映画ポケモン「神速のゲノセクト ミュウツー覚醒」のフル動画を無料視聴

8 min
映画ポケモン「神速のゲノセクト ミュウツー覚醒」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 実はポケモン映画は以外に版権が厳しく、有料の月額動画サービスであっても、TSUTAYA TV以外は一切配信されていません。アマゾンプライムビデオ等では視聴できないわけですね。 ただ、一方でTSUTAYA TVであればミュウツーの逆襲~から最新作まですべて見放題。おまけに30日間の無料トライアルがあるので、今すぐ「神速のゲノセクト ミュウツー覚」を視聴してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「ポケットモンスター 神速のゲノセクト ミュウツー覚醒 」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT × ×
FOD × ×
TSUTAYA TV 見放題
Hulu × ×
dTV × ×
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ × ×
music.jp × ×
※2020年4月12日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください) 「ポケットモンスター 神速のゲノセクト ミュウツー覚醒」を配信しているサービスはTSUTAYA TVのみ。 というより、劇場版ポケモンは全作TSUTAYA TVの独占配信です。初代の「ミュウツーの逆襲」や、人気の「水の都の守り神」、そして最新作まですべて視聴可能。 えっ…でもお金かかるんでしょ? と思いますよね。 たしかに、月額2000円以上のサービスなので決してお安くはないのですが、初めて登録する場合、無条件で30日間の無料トライアルが適用されます。 なので、「神速のゲノセクト ミュウツー覚醒」を含めポケモン映画を楽しみ、他に見たいものがなければ期間内に解約すればOK。そうすれば1円も費用はかかりません。 もっともアニメ、洋画、ドラマなど幅広い動画を楽しめますし、ポケモン映画以外でもかなり楽しめるので、まずは無料で試してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「神速のゲノセクト (邦題)」「zinsoku no genosect(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「ポケットモンスター 神速のゲノセクト ミュウツー覚醒 」を視聴するならTSUTAYA TV

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TV:10000以上
DISCAS:TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ
付与ポイント 1100
視聴方法 オンライン
DVDレンタル
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 オンラインとは別に準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
  TSUTAYA TVはツタヤの運営する動画配信サービスです。

TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス

TSUTAYA TVの無料トライアルに登録すると、この2つのサービスを同時に利用できます。   月額2417円ですが、30日以内に解約すれば完全無料。 また、TSUTAYA TVで配信されているサービスは他に比べると少ないものの、他にはない作品も多く、またTSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)を組み合わせると、どのサービスよりも無料で多くの映画やアニメを楽しめます。    

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「ポケットモンスター 神速のゲノセクト ミュウツー覚醒 」のあらすじ

岩と深い森に囲まれた場所を、ミュウツーがポケモンたちと飛んでいます。「ついてこられますか?」とポケモンたちに呼びかけるミュウツー。 「私は自分の限界に挑戦します。限界の先へ!」 ミュウツーは、メガミュウツーYへと進化し、ぐんぐんスピードを上げますが、宇宙空間に飛び出すと体が凍りはじめます。「ここには、いられない…」。 ミュウツーは力をなくして、地上へ落ちていきました。 暗闇の中を、ゲノセクトたちが飛んでいます。リーダーの赤いゲノセクトが、「こっちだ、ついてこい」と仲間を導きます。 氷河と花畑を越え、とがった岩山に囲まれた、雪深い空き地にたどり着きました。「ここのはずだ…」赤いゲノセクトがつぶやきますが、そこには、雪と岩以外に、何もありません。 突然の強風が、水のゲノセクトを吹き飛ばします。氷、炎、雷、赤いゲノセクトは、力を合わせて水のゲノセクトを助けます。水のゲノセクトがつぶやきます。「うちに帰りたい…」。 雪崩がおきました。ゲノセクトたちは押し流されそうになりますが、間一髪でミュウツーが駆けつけて、助けます。ミュウツーは、水のゲノセクトの「うちに帰りたい」という想いをキャッチして飛んで来たのです。 「助けを求めていたのはあなたですね?」とたずねるミュウツーに、水のゲノセクトが答えます。「うちに、帰りたい」 ミュウツーには、ゲノセクトたちの過去が見えました。 ゲノセクトは、人間が化石から作り出した人工的なポケモン。人間から作られたという点で、ゲノセクトとミュウツーは似ているのです。 ゲノセクトたちは、作られた直後に、人間の研究所を襲撃。自分たち以外の全てを敵だと思っているのです。岩山に囲まれたこの土地に来たのは、ここが研究所の跡地だからなのでした。 すると突然 「お前は誰だ!!」 と赤いゲノセクトがミュウツーを攻撃!! ミュウツーは、赤いゲノセクトに、長い時が流れて世界が変わったこと、ゲノセクトたちに協力したいことを伝えます。しかし、赤いゲノセクトは断ります。 赤いゲノセクトは、さらにミュウツーを攻撃すると、去って行きました。 ミュウツーのもとに仲間のポケモンが集まります。「私にはあなた方がいてくれる。しかし彼らには…」想いをはせるミュウツー。 ゲノセクトたちは、海を越えてニュートークシティーに向かいました。立ち並ぶビルのシルエットが、研究所の跡地の山のシルエットと似ていたからです。 その頃、サトシたちはニュートークシティーにやってきました。ビルに囲まれた森の中にあるポケモンヒルズが目的地。エリックが、みんなにポケモンヒルズを案内してくれることになりました。 ポケモンヒルズでは、ポケモンたちが最適な環境で暮らしていました。サトシたちも、自分たちのポケモンを遊ばせます。ヒルズに住むヤミラミとも仲良くなり、みんな楽しそうです。 ポケモンヒルズの外のエリアでは、一年中花が咲き、迷路もあります。迷路の外で、エリックが水のゲノセクトを見かけますが、「気のせいか」とやり過ごしてしまいました。 そんな時、サトシとピカチュウが、水のゲノセクトと知り合いに。スケボーのように変身した水のゲノセクトを乗りこなしながら遊ぶサトシ。 水のゲノセクトは、サトシたちにも「うちに帰りたい」と伝えます。水のゲノセクトを迷子だと思ったサトシは、うちに連れて帰ってあげると約束します。 赤いゲノセクトと、雷のゲノセクトが来ました。 サトシが「仲間が来てくれたぞ、良かったな」と水のゲノセクトをポンポンとたたきます。それを攻撃だと勘違いした赤いゲノセクトたちは、サトシを攻撃します。 サトシたちは逃げようとしますが、赤いゲノセクトは攻撃を続けます。水のゲノセクトが、赤いゲノセクトに事情を説明しますが、聞き入れず、逆に、「敵を排除しろ」と命令されてしまいます。 命令に逆らえない水のゲノセクトは、苦しみながらサトシたちを攻撃。やられる!と思った瞬間、メガ進化したミュウツーが現れ、サトシたちをかばいました。 すると、ゲノセクトたちは去って行きました。 サトシがミュウツーに「俺たちを助けてくれてありがとう」というと「お礼はいりません。私は、ただ、ポケモンを助けただけです」とミュウツー。ミュウツーは人間には冷たく、ポケモンだけを気にしています。 サトシたちはミュウツーから、ゲノセクトのことを聞き出しました。すでに絶滅したポケモンなのに、人間の手で武器を持たされ、よみがえらされてしまったこと。全てが敵に見えていること。ミュウツーにも、ゲノセクトの気持ちが分かること。 サトシは、水のゲノセクトは違った、とミュウツーに伝えますが、ミュウツーは「ゲノセクトの事は忘れなさい!」と去って行ってしまいます。 夕方。ポケモンヒルズの中のポケモンセンターで、オルタスの花の写真をみつけるサトシたち。エリックがアルサス自然公園から、移植してきたものです。 夜になりました。ゲノセクトたちが、ポケモンヒルズに入り込みます。 ゲノセクトたちは住んでいるポケモンたちを追い出し、ヒルズの真ん中に巨大な巣を作り始めました。まるでスズメバチの巣。巣からは根のようなものを伸ばし、地下の変電所に接続し、電気を吸い取っています。 ヤミラミが、ヒルズを抜け出して、ゲノセクトのことを、サトシたちに知らせました。サトシたちがかけつけると、ヒルズを守ろうとするオーダイルとゲノセクトが戦っています。 エリックとサトシたちはヒルズの中に入ろうとしますが、ゲノセクトに阻止されます。サトシたちはエリックの案内で、裏の作業用通路からヒルズに忍び込みました。 ニュートークシティーに架けられた橋の上には、ミュウツーがいました。 ミュウツーは、自分が生み出された時の苦い記憶をたどっていました。ミュウツーもまた、研究所を破壊して逃げ出してきたのです。 たった一人で逃げ続けたミュウツーは、ある嵐の夜、野生のポケモンたちに助けられました。「私は一人ではなかった。仲間と自分の居場所を見つけることができたのだ。ゲノセクトたちも居場所をみつけられるはず…」 ミュウツーは、ゲノセクトの巣に向かって飛び立ちました。 ヒルズの中、ゲノセクトの巣のふもとに来たサトシたちの近くに、水のゲノセクトがやってきました。「さっきは、ごめん」とサトシたちにあやまる、水のゲノセクト。 水のゲノセクトは、ヒルズの池に咲くオルタスの花を見て、「この花、好き。うちに、咲いてた」と、伝えます。 このままゲノセクトが電力を吸い取り続けると、エネルギーの制御ができなくなり、町全体に危険が及んでしまいます。エリックは、エネルギーをコントロールするために地下の変電所に向かうことに。 ヒルズにミュウツーが到着しました。「この町のポケモンたちに迷惑をかけてはいけません。私と一緒に来なさい」と言いますが、ゲノセクトは話を聞きません。 ミュウツーは説得しようとしますが、赤いゲノセクトは「邪魔するものは排除する!」と攻撃を続け、ついにミュウツーも戦わなければならなくなりました。ミュウツーとゲノセクトは、超スピードで飛びながら、町中での戦闘を繰り広げます。 ヒルズの中では、雷、氷、炎のゲノセクトと、ヒルズのポケモン全員が戦っていました。水のゲノセクトはサトシたちの味方です。 ポケモンたちの戦いに、胸が痛くなるサトシ。何とか戦いを止めようとしますが、どうにもなりません。赤いゲノセクトが戻ってきて、さらに多くのポケモンが怪我をしました。 「もうやめてくれ!」 と、ポケモンたちの真ん中に立ちふさがるサトシ。赤いゲノセクトがサトシを攻撃します。 水のゲノセクトがサトシをかばいました。攻撃をもろに受け、反応が消える水のゲノセクト。サトシが無事なのをみて「良かった…」と意識を失っていました。 ゲノセクトたちは、まだ攻撃をやめません。ミュウツーが言いました。「ゲノセクトは、この世界にはいらないポケモンなのかもしれません。昔の私と同じように…」。 ミュウツーとゲノセクトたちの本気の戦いが始まりました。 超スピードでの激しい戦いです。 水のゲノセクトの意識が戻りました。水のゲノセクトは、池に入り、オルタスの花を両手で優しくすくい上げました。「うちに、帰りたい…」と涙を流す、水のゲノセクト。 ポケモンたちに、水のゲノセクトの気持ちが伝わりました。 ミュウツーとゲノセクトたちの激しい戦いの影響で、ゲノセクトの巣が燃え始めました。青白い炎をあげて燃える巣。全てのポケモンが力を合わせて、火事を消そうと頑張ります。 雷、氷、炎のゲノセクトが巣の中に残されていましたが、ポケモンたちが助け出しました。 サトシは、水のゲノセクトを助けようとして、燃え落ちてくるかたまりの下敷きになりそうになりました。雷、氷、炎のゲノセクトがかけつけ、サトシを助けます。ミュウツーが火事に巻き込まれました。サトシが、ミュウツーを助けます。 火事の混乱がおわると、ミュウツーとゲノセクトたちが、にらみ合いました。サトシが、その間にはいって叫びます。 「ゲノセクト!ここはお前たちのうちじゃない!でも、お前たちのうちは、きっとどっかにある!ミュウツー!おれ、水のゲノセクトに約束したんだ。うちへ連れてってやるって。いらないポケモンなんて、絶対にいないんだ!もう戦いはやめてくれ!!」 「指図するな!」赤いゲノセクトがサトシを攻撃しようとします。 ゲノセクトたちも、ポケモンも、全員がサトシをかばいました。「やめて!やめて!」 赤のゲノセクトは「みんな、敵だ!」と最大の攻撃を放ちます。もう、赤いゲノセクトをとめられないのでしょうか。  

「ポケットモンスター 神速のゲノセクト ミュウツー覚醒 」のネタバレ

ゲノセクトの攻撃を、ミュウツーが跳ね返しました。 「どうしてもわかってくれないのですね…」。ミュウツーは、赤いゲノセクトを抱きかかえると、宇宙へ向かって飛び立ちました。自分も滅びる覚悟です。 「こうするしかありません。行きましょう、だれもいないところに。あの、限界のさきへ」超高速で上昇する、ミュウツーとゲノセクト。ミュウツーの体が凍っていきます。 宇宙空間を漂う、ミュウツーとゲノセクトに、地球からのぼる朝日がみえました。「私もあなたもこの星に生まれたポケモン。必要があるから生まれたのです。私たち、全てが仲間なのです」 ミュウツーの言葉がゲノセクトに響きました。ミュウツーとゲノセクトは手をつなぎました。「帰りましょう、うちへ」。地球に向かうゲノセクトとミュウツーですが、ミュウツーは意識を失ってしまいます。 ゲノセクトが、ミュウツーをかばうように抱きかかえました。 そのまま、地上へ落ちていきます。 隕石のように燃えながら落ちてくるゲノセクトとミュウツーを、カイリュウとリザードンが迎えいきますが、抱きとめるには力が足りません。他のポケモンたちも手を貸します。 ポケモンたちが、力を合わせて水の巨大なボールをつくりました。水のクッションです。ミュウツーとゲノセクトは、水のクッションの中に落ち、助かりました。 ミュウツーがゲノセクトに手を差し伸べます。「みんな、仲間。この星の、仲間」。ついに、ゲノセクトにも、ミュウツーの思いが伝わったのです! 朝日が昇りました。オルタスの花が輝きます。「あそこだ!ゲノセクトたちのうちは、あそこにすればいいんだ!」サトシがひらめきました。 オルタスの花は三億年前からある、生きた化石でした。だから、オルタスの花が咲くアルサス自然公園は、ゲノセクトたちにとっても、とてもよい場所のはずです。 サトシたちは、アルサス自然公園に向かいました。「ここすき、だいすき!」と水のゲノセクト。ここなら、大きな巣もつくれます。 サトシたち、ゲノセクトたち、ミュウツーは、別れのあいさつをします。「サトシ、ありがとう」とゲノセクト。「ぼくらも会えて良かった」とサトシたち。 ミュウツーは「私はサトシの言葉を信じます。今も、そして、これからも!」と言うと、飛び立っていきました。 「またどこかで会えるね、ミュウツー!」サトシたちは、思いっきり、ミュウツーに手を振りました。 サトシたちはエリックに別れを告げ、新たな冒険へと旅立つのでした。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です