映画「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のフル動画を無料視聴

1 min
映画「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 手っ取り早く視聴するなら、音楽配信大手のUSENが運営する動画サービス、U-NEXTの31日間無料トライアルを利用するのがおすすめ。 登録しなければ視聴できないのがデメリットですが、それでも3分あれば終わるほど入力項目が少ないので、U-NEXTで「アイトーニャ」を視聴してみてください。

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「アイ、トーニャ」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題 字・吹
FOD × ×
TSUTAYA TV 500ポイント
Hulu × ×
dTV 見放題
Netflix 見放題 字・吹
Amazonプライムビデオ 199ポイント 字・吹
music.jp 440ポイント 字・吹
※2020年4月11日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください) 「アイ、トーニャ」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・U-NEXT ・TUTAYA TV ・dTV ・Netflix ・Amazonプライムビデオ ・music.jp ただし、新しく登録する場合Netflix、Amazonの2つは有料なので注意してください。

Netflix:このなかで唯一無料トライアルがなく、初日から月額料金がかかってしまう。 Amazonビデオ:30日間無料トライアルあり。ただし視聴にポイント(別料金)が必要。タダでもらえるポイントがなく自腹

それ以外のサービスなら、アイ,トーニャを無料期間に視聴可能。 ですが、せっかくならアイトーニャ以外の映画も視聴したいと思った場合、見られる作品の数やジャンルに大きな差があります。一番ベターなのはU-NEXTですね。 配信数が14万作品以上と非常に豊富です。 洋画、邦画、アニメ、ドラマ、バラエティ…古い映画から新しい映画まで、「見たい映画があったら、とりあえずU-NEXTを探す」という人も少なくありません。 また、無料トライアル期間も31日間とどのサービスと比べても長いので、無料でたっぷり楽しめるのもありがたいですね。登録も3分あれば終わるので、ぜひ今すぐ試してみてください。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「アイ、トーニャ(邦題)」「i tonya(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「アイ、トーニャ」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン ダウンロード 視聴デバイス スマホ タブレット パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
  U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。 130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。 おまけに、登録から31日間は無料。 映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。 スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。

↓31日以内に解約すれば無料↓

「アイ、トーニャ」のあらすじ

トーニャ・ハーディングは、破天荒で暴力的な母親であるラヴォナに育てられながら、4歳でフィギュアスケートを始めました。通常ならスクールには通えない年齢でしたが、ラヴォナが無理矢理コーチを納得させて通わせました。 トーニャには才能があり、半年後には初の大会には優勝。そこからは母親からほとんど虐待に近いしつけを受けながら、毎日ひたすらフィギュアスケートに打ち込んでいました。 15歳になったトーニャは、ある日の練習中にジェフという男性と出会います。デートにはラヴォナもついてきましたが、それでもジェフはトーニャを好きになってくれました。 ジェフと付き合うようになると、優しかった彼はトーニャに暴力を振るうように。それでも暴力の後は謝って優しくしてくれるため、トーニャは彼を愛していました。 それから1年後、大規模なフィギュアスケートの大会に出たトーニャ。 しかし、型破りなロックの選曲に派手なダンスを取り入れた彼女のスケートは、審査員には受け入れてもらえず低い評価をつけられます。 審査員を納得させるために、トーニャは女性スケーターで誰も達成していないトリプルアクセルを決めることを誓うのです。 トーニャが大会後に家に帰ると、ラヴォナはあんな演技をするのは恥さらしだと彼女に言いました。怒ったトーニャが言い返すとラヴォナは暴れ出し、ふいに投げたナイフがトーニャの腕に刺さってしまいました。 もうここにはいられないと呆れたトーニャは、家を出てジェフと住むことに決めます。ジェフとの暮らしは最初の頃はとても幸せな時間でした。そして結婚もして、2人とも永遠にこんな日々が続けば良いと思っていました。 フィギュアスケートに関しては、いまだにトーニャの演技は審査員に受け入れられていません。苛立つトーニャでしたが、逆境を乗り越え、ある日の大会で女性フィギュアスケーター初のトリプルアクセルを決めます。 そこからは、異端児扱いのトーニャは一転してトップフィギュアスケーター扱いに。全米中から注目を浴びるようになります。 しかし、そこからがジェフとの生活の破綻の始まり。 トーニャは傲慢になり、ジェフも再び暴力をするように。しまいには、家を出たトーニャが警察に頼んでジェフに接触禁止令を出すほどになっていました。 しばらく別々に暮らしていた2人でしたが、ジェフがあきらめずにトーニャに連絡を取り続けたことで、再び暮らすようになります。初めてのオリンピックに参加したトーニャは、スケートの刃の調子が良くなかったせいで、トリプルアクセルに失敗。 結果は4位になり、特にスポンサーも付くことなく彼女のスケート人生は終わりをむかえました。そしてそこからジェフとの関係は再び悪くなり、ついには離婚となってしまったのです。  

「アイ、トーニャ」のネタバレ

ある日、ウェイトレスとして働いていた彼女のもとに、昔のフィギュアスケートのコーチがやってきます。なんと通常4年ごとに開かれるオリンピックでのフィギュアスケートの大会が、2年ごとに変わり、トーニャに出場の機会が与えられたとのこと。 再びフィギュアスケーターとして活動し始めたトーニャでしたが、いまだに審査員たちは彼女の演技を認めていませんでした。審査員によると、国の代表となるからには、家族愛が感じられる人物でないといけないとのこと。 夢を叶えるために、トーニャは数年ぶりに母親のもとを訪ねますが、結局は喧嘩をしてしまい、うまくいきません。そして最後の頼みとしてジェフのもとを訪ねました。ジェフは彼女を受け入れ、また一緒に暮らすことにします。 トーニャは、数ヶ月後のオリンピックが終わればジェフとは別れる気でしたが、その間に全米を揺るがす事件が起きてしまいます。 事件の3週間前、トーニャのもとに殺人を予告した脅迫の手紙が届きました。彼女はそこから演技の調子を崩してしまい長期間苦しんでいました。 そんなトーニャの様子を見かねたジェフは、同じ全米代表のナンシーにも同じことをして揺さぶりをかけようと考え、トーニャの不利な状況の改善を試みます。 ジェフが幼なじみであるショーンに相談すると、ショーンは知り合いを使ってナンシーを脅すと答えました。トーニャは、ナンシーに脅迫文を送る作戦をジェフから聞いたものの、特に乗り気ではありませんでした。 しかしジェフがしつこいので、知り合いに頼みナンシーが練習しているスケートリンクの居場所を聞きメモをしました。 その数日後、テレビのニュースを観たジェフとトーニャは唖然とします。なんと、ナンシーが不審な男に背後から膝を殴打されたとのこと。 脅迫文を送るだけのはずだとジェフはショーンを問い詰めます。それに対してショーンは、計画通りだと笑いながら返しました。 そして、トーニャに殺害予告を送ったのも自分だとジェフに言い、今まで色んな人が自分をバカにするのが許せなかったため、世間に自分の力を証明したかったと続けて言いました。 数日後トーニャは、オリンピックの切符を手に入れるための大会で素晴らしい演技を見せ、見事に優勝。オリンピックへの出場を手にします。 その頃、FBIはナンシーを襲った男を逮捕し、ショーンやジェフだけでなくトーニャにも事情聴取をしました。全員が知らないと否定しましたが、ショーンやジェフがFBIに真実を話し始め、さらにはジェフがトーニャも計画を知っていたと言って彼女を巻き込みました。 ショーンとジェフが逮捕され、事件にトーニャも関わっていることがメディアに知れ渡り、トーニャはマスコミから追われるようになります。 精神的にボロボロになったトーニャは、コーチの提案で一連の騒動を世間に謝罪し、オリンピックの演技に集中することにしました。 オリンピック当日、演技ではミスはなかったものの、トーニャの結果はベスト8止まり。一方のナンシーは2位の銀メダルでした。その後、裁判が開かれ、トーニャは全米フィギュアスケート協会の登録を抹消され、二度とフィギュアスケートが出来なくなりました。 泣きながらフィギュアスケートだけは取らないで欲しいと懇願するトーニャでしたが、その要望は通らず絶望の淵に落とされてしまいました。 最後は、最悪の状態でも世間からの注目を浴び続けながら生活費を得ることを決意したトーニャが、人々の批判を受けながらボクシングの世界で闘う姿を映して映画は幕を閉じます。

↓31日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です