映画「いつか読書する日」フル動画を無料視聴【配信まとめ】

1 min
映画「いつか読書する日」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 17歳だった頃、始まる前に終わった恋はそれから30年経っても心の中に残っていました。 50歳の男女の、決して表には出さない切ない恋をつづった物語。田中裕子と岸部一徳が主演の男女を繊細に演じています。 今すぐ視聴するならU-NEXTがおすすめ。 月額1990円のサービスですが、31日間の無料トライアルが適用されるので、期間内に視聴&解約してしまえば1円もかけずに楽しめます。

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「いつか読書する日」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題
FOD × ×
TSUTAYA TV × ×
Hulu × ×
dTV × ×
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ × ×
music.jp 220ポイント
※2020年5月1日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください) 「いつか読書する日」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・U-NEXT ・music.jp どちらを選んでもOKなのですが、この機会に他の映画やドラマも見たいなら、music.jpには見放題動画がない(3~5本程度見たら終了)なので、U-NEXTを選ぶといいです。 U-NEXTであれば合計14万以上の動画が配信されており、無料トライアルも31日間用意されているので、ぜひ今すぐ「いつか読書する日」を視聴してみてください。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「いつか読書する日(邦題)」「ituka dokusyo suru hi(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「いつか読書する日」を視聴するならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン
ダウンロード
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
  U-NEXTは日本企業が運営する、月額1990円の動画配信サービスです。 130,000におよぶ映画やドラマ、アニメなどが配信されているだけではなく、雑誌や漫画なども配信されており、数ある動画配信サービスのなかでもトップクラスにコンテンツが多いのが特徴です。   おまけに、登録から31日間は無料。 映画を十分に楽しんで、31日目までに解約すれば費用は1円も発生しません。さらに無料登録すると600ポイントがもらえるので、有料の作品(新作映画や新作コミック)もタダで楽しめます。 スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに映画を楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。    

↓31日以内に解約すれば無料↓

 

「いつか読書する日」のあらすじ

50歳の美奈子(田中裕子)は一人で静かに暮らしています。 坂道の多い小さな町で、朝は牛乳配達、昼はスーパーのレジ打ちをして。スーパーでは上司と同僚が不倫をしていますが、それを知っても美奈子の心が乱されることはありません。 朝の牛乳配達では走って坂道を上ります。 そのルートの途中に一軒の家がありました。 美奈子はその家にも牛乳を、他の家と同じように配ります。そしてその家の住人は決して顔を合わせない時間帯に家から出て来て、ボックスから牛乳を家に持って帰ります。 その家に住むのは高梨槐多(岸部一徳)。高梨には末期がんの妻(仁科亜季子)がいました。高梨は病身の妻を献身的に介護し、優しくいたわります。 しかし妻は気づいています。夫が、牛乳を飲むのはたった一口だけであることに。たった一口のために牛乳を取り続ける意味はなんでしょう。 さりげなく聞こえるように夫に訊くと、 「そうだな、取るの止めるか」 と答えるのでした。 ――35年近く前の話。 美奈子と高梨はお互いに恋をしていました。 でもその矢先、美奈子の母と高梨の父が、自転車で2人乗りする姿を見てしまいます。彼らはそのまま事故に遭い死んでしまったことで、町に不倫が知れ渡ります。 子どもたちの恋もその時に死んだのです。 昔と同じ家に住み。 通勤途中ですれ違い。 スーパーでほんの数メートルの場所にいても…2人は視線も合わせることなく、30年経って50歳になった今も、微妙な関係が続いていたのでした。 それでも高梨が飲みもしない牛乳を取り続けたのは、美奈子と接点を作るためだったのか、それとも違う目的があったのか… 現在、高梨は市役所の児童課に勤め、虐待児童への対応をしています。一方、美奈子は青春時代に買った本だけが並ぶ本棚に囲まれた自分の部屋で一人本を読みます。 そんな時、高梨は1人の老人に出会います。「50歳から85歳まで……長いですか?」と質問すると「長いぞ」と返ってきました。35年。あの頃から今までの時間と同じです。  

「いつか読書する日」のネタバレ

高梨の妻にはもう時間がありませんでした。 自分の最期を悟った妻は、寝たきりの体の力を振り絞って牛乳の配達ボックスに手紙を入れます。美奈子へ向けて、2人だけで会いたいと。 恐る恐る高梨の家を訪れた美奈子。 「私が死んだら、夫と一緒になってください」。 思いがけない言葉をかけられ、動揺する美奈子。 「ずるい」と言って美奈子は帰ることにしました。 ずるかったのはどちらでしょう。死んでもなお、2人の間に存在することになる妻でしょうか。長い結婚生活の間、高梨の心にずっといつづけた美奈子でしょうか。 妻は間もなく命を終えました。葬儀がしめやかに行われます。 橋の上に佇む高梨のさびしそうな後ろ姿に、美奈子は35年ぶりに声をかけます。 「高梨さん……」 声をかけても反応しません。 「……槐多!」 振り向く高梨。 35年の時が戻りました。再び繋がる心。 2人はお互いの親が事故に遭った現場を見に行き手を合わせます。 それが時が止まった魔法を解く儀式でした。2人は堅く抱きしめ合い、美奈子の部屋で2人だけの時間を過ごします。 しかし翌日――。高梨は溺れた子どもを助けて溺死 高梨の顏には穏やかな笑みが浮かんでいました。その事件を遠くから見守る美奈子。美奈子は客観的には高梨とは何の関係もない他人でしかないのです。昨日の時間を除けば。 美奈子の毎日がいつものように続きます。 坂の道の牛乳配達から始まる一日。 「これからどうするの」という問いに、美奈子は穏やかに笑って答えます。「読書でもします」。これからは新しい本も読もう。35年前に止まってしまった読書はまた動きだしたのです。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です