映画「インクレディブル・ファミリー」のフル動画を無料視聴【字幕/吹替】

映画「インクレディブル・ファミリー」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。


あの一家が帰って来た!

2004年公開の「Mr.インクレディブル」の続編。前作のラストシーンの戦闘から話が始まります。ジャック=ジャックの能力が本作では明らかに?ボブとヘレンは子育てに正義の味方にと大奮闘!キャッチコピーは「家事!育児!世界の危機!」


今すぐ無料で視聴するなら「music.jp」がおすすめ。

本来は月額2000円以上の少々お高めな動画配信サービスなのですが、30日間の無料トライアルを活用することで、期間内に視聴&解約してしまえば1円も費用をかけずにインクレディブル・ファミリーを楽しめます。

 

↓30日以内に解約すれば無料↓


 

「インクレディブル・ファミリー」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 440ポイント 字・吹
FOD × ×
TSUTAYA TV 500ポイント 字・吹
Hulu × ×
dTV 400ポイント 字・吹
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ 299ポイント 字・吹
music.jp 440ポイント 字・吹
※2020年3月10日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください)


「インクレディブル・ファミリー」を配信しているサービスは以下のとおりです。


・U-NEXT
・TSUTAYA TV
・dTV
・Amazonプライムビデオ
・music.jp



ただ、dTV、Amazonプライムビデオの2つは有料なので注意してください。

どちらも30日間の無料トライアルこそあるものの、肝心の映画の視聴にポイント(別料金)が必要です。タダでもらえるポイントもないので、結局自腹になってしまうわけです。


それ以外のサービスであればインクレディブル・ファミリーを無料期間内に視聴可能。

ですが前作「ミスターインクレディブル」も合わせて視聴したい場合、オススメなのはmusic.jpです。これはmusic.jpが無料トライアル登録時にタダでもらえるポイント(有料動画の視聴に使える)が極めて多いからですね。

例えばU-NEXTであれば登録時にもらえるポイントは600で、インクレディブル・ファミリーの視聴には440ポイントが必要。つまりこれ1本みたら、他の有料動画は視聴できないことになります。そして、ディズニー系の映画はほぼポイント制です。


その点、music.jpは登録時に1600もらえます。

これを使えばインクレディブル・ファミリーや前作ミスターインクレディブルはもちろん、それ以外のディズニー作品もポイントで楽しめます。もちろん30日以内に視聴&解約してしまえば費用ゼロなので、ぜひ今すぐ高画質で視聴してみてください。

 

↓30日以内に解約すれば無料↓

動画共有サイトでの視聴は危険?

youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。

「インクレディブル・ファミリー(邦題)」「incredible family(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。


おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…


それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「インクレディブル・ファミリー」を視聴するならmusic.jp

お試し期間 30日間無料 月額料金 1958円(税込)
作品数 180,000本 付与ポイント 動画ポイント:1000
通常ポイント:600
視聴方法 オンライン 視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 すべての作品でポイント購入が必要。ただし、登録時にもらえるポイントが多い
 

music.jp(ミュージックドットジェーピー)は日本企業が運営する動画配信サービス。

music.jpは名前からして音楽専門のサービスに見えますが、実は音楽、映画、漫画など幅広いメディアを揃えた、知る人ぞ知る総合配信サービスです。


特徴は、見放題ではなくすべての動画やコミックの視聴にポイントが必要なこと。
 
もっとも、30日間の無料トライアルの時点で合計1600ものポイントがもらえますし、動画1本は200~400ポイントであることが多く、漫画でも映画でも幅広いジャンルから楽しめます。

スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。
 
 

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「インクレディブル・ファミリー」のあらすじ


ボブは元スーパーヒーロー・Mr.インクレディブル。

昔はそのパワーで正義の味方をつとめていました。妻のヘレンは体が伸びる能力がある元スーパーヒロイン・イラスティガール。

長女のヴァイオレットは体の透明化とバリア、長男のダッシュは超高速移動の特殊能力を持っています。赤ん坊のジャック=ジャックにもなんらかの特殊能力が。


しかしこの時代、スーパーヒーローたちは活動を法律で禁止されていました。

彼らが暴れると街がめちゃくちゃになるからです。ボブたち一家は前回(前作ミスターインクレディブルでの話)の悪者退治でその法律にふれ、国の保護すら打ち切られてしまいます。


また、ヴァイオレットの片思いの相手・トニーは、スーパーヒロイン姿のヴァイオレットを見たばかりに記憶を消去され、彼女のことを忘れてしまいます。ヴァイオレットは大ショック。

そこへ、大富豪ウィルソンからスーパーヒーローを復活・合法化させようという話が持ちかけられます。ウィルソンは大手通信会社を経営する大金持ち。妹であり優秀なプログラマーであるイヴリンとともにスーパーヒーローの大ファン。

ただしその条件は、まずヘレンが広告塔としてヒーロー活動を行なうこと。ボブではパワーがありすぎてすぐ街が破壊されてしまうからです。ヘレンはスーパーヒロインとして活動し、ボブは家庭で家事・育児に追われることになります。


ヘレンはヒーロー活動を開始。

最初は電車の暴走事件です。1人の怪我人も出さずに見事に事態をおさめたヘレンはヒーロー活動禁止の世の中でも喝采され、ニュースにもなります。

合法化への道、第一歩は順調でした。


ボブもヘレンに祝いの言葉をのべます。しかしボブの内心では自分がスーパーヒーローとして活動できない苦しみがうずまいているのでした。

そんな時、スクリーンレイヴァーと名乗る悪役がコンピューターを使って一般人を洗脳、数々の事件を起こしはじめます。が、ヘレンはそれぞれをうまく解決し、その活躍で少しずつスーパーヒーローに対する風当たりは和らいできます。

昔活躍した他のヒーローたちもウィンストン・イブリン兄妹のもとに集まってきました。


一方、家庭内ではボブが悪戦苦闘中。

ボブはダッシュの宿題を見、ジャック=ジャックにほんろうされ、トニーの記憶を消されてしまったヴァイオレットには恨まれます。育児の過酷さに限界が来てしまったボブは子どもたちを怒鳴りつけます。

このままでは家庭崩壊。ボブは世界的デザイナーのエドナに助けを求めました。エドナは昔からスーパーヒーローたちの大ファンで、そのコスチュームも作っている人です。

底知れないジャック=ジャックの能力をどうしたらいいか。エドナは一晩ジャック=ジャックを預かり、その能力を徹底的に調べ上げます。そして能力を制御できるスーパーヒーロースーツを開発してくれました。これでひとまずは安心。


 

「インクレディブル・ファミリー」のネタバレ


合法化計画の方は順調でした。ヘレンが優秀な広告塔を務めてくれたおかげで各国の賛同も得られ、合法化を認める調印式を豪華客船の上で行なうことになりました。

その時、ヘレンは気づきます。イヴリンがスクリーンスレイヴァーだということに。


実は昔、ウィンストンとイヴリンの父親は強盗に殺されていたのです。

殺されたのは、スーパーヒーローに助けを求める電話をしている最中。スーパーヒーローに頼らず、自衛していれば殺されることもなかったと思うイヴリンは、スーパーヒーローたちの存在を内心では敵視していたのです。


はっと気づくとヘレンの周りのスーパーヒーローたちはイヴリンによって洗脳されてしまっていました!ヘレンもまたその手に落ちます。

洗脳されたヘレンはボブをおびき出し、襲い掛かり、ついにはボブをも洗脳状態にしてしまいます。全世界に放映される調印式。洗脳されたスーパーヒーローたちはそこで世界に宣戦布告をするように操られていました。


その寸前、間一髪で子どもたちが止めに入ります!

三人三様の大活躍で、父と母をはじめ他のスーパーヒーローたちの洗脳を解きました。


しかし逃げるイヴリンは豪華客船の方向を操り、街へぶつけようとします。このままでは街は壊滅状態!みんなの力を合わせてそれを阻止します。

イヴリンは逮捕。妹がこの騒動を引き起こした張本人でしたが、兄のウィンストンはスーパーヒーロー合法化計画をやめないと一家に語ります。


後日。改めてトニーと知り合ったヴァイオレットは初デートにこぎつけました。

映画館に入る2人のあとを素知らぬ顔でついていくインクレディブル一家。そこに銀行強盗が入ったとの叫びが。ヴァイオレットは「すぐ戻るわ」とトニーにいい、さっそうとヒーロー活動に向かうのでした。

 

↓30日以内に解約すれば無料↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です