映画「舟を編む」のフル動画を無料視聴【dailymotionやopenload】

映画「舟を編む」を無料で視聴できる方法をご紹介します。

この映画は、松田龍平演じる辞書を作る男の話であり、辞書ができるまでを描いています。不器用だけど愛嬌のある主人公に見るほどハマってしまう映画です。


今すぐ無料で視聴するなら、動画配信サービスがオススメ。

えっ、有料サービス?と思ったかもしれませんが、実際には30日間の無料トライアル(はじめての登録なら無条件で適用)がありますし、さらに登録自体も3分で終わるほどカンタンなので、怪しい動画共有サイトを時間をかけて探し回るよりはるかに早いです。

下記のリンクからすぐに視聴できるので試してみてください。


↓30日以内に解約すれば無料↓

「舟を編む」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題 ×
FOD × × ×
TSUTAYA TV 見放題 ×
hulu 見放題 ×
dTV 見放題 ×
Netflix 見放題 ×
Amazonプライムビデオ 見放題 ×
music.jp 330ポイント ×
「舟を編む」を配信しているサービスは以下のとおりです。

・TSUTAYA TV
・U-next
・Hulu
・NetFlix
・music.jp
・dTV
・Amazonプライムビデオ



ただし、Netflixのみ無料トライアルがないのでオススメしません。

それ以外のサービスであればいずれも登録直後に無料トライアルがあるのですが、1度登録したサービスの場合最初から費用がかかってしまいます。そこで一番オススメしたいのがTSUTAYA TV。


U-nextやHuluといった有名サービスに隠れがちですが、ツタヤも映画やアニメ、ドラマなどを無料で視聴できる配信サービスを提供しています。

無料キャンペーンも30日間あり、さらには有料動画を視聴するためのポイントも登録と同時に1000ポイントもらえるので、30日間のお試し期間だけでも十分楽しむことが出来ます。

それでいて、有名サービスに隠れて登録した経験がある人が少ないので、「前、他の映画を見るときに○○に登録しちゃったんだよなぁ…」となることもありません。登録も解約もカンタンですし、ぜひ今すぐ「舟を編む」を視聴してみてください。


↓30日以内に解約すれば無料↓


動画共有サイトでの視聴は危険?

youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。

試しに「舟を編む(邦題)」で検索してみたのですが、出てくるのはアニメ版の動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。


おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「舟を編む」を視聴するならTSUTAYA TV


 
お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TV:10000以上
DISCAS:TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ
付与ポイント 1100
視聴方法 オンライン
DVDレンタル
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 オンラインとは別に準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
 

TSUTAYA TVはツタヤの運営する動画配信サービスです。

TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス
TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス

TSUTAYA TVの無料トライアルに登録すると、この2つのサービスを同時に利用できます。

月額2417円ですが、30日以内に解約すれば完全無料。

また、TSUTAYA TVで配信されているサービスは他に比べると少ないものの、他にはない作品も多く、またTSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)を組み合わせると、どのサービスよりも無料で多くの映画やアニメを楽しめます。


↓30日以内に解約すれば無料↓

「舟を編む」のあらすじ


幼い頃から辞書の魅力に虜だった荒木公平(小林薫)は玄武書房で、辞書編集者として監修者の松本(加藤剛)と長年に渡り辞書作りを行い、定年退職を迎えようとしていました。

そんな中、大抜擢された馬締は、変人ながらも愛嬌で辞書作りの一員となっていきます。

「舟を編む」のネタバレ

 

松本から退職を止められますが、荒木には病気の妻がいたためやんわりと断りました。

しかし心残りがありました。それは、これまで松本と企画した辞書『大渡海』のことでした。

辞書はその特殊性ゆえに、適した人材もかなり限られます。

辞書編集部は人材不足で、「右」の説明さえできない西岡(オダギリジョー)と、実務を担当する契約社員の佐々木(伊佐山ひろ子)のみしかおらず、荒木の後継者を探しているところでした。

そんな時、辞書作り向きの人物が営業部にいると西岡が交際中の三好(池脇千鶴)から聞き、荒木は会うことにします。

その人物は馬締光也(松田龍平)といい、一見頼りなく見えますが、「西を向いた時に北にあたる方が右」という説明で、荒木はセンスを感じたのでした。

その後、馬締は辞書編集部の一員となります。

馬締は不器用で変人ですが、愛嬌ですぐに辞書編集部に溶け込んだのでした。

荒木はお目付け役として後継者を見つけたあとも大渡海作りに参加することになりました。

 

馬締が辞書編集部に異動して三ヶ月になりました。

彼の下宿先である早雲荘に、大家のタケ(渡部美佐子)の孫、林香具矢(宮崎あおい)が、共に暮らすことになります。

馬締は香具矢に一目惚れしますが、伝えれずに、悶々とした日々を過ごしていました。

香具矢は『梅の実』という料亭で修業をする為にやってきました。

恋煩いで仕事が手につかないた馬締に「恋」の語釈を担当させ、香具矢が働く料亭に編集部で行き、2人の恋を見届けるのでした。

 

ある日、香具矢の包丁を買いに馬締は付き合います。帰りに2人で観覧車に乗ると、香具矢から「女が板前っておかしいかな?」と言われます。

香具矢の仕事の邪魔をせずに告白するために、馬締は悩んだ結果、恋文を書くことにしました。

それから一週間。

香具矢からは何の返事もなく、不安で仕方ありません。

 

気づけば馬締のことや辞書作りが好きになっていた西岡は、馬締のかわりに異動を選び、残された時間で辞書作りを手伝います。

友情を感じた馬締は西岡と三好を下宿に招いてお酒を飲むと、酔っ払った西岡は三好にプロポーズしたのでした。

返事を待ちきれない馬締は、覚悟を決め、香具矢に恋文の返事を聞くことにしました。

香具矢は、気持ちは直接伝えるべきだと言います。

そこで馬締は改めて好きだと告白をし、香具矢と無事に結ばれるのでした。

馬締は、「恋」について、「人を好きになり頭から離れない事。他の事が手につかなくなる事。成就すれば天にのぼる気持ち。」と表現しました。

 

 

それから十ニ年後。

入社三年目の岸辺みどり(黒木華)は、辞書編集部に異動します。

彼女は主任となった馬締に会い、地味な作業が多い仕事に嫌気がさしていました。

しかし、馬締は岸辺が辞書作り向きだと評価していました。

製紙会社の担当者は昨年から大渡海のためだけに特注の紙を作っていて、岸辺は驚きます。

それはとても軽くて薄く、ぬくもりがあり、文字が裏に透けないよう施してあったのです。製紙会社の熱意を感じました。

しかし、馬締は指に紙が吸いつかないことを指摘し、妥協しませんでした。

 

妥協のない馬締に呆れていた岸辺は、西岡からの引継ぎ資料を見つけました。

西岡からメールが届き、岸辺は馬締の香具矢への恋文を見ることとなります。

岸辺は拙い恋文を読むことで、馬締は言葉が詰まった辞書を熱心に作り、言葉への不安を解消していることに気づきました。

それを知ってから岸辺は、やりがいを感じながら辞書作りに専念するようになりました。

大渡海の発売を来年に控え、大渡海のための紙がついに完成します。

それは、とても素晴らしい出来でした。

大渡海の最終段階の中、単語の抜けをアルバイトから指摘されたため、校正作業を中断し、1から漏れを探すこととなります。

言葉の海を渡る舟に、穴があってはいけないからです。

さらに松本が食道癌で入院してしまいます。

馬締は会社に泊まり込みで辞書作りに専念しますが、松本は完成間近で亡くなってしまい、馬締は悔しさで涙を流します。

ついに大渡海が完成。

松本の最後の手紙には、大渡海の編集に携われたことへの感謝と喜びが書いてありました。

馬締は松本の思いを伝えるためにも言葉は絶対に必要であることを確信します。

荒木はすでに大渡海の改訂作業について考えていました。

この先何十年も言葉の海を渡るために、時代に合わせた改訂が必要で、むしろ辞書作りは始まったばかりなのです。

馬締は荒木の言葉に頷き、完成を祝う今日だけはその喜びに浸ります。香具矢にはこれからもお世話になりますと伝えるのでした。


↓30日以内に解約すれば無料↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です