カイジ3部作「人生逆転ゲーム」「人生奪回ゲーム」ネタバレとフル動画を無料視聴

1 min
「カイジ」シリーズを1作目~3作目まですべて無料で視聴可能するならU-NEXTがおすすめです。
配信サービス お試し期間 有料・見放題 字幕・吹替
31日間無料
付与ポイント600
見放題 字・吹

↓31日以内に解約すれば無料↓

「カイジ」シリーズの動画配信状況

1作目:カイジ1 人生逆転ゲーム 2作目:カイジ2 人生奪回ゲーム 3作目:カイジ3 ファイナルゲーム

「人生逆転ゲーム」「人生奪回ゲーム」の配信状況

※FODとNetflixは未配信
配信サービス お試し期間 有料・見放題 字幕・吹替
31日間無料
付与ポイント600
見放題
30日間無料
付与ポイント1100
1作目:440ポイント
2作目:550ポイント
2週間無料
付与ポイントなし
見放題
31日間無料
付与ポイントなし
見放題
30日間無料
付与ポイントなし
1本400ポイント
30日間無料
付与ポイント1600
1本330ポイント
※2020年5月1日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください)

カイジファイナルゲームの配信状況

3作目にあたる映画「カイジファイナルゲーム」は2020年1月10日に公開されており、現時点では動画配信はおろか、DVDすら発売されていません。 一般的にDVDレンタルの開始と同時に動画配信サービスでの配信が始まることが多く、DVDの発売予定日である7月15日に「カイジファイナルゲーム」の配信やレンタルが開始される可能性が高いです。

カイジの映画を視聴するなら

既にお話したとおり、現時点では1作目と2作目、「人生逆転ゲーム」「人生奪回ゲーム」しか配信されていません。そして新しくVODサービスに登録するなら、避けたほうが良いサービスもあります。
amazon:視聴にポイント(別料金)が必要 Hulu:1つだけ無料トライアルが短いので非推奨
なので、U-NEXT、dTV、TSUTAYA TV、music.jpの4サービスのいずれかを選べば「カイジ人生逆転ゲーム」「カイジ人生奪回ゲーム」を視聴可能です。 特にオススメなのは、ポイント不要で見放題のU-NEXTとdTV。 どちらも無料トライアルが31日間と最長です。 ただ、カイジ以外の映画やドラマ、アニメも楽しみたい場合、U-NEXTのほうが楽しめる作品の数が多いです。例えば藤原竜也出演の映画を調べてみても、配信数はU-NEXTに軍配が上がります。 31日間の無料トライアルで「カイジ 人生逆転ゲーム」「カイジ 人生奪回ゲーム」やその他の映画を楽しんで、期間内に解約してしまえば1円も費用は発生しないので、ぜひU-NEXTで視聴してみてください。

↓31日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
Pandoraやdailymotionなど動画サイトはウイルス感染のリスクがあります。 例えば動画共有サイト「openload」では、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されており、気づかぬうちに被害に遭う可能性が高いので絶対にアクセスしないでください。

「カイジ」シリーズ視聴ならU-NEXT

お試し期間 31日間無料 月額料金 1990円(税抜)
作品数 150,000本 付与ポイント 600
視聴方法 オンライン ダウンロード 視聴デバイス スマホ タブレット パソコン
備考 動画だけではなく雑誌も見れる
メリット

・配信作品(見放題)の数が非常に多い ・毎月1200ポイントもらえる(映画の割引にも使用可能) ・ポイントでコミックや雑誌も閲覧可能 ・4台まで同時再生できる(複数人で使える)/ ・韓流、華流ドラマや映画にも強い

デメリット

・月額料金がVODの中では高め ・成人向け作品もある(子供と共用する場合注意)

U-NEXTは音楽配信大手のUSENが提供するVODのサービス。 月額1990円という価格ながら、毎月1200円分のポイントがもらえる、ポイントを有料動画、書籍、映画館のチケットなどさまざな形で利用可能となっています。 また4台までの同時再生が可能なので、リビングのテレビで両親がU-NEXTで映画を見る間、自分の部屋のパソコンやスマホでアニメを見る、なんて事も可能。 かゆいところに手が届く性能に加えて、配信数も非常に多いので、VODサービスの中でもトップクラスです。 ちなみにまだ未配信の3作目「ファイナルゲーム」を除けば「人生奪回ゲーム」「人生逆転ゲーム」どちらも配信されており、ポイント不要で全作見放題。それ以外も邦画、洋画、アニメ、バラエティまで幅広く視聴可能となっています。

↓31日以内に解約すれば無料↓

「カイジ 人生逆転ゲーム」のあらすじ

コンビニで働く、フリーターの伊藤カイジ。 貯金は全然なければ、ロトを買ってもあたらない。さらにカイジが連帯保証人になっていた友人が、借金したまま夜逃げしてしまいました。 カイジは多額の借金を抱えてしまったのです。 そんな時、貸金業者の社長である遠藤から「あるクルーズ船への乗船」を勧められます。 その船はエスポワール。 フランス語で「希望」と名付けられた船への乗船を決めたことが、カイジをさらなる地獄へと突き落とすことになるのです。 実は、エスポワールの正体はギャンブル船。 そこにはカイジと同じように借金にまみれた男たちが集まり、過酷な「ゲーム」を勝ち抜いた者だけが、借金を返して余りあるほどのお金を手にできるのです。 最初のゲームは、なんと「じゃんけん」 勝てば天国、負ければ地獄のゲームを前に立ちすくむカイジの前に、船井という男がカイジに「絶対勝てる方法」を持ちかけてきます。 船井の誘いに乗ったカイジでしたが、実はそれはワナ。裏切られたカイジはじゃんけんゲームで敗北目前となるも、そこで出会った石田という中年男と協力し、逆に船井を出し抜いて勝ち抜き… …かのように思った瞬間、石田はミスをして負けが確定。 そんな石田を放ってほけなかったカイジは、自らも負ける道を選ぶのです。 負けた者は、肩にマイクロチップと焼印を押され、地下帝国の強制労働施設で働かされます。安い給料で、少しずつ借金を返して、地上に戻る決心をしますが、そこにはまた罠があるのです。 高いビールやおつまみなどで誘惑し、その僅かな給料をも奪う、そして一生強制労働施設を抜けられない仕組みがありました。 その世界に埋もれかけるカイジでしたが、病気になった仲間、佐原との話で、地上に戻るチャンスについて知ります。 病気の治療などで支払いができなくなり、究極に追い込まれた者は、「ブレイブメンロード」と呼ばれる最後の命がけのゲームに参加するのです。 カイジ、佐原、石田はこのゲームへの参加を決めます。 「ブレイブメンロード」は、文字通り命がけのゲームでした。 高層ビルの間の鉄骨を渡り切れば1000万、渡れなければ死ぬ。 鉄骨には電流が流れており、触れば死ぬ、落ちれば死ぬ、恐怖に負けた者たちが次々と転落していきます。 これは超大富豪たちの余興。 落ちていく参加者たちを見て楽しむために用意されたゲームで、その場にいた貸金業者社長の遠藤も気分の悪くなるようなものでした。 石田は途中で諦め、1000万のチケットをカイジに託し「娘に渡して欲しい」と頼んで落ちていきます。佐原は渡り切りますが、扉が開いたときの突風で落ちていきます。 カイジは唯一生き残ったのです。 生き残ったカイジはさらに、ゲームの主催者利根川と新たなゲームをします。勝てばさらなる賞金、負ければあの強制労働施設に逆戻りです。 Eゲームと呼ばれるこのゲーム、不利な立場をチョイスしたはずの利根川が2度も勝利するのです。このままではまた逆戻り。このままカイジは負けてしまうのか…

「カイジ 人生逆転ゲーム」のネタバレ

利根川が肩に埋め込まれたマイクロチップでイカサマをしていることに気づいたカイジ。 利根川を出し抜くために、あえて頭部に怪我まで負うことで、カイジは利根川に逆転勝利を収めることができました。そしt,大金とともに地上へ戻ることができたのです。 そこで遠藤と祝杯を交わしたカイジ。 ところが遠藤に眠らされ、その間に大金のほとんどは借金の返済と車の修理代として持って行かれてしまいます。カイジは最後に石田の娘に、石田の金券を渡していなくなるのでした。

「カイジ 人生奪回ゲーム」のあらすじ

「カイジ 人生逆転ゲーム」で地下強制労働施設に落とされ、脱出したカイジ。 ところがカイジはまたしても借金を作り、地下に戻っていました。 しかし、地下でのサイコロのギャンブルで仲間たちと協力し、出し抜いたカイジは地上に2週間戻るチャンスを得ます。 手元にある109万円を仲間たちのために2億円にし、借金を全て帳消しにするという計画だったのです。 ところが、あてもなくホームレスの集まりに行くカイジ。そこで、なんとホームレスとなったあの利根川に出会います。前作「人生逆転ゲーム」でカイジを追い詰めたあの利根川です。 利根川は「勝てばお金を増やす秘密のアテ」を賭けて勝負を持ちかけてきます。 利根川に紹介されたのは高レートの裏カジノ。 「沼」という1回当てれば一攫千金、大金が手に入るという巨大パチンコ。今まで当たったことのある人間2人は、地下帝国を支配する重役だとカイジは知り、絶対にイカサマであると見抜きます。 裏カジノで出会った「沼」を攻略しようと企む坂崎という男は、カイジに裏カジノ内部の協力者を紹介します。 それはあの石田の娘、石田裕美でした。 裕美は父の復讐のために協力しているのだと言いました。 裕美の情報を元にカイジたちは「沼」の攻略に挑みますが、なぜか途中で負けに終わるのです。カジノの支配人一条がカイジたちに告げたのは、裕美の裏切りでした。 しばらくして、カイジはまた「沼」攻略の作戦を思いつきました。しかし、そのためには資金が必要です。仕方なく、一条に提案されたゲームに参加することに決めました。 今回のゲームは「姫と奴隷」。3つの扉から、姫のいる扉を選ぶ。外れればライオンに襲われるという命がけのゲームです。 さらに、姫には1度カイジたちを裏切った裕美が選ばれます。 裕美がいう正解の扉は本当なのか。悩むカイジでしたが、利根川のアドバイスもあり、裕美を信じて正解します。 利根川も仲間に加わり、カイジ・坂崎・利根川で作戦を考えていると、またも裕美が現れるのでした。地下帝国から逃げて仲間になりたいというのです。 再びの挑戦。順調に言っていると思われた時、一条がカイジたちがイカサマしていると指摘し、勝負できなくなる危機に陥ります。裕美がまた裏切ったのです。勝つ確率の高い方に乗る、それが彼女の生き方なのだというのです。 そんな裕美にカイジは、父親石田の最期を語ります。

「カイジ 人生奪回ゲーム」のネタバレ

一条がイカサマを確かめるのですが、何も異常はありません。驚く一条と裕美。カイジたちは裕美が裏切ると思い、初めから嘘の作戦を伝えていたのでした。 勝負は再開され、カイジたちはイカサマを破っていきますが、一条の最期の一手を前に負けてしまいます。 もうダメかと思われましたが、父親である石田の最期を聞いた裕美の心が変わっていました。本当にカイジたちに協力すると心に決め、その協力もありついには「沼」を打ち破るのでした。 大金を得たカイジは約束通り、自分と地下の強制労働場の仲間たちの借金を返済し、自由になります。 そんなカイジに利根川がゲームを持ちかけます。しかし、その最中に、お金を積んだ車が炎上し始めるのです。 もうゲームはできない。利根川はカイジに、仲間たちに会うお金を渡して、別れます。カイジは無事に仲間に会うことができ喜ぶのでした。 それを密かに見守る利根川の手にはなんと大金が。炎上したのは偽物のお金で、すり替え自分のものにしたのです。 カイジに残ったのはほんの少しのお金でしたが、彼は地獄から抜け出し、借金もなくなり、また街に消えるのでした。

「カイジ ファイナルゲーム」のあらすじ

2020年東京オリンピック後の日本。国を挙げて盛大に取り組まれたオリンピックの終了を境に、景気は凄まじい速さで失速していきました。 ビール一缶1000円と異常なまでにインフレが加速。金のない者は虐げられ、身を寄せ合うようにスラムで生活を送り、金のある者のみが生き残る強烈な格差社会の到来です。 主人公のカイジ(藤原竜也)はまさにそんな社会で「底辺」として、派遣会社から給料をもらってなんとか生活することができていました。 一時期、彼は借金返済のため人知れず地下労働施設で働いていたことも。その地下時代から付き合いがある班長こと大槻(松尾スズキ)の誘いで、大金持ちの老人が主催する一獲千金のゲームへ参加することになります。 そのゲームとは“バベルの塔”。 横浜のどこかに突如として現れる塔。その先端に設置されたキャッシュカードを取り合うというものでした。そして多くの参加者たちを押しのけ、悪運の強さも相まってカイジはカードの獲得に成功します。 ・懸賞金10億円 ・その額面をも揺るがす極秘情報 カードの勝者には2つの選択肢が与えられ、カイジは迷わず後者を選択。それによって後日、とある森の中に建っている豪邸へと招待されることになります。 そこでは、カイジと同様のゲームの勝者であり、カイジと同じく極秘情報を得ることを選択した加奈子(関水渚)と合流することになります。 ゲームの主催者である東郷会長(伊武雅刀)と、その執事である廣瀬(新田真剣佑)から力を貸してほしいと依頼を受けます。 その依頼内容には、国家機密レベルの計画が含まれていました…。

「カイジ ファイナルゲーム」のネタバレ

インフレが急速に進行し、格差が広がった日本では、低所得層に対する社会負担が増加。 財政担当大臣である高倉(福士蒼汰)は、この問題を解決すべく、消費税30%、年金40%カット、生活保護の廃止することで日本の負債解消を打開する計画を提案。 新たに日本円を発行し、預金口座を封鎖することで、貧困層を切り捨て、富裕層の勝ち逃げを図っていました。 東郷会長はこの計画に気づき、それを阻止するべく、政府にワイロを贈ることで、計画の消滅を狙っていたのでした。 カイジが東郷会長より依頼された内容とは、ワイロを贈るため、現在500億円の資金をギャンブルで1000億に増やしてほしいというもの。最初は興味を示さなかったカイジ。しかし、高倉の背後には、因縁である帝愛グループが関係していることを知り、依頼を受けることにします。 資産を倍にするため、地下に建設された帝愛ランド内で開催されている、“最後の審判:人間秤”というゲームに、カイジは東郷会長達と参戦することとなりました。 ゲームのルールはシンプルで、1vs1の対戦相手同士が秤に乗り、それぞれ「家族」「友人」「仕事仲間」「ファン」の4つの支持者からお金を募り、“お金の重さ=人間の価値”としてどちらの人間性が優れているか、舌戦を交えながら比べ勝敗をつけるといった内容。 対戦相手はカイジの派遣先である会社の社長、黒崎(吉田鋼太郎)。彼は帝愛グループ幹部の一人で、官僚である高倉と通じていました。 従業員をゴミ同然のように扱っていた黒崎にカイジは強く対抗心を抱きます。 ゲーム開始直後は、圧倒的資産で優位に立っていたカイジ率いる東郷勢。信頼できる4つの支持者も準備できており、勝利は確実と思われていました。 しかし、黒崎の裏で手を回す姑息なやり方に、一人また一人と裏切られ、もっとも信頼していた執事の廣瀬にまで裏切られたことで、ショックのあまりその場に倒れ込む東郷会長。カイジたちは窮地に立たされてしまいます。 そんな中カイジは、起始回生の逆転をかけ1本だけ正解の綱を選んで崖から飛び降りる、“ドリームジャンプ”というゲームに参加します。 攻略法を模索するカイジの下へ、因縁の相手である遠藤(天海祐希)が現れます。遠藤からのヒントをもとに、ごみ箱の予測券を漁り、正解の綱を見つけ出します。 ゲームに勝利したカイジは、得た大金を使い黒崎との戦いに勝利します。獲得賞金を使い、東郷会長依頼であった政府の陰謀を阻止しようとしますが、高倉によって阻まれてしまいます。 計画を実行しようとした高倉に、阻止すべくギャンブルで勝負を挑むカイジ。高倉が得意とする“ゴールドじゃんけん”を挑みますが、あと一歩のところで逃げられてしまいます。 失敗のように思われた今回の作戦でしたが、カイジらが獲得賞金で銀行を買収し、新円を旧円とすり替えていたため、高倉や政府は計画の中止を余儀なくされます。 無事計画を阻止できたカイジは、高倉に対して、「弱者を交えた共生こそが格差社会の解消につながる」と諭します。 仲間と分け前を計算し豪邸を去るカイジ。しかし、大きなアタッシュケースの中には1円も入っておらず、だまされていることに気づかないまま、物語は食堂で悪魔的に美味しそうなビールを飲むカイジの姿で幕を下ろしたのでした。  

↓31日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です