以内に解約すれば完全無料。 また、TSUTAYA TVで配信されているサービスは他に比べると少ないものの、他にはない作品も多く、またTSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)を組み合わせると、どのサービスよりも無料で多くの映画やアニメを楽しめます。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

   

「ゲド戦記」のあらすじ

多くの島が点在し、海に囲まれた世界「アースシー」 海を1隻の船が、荒波にもまれながら進んでいました。そこに突如現れる白い竜と黒い竜。2匹の竜はお互いを食いちぎりながら海へと落ちていきます。 ですが、本来なら竜は世界の西にいるはず。 人間のいる東に来ることはあり得ない・・・ 船員たちはその様子を見守りながら、世界の均衡が崩れつつあると予感し始めていました。 場所は変わり、大国エンラッド。 王子であるアレンは、真面目な性格から心を病み、闇を抱えるようになります。ついにその闇は自身から抜け出し、自分の闇に怯える日々を送るようになってしまったのです。 とうとうアレンは父である王を衝動的に剣で刺し殺し、父の持っていた魔法の剣を奪います。そのまま行くアテもなく国から飛び出してしまうのでした。 森をさまようアレン。 そこに狼の群れが襲ってきますが、自暴自棄になったアレンはもはや生き延びようとは思っていませんでした。狼を受け入れ命を落とそうとしていたその時… ハイタカと名乗る魔法使いが、あれンを救います。そして成り行きのまま、一緒にホート・タウンを目指すこととなりました。 ホート・タウン、そこは妖しい薬や人身売買が横行する街。昔は、活気にあふれた街だったのですが、今はすっかり金と欲望にまみれた街に。 ハイタカとは別行動で街を見て回っているアレンは、人狩りのウサギたちに襲われている少女を発見。顔にやけどの跡がある少女を助けたものの、少女からは嫌われてしまいます。 その夜、少女を襲った人狩りウサギたちに今度はアレンが捕まってしまいました。奴隷として売られそうになるアレン。ピンチを救ったのが、またしてもハイタカ! 2度も救われたアレンは、ハイタカの馴染みのテナーという女性の家に身を寄せることになります。その家にはもう一人少女が住んでいました。少女には顔にやけどの跡が・・・この少女こそアレンが人狩りから助けたテルーだったのです。  

「ゲド戦記」のネタバレ

しばらくテナーの家で過ごすことになったアレンは、野良仕事など手伝いながら生活していきます。しかし、テルーはア冷たい態度をとり続け心をひらいてくれませんでした。 そんなある日、夕飯だと伝えようとテルーを呼びに行くと、歌を歌うテルーの姿が。歌を聴きテルーを見つめるアレンの瞳からは涙がこぼれ落ちました。 その姿を見たテルーはアレンの心の傷に気づき、自分の心の傷と似ていると感じます。そして今までの冷たい態度を謝り、二人の心の距離は少し近くなったのです。    ですが、アレンは平穏な日々の中でも心の闇に怯え続けていました。自分がいると迷惑がかかるのではないか?そう思いこみ、とうとう家を飛び出してしまいます。 ちょうどハイタカも留守にしていたその夜、ハイタカに恨みのある悪い魔法使いクモの差し金で、テナーの家はウサギたちによって襲撃。テナーは誘拐されハイタカをおびき出す人質にされてしまいます。 テナーを返してほしければクモの城まで来い。 ハイタカへの伝言を受けたテルー。 その頃、家を飛び出していたアレンも、自身の心の闇をクモに利用されテナー同様に誘拐されてしまいます。 テルーから伝言を受けクモの城へと急ぎ向かったハイタカでしたが、クモの罠にかかってしまい、魔力を奪われテナーとともに囚われてしまいます。 一方ハイタカに渡された剣を持ち、アレンを助けるためにクモの城へと向かうテルー。何とかアレンの下までたどり着きましたが、そこには抜け殻のようなアレンの姿が・・・   自分の不甲斐なさに絶望し、自暴自棄になっているアレンに対してテルーは説得し続けます。 「アレンが怖がっているのは、死ぬことじゃないわ!生きることを怖がっているのよ!」 テルーの言葉に正気を取り戻すアレン。 ようやく心の闇から抜け出すことができるのでした。   処刑されそうなハイタカとテナーを助けるため、ついにアレンとクモが対峙。 必死にクモに迫り、魔法の剣で腕を切り落とすも、不気味な正体を現したクモの強大な魔力におされ、テルーを人質に・・・!そのままテルーは命を落としてしまったのです。 ただただ呆然とするアレン…そこにクモが迫ります。 その瞬間、死んだと思われていたテルーが蘇ったのです!その姿は美しい竜へと変わり、その竜の吹く炎によってクモは一瞬で燃え尽きたのでした。 彼女こそが「竜」そのものだったのです。 テルーとともにテナーの家に戻ったアレンは、自らの罪を償うためにエンラッドに戻ることを決意。その顔には闇に怯えていた頃の面影はありません。 アレンはテナーとテルーに別れを告げ、ハイタカとともに再び旅立っていきました。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です