映画「半落ち」のフル動画を無料視聴【dailymotionとPandora】

映画「半落ち」のフル動画を無料視聴する方法を紹介します。


「私は妻を愛していました」

なぜ、現職警部である梶は、最愛の妻を殺したのか。そして、その後の二日間は一体どこで何をしていたのか。語られることのない真実にきっとあなたは涙するー。


「半落ち」の動画を視聴するには動画配信サービスが便利です。

TSUTAYAが運営するTSUTAYA TVなら登録して今すぐ「半落ち」を視聴できますし、何より登録から30日間は無料トライアル期間で、その間に視聴して解約すれば1円もお金がかかりません。

もちろん「半落ち」以外にも映画やアニメ、ドラマが盛りだくさん。登録もすごく簡単なので、暇つぶしもかねて気軽に登録してみてください。


↓30日以内に解約すれば無料↓

「半落ち」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT × × ×
FOD × × ×
TSUTAYA TV 381ポイント ×
Hulu 見放題 ×
dTV × × ×
Netflix × × ×
Amazonプライムビデオ 見放題 ×
music.jp 330ポイント ×
「半落ち」を配信しているサービスは以下のとおりです。

・TSUTAYA TV
・Hulu
・Amazonプライムビデオ
・music.jp


いずれかのサービスに登録していればすぐに視聴できますが、オススメはTSUTAYA TV。


「半落ち」の視聴にはポイント(別料金)が必要と書いてあるものの、実際には無料トライアル登録時にタダで1100ポイントもらえるので、結局のところ1円も費用はかかりません。

それどころかもともと見放題の作品はもちろん、視聴にポイントが必要な有料作品も、余ったポイントを使って見ることができます。30日間の無料トライアルだけでも十分に楽しめるサービスです。


↓30日以内に解約すれば無料↓

動画共有サイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。

試しに「半落ち」「hanoti」「hanochi」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。

おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…


それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「半落ち」を視聴するならTSUTAYA TV

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TV:10000以上
DISCAS:TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ
付与ポイント 1080
視聴方法 オンライン
DVDレンタル
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 オンラインとは別に準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
TSUTAYA TVはツタヤの運営する動画配信サービスです。

TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス
TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス

TSUTAYA TVの無料トライアルに登録すると、この2つのサービスを同時に利用できます。
月額2417円ですが、30日以内に解約すれば完全無料。

また、TSUTAYA TVで配信されているサービスは他に比べると少ないものの、他にはない作品も多く、またTSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)を組み合わせると、どのサービスよりも無料で多くの映画やアニメを楽しめます。


↓30日以内に解約すれば無料↓

「半落ち」のあらすじ


ある日、交通課に1人の男が「妻を殺した」と自首してきます。

それは、現職警部の梶でした。


梶にはアルツハイマー病の妻がいましたが、妻を殺した2日後に自首してきたのです。梶の取り調べを担当した志木は、梶が犯行後の2日間のことを何も話さないことに疑問を抱き、そして、何か大事なことを隠していることに気づきます。

彼が守りたかった真実とは何なのか。

 

「半落ち」のネタバレ

梶の事情聴取を担当することになった志木は、梶に白血病で亡くなった息子がいることを知ります。息子の死後、その事実を受け入れられない梶の妻は、次第にアルツハイマー病になり「息子を忘れる前に殺してほしい」と頼まれて、殺害したと供述しました。

しかし、犯行後の2日間に何をしていたかを聞き出そうとすると、一転して梶は口を開きませんでした。

現職警部が妻を殺したというニュースは瞬く間に世間の注目を浴びることとなり、早期収束を図る警察は、自殺しようと死に場所を求めてさまよっていたと誘導尋問するよう志木に命令します。

誘導尋問したくないと苦しむ志木を見て、全てを察した梶は、自らそのように自供しましたが、志木は調書を破り捨ててしまい、取り調べの担当を外されてしまします。

 

梶の担当検事である佐瀬もまた、梶が何かを守っていることや、誘導尋問したことなどに気づきます。佐瀬は捏造された調書は受け取れないと抗議に行きますが、その抗議内容をたまたま居合わせた記者の中尾に聞かれてしまいます。そして、中尾もこの事件について独自に取材をすることにします。

 
 

その頃志木は、梶が妻と息子の永代供養を自首前にお寺の住職に依頼していたことから、死のうとしているのではと勘付きます。そして、梶の妻である啓子の主治医に会いに行き、そこで、梶の息子はドナーがいれば高確率で助かっていたはずだったことや、息子の死後に梶夫婦が50歳まで入れる骨髄バンクに登録したことを知りました。そしてその後、梶の骨髄によりある青年が助かり啓子は「息子が生き返ったようだ」と大喜びだったと聞きました。

 

中尾は、啓子の姉である島村康子のところを訪ねていました。そこで、梶から啓子の棺に入れて欲しいと頼まれた啓子のノートを見せてもらいました。そこには、梶が骨髄移植で助けたであろう青年の感謝の気持ちが書かれた新聞記事が貼り付けられていました。そして、その記事を見た啓子が青年に会いたがっていたことを聞かされ、康子は「梶さんは啓子の代わりにその青年を探すために新宿に行ったと思う」と言われました。

 
 

1ヶ月後、第一回の公判が始まりました。

裁判官の藤林は、頼まれたからといって妻を殺した梶に「介護を放棄した」と怒りを滲ませていました。実の父もまた、啓子と同じアルツハイマー病だったのです。そして、藤林の妻に介護をお願いしているものの、元裁判官だった父が暴れている様子を見るのはとても心苦しいものがありました。

妻に梶のことをどう思うか聞いたところ、妻から衝撃の事実を聞かされます。それは父から「殺してほしい」と頼まれたことがあるということと、妻が「散歩に行ってそのままお義父さんが自分で死んでくれたらいいのにと思ったことがあった」ということでした。

 

公判では、弁護側の証人に康子が出廷し「あなたは梶さんを恨んでいますか?」と聞かれ、「私は啓子を殺してあげることもできなかった。ごめんさない」と梶に向かい泣き崩れました。

その後、法廷では梶が出廷し、弁護人の植村から新聞記事を見せられましたが梶は知らないと否定します。
そして植村から「51歳になったら死ぬ気ではないですか?」と問いかけられます。(51歳になったらドナー登録が抹消されるため)

検察側からも、啓子のノートを見せられ、妻に代わり新宿に青年を探しに行ったのではないかと問いかけられますが、梶は否定しました。それは、今後、青年に迷惑をかけないためでした。

その後、裁判官の藤林から「人が壊れるとはどういうことか」と問われ「魂がなくなること」と梶は答えます。すると「魂がなくなると命ではないのか。本当に後追い自殺を考えていたのですか?本当はどこに行っていたのですか」と責められます。

植村に「梶さん、本当のことを言ったほうがいい」と言われ、梶はゆっくりと口を開き始めます。

「妻は2度も息子を失った。1度目は白血病で、2度目はアルツハイマー病で。これ以上の悲しみはありません」

「2人で息子の元へ行こうと思い手をかけた、私は殺人者です」

「私は妻を愛していました」

藤林に「魂があってこその命、そんな裁きを決めるのは私でも、あなたでもない」という訴えに対し、梶は「そうです。誰にも裁くことはできないんです」 と静かに答えました。

 
 

梶には懲役4年の判決が下り、その後、護送される車の中からあの青年を見つけます。

青年は梶に向かって「生きてください」と叫ぶのでした。

 

「半落ち」の動画を視聴するならTSUTAYA TV


愛する人が死を望んでいた時、その人のために手をかけた梶さんの姿は、胸を打たれるものがありました。

TSUTAYA TVなら、他のサイトよりも断然配信数が多いため、これを機に今まで見れていなかった作品を見て見ませんか?

↓30日以内に解約すれば無料↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です