映画「グラスホッパー」ネタバレとフル動画を無料視聴

4 min
映画「グラスホッパー」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 伊坂幸太郎の同名の小説を実写映画化した本作。実写化は不可能だろうと言われていた原作を、「脳男」の瀧本智行監督が見事に手掛けました。 また、主演の生田斗真さんの本格派演技が話題となった作品でもあります。 今すぐフル動画を視聴するなら、FODを使うのがオススメ。 月額制のサービスですが、登録から30日間は無料トライアルとなっているので、その間にグラスホッパーを視聴して、不要だと感じればそれまでに解約してしまうことで、1円も費用をかけずに映画を楽しめます。  

↓1ヶ月以内に解約すれば無料↓

 

「グラスホッパー」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT × ×
FOD 見放題
TSUTAYA TV 550ポイント
Hulu × ×
dTV 見放題
Netflix 見放題
Amazonプライムビデオ 407ポイント
music.jp 440ポイント
  「グラスホッパー」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・TSUTAYA TV ・music.jp ・Amazonプライムビデオ ・dTV ・FOD ・Netflix ただし、「無料で」視聴できるサービスは限られています。 まずNetflix(ネットフリックス)は唯一無料トライアルがないサービスなので、登録初日から月額料金が発生してしまいます。これではグラスホッパーを見るのに最低でも800円以上かかってしまいます。 また、視聴にポイント(別料金)が必要なサービスにも注意です。 動画配信サービスは月額料金とは別に、人気の作品の視聴にはポイント(別料金)が必用となっています。すると、結局数百円は取られてしまうので、やはり完全無料で視聴できないわけですね。 その点、FODはどちらも無料。 正確には「Amazonアカウントを持っていれば1ヶ月間の無料トライアル」ですが、1ヶ月無料に加えてグラスホッパーの視聴に別料金も必用ナシ。 さらに他の映画やドラマ、アニメやコミックまで配信されているので、1ヶ月の無料トライアル期間だけでも十分に楽しめます。登録もカンタンなのでぜひ試してみてください。  

↓1ヶ月以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「グラスホッパー」「grasshopper」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「グラスホッパー」を視聴するならFOD

お試し期間 1ヶ月間無料 月額料金 888円(税抜)
作品数 30,000本 付与ポイント 100
視聴方法 オンライン 視聴デバイス スマホ タブレット パソコン
備考 8のつく日にログインで300ポイントもらえる(月最大900ポイント)
  FOD(フジテレビオンデマンド)はフジテレビの動画配信サービスです。 フジテレビで放送されていたアニメやドラマ、映画やバラエティ番組はもちろん、海外の映画なども多く配信されています。また、コミックも配信されており充実したラインナップです。 月額888円のサービスですが、アマゾンアカウントを使うと登録から1ヶ月間は無料。 映画を十分に楽しんで、1ヶ月以内に解約すれば費用は1円も発生しません。有料(ポイント)の作品もありますが、8のつく日にログインするとタダで300ポイントもらえるので、1ヶ月に900ポイントまでは無料でもらえます。 スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。

↓1ヶ月以内に解約すれば無料↓

「グラスホッパー」のあらすじ

あるハロウィンの夜、渋谷のスクランブル交差点で百合子という女性が車にひかれる事故が起きました。 百合子は子どもをかばったために轢かれ、運転手の男はドラッグ中毒だった模様。   百合子の恋人である鈴木が事故の話を聞いて現場へ駆けつけると、奇妙なメモ書きを見つけます。 「犯人は別にいる」 「フロイラインの寺原親子を調べろ」 鈴木は務めていた学校を辞め、フロイラインという企業に社員として潜入捜査をすることにします。 フロイラインは痩せ薬を販売する企業で、鈴木は販売のため街中で女性に声をかける仕事をすることに。途中、自分の元教え子の女性と偶然にも再会します。   その頃、フロイライン社長・寺原の息子が車に引かれて死亡。目撃者によると、息子は何者かに道路へ突き飛ばされたようです。 息子を突き飛ばしたのは「押し屋」という殺し屋でした。寺原の部下である比与子は、鈴木に押し屋を探すよう指示します。   そんな中、鯨という自殺屋が、寺原の依頼でとあるジャーナリストを自殺させようとしていました。そのジャーナリストはハロウィンの夜の真実を知っていたのです。 そして蝉という殺し屋も寺原から依頼を受けていました。そのターゲットは自殺屋の鯨。蝉は鯨の居場所を突き止めますが、鯨もその気配をすぐに感じ取りました。   押し屋を尾行していた鈴木は、押し屋に妻と子どもがいることを知ります。自分と境遇が似ていることから、鈴木は押し屋の事を比与子には黙っていようとしました。 しかし比与子はその居場所を把握しており、言うことを聞かない鈴木を脅迫し始めます。鈴木は押し屋の家に向かうと、寺原や比与子の企みを伝えました。   一方、鯨は蝉の相棒の岩西のもとにやって来ると、寺原の陰謀を知ることに。 そして鯨は岩西を自殺に追いやりました。蝉は岩西の死を知ると、鯨に復讐する事を決意します。

「グラスホッパー」のネタバレ

鈴木は比与子に監禁され、寺西に殺されそうになります。しかしそこに鯨が乱入してきました。 鯨と寺原の乱闘によって、鈴木は気を失ってしまいます。その隙に寺原と比与子はエレベーターは逃げ込みました。   エレベーターの中で二人を待っていたのは、鈴木の元教え子の女性。彼女もまた殺し屋だったのです。 彼女は二人を躊躇なく殺害しました。   そして蝉が現場にやってくると、鯨と激しく戦い始めます。 死闘の末、二人はもつれ合いながら窓を突き破り地面に落下し、とうとう絶命してしまうのでした。目を覚ました鈴木は、周囲が死体だらけで驚きます。そして彼は押し屋の家に行きましたが、そこはもぬけの殻でした。   一年後、鈴木は押し屋の妻・すみれと、その子どもに出会います。 彼女は鈴木に押し屋とは夫婦ではなく、同じ組織の仲間だった事、鈴木の元教え子もその組織の人間だった事を伝えました。   そして子どもが鈴木に指輪を渡します。 それは鈴木が百合子にあげた婚約指輪でした。  

↓1ヶ月以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です