グリーンマイルのフル動画配信状況!吹替/字幕動画を無料視聴

1 min
グリーンマイルのフル動画を無料視聴する方法を紹介します。 刑務所の看守と死刑囚の交流を描いた映画です。 非常に重いテーマですが、割とコミカルな場面もあり、ひたすら気分が重くなる..という映画ではありません。むしろ大人から子供まで楽しめる内容になっています。 むしろ、グリーンマイルは感動の名作として名高いです。 一番好きな映画に挙げる人も多く、「ゴッドファーザー」「ショーシャンクの空に」などと同じく、多くの人との共通の話題として成立する一種の教養のような映画です。 グリーンマイルを今すぐ視聴する方法があります。 動画配信サービスの無料トライアル期間を利用することで、「高画質」「読み込みもスムーズ」「安全かつ合法」な動画を今すぐ無料で視聴することが出来ます。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「グリーンマイル」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題 字・吹
FOD × × ×
TSUTAYA TV 400ポイント
Hulu × × ×
dTV × × ×
Netflix × × ×
Amazonプライムビデオ 199ポイント
music.jp × × ×
  「グリーンマイル」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・TSUTAYA TV ・U-NEXT ・Amazonプライムビデオ オススメはU-NEXT(ユーネスクト)です。 TSUTAYA TVとAmazonプライムビデオでも「グリーンマイル」を視聴できるのですが、ポイント(別料金)が必要でお金がかかります。 その点、U-NEXTは唯一ポイントが必要なく見放題。また、字幕と吹替どちらも配信しているのはU-NEXTのみですし、登録も3分あれば終わるので今すぐ視聴できます。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 試しに「グリーンマイル」「The Green Mile(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「グリーンマイル」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン
ダウンロード
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
  U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。 130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。 おまけに、登録から31日間は無料。 映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。 スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

グリーンマイルのあらすじ

老人ホームで暮らすポール・エッジコムは、他の老人たちとテレビを見ていました。チャンネルを変えたテレビに映し出されたのは、1935年の映画「トップ・ハット」 ポールは、その映画を見た瞬間に泣き崩れます。彼は、気持ちを落ち着かせるためにその場を離れたあと、友人のエレインと2人きりで話をします。 自分の長い人生の中で、1番覚えている“1935年の出来事”の話を。 その年はポールが、重度の尿路感染症(尿道の炎症)を患っていた年であり、ジョン・コーフィと2人の女の子が殺された年であり、さきほど見た映画が公開された年でもあります。 そしてポールが、60年以上前に、刑務所の看守を勤めていたときの話です。

死刑囚ジョンコーフィの入所

1935年、アメリカのコールドマウンテン刑務所にて、ポールは死刑囚棟の看守主任として処刑の指揮を執っていました。その場所は、人の歩く最期の道、通称“ラスト・マイル”と呼ばれています。 ですがポールも含めた看守たちは、その道が、色あせた緑の道だったことから、“グリーン・マイル”と呼んでいました。 ある朝、新しい死刑囚であるジョン・コーフィが入所してきました。 刑務所の看守や他の受刑者たちの誰よりも巨体でありながら、看守の命令におとなしく従うコーフィ。ポールは独房で彼の奇妙なつぶやきを聞きます。 「あんなことに…元に戻そうとしたけど、遅かった」 看守たちにその言葉の意味は伝わりませんでしたが、ポールには気にかかるものがありました。それから彼は、コーフィの犯罪の報告書に目を通します。 それはジョン・コーフィが、2人の女の子がさらって殺した殺人の報告書でした。 2人の女の子がさらわれ、それに気づいた彼女たちの父親が、男たちや犬を連れて、捜索します。しかし彼らが娘たちを見つけたときには、もう何もかもが手遅れでした。 彼らが見たのは、コーフィが、血まみれとなった死んだ娘たちを抱きかかえた異様な光景でした。 コーフィは何か話すわけではなく、ただ泣くばかりです。娘たちの父親は、彼に殴りかかり、他の男たちは、身も凍るような犯罪の跡地に、言葉もなく、見つめていました。 そして殺人容疑のかかったコーフィは、グリーンマイルに連れてこられた訳です。

ジョンコーフィという男の謎

それから、グリーンマイルでは”日常”が続きます。 ある日ポールたちが、やってきたネズミを面白がって、エサをやったり、名前をミスター・ジングルスと名付けたりして、和みます。それは彼らが次の死刑までの緊張をほぐすための貴重な時間でもありました。 ポールたちの元に、死刑執行の封書が送られてくると、すぐに死刑囚アーレン・ビターバックの電気椅子による処刑のリハーサルをし、準備を整えます。 処刑、当日の夜。 彼らは時間通り、手順通りに死刑を執行していきました。彼の罪の償いを見届けたあと、ポールは、パーシーから自分も1度でいいから、処刑をやってみたいと頼まれます。 ただポールには、彼がただ好奇心で死刑をやってみたいだけだとわかっていたので、その返事をすぐにはしません。 ある朝、新しい死刑囚ウィリアム・ウォートンが連れてこられます。ポールは、ハル刑務所長から、彼が、かなりの問題のある人間だと報告を受けていました。 その言葉通り、ウィリアムは暴れて看守たちに暴力を振るいます。途中で戻ってきたブルータルが、彼を止めたおかげで大事には至りませんでした。 それからポールは1人で仕事をしていましたが、尿路感染症の症状が悪化しはじめ、倒れます。その様子を見たコーフィは、こっちへ来てくれと彼を呼びます。 ポールはなんとか体を起こし、その態度に応じます。本来なら、コーフィの規則違反の行為だと知りつつも、彼に近づいていきます。 コーフィは近づいてきたポールの股間をつかみ、病気を治してやると言い放ちました。それから彼は、力とはまた違った何かを加えました。 そこで起こったのは、看守と死刑囚を超えて交換された2人の感情と、ポールが長年抱えていた病いの治療と、刑務所の揺れや、施設中にある電気経路が信号のように点滅する瞬間でした。 そのすべてが収まると、コーフィは、ウイルスや大きな花粉に似た形のものを空中に吐き出していきます。それは、彼らのあいだで交換できないものでした。 ポールは、はじめて見るその光景の正体を彼に問います。 「病気を治した。治っただろ?」コーフィは、ただそう答えます。 ポールはトイレに行き、病気が治ったかどうかをたしかめました。たしかにコーフィの言った通り、病気は治っています。あまりに不思議な出来事に、ポールはコーフィの弁護士を訪ねます。 そこでポールは正直な気持ちを弁護士に打ち明けます。 たしかに変わった男である。だが彼が犯罪や乱暴を働く人間には思えない、と。 弁護士は、コーフィが無実だと思っているのかとポールに尋ねます。彼の態度から、死刑囚に愛情が移ったんじゃないかと指摘しました。 「しかしその結果どうなるかはわからない」 弁護士は、コーフィが後悔しているのは間違いない。だが、彼が2人の女の子を殺した。たとえはじめての犯行かもしれなくても。それがはじめてだとしても、やったことに変わりないのだと言います。 それは弁護士からできる最大限の、ポールへの忠告や身の安全を含めた言葉でした。

グリーンマイルのネタバレ

弁護士の忠告は間違いない。 それでもコーフィがポールの病気を治したのは変わりません。 刑務所に出勤したポールは、コーフィに病気を治してくれたお礼を言います。そしてパーシーに次の処刑の指揮を執らせるための練習をさせます。 それでもパーシーの中にある、プライドやわがままは満たされていませんでした。ある日、彼は、相性の悪い死刑囚ドラクロアへの仕返しに、ミスター・ジングルスを踏み潰して殺します。 ドラクロアは激しく落ち込みます。ですが、その光景を見たコーフィはいまならまだ間に合うと自分の元へ、ミスター・ジングルスをこちらへもってくるよう言います。 ポールは、言われた通りに、彼をコーフィに渡します。 そこでコーフィがやったのは、ポールのときと同じように、ミスター・ジングルスから何かを吸い取っていっていく作業でした。 はじめてその現象を見る彼らも驚きます。すべてが収まると、ミスター・ジングルスは息を吹き返し、刑務所内を元気よく走り回っていきます。 その翌日の夜に、パーシーが中心となり、ドラクロアの処刑を行います。 彼は、自身の罪を認め、後悔し、ミスター・ジングルスを思います。いつもの手順なら、彼がなくなるまで苦しむ必要はありませんでした。 しかしパーシーは、わざと間違った手順で、ドラクロアの処刑を執行します。その結果、処刑は不完全に終わり、ドラクロアは苦しみながら死にます。 それでもポールは、パーシーの単純なミスで起こった手順だったが、処刑は最後まで終わったと見ました。 ある日、ポール夫妻は、ハル夫妻の元へ訪れます。ハルの妻メリンダは、脳腫瘍を患っていましたが、めずらしく今日は彼女の調子が良い日でした。 しかしそうではない日は、彼女が別人のようになってしまう。ハルはその解決できない悩みを打ち明けます。別の日には、ポール夫妻は、同僚たちを自宅に招きました。 ポールは、コーフィが自身の病気を治し、ミスター・ジングルスを生き返らせた話を振り返ります。それは神の奇跡のような、癒しの力なのか。ポールは、そう話した同僚の意見に賛同します。 そこでポールは、脳腫瘍を患うメリンダを治せないだろうかと続けます。しかし病人を刑務所に連れていくのは、ルール違反でした。それはハル所長が許さない。 ポールは、それならコーフィをメリンダに会わせると提案します。その手段も、もちろんルール違反の行為でしたが、彼は、すでにそれが決まったように言います。 彼らもコーフィに愛着はありましたが、提案には否定的でした。自分たちが、コーフィが殺人犯だと忘れてはならないし、もし彼が脱走し、子供でも殺したら、どうなるか。 最終的に、彼らはポールの言葉やコーフィの起こした奇跡を信じ、彼の計画に協力します。 その夜、彼らは、問題児ウィリアムが飲むカップに薬を盛って寝かせ、面倒なパーシーも大人しくさせるため、彼を独居房に入れます。それが終わると彼らは、コーフィを連れ出し、無事にハルの家まで着きました。 しかしハルは、ポールたちが死刑囚を自分の家に連れてきたと知り、怒ります。彼らはただ助けに来たとだけ伝えます。コーフィが家の中に入り、メリンダの部屋へ行きます。 コーフィは、混乱していたメリンダを落ち着かせ、彼女の脳腫瘍を吐き出させます。彼はそれを飲み込んだまま、いつものように吐き出そうとはしません。 過去2度の現象とは違い、ポールたちに、すべての時間が止まったような感覚を与えます。 その時間は、メリンダの病の進行で失った彼女たち、夫婦の幸せな時間でした。コーフィの癒しの力が、いままで失っていたその時間を取り戻し、彼女に生命力を与えました。 ハル夫妻は、その時間を与えてくれたコーフィに心から感謝し、ポールたちと別れます。戻ってきたポールたちは、コーフィがそれを飲み込んだのは、電気椅子で死にたくないからじゃないか、もしそれが彼の望みなら、そうさせようと話し合います。 それからポールたちは、パーシーの拘束を解きました。彼は、怒ったようには見えませんでしたが、彼らの行動のきっかけにあったコーフィの前で立ち止まります。 コーフィは、独居房から両腕を伸ばし、パーシーを力強く掴み、メリンダから吸い取った生命力ではないものを彼に注ぎ込みました。 それからパーシーはさっきとは様子が変わり、ウィリアムの独居房の前に立ち止まります。 彼は涙を流し、携帯していた拳銃で彼を撃ち殺します。そして彼の口から、吐き出されたものは、メリンダから吸い取ったものと同じものではありませんでした。 ポールは、パーシーやウィリアムを巻き込んだ理由をコーフィに尋ねます。 「心の中は隠せない」 コーフィは、パーシーやウィリアムが過去に何をしたのか、見通していました。 だから彼らを巻き込んだ。それから彼は、自分の過去を、ポールに触れて、伝えます。自分の記憶の一部を。彼が2人の女の子を殺した日の記憶を。 そこでポールは、2人の女の子を殺した犯人が、コーフィではなく、ウィリアムだと知りました。彼は、2人の女の子を生き返らせようとしただけでした。でもそれは手遅れだった。 それが明らかになり、もう1つの悩みが出てきます。 コーフィが無実のまま、死刑になるのは避けられない事態です。 その夜、ポール夫妻は、自分たちを助けてくれたコーフィの処刑をやめさせる方法がないのか話し合います。しかしウィリアムが死に、彼を無実と証明する手段もありませんでした。 ポールは、あと2日で処刑となるコーフィと話し、彼が何を望んでいるのか、何を食べたいかを尋ねます。せめて、最後の彼の望みは叶えてやりたい。そう考えました。 コーフィは、よければあんたの奥さんのコーンブレットが食べたい。そして最後に祈りを捧げる相手にポールを選びます。 ポールは、なんとかやってみようと頷きました。それからコーフィが映画を見たいとリクエストに応えて、映画「トップ・ハット」を見せます。彼はその映画を見て、満足し、最後の日々を過ごしました。 それからコーフィの死刑執行日が訪れます。 コーフィはグリーンマイルを歩き、電気椅子に座ります。ポールが処刑の指揮を執り、彼の最期の言葉を聞きました。生まれたのを謝ると。 看守たちはみな、涙目になりながらも、刑執行の手順を辿っていきます。しかしポールはためらい、コーフィに触れ、別れを惜しみます。そして電流スイッチを入れます。 ・・・ 時は、現代の老人ホームに戻ります。 その処刑を最後に自分は死刑執行に立ち会えなくなった。そして、少年更正院に転属し、まだ若い少年たちを導くことをした。すっかり老人になったポールはエレインに語ります。 しかし、エイレンは不思議に思いました。 もしポールの話が真実なら、彼の年齢から考えて、計算が合わないからです。この話が真実である証拠は、60年経っても生き続けるミスター・ジングルスの存在でした。 ポールは、ミスター・ジングルスは偶然生きているが、自分の長い寿命はコーフィからの贈り物なんだとエレインに言いました。これは彼の命が注がれた分なのだと。 ポールの長生きは、コーフィの不思議な力、自然の力そのものによるものでした。 それだけ彼が驚くべき経験をしたのには違いありませんが、同時に彼は、たくさんの親しい友達や愛する人との別れも経験しました。 ハルとメリンダ、ブルータル、私の妻、息子、そして君も、エレイン。君も先に死ぬ。ポールは、それが私の罰だ、愛する人たちの死を見なければいけないと言いました。 それがポールの歩く道、”グリーンマイル“であり、人間はみんな、自分のグリーン・マイルをそれぞれの歩調で歩いている。 ポールはその言葉を思い出し、また自分の道、“グリーンマイル”を歩きはじめました。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です