ハート・ロッカーのフル動画を無料視聴☆dailymotion&youtube

映画「ハートロッカー」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。

ハートロッカーは、イラク戦争での地雷撤去を描いており、一見地味にも見えるテーマでありながら、アカデミー賞も受賞した超名作でもあります。


そんなハートロッカーを今すぐ視聴する方法があります。

動画配信サービス「U-next」の31日間無料トライアルを利用することで、「今すぐに」「安全に」「合法的に」映画を見ることができます。

 

↓31日以内に解約すれば無料↓


 

「ハートロッカー」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題
FOD × × ×
TSUTAYA TV × × ×
Hulu × × ×
dTV × × ×
Netflix × × ×
Amazonプライムビデオ 300ポイント
music.jp 324ポイント
 

「ハートロッカー」を配信しているサービスは以下のとおりです。

・music.jp
・Amazonプライムビデオ
・U-next


いずれかのサービスに登録していればすぐに視聴できます。


ただ、唯一U-NEXTだけは映画の視聴にポイント(別料金)が不要なので、この3つのサービスの中であればU-NEXTで登録するのがオススメです。

 

↓31日以内に解約すれば無料↓

動画共有サイトでの視聴は危険?

youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。

試しに「ハートロッカー」「The Hurt Locker(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。


おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…



それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「ハートロッカー」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン
ダウンロード
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
 

U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。

130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。


おまけに、登録から31日間は無料。

映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。

スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

ハートロッカーのあらすじ

2008年のアメリカ映画で、戦争中のイラクを舞台としたアメリカ軍とEOD爆発処理班ジェームズ一等軍曹を中心とした映画です。


アメリカ軍を中心とした多国籍軍とイラク軍との激しい市街戦の中、殉職した前任の交代要員としてイラクに送られた爆発処理班のジェームズ一等軍曹は、EOD爆弾処理班の命知らずの専門科。

イラクの首都バグダッド郊外の「地雷」除去作業に専念するのですが、その恐れ知らずの爆弾を除去する姿は周囲の軍人を驚かせていました。


市街戦で抵抗する敵は、銃撃やミサイル攻撃をアメリカ軍やジェームズ一等軍曹、同じ技術要員のサンボーン軍曹、エルドリッジ技術兵に仕掛けてきて激しい銃撃戦になるのですが必死にかいくぐります。

完全武装のアメリカ軍援護の下、目的の爆弾処理を行い任務遂行していくジェームズ一等軍曹。自爆テロに容赦のない敵は子供や大人に体中に爆弾を仕掛けるのですがある日、大きな事件が発生したのです。


市街地で一人の男性が体中に仕掛けられた大きな爆発を処理する任務でしたが、上手く行かずそれが最後の任務となり祖国アメリカに帰還します。

家族と幸せな生活を送るのですが、イラクの戦場で今もなお戦っている仲間の事を思い、「自分の居場所はここではない、真の居場所はイラクの戦場だ」ということを知りまた戦場に戻っていき幕をとじます。

ハートロッカーのネタバレ


アメリカ・多国籍軍と戦時下のイラクに送られた爆発処理班のジェームズ一等軍曹は、恐れ知らずの勇志で次々に爆弾処理を処理していくのですが、ある日大きな事件がありました。

市街地で一人の男性が体中に大きな時限爆発を仕掛けられた状態で出てきたのです。


その男は何とか巻かれた時限爆弾を解除してほしいと、駆け付けたアメリカ軍やサンボーン軍曹に詰め寄るのですが、爆弾処理班のジェームズ一等軍曹に時限爆弾解除の任務を指示。

男に近づき解除する言葉を交わすジェームズ一等軍曹ですが物凄い爆薬量を見て一瞬たじろぎます。そもそも人間に時限爆弾がついている状態が異常ですし、当然と言えば当然ですよね。


アメリカ軍が周囲の市民を避難させた後、ジェームズ一等軍曹が爆弾の解除を奮闘するのですがタイマー数分まで時間切れでリセットできず、最後に一言「すまない」と言って自らもその場から撤退、避難していくのです。

その場で絶体絶命の状態に血相を変えてたたずむ時限爆弾を巻かれた男。時間も秒単位で迫りその直後、男の時限爆弾のタイマーが時間になり市街地周囲を破壊するくらいの大爆発が起こるのです。


この爆弾処理こそが、ジェームズ一等軍曹の最後の任務となったのです。

結末は最後の任務を終えアメリカに一旦帰還し家族、子供と過ごしていましたが、「真の居場所それはイラクでの爆発処理だ」と悟り戦場へ戻っていくのでした。

 

↓31日以内に解約すれば無料↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です