映画「ジグソウレガシー」フル動画配信一覧&無料視聴VOD

8 min
映画「ジグソウ:ソウ・レガシー」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 結論から言うと「ソウ」シリーズを視聴するには、動画配信サービスのTSUTAYA TVが手っ取り早いです。 30日間の無料トライアル期間を利用すれば、「ジグソウ:ソウ・レガシー」だけではなく、ソウ(初代)を除くソウシリーズ映画を一挙に視聴することができます。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「ジグソウ:ソウ・レガシー」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT 見放題 字・吹
FOD 見放題 字・吹
TSUTAYA TV 見放題 字・吹
Hulu × ×
dTV 見放題 字・吹
Netflix 見放題 字・吹
Amazonプライムビデオ 見放題 字・吹
music.jp 330ポイント 字・吹
※2020年4月29日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください) 「ジグソウ:ソウ・レガシー」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・U-NEXT ・FOD ・TSUTAYA TV ・dTV ・Netflix ・Amazonプライムビデオ ・music.jp ただ、Netflixだけは新しく登録する場合は有料です。 というのもジグソウが配信されている7つのVODサービスのなかで、唯一無料トライアルがないからですね。もし無料での視聴を最優先にするなら、Netflixは除外しましょう。 それ以外のVODに登録するとして、大事なのは過去に登録したものは選ばないこと。例えば以前U-NEXTに登録している場合、今回また登録すると無料トライアルが適用されません。 なので無料での視聴を考えるなら、必ず今までに登録した事がないVODサービスを選びましょう。(もしくは、クレカとメールアドレスを以前と別のものに変えればOKです) 一番オススメなのはTSUTAYA TVで、ソウシリーズ全て(1作目除く)をすべて視聴可能です。また、30日間の無料トライアルが適用されるので、期間内に解約してしまえば1円も費用はかかりません。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「ジグソウ:ソウ・レガシー(邦題)」「jid saw regacy(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「ジグソウ:ソウ・レガシー」を視聴するならTSUTAYA TV

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TV:10000以上
DISCAS:TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ
付与ポイント 1100
視聴方法 オンライン
DVDレンタル
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 オンラインとは別に準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
  TSUTAYA TVはツタヤの運営する動画配信サービスです。

TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス

TSUTAYA TVの無料トライアルに登録すると、この2つのサービスを同時に利用できます。   月額2417円ですが、30日以内に解約すれば完全無料。 また、TSUTAYA TVで配信されているサービスは他に比べると少ないものの、他にはない作品も多く、またTSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)を組み合わせると、どのサービスよりも無料で多くの映画やアニメを楽しめます。    

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「ジグソウ:ソウ・レガシー」のあらすじ

犯人と警察のカーチェイスが行われています。 エドガーという黒人男性はある工場に逃げ込み、屋上へ。そこには謎の×印とリモコンがあり、男は警察たちをリモコンで脅します。 「ハロラン刑事を呼べ。呼ばないと5人が死ぬ」 そこで、ハロラン刑事が到着します。 リモコンを置くようにと指示しても聞かない犯人に対して、ハロラン刑事は「リモコンを撃て」と命じ、エドガーの手とともにリモコンは破壊。同時に弾丸の1つは彼の胸に当たり、意識を失ってしまいます。 「ゲームは始まった」 とだけ言い残して… ある部屋で、バケツのようなものをかぶった5人の男女が目を覚まします。また彼らの首には太い鎖が繋がれており、状況が読めずに彼らは混乱しています。 するとスピーカーから謎のアナウンスが入ります。 「脱出するには血を捧げて自分の罪を告白しろ」 音声が止まったあと、彼らとは部屋の反対側の壁に付けられていた電動ノコギリが動き始め、首に繋がれた鎖がその方向に引っ張られ始めます。 パニックの5人ですが、その中の女性の一人、アナはわずかでも血を流せばいいということに気づき、電動ノコギリに近づいて手を傷つけます。すると電動ノコギリの壁が開きます。 そのことを他の人たちにも伝え、次々と壁が開きますが、右端の男はとうとう目を覚まさずに、電動ノコギリに激突。むごたらしい姿へと変わってしまいます… 場面は代わり、ジョギングしている女性が映ります。まわりの人々が見上げながらざわついており、女性が振り返ってみると、バケツを被った遺体がぶら下がってました。 検視官のローガンが運ばれて来た遺体のバケツを取ってみると、頭部が斜めに切られており、遺体の判別は難しそうです。 首筋の傷跡に気づいたローガンは、そこからUSBスティックを発見。 パソコンにつなげて再生してみると、ジョン・クレイマーの声で「ゲームは始まった。あと4人。」という声が聞こえてきます。 なんとか生き残った他の人たちが鎖に引っ張られ向かった先は、農場の納屋のような部屋。そして鎖は天井へと繋がれています。奥から「告白しろ」と書かれたテープを持ったジグソウ人形が向かってきます。 黒人青年のミッチは「自分が売ったバイクで交通事故が起き、買った人間が死んだ。でもあれは事故だ。」という告白をします。 アナは「自分の赤ちゃんが隣で寝ている夫の寝返りで死んだ」ことを告白しました。 2人とも自分のせいではないと主張します。 部屋を調べていた4人ですが、人形にはテープもついていて、ミッチがそれを手に取ると突然鎖が引っ張られ、首つりの状態へとなってしまいます。 すると上から3本の注射器が入った箱が下りてきました。 テープを再生すると、「3本の注射器のうち1本は解毒剤、1本は生理食塩水、1本は猛毒な酸。救える命を見捨ててカバンをひったくったやつに毒を打ってある。 そいつに注射器を打てば仕掛けは止まる」というメッセージが流れてきました。 そこで金髪の女性、カーリーの顔が曇ります。 そしてまた仕掛けが動き出します。注射器を手にしたライアンはカーリーの目の前に注射器を差し出して、どれが正解の注射器だと問います。注射器を見たカーリーは「命の価値は3ドル53セント…」とつぶやきました。 再び宙づりになる4人。間に合わないと思ったライアンは注射器3本ともをカーリーの首に刺してしまいます。仕掛けは止まり、鎖も外れましたが、無惨にもカーリーは、酸の注射によって首から溶けて死んでしまいます。 そこで注射器を見てみるとそこにはそれぞれ数字が書いてあり、「3.53」と書いてある注射器がありました。カーリーの「3ドル53セント」という言葉を聞いていたミッチはこの注射器が正解だったんだと言います。 その注射器を調べてみると中に別の数字がありました。 その数字を扉で入力すると鍵が解除され3人は次の部屋へと向かいます。 ジョギングの女性が見つけた、バケツをかぶせられた被害者の身元が判明。被害者はマルコム・ニールというギャンブル中毒者で、借金を返さずに妻を殺された過去がありました。 そして、再び場面は「ゲーム」をしている者たちに。 次の部屋もまた納屋のようで、鉄格子の窓の風景から田舎だと推定できますが、相変わらず抜け出すことはできません。唯一出られそうな扉には「出口なし」と書かれているだけ。 そこにライアンが近づくと床が抜け、右足にワイヤーが絡まり、下手をすると足が切れそうです。ライアンを助けようと他の2人が床を調べると、テープレコーダーが見つかりました。 再生してみると、「レバーを引けば自由になれる」というメッセージ。 よくみると抜けた床にレバーがあります。自由になるとはどういうことなのか、おそらく足が切れることなのだろうとライアンは悟ります。 他の2人が部屋を調べていると、円形の小さな部屋にリモコンがぶら下がっていました。そのリモコンを引っ張ると小部屋の扉が閉まり、「ライアンがレバーを引けば助かる」というメッセージです。それと同時に部屋の上から穀物が注がれます。 ライアンの近くにはモニターがあり、そこから2人の様子が見れます。 穀物は胸のあたりまで埋まると止まりましたが、今度は刃物が降ってきました。 肩などに刺さり早くレバーを引くように叫ぶ2人。迷うライアンでしたが、ついにレバーを引きます。やはりワイヤーが作動し右足が切断されますが、2人は助かりました。 その頃、刑事たちは1体目のマルコムの死体にあった菌から死体が殺された場所の特定を進めていました。 そんな中、飛び降り自殺体が発見されました。その遺体は酸による損傷が激しく、2人目の犠牲者、カーリーのようです。 刑事2人は検視官ローガンの助手、エレノアがジグソウの熱狂的なファンであることから彼女を容疑者にあげました。 しかし2体目の遺体からジョン・クレイマーの血液が出たことから操作は混乱。その矢先、冒頭のシーンで逃げていたエドガーが病院からいなくなる事件が起きます。 ジョン・クレイマーは本当に生きているのかと疑ったハロラン刑事たちはジョン・クレイマーの墓を確認することにするのです。そして墓にはジョンの遺体ではなく、エドガーの遺体が… 再びゲームの場面に切り替わります。 なんとか助かった黒人青年ミッチと女性のアンナでしたが、次の部屋に進むとそこにはミッチと名前が書いてあるバイクがあります。 ミッチがおそるおそるバンパーを開くと、仕掛けが作動しミッチの足にひもが絡まってそのまま逆さ吊りにされます。 「お前が売ったあのバイクにはブレーキに欠陥があり、お前はそれを知りつつもバイクを売りつけた。買った男はそれで死んだ。お前が売りつけた相手は私の甥だ」 というメッセージが流れました。 ミッチは逆さ吊りのままらせん状の切断機の上に連れられます。 らせんの下にはバイクのブレーキが置いてあり「心配するな。このブレーキはちゃんと動く」というジョンのメッセージとともにらせんの刃が動き、ミッチはらせんの下へと徐々に降ろされます。 らせんは下に行くほど狭まるので下手をすると体がバラバラになってしまいます。アンナはらせんを止めるため、動力源のバイクの車輪のところへよじ登り、鉄の棒を車輪に噛ませてらせんを止めました。 ほっとしたミッチでしたが、鉄の棒は折れ、再びらせんは動き始め、ミッチは無惨にもバラバラになります。 ・・・ エレノアが疑われていることを知ったローガンは、エレノアのもとに行き問い詰めます。 エレノアはジョンの拷問器具を集めた倉庫にローガンを連れていき、自分はやっていないが疑わることをしていると言います。 しかしその現場は尾行していた他の刑事に写真で抑えられてしまいます。 ローガンにも疑いがかけられ、キースという刑事がローガンのもとに行くと、ローガンは「ハロラン刑事こそ疑わしい」と言います。 ハロラン刑事は以前から操作の仕方に問題があり、今回の被害者もハロラン刑事に関連していたため、疑う余地がありました。 助かったアンナは出口を探しますが、後ろからなにものかに注射をうたれ眠ります。アンナが目覚めると、目の前には鎖でつながれたライアンがいて、自分も鎖が繋がれています。 そこの死んだはずのジョン・クレイマーが現れます。実はジョンとは近所の間柄で面識があったアナは驚きのす。「ゲームをしよう。最後の試練だ」とジョンは言い、また2人の罪について説明し始めます。 ライアンは高校時代、友人3人たちと車にのって薬物か飲酒をして、事故を起こしました。 事故の直前、車から飛び出たライアンは助かりましたが、残りの友人2人は死亡しました。ところがライアンはそのことを友人の親族などには告げませんでした。 アナの夫は小さい赤ちゃんを自分の寝返りで殺していました。しかしそれは、育児に疲れm夫とも上手くいってなかったアナが仕向けたことでした。赤ちゃんを殺したとして逮捕された夫は、留置所で首つり自殺します。 ジョンはそこで、2人の間にショットガンを置きます。「後ろ向きの2人にチャンスをやる。自由への鍵はこの中にある。」そう言い残すとジョンは出ていきます。 これで相手を撃てばゲームは終わると思ったアナは、ショットガンを手にします。右足を切断したライアンはどうすることもできません。 そこでジョンが言った「後ろ向き」という言葉にライアンは気づきます。 「撃っちゃだめだ。後ろ向きだ。」そう叫ぶライアンでしたが時遅く、ショットガンの弾はアナに逆噴出し、アナは死亡します。 そして銃弾の薬莢の中には鎖を解く鍵が入っていましたが、壊れてしまい使えません。「自由への鍵はこの中にある。」ジョンの言葉がよぎるライアンでしたが、もう遅かったのです。  

「ジグソウ:ソウ・レガシー」のネタバレ

エレノアが、ジョンの親戚の養豚場が犯行現場であることを突き止め、ローガンとともに向かいます。そしてハロラン刑事もその2人を尾行しています。 養豚場に入る2人ですが、ハロラン刑事が2人に銃を突きつけます。ローガンがハロランを殴ったすきにエレノアは何とかその場から逃げます。 それを追うハロランでしたが、何者かに注射器を刺され意識を失います。 目覚めると、ローガンとハロランの二人が鎖に繋がれ、首にレーザーカッターの器具を付けていました。 2人のあいだにはそれぞれに矢印が向けられたボタンが設置されています。 「死に値する罪を認めれば死を免れる。」というメッセージが流れます。おそらくボタンを押した矢印のレーザーカッターが作動し、罪を認めなければならないのでしょう。 ハロラン刑事が自分からやると言います。しかし彼はローガンの矢印を押しました。ローガンは後ろへと引っ張られ、レーザーカッターが作動します。 ハロラン刑事は無茶な捜査のせいで、ローガンの妻が殺害された時の犯人を起訴できず、無罪放免にしてしまったことを言います。そしてその犯人とは冒頭のエドガーでした。 そんな強引な操作続け、複数の犯人を捕まえられなかったことを告白すると、ハロラン刑事の装置は止まりました。ほっとするハロラン刑事でしたが、天井を見るとあることに気が付きます。 自分側のレーザー光線は天井を焼いているのに、ローガン側の天井にはレーザーカッターの跡が残っていないのです。 すると死んだはずのローガンが起き上がり、録音テープ取り出しました。 そこには、ハロラン刑事の自白が録音されています。 血は、あらかじめ仕込んでおいた血糊でした。 ここでローガンの過去のシーンです。 じつはローガンは冒頭で、目覚めずに壁の電動ノコギリに突っ込んだ人でした。実はこれはジグソウのゲームがうまく作動せずに起きた、アクシデントだったのです。 「悪意のないミスで死ぬ必要はない」として、ローガンに解放されていました。そしてここまで描かれていたゲームは10年前のものだったことが明らかにされます。 その後ローガンはしばらく、ジグソウの下で協力していました。 ジグソウのゲームの医療面のことはローガンが執り行ってきたものでした。戦争で心を病んだローガンは、ジグソウの下で働くことで、徐々に心のリハビリをしていったのです。 妻がエドガーも殺害されたにも関わらず、ハロラン刑事がエドガーを釈放したことで、この殺人ゲームを計画したのでした。 ローガンはハロラン刑事のレーザーカッターを解除することなく、ハロラン刑事はレーザーで頭部を焼かれ、花のようにぺらっと開き死亡して、映画は終わりです。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です