映画「ハドソン川の奇跡」のネタバレとフル動画を無料視聴

1 min
映画「ハドソン川の奇跡」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 違法動画サイトを探す、DVDレンタルする…いくつか方法はありますが、お金もかからず手っ取り早いのは、有料の動画配信サービスU-NEXTの無料トライアルを利用することです。 お試し期間中に「ハドソン川の奇跡」を視聴、さらにはその他の映画やアニメを楽しんでも、期間内に解約してしまえば費用ゼロ。ぜひ気軽に試してみてください。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「ハドソン川の奇跡」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 440ポイント 字・吹
FOD × ×
TSUTAYA TV 400ポイント 字・吹
Hulu × ×
dTV 見放題 字・吹
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ 199ポイント 字・吹
music.jp 440ポイント 字・吹
※2020年3月11日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください)   「ハドソン川の奇跡」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・U-NEXT ・TSUTAYA TV ・dTV ・Amazonプライムビデオ ・music.jp ただ、Amazonプライムビデオだけは有料なので注意してください。 30日間の無料トライアルこそあるものの、肝心の映画の視聴にポイント(別料金)が必要です。タダでもらえるポイントもないので、結局自腹になってしまうわけです。 それ以外のサービスであればすべて無料期間中に視聴可能。 ちなみに1つ選ぶならU-NEXTが一番オススメです。 月額料金が1990円と高めなのがネックですが、どちらにしろ無料期間で解約するなら費用はどれだけ高くても同じようなものですし。(もちろん、気に入ったら継続して有料会員になればいいです!) そして料金が高いぶん、サービスの内容もかなり充実しています。配信作品も映画、ドラマ、アニメ、バラエティ、そして最新のコミックまで。 どうしても登録に手間はかかってしまいますが、登録には住所などは必要ありませんし、入力項目もそれほど多いわけではありません。そして登録したらすぐに「ハドソン川の奇跡」が視聴可能です。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「ハドソン川の奇跡(邦題)」「hadoson river no kiseki(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「ハドソン川の奇跡」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン ダウンロード 視聴デバイス スマホ タブレット パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
  U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。 130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。 おまけに、登録から31日間は無料。 映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。 スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。

↓31日以内に解約すれば無料↓

「ハドソン川の奇跡」のあらすじ

2009年、ニューヨーク・ハドソン川で不時着水したUSエアウェイズ航空1549便。 その機長だったサレンバーガーは、世界中で「英雄」と報道されますが、その後の調査で「不時着したのは賢明な判断ではない」と批判されます。 エンジンが停止した機内では何が起こっていたのか。機長は英雄なのか、それとも世界を騙した詐欺師なのか?議論を呼ぶこととなります。  

「ハドソン川の奇跡」のネタバレ

2009年1月、ニューヨーク発シアトル行きの1549便が離陸。 ところがその直後、バードストライクが発生します。鳥が飛行機のエンジン部分のプロペラをすり抜けて入り込み、その結果エンジンが故障してしまったのです。 この緊急事態に機長は、すぐに管制官へ連絡。 「ラガーディア空港に引き返す」 ですが、飛行機は空港に向かいませんでした。 エンジンなしで空港への着陸をするのは難しいと思われたからです。 それに、もし空港で着陸失敗するようなことがあれば、飛行機の乗客はもちろんですが、空港周辺をはじめ多くの人に被害が及ぶ大災害に発展するかもしれません。 そこで1549便は、ハドソン川への不時着を決行します。 その後、1549便は管制室とは連絡が途絶え行方不明になりますが、観光用のヘリがハドソン川に着水する機体の姿を確認していました。 ベテランパイロットである機長・サレンバーガーは何とか機体を水平に保ち、着水に成功!これほど難しい着陸を成功させ、乗組員と乗客の命を守ったのです! もっとも、着陸後は機体に水が侵入してきたため、乗客ともども翼の上に避難。すぐに救助隊が到着し、1時間以内に乗客全員の避難が完了します。 大都会ニューヨークでの不時着、さらにケガ人などがいないことは「奇跡」と言われ、サレンバーガー機長はニュースで連日賞賛されました。 一方、アメリカの国家運輸安全委員会(NTBS)が事故の調査を始めます。 持病がないか、最後に飲酒した時間やドラッグ経験の有無、家庭での問題など、何日間にも渡って尋問されました。 「空港へ戻る」と管制官に言ったのに川へ不時着したのは、サレンバーガーが長年のパイロットの経験から「高度や速度から計算しても、川へ着水した方が安全に乗客を救える」と判断したから。 しかしNTBSは同じ条件でテストをする、と言います。 サレンバーガーは英雄から一転、疑惑の目で見られることとなり、自宅には報道陣が殺到。 家族に迷惑をかけまいとホテルで生活する中、「人的ミス、判断ミスがあったのではないか」、「他の方法があったのでは?」と聞かれたことを思い出す機長。 自分のしたことが正しかったのか考え始めます。 NTBSのシミュレーションは成功。 1549便と同じ状況下でも、空港への着陸は可能だったことが分かります。 「フライトは最初から手順が決まりきったゲームとは違う、バードストライクから不時着決断に至るまでの35秒をシミュレーションに組み込んで、もう一度やってほしい」と訴えます。 35秒を入れてシミュレーションをすると、機体は桟橋に激突したり、市街地に墜落するという結果に。機長の疑いは晴れました。 調査員の一人が、「機長のおかげで乗客は助かった」と言うと、サレンバーガーは「みんなが力を尽くしたから助かったんだ。これはチームプレーだ」と語ります。 同年10月のフライトで復帰した機長。彼の挨拶は拍手喝采を受けるのでした。

↓31日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です