「ジョン・ウィック」シリーズのネタバレとフル動画を無料視聴

8 min
「ジョン・ウィック」シリーズを1作目~3作目まですべて無料で視聴可能なのはmusic.jpのみ!
配信サービス お試し期間 有料・見放題 字幕・吹替
30日間無料
付与ポイント1600
3作品で1430ポイント 字・吹

↓30日以内に解約すれば無料↓

「ジョン・ウィック」の動画配信状況

1作目:ジョン・ウィック 2作目:ジョン・ウィック:チャプター2 3作目:ジョン・ウィック:パラベラム

※FODとHuluは1~3作目すべて未配信
配信サービス お試し期間 有料・見放題 字幕・吹替
31日間無料
付与ポイント600
1,2作目:配信なし
3作目:550ポイント
字・吹
30日間無料
付与ポイント1100
1,2作目:440ポイント
3作目:550ポイント
1作目:吹:
2作目:字・吹
2週間無料
付与ポイント100
1,2作目:配信なし
3作目:550ポイント
字・吹
31日間無料
付与ポイントなし
1作目330ポイント
2作目:配信なし
3作目:440ポイント
字・吹
30日間無料
付与ポイントなし
1作目:400ポイント
2作目:407ポイント
3作目:500ポイント
字・吹
30日間無料
付与ポイント1600
1作目:440ポイント
2,3作目:550ポイント
字・吹
※2020年5月13日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください)
非推奨VODサービス

amazon:視聴にポイント(別料金)が必要 dTV:視聴にポイント(別料金)が必要 U-NEXT:1作目、2作目の配信がなし TSUTAYA TV:シリーズ3作品のうち2作までしか無料で視聴できない FOD:1,2作目配信なし&3作目も登録日によって有料になる

ジョン・ウィックのシリーズ3作品をすべて無料トライアルで視聴できるのはmusic.jpのみ。それ以外にはジョン・ウィック全作をすべて無料で視聴できる方法はありません。 1、2作目をTSUTAYA TV、3作目をU-NEXTの無料トライアルで視聴することもできますが、それならmusic.jp単体でジョン・ウィックシリーズをすべて視聴したほうがラクです。 30日間無料トライアルと、登録時にもらえる1600ポイントを使えば1円もかけずにジョン・ウィックシリーズを視聴可能です。 or=”orange”>↓30日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
Pandoraやdailymotionなど動画サイトはウイルス感染のリスクがあります。 例えば動画共有サイト「openload」では、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されており、気づかぬうちに被害に遭う可能性が高いので絶対にアクセスしないでください。

「ジョン・ウィック」を視聴するならmusic.jp

お試し期間 30日間無料 月額料金 1958円(税込)
作品数 180,000本 付与ポイント 動画ポイント:1000
通常ポイント:600
視聴方法 オンライン 視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 すべての作品でポイント購入が必要。ただし、登録時にもらえるポイントが多い
メリット

・登録時にもらえるポイントが多い ・配信映画やアニメの数がVOD最強レベル ・音楽やコミック(電子書籍)まで視聴可能

デメリット

・すべてのコンテンツがポイント制 ・macパソコンだと視聴できないことがある

muisc.jpの特徴はなんと言っても、全コンテンツがポイント(別料金)制なこと。 見放題動画ならどれだけ見てもお金がかからない他のVODサービスと違い、登録時にもらえるポイントを使い切ってしまったら、無料期間が残っていても何もできなくなってしまいます。 もっとも、music.jpはもらえるポイント数が1600とかなり多い! 「ジョン・ウィック」シリーズであれば3作合計で1430ポイントなので、3作品全部視聴可能。シリーズすべて無料期間に視聴できるVODはmusic.jpしかありません。 「具体的に見たい映画は思いつかないけど、いろいろな映画を見たい」という場合は他のサービスのほうが良いですが、視聴したい映画がいくつか決まっているならmusic.jpでジョン・ウィックを視聴してみてください。

↓30日以内に解約すれば無料↓

「ジョン・ウィック」のあらすじ

かつて裏社会で伝説の殺し屋として名を轟かせ、数年前に姿を消した男。 男の名前はジョン・ウィック。 ジョンは最愛の妻ヘレンと過ごすために足を洗い引退していました。   しかしヘレンに先立たれ、脱け殻のようになってしまったジョン。妻との思い出にひたり、これからどうして生きたらいいのか分からず過ごしていました。 ある日亡くなったヘレンから贈り物が届きます。同封されていた手紙には「あなたを置いて逝ってしまってごめんなさい、あなたには愛するものが必要よ」とデイジーと名付けられた一匹のビーグルが贈られてきました。 最初は少し戸惑っていたジョンでしたが、小さな相棒を手に入れ穏やかな生活を取り戻していきます。   ある日デイジーを連れガソリンスタンドに立ち寄ったジョン、向かいにいたロシア人らしき若者にジョンの愛車マスタングを売らないか?と持ちかけられますがジョンは断ります。リーダー格の若者は明らかに不満そうでしたがジョンは気にしませんでした。 その夜ジョンの家にその若者達に襲撃されます。不意をつかれたジョンは気を失ってしまい、デイジーは殺され、車は盗まれてしまいました。   ジョンが目を覚ますと傍らにはデイジーの遺体が横たわっていたのです。ヘレンのおかげで手に入れた穏やかな生活が無情な若者達に破壊され尽くされてしまいました。 こうして再び「伝説の殺し屋」が目覚めたのです。   犯行リーダー格の若者の名前はヨセフ。 そして彼の父親は、裏社会を牛耳る男ヴィゴ。 ヨセフは父親の権力を利用して、好き放題暴れていたのです。今回の件もうまく父親が治めてくれる、そんな軽い気持ちで「ジョン・ウィック」に手を出したのでした。 「今回ばかりは相手が悪い、何という相手に手を出してくれた!」 「死にたくなかったら消えろ」 ヨセフの予想に反してヴィゴはいつになく激怒。 そしてジョンに電話して助けを乞うものの、すでにジョンの意思は固まっていました。ヨセフを殺すーそれはもはや絶対に覆すことのない決定事項だったのです。 ですがヴィゴにとっても息子は息子。もはや命を守るためには先にジョンを殺すしかない。こうしてヴィゴとジョンの「殺し合い」が始まりました。   ヴィゴは手下をジョンの家に向かわせますが軽く一掃。 次は高額の懸賞金をかけ、腕利きの殺し屋達をジョンの暗殺に向かわせます。その中にはジョンの親友でもあるスナイパーのマーカスも含まれていました。 ジョンは殺し屋御用達のホテル「コンチネンタル」へ。 このホテルで殺しは厳禁、それがルールです。宿泊の手続きをしたジョンは、ホテルの支配人であるウィンストンからヨセフがレッドサークルというナイトクラブにいると聞きつけます。 厳重な警備がしかれる中、ジョンはレッドサークルに潜入し、一人また一人と警備を始末。やがてヨセフの側近であるヴィクターの元までたどり着いたジョン。この男は、愛犬デイジーを無残に殺した張本人であり、徹底的に残忍に始末されます。 また、ヨセフの居場所もしっかりと聞き出しました。 こうしてジョンはお楽しみ中のヨセフの所へ。 ところが、あと少しの所でヨセフに気づかれてしまい、ヨセフは女を盾にしてタオル一枚の姿のまま逃走。ナイトクラブの人混みの中にヨセフが紛れたのでジョンといえど探しだすのは困難です。今回の潜入で傷を負ったジョンは一旦コンチネンタルに戻り治療してもらうことにしました。   ホテルの部屋でようやく一息つけたジョン。 その姿を向かいのビルからマーカスが狙っています。 しかし同業の暗殺者パーキンスがホテル内での暗殺禁止の掟を破りジョンを狙っているのを見つけると、マーカスはわざと狙撃を外して見せてジョンに危険を知らせました。 ジョンはそれで襲撃を察知しパーキンスを撃退します。パーキンスからヴィゴとヨセフの居場所を吐かせ、ヴィゴの個人資産がとある教会にあるという情報を仕入れます。 ホテル内での掟のためその場での始末はせず、後の始末は同業のハリーに依頼しジョンは教会に向かいます。 教会に着くとジョンは金庫に入っていたヴィゴの資産全てを焼き付くしてしまいます。激怒するヴィゴ、大量に押し寄せる手下達にマシンガンで対抗するジョン。 しかし横から来た車に跳ねられて気を失ってしまったジョンはヴィゴに拘束されてしまいます。  

「ジョン・ウィック」のネタバレ

椅子に縛られ拘束されたジョン。 息子の命は諦めろ、と最後通牒を突きつけるヴィゴ。 「冗談じゃない!」と吐き捨てるジョンの始末を部下に任せて去っていきました。 頭にビニールを被せられ絶体絶命のジョン、するとマーカスが手下を狙撃し難を逃れる事が出来ました。ジョンは先回りをしヴィゴを捕まえ、ヨセフの居場所とジョンの暗殺命令の解除を約束させます。 すぐ様ジョンはヨセフの元に向かい、そこにいた手下もものともせずヨセフまでたどり着き、ヨセフを殺し復讐を果たしました。   しかしまだヴィゴがいます。息子を殺したジョンをヴィゴが許すはずがありません。 ヴィゴはハリーに殺されかけましたが、逆にハリーを殺して逃げていたパーキンスからマーカスが裏切っている事を知ります。 ヴィゴはマーカスを拘束し拷問し後に殺害。その様子をジョンに伝え、マーカスの家にジョンを誘き寄せパーキンスに殺させようという魂胆、そして自らはヘリで逃げるつもりです。 しかしパーキンスはウィンストンからホテル内での掟を破った罪で粛清されてしまいます。 その後にやってきたジョンにウィンストンはヴィゴがヘリで逃げる事を教えます。 ウィンストンの指示通りヘリポートに突入したジョンは壮絶なカーチェイスの末、ヴィゴと一対一の肉弾戦に持ち込みます。銃を捨て拳と拳のぶつかり合い、そして互いにナイフでの刺しあった後、ヴィゴは息耐え、ジョンは重傷を負ってしまいます。   満身創痍で立ち上がれないジョン、倒れたままヘレンの生前の動画を見ると生きる希望が湧いたのかまた立ち上がります。 そしてやってきたのは動物病院です。ジョンはそこでできる限りの治療をしました。そして保護され安楽死処分を受ける犬を一匹連れて、またどこかへ向かおうとしています。

「ジョン・ウィック チャプター2」のあらすじ

伝説の殺し屋ジョン・ウィック。 彼に狙われた者は何人たりとも生き残る事は出来ません。   ジョンの亡き妻ヘレンが残した愛犬デイジー。 その大事な家族を無残に殺した裏社会の組織は、ジョン1人によって壊滅しました。 ですが、ジョンにはまだやり残した事があります。 デイジーが殺された時に一緒に盗まれていた愛車マスタングの奪還です。 ジョンは盗んだ者の居場所を突き止めると現場に向かい、盗まれていた愛車は取り戻します。ですが激しい戦いにより、すべてが終わった頃には愛車はボロボロ、馴染みの修理工も修理には時間がかかるといいます。 ただ、これで一応は一件落着。 新しく家族に迎えた愛犬とともに再び穏やかな暮らしに戻ろうとしていたのですが…そこへ1人の男が現れます。裏社会で大きな影響力を持つ男、サンティーノでした。 サンティーノはジョンに血の誓いを果たせと誓印を見せ、過去に作った借りを返すように告げます。 しかしジョンはその依頼を聞く耳持たずに断ります。あっさりと引き下がったように見えたサンティーノでしたが、外に出るなりランチャーのような物でジョンの家を攻撃、ヘレンとの思い出の詰まった家は一気に燃え盛り焼けてしまいました。 幸いジョンも犬も無事でした。 その後ジョンは暗殺者御用達のホテルコンチネンタルの支配人ウィンストンを訪ねます。 暗黒界に精通するウィンストンからも誓印の力は絶対で、それがある以上は依頼を断る事は出来ないと助言されたジョンは、仕方なく依頼を受けることにしました。 依頼内容はサンティーノの実の姉であるジアナを殺すこと。ジョンは犬をコンチネンタルに預けジアナが現れる式典が開催されるローマに向かいます。   ジョンは見事な手口でジアナの式典に潜り込み、ジアナの元へ。ジョンはジアナに何故ここに来たのかを告げると、何かを覚悟したような表情でジアナは弟に狙われて殺されるくらいならと自ら命を絶ちます。 彼女の死を見届け去ろうとしたジョンでしたが、ジアナのボディーガードであるカシアン達に追われることに。逃げ切った…!と思いきや、カシアンに先回りされ2人の戦いが始まります。 一進一退の攻防が続き、やがて殺しや戦いが禁止されているコンチネンタルに差し掛かった所で戦いを止め、ルールを遵守した二人は酒を飲み、次に会った時に叩きのめすと話し別れました。   サンティーノの依頼を完了したジョン。 これで誓印は取り下げになるはずですが、今度は姉の殺害を依頼したサンティーノが、姉を殺したジョンに報復を開始。目を疑うほど高額な報奨金をジョンの首にかけます。その連絡が全ての暗殺者達に行き渡りました。 サンティーノは最初からこれを狙っていたのです。 様々な暗殺者からつけ狙われる事になったジョン。 サンティーノは口のきけない殺し屋のアレスを送り込みます。 ジョンに報奨金がかけられたことで、好都合とばかりにカシアンも地下鉄で待ちぶせていました。 人がいなくなったのを合図に激しい戦いが車両内で繰り広げられます。やがてナイフでの刺し合いに転じ、競り勝ったジョンは死ぬときは自分で選べといわゆるプロの流儀を突きつけカシアンの健闘を称えます。  

「ジョン・ウィック チャプター2」のネタバレ

次々と命を狙ってくる殺し屋達もをかわし、彼らの目を盗み、あるホームレスの所までやってきたジョン。報酬となるコインを渡し「彼に会いたい」と告げるとホームレスはジョンを毛布で隠し、ジョンを追ってきた殺し屋達を始末します。   案内されジョンがたどり着いた先には裏社会の情報に精通している秘密組織のボス、バワリー・キングがいました。 キングはすでにジョンとサンティーノの事は知っている様子です。その事を知った上でジョンはサンティーノに近づく方法をキングに尋ねたのです。「一つ貸しだぞ」そうキングはジョンに銃を手渡し、サンティーノの居場所を教えました。   サンティーノがいるのは美術館、ジアナが参加するはずだった会合にサンティーノが参加するためここにやってきたのです。多くの護衛を配置し、殺し屋アレスをボディーガードに据えたサンティーノ、警備は万全のはずでした。 しかしジョンは現れます。キングからもらった銃で次々に警護に配置それた手下達を殺し、あっという間にサンティーノを追い詰めていきます。サンティーノは予想外の展開に驚き、これはまずいとジョンを見るなり逃げようとします。 徐々に追い詰めていくジョンですが、鏡だらけの部屋で待ち構えていた殺し屋アレスはサンティーノを逃がしジョンに戦いを挑みます。 アレスも腕利きの殺し屋でしたが、ジョンノ的ではありませんでした。 サンティーノを再び追いかけていきます。   サンティーノは戦いが禁じられているコンチネンタルならジョンは手出し出来ないと考え、ホテルに逃げ込んで行きました。 ジョンもサンティーノを追いコンチネンタルにやってきます。ホテルのラウンジには支配人のウィンストンと余裕の表情のサンティーノがいました。ウィンストンの制止も聞かずにジョンは問答無用でサンティーノの眉間に銃を打ち込みました。 ジョンとは良い関係を築いてきたウィンストンはこれからジョンに降りかかる事を思い悲しげな表情を浮かべます。 そんなウィンストンに復讐を遂げたジョンはやるべき事をやっただけだという顔でこの件は終わったと告げると預けていた犬を引き取り去っていきます。   再び公園でウィンストンに出会ったジョン、ウィンストンに分かりきった質問をします。「俺はこの先どうなる?」 コンチネンタルでのルールを破ったジョンは追放となり、何があろうとホテルにを利用する事が出来なくなる、ウィンストンはそう話します。それどころかすでに裏組織がジョンの暗殺指令を全世界に配信したのです。これでジョンはいつどこに居ても狙われる事になりました。 「昔の馴染みだ、一時間だけやろう」ウィンストンがジョンに話すとジョンは立ち上がり犬を連れどこかへ向かおうとしています。 「来るなら来てみろ、皆殺しだ!」何かを決意した表情でジョンは歩いていきます。   「ジョン・ウィック一時間後に追放処分」ウィンストンがそう連絡するとジョンの周りに潜んでいるであろう殺し屋達にメールが一斉に届きます。それは新たに始まる戦いの始まりを告げる合図のようでした。

↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です