映画「犯人に告ぐ」のフル動画を無料視聴【dailymotion&openload】

映画「犯人に告ぐ」のフル動画を無料視聴する方法を紹介します。


6年前に起きた少年誘拐事件。

犯人を逮捕することができず、少年も殺害されるという最悪な結末を迎えた事件でした。その事件を担当し無念を感じていた巻島が、6年経ち、別の誘拐事件に挑んでいきます。


「犯人に告ぐ」の視聴には動画配信サービスが便利です。

特に動画配信サービス「music.jp」であれば、登録から30日間は無料トライアルとなっているので、1円もかけずに高画質な動画で今すぐ「犯人に告ぐ」を視聴することができます。

 

↓30日以内に解約すれば無料↓

「犯人に告ぐ」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT × × ×
FOD × × ×
TSUTAYA TV × × ×
Hulu 見放題 ×
dTV × × ×
Netflix × × ×
Amazonプライムビデオ × × ×
music.jp 440ポイント ×

「犯人に告ぐ」を配信しているサービスは以下の2つです。

・Hulu
・music.jp



どちらにも登録していなければ、オススメはmusic.jp(ミュージックドットジェーピー)。

登録した日から30日間はお試し期間で、月額料金が不要。合わせて登録時に1600ポイントもらえるので、これを使えば「犯人に告ぐ」はもちろんそれ以外のドラマや映画、さらにはコミックまで無料で読めてしまいます。

登録も解約も3分あれば終わるほど簡単なのでまずは無料トライアルを試してみてください。


↓30日以内に解約すれば無料↓

動画共有サイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。

試しに「犯人に告ぐ」「hannin ni tugu」で検索してみたのですが、出てくるのはまったく関係ない動画で、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。
おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「犯人に告ぐ」を視聴するならmusic.jp

お試し期間 30日間無料 月額料金 1958円(税込)
作品数 180,000本 付与ポイント 動画ポイント:1000
通常ポイント:600
視聴方法 オンライン 視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 すべての作品でポイント購入が必要。ただし、登録時にもらえるポイントが多い

music.jp(ミュージックドットジェーピー)は日本企業が運営する動画配信サービス。

music.jpは名前からして音楽専門のサービスに見えますが、実は音楽、映画、漫画など幅広いメディアを揃えた、知る人ぞ知る総合配信サービスです。


特徴は、見放題ではなくすべての動画やコミックの視聴にポイントが必要なこと。

もっとも、30日間の無料トライアルの時点で合計1600ものポイントがもらえますし、動画1本は200~400ポイントであることが多く、漫画でも映画でも幅広いジャンルから楽しめます。

スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。


↓30日以内に解約すれば無料↓

「犯人に告ぐ」のあらすじ


6年前、男児誘拐事件が発生します。

その捜査に関わった県警本部の巻島は、警視庁との合同捜査であったことも重なり、焦った巻島はあと少しのところで犯人を取り逃してしまいます。さらに、取り逃したことで、人質だった男児が、後日遺体で発見されました。

最悪の展開の中、記者会見をしなければならなかった警察は巻島に会見をさせますが、そこで巻島が暴言を吐いたことでさらに印象は悪くなり、張本人である巻島は左遷されることになりました。

 

そして6年後、またしても誘拐事件が発生。しかし、今回の犯人は「劇場型事件」だったこともあり、キャリアの植草はメディアを使った捜査を提案しました。

そこで巻島のところへ連絡が。それは川崎で起きた連続児童殺害事件の犯人「BADMAN」を挑発すべく、調査責任者としてテレビに出て欲しいというものだったのです。

テレビを通じて、巻島と犯人の駆け引きが始まる!


「犯人に告ぐ」のネタバレ


生放送のニュース番組に出ることになった巻島は、BADMANに対して「直接話したい」と交渉。そして、なるべく刺激しないように犯人に共感するようなことを発言していたため、世間からは批判が集まりました。

しかし、批判があったことでかえって視聴率は上がり、世間の関心が向けられます。

他のマスコミもこのやり取りを取り上げたことから、ついに犯人から1通の手紙が届きました。その手紙には、公開されていない情報が記載されていたことで有力とされ、さらに手紙には掌紋が残っていたのです。

 

巻島は、掌紋のことには触れず、再度テレビで挑発をします。

2通目の手紙も届き、うまくいっているかのように思えた策でしたが、それをよく思っていなかったのがエリート警視の植草でした。そのタイミングで視聴率の低下に悩むアナウンサー・杉村に何かネタはないかと相談された植草は、巻島のところに届いた手紙は、捏造の可能性があると疑惑を持たせます。

その結果、他の局では捏造のニュースが流され、さらに6年前の記者会見の暴言がピックアップされてしまいます。

そして、巻島は番組降板となりました。

 

そんな中、3通目の手紙が見つかります。それは届いたものではなく、車道に落ちていたものでした。これにより、犯人の居住地域が一気に絞られ、巻島は強引に番組に出演し、

「お前はもう逃げられない。逮捕は時間の問題だ。今夜は震えて眠れ」 と語りかけました。

 

地域が限定されたことで、警察は1軒1軒しらみつぶしに掌紋の提示を求めましたが、探しているのは掌紋ではなく、掌紋を何らかの形で拒否した人と、過去に犯人が間違えたえんじ色とカーキ色を間違えて認識している人物でした。

捜査の結果、20歳の予備校生が逮捕されます。

 

そんな中、巻島の元に電話がかかって来ます。息子を誘拐したという脅迫電話でした。

捜査を抜けて、指示された場所へ向かうと、そこに待っていたのは息子と6年前に殺害された少年の父親でした。巻島は刺され重傷となります。刺された直後にかかって来た警察からの電話に、巻島は少年の父親とは全く違う犯人の特徴を伝えるのでした。

 

しかしその後、少年の父親は自ら出頭しました。

 

「犯人に告ぐ」の動画を視聴するならmusic.jp


music.jpなら、初回登録時に多くのポイントがもらえます!さらに映画だけではなく、漫画や音楽の取り扱いがあるのも嬉しいポイントですね。

これを機に、もう一度見たい映画、漫画、聴きたい音楽など堪能してみませんか?

↓30日以内に解約すれば無料↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です