仮面ライダーウィザード「in Magic Land」フル動画を無料視聴

7 min
映画仮面ライダーウィザード「in Magic Land」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 「in Magic Land」に限らずですが、仮面ライダーシリーズはTSUTAYA TVで大半が配信されているので、視聴するならU-NEXTがおすすめです。 登録自体も3分あれば完了してすぐに視聴できるようになりますし、30日間の無料トライアル期間内に視聴&解約してしまえば1円も費用はかかりません。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「in Magic Land」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題
FOD × ×
TSUTAYA TV 見放題
Hulu × ×
dTV × ×
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ 400ポイント
music.jp 330ポイント
※2020年4月19日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください) 仮面ライダー「in Magic Land」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・U-NEXT ・TSUTAYA TV ・Amazonプライムビデオ ・music.jp ただ、dTV、Amazonプライムビデオの2つは有料なので注意してください。 どちらも無料トライアルこそあるものの、肝心の映画の視聴にポイント(別料金)が必要です。タダでもらえるポイントもないので、結局自腹になってしまうわけです。 オススメは、TSUTAYA TV。 過去にTSUTAYA TVに登録したことがなければ無条件で30日間の無料トライアルが適用され、すぐに「高画質で」「安全に」映画やドラマを楽しめるようになります。 30日を過ぎたところで自動課金になってしまう点だけ注意ですが、無料期間だけ楽しむ前提なら、解約してしまえば1円も費用をかけずに仮面ライダーの映画を楽しめます。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「仮面ライダーウィザード 映画」「in Magic Land(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「in Magic Land」を視聴するならTSUTAYA TV

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TV:10000以上 DISCAS:TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ 付与ポイント 1100
視聴方法 オンライン DVDレンタル 視聴デバイス スマホ タブレット パソコン
備考 オンラインとは別に準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
  TSUTAYA TVはツタヤの運営する動画配信サービスです。
TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス
TSUTAYA TVの無料トライアルに登録すると、この2つのサービスを同時に利用できます。 月額2417円ですが、30日以内に解約すれば完全無料。 また、TSUTAYA TVで配信されているサービスは他に比べると少ないものの、他にはない作品も多く、またTSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)を組み合わせると、どのサービスよりも無料で多くの映画やアニメを楽しめます。

↓30日以内に解約すれば無料↓

「in Magic Land」のあらすじ

誘拐されたコヨミを助けるため、金色の魔法使いを追う晴人。 ビルの屋上で奇妙な儀式を行おうとする金色の魔法使いを止めるため、晴人は仮面ライダーウィザードに変身!ですが儀式を止めることはできず、出現した虹色の竜巻に飲みこれてしまいました。 目を覚ました晴人とコヨミの前に広がっていたのは、誰もが魔法を使う魔法使いの世界。金色の魔法使いの仕業だと考えた晴人はコヨミとともに調査を始めます。 魔法使いの世界を治めているマヤ大王という大魔法使いの存在を知り金色の魔法使いの正体はマヤ大王なのではと考えた晴人。マヤ大王の王城を訪問した晴人はそこでこの世界に起ころうとしている恐ろしい計画を知ることになるのでした。 果たして、晴人とコヨミは無事にもとの世界に戻ることは出来るのでしょうか・・・。  

「in Magic Land」のネタバレ

ある日の夜、正体不明の金色の魔法使いに攫われたコヨミを追っていた晴人。魔法使いはビルの屋上でコヨミに指輪とドライバーを装着させ、妙な儀式を行おうとしていました。 晴人は仮面ライダーウィザードに変身し戦いを挑みます。 2人は壮絶な魔法戦を繰り広げますが、金色の魔法使いは隙を見てコヨミのドライバーに「クリエイト」の指輪をかざすと虹色の竜巻が出現。 2人は竜巻に飲み込まれ、意識を失ってしまいました… 意識を失っていた晴人とコヨミがようやく目を覚ますと、見慣れたはずの景色の中に奇妙な城が現れていることに気付きます。 城を目指して街を歩く2人。 ですが、奇妙なことに気づきます。 街中の人間が、あらゆるところで魔法を使っていることに驚きます。まるで魔法の存在が当たり前であり、何も珍しいことではないかのように… 空中にはほうきに乗って飛び回る人達の姿がありましたが、ぶつかって落ちてしまう少年。 両腕を巨大化させてその少年を助けたのは瞬平でした。 瞬平に話かける晴人でしたが瞬平は晴人のこともコヨミのことも知らないと言います。別の世界から来たと事情を説明すると快く協力してくれる瞬平。 晴人は街の中に行きつけのドーナツ屋を見つけてお金を払いますが、お金ではドーナツは売ってくれません。この世界ではお金の代わりに魔力を払う、「魔力流通システム」が主流なのです。 瞬平と話をしながらドーナツを食べようとしたその時… エビのような姿をしたファントムと数体のグールが出現しました! 変身しようと飛び出した晴人の前に凛子が現れて、仮面ライダーメイジに変身。 同じように瞬平、ドーナツ屋の店員、街の人間達が次々にメイジに変身してグールやファントムと戦い勝利します。凛子は別世界から来たという晴人とコヨミの対処に困り、大魔法使いでありこの世界を治めているマヤ大王のもとへ2人を連行。 いよいよ目的の城に入った2人は、大王の親衛隊である魔法使い達に囲まれたマヤ大王にカーテン越しに対峙します。 「どんな魔法でも使えるって、例えば世界を作り変える魔法とか?」 マヤ大王を晴人が挑発すると、激しい雷の魔法をぶつけられ吹き飛ばされてしまいます。 「君に防げる程度の魔法だよ」 どうにか防いだ晴人でしたが、かなりの魔力を前に動けなくなってしまいます。残されたコヨミはどんな魔法を使うのかとマヤ大王に問われ、魔法が使えないことを話します。 魔力が無い人間には暮らしにくい世界かもしれないがゆっくりしていってくれと話し大王は晴人とコヨミを解放するのでした。 金色の魔法使いの正体はやはりマヤ大王だと考える晴人。 しかし話を聞いた凛子と瞬平は、金色の魔法使いに心当たりがあると言い出します。 瞬平と凛子に連れられた先にいたのは「魔力流通システム」を使わずに自給自足の生活をしている考古学者の仁藤。彼はこちらの世界でも仮面ライダービーストに変身可能でした。 外見だけ見れば金色の魔法使いには違いありません…が、人違いなのは明らかです。再び魔法使いの情報を集めることにしました。 そのさなか、晴人はつぶやきます。 「この世界も悪くないのかもな」 誰もが魔法を使うことができ、ファントムと戦えるこの世界では、自分だけが悪と戦う重荷を背負う必要もないのです。平和を守るために戦い続けてきた彼の、偽らざる本音でもありました。 そんな話をしていると、面影堂を見つけた晴人とコヨミ。 店内では少年と輪島が魔法の指輪の販売実演を行っていました。 晴人を見た輪島は、晴人とコヨミに居場所がないことを察し、泊まっていくかと声を掛けます。こうして今までの世界同様に面影堂で世話になることにした晴人。 同室の少年シイナが、母親を虹の竜巻に攫われた話を聞きました。 シイナは夜な夜な街に出ては母親を探しているのだと輪島から聞く晴人。 「帰ってきた母親にもっといい指輪を作ってあげなさい」 かつてマヤ大王に虹色の竜巻のことを話しに行った際に、母親が失踪した際にシイナが作った指輪をしていたことを知っていたような口ぶりに、不信感を募らせるシイナ。 それ以来マヤ大王に頼ることなく街を歩くようになったシイナ。その夜、金色の魔法使いが虹色の竜巻で人を連れ去る現場を目撃します。 その場を離れようとしたシイナの前にメデューサ、フェニックス、グレムリンのファントム3体が現れシイナを絶望させようと襲撃!メイジに変身して立ち向かうも倒されてしまい、その身にヒビが入り絶望する一歩手前の状態に陥ります。 シイナを救うべくその場に現れたのは仁藤と晴人。 それぞれビースト、ウィザードに変身して3体のファントムを退けます。 「エンゲージ」の魔法でシイナの精神世界であるアンダーワールドに突入するビーストとウィザード。アンダーワールドで暴れていたファントムを撃破してシイナを救い出した晴人。 その頃、夜の街でコヨミはマヤ大王の近衛兵を名乗る男から話しかけられます。 魔力が無いと話すコヨミに 「人と違うことはつらい。そんな世界は無くなればいい」 と近衛兵は遠い目をして話しました。 次の日、目を覚ましたシイナからマヤ大王がやはり金色の魔法使いではないか?と話を聞いた晴人と仁藤はエメラルド城に侵入します。 仁藤は以前から「魔力流通システム」を利用して溜め込んだ魔力が、どこへ消えているのかを気にしていました。城の地下で無数の人の骨が連なる「タナトスの器」を見つけ、溜め込まれた魔力の行先がここであることを突き止めた2人。 「タナトスの器」の中の人骨が指輪をしているのを見つけ、晴人はそれがシイナの母親の骨なのではと推理します。 「タナトスの器」をつくるために金色の魔法使いは人を攫っていたとするならば、やはりマヤ大王がその正体に違いない。晴人と仁藤が結論付けたそのとき、マヤ大王と側近のオーマ大臣が現れました。 マヤ大王の正体は夜の街でコヨミに接触してきた、近衛兵の男だったのです。 逃げる2人の前に金色の魔法使いが襲いかかります。 仁藤はビーストに変身し、この世界のことはこの世界の人間で決着をつけると戦いを買って出たため晴人は隙を見て城を脱出するのでした。 ビーストは金色の魔法使いに対して猛攻をしかけますが強力な反撃を受け爆炎の中にその姿を消しました。脱出に成功した晴人は凛子や瞬平に「魔力流通システム」の秘密について話をしますが信じてもらえません。 ファントムから救われたシイナもその影響で魔力を失ったことに動揺し晴人を敵視します。 そんな中マヤ大王から世界中に異世界からの侵略者であると発信が流れ命を狙われる晴人。 ウィザードに変身して襲ってくる近衛兵と戦い続ける晴人。 輪島から「お前が信じたいものを信じればいい」と促されたシイナは晴人の味方として戦うことを決意します。瞬平、凛子も戦いに加わると倒されたと思われていた仁藤が現れビーストに変身して晴人を援護します。 周囲からの協力を得てエメラルド城に向かうウィザード。 しかしわずかに間に合わずマヤ大王が「タナトスの器」を起動します。 「魔力流通システム」でこれまで溜め込んだ魔力を世界中の魔法使いに逆流させ皆殺しにすることがマヤ大王の狙いでした。「タナトスの器」の影響で変身が解除され倒れる晴人。 マヤ大王は平然としており魔法使い全員に対して作用するはずの「タナトスの器」の影響がないことを晴人は不思議に思います。その理由は自分には魔力が無いからだと話すマヤ大王。 王子として生まれたにも関わらず魔力が無いという事実をオーマ大臣の協力で隠していたマヤ大王は、ずっと魔法使い達の世界を滅ぼしたいと考えていたのです。 動けなくなっていた晴人でしたが全身にヒビが入り始めます。 世界中の魔法使い達にも同じ症状が現れ激しく動揺するマヤ大王。 「すべて計画通りだ!」 高らかに笑いながらオーマ大臣が姿を現しました。 なぜ「タナトスの器」の影響がないのかと聞かれたオーマ大臣は、ファントム・ドレイクに変身。自分の正体はファントムであり、マヤ大王の狙いを利用して大量のファントムを生み出すことが目的であることを明らかにします。 オーマ大臣は金色の魔法使い、仮面ライダーソーサラーに変身。 「俺が・・・皆の希望になるんだ・・・!」 自力でファントムを抑え込み立ち上がる晴人。 「さあ、ショータイムだ!」と高らかに宣言しウィザード。ソーサラーとウィザードは互いに魔法を撃ち合い死力を尽くして戦います。 追い詰められるウィザードでしたがシイナの母親の指輪の魔法「フラワー」で花を散らせ作った隙でインフィニティースタイルに変身。圧倒的な魔力でソーサラーを追い詰め必殺の一撃で見事撃破します。 ソーサラーを倒したことで虹色の竜巻が発生し元の世界に戻ってきた晴人とコヨミ。マヤ大王やシイナのことを想い本当にこれで良かったのかと悩むコヨミでしたが晴人が笑顔を返します。 晴人の視線の先にはこっちの世界で母親と楽しそうに歩くシイナ、そして家族を持って幸せそうに歩くマヤ大王の姿がありました。 晴人とコヨミは微笑み合い、仲間達といつもの日常に戻っていくのでした。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です