映画「彼らが本気で編むときは」フル動画を無料視聴

8 min
映画「彼らが本気で編むときは」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 有料の動画配信サービスの無料トライアルを使えば無料で視聴可能ですが、新しく登録する場合は完全無料で視聴が可能なのはTSUTAYA TVかmusic.jpのどちらかのみ。 トライアル期間もどちらも30日間と同じですが、配信されている見放題映画やドラマの数は圧倒的にTSUTAYA TVのほうが多いので、ぜひ今すぐ登録して「彼らが本気で編む時は」を視聴してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「彼らが本気で編むときは」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT × ×
FOD 400ポイント
TSUTAYA TV 400ポイント
Hulu × ×
dTV 300ポイント
Netflix 見放題
Amazonプライムビデオ × ×
music.jp 330ポイント
※2020年4月29日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください) 「彼らが本気で編むときは」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・FOD ・TSUTAYA TV ・dTV ・Netflix ・music.jp ただし、新しく登録する場合Netflix、dTVの2つは有料なので注意してください。

Netflix:このなかで唯一無料トライアルがなく、初日から月額料金がかかってしまう。 dTV:無料トライアルあり。ただし視聴にポイント(別料金)が必要。タダでもらえるポイントがなく自腹。 FOD:無料トライアルあり。登録時に100ポイント&8のつく日にログインで300ポイントもらえる。登録しても最大10日待たないと無料での視聴ができない。

なので無料視聴の選択肢はTSUTAYA TVとmusic.jpの2択。 ただ、music.jp自体はVODのなかでも特殊な仕組みで、登録時にタダで多くのポイントがもらえる(およそ映画3~5本分)代わりに、見放題の映画やドラマが一切ありません。 無料トライアル期間は30日間あるのですが、見たい映画やアニメを3~5本程度見たら、あとは無料期間に何もできなくなってしまうので、他の映画を楽しむには不向きです。 反面、TSUTAYA TVは登録時にタダで1100ポイントもらえます。(有料動画2~3本分) それに加えて見放題動画(ポイント不要で見れる映画やドラマ等)が大量にあるので、「彼らが本気で編む時は」以外にも映画を視聴したい場合は、TSUTAYA TVのほうがいいです。 もちろん30日間の無料トライアルが適用されるので、期間内に解約してしまえば無料。ぜひ今すぐTSUTAYA TVで「彼らが本気で編む時は」を楽しんでみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「彼らが本気で編むときは(邦題)」「karera ga honkide amutoki ha(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「彼らが本気で編むときは」を視聴するならTSUTAYA TV

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TV:10000以上
DISCAS:TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ
付与ポイント 1100
視聴方法 オンライン
DVDレンタル
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 オンラインとは別に準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
  TSUTAYA TVはツタヤの運営する動画配信サービスです。

TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス

TSUTAYA TVの無料トライアルに登録すると、この2つのサービスを同時に利用できます。   月額2417円ですが、30日以内に解約すれば完全無料。 また、TSUTAYA TVで配信されているサービスは他に比べると少ないものの、他にはない作品も多く、またTSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)を組み合わせると、どのサービスよりも無料で多くの映画やアニメを楽しめます。    

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「彼らが本気で編むときは」のあらすじ

小学5年生の少女トモは母親のヒロミと二人暮らし。男にだらしないヒロミは普段から家を空けがちで、トモは与えられたコンビニのおにぎりで日々の食事を済ませる毎日でした。 散らかった部屋の中で、一人過ごすしかないトモは、いつしか自分の感情を押し殺して生きることに慣れていくようになっていきました。 トモは近所に住んでいる同級生の男子カイから好かれていますが、最近は冷たく接しています。男の子が好きなカイは学校でゲイと噂され、イジメにあっているようです。 ある日、トモが家に戻ると1通の置き手紙が。 男を追いかけてヒロミが家を出て行ったようです。 でも、これは決して初めてのことではありません。むしろトモも慣れたもので、叔父のマキオが務める書店へ足を運び、しばらく家にいさせてもらうことにします。 マキオの家へやってきたトモ。 マキオの同棲相手である、恋人のリンコを紹介されます。リンコは男性でありながら、女性の心を持つトランスジェンダーでもありました。 そんなリンコにどう接すべきなのか?トモは戸惑います。 ですが、リンコはトモのために沢山の手料理を作って待っていてくれました。そして一緒に生活を続けていくうちに、心を開いていくように… ある日、リンコはトモに教えます。 悔しいことがあった時は、編み物をして心を落ち着かせるのだと。そして、リンコは喪失したものへの供養として108の煩悩を編み続けるのでした。 すっかり3人での生活が当たり前になり、リンコとマキオはトモを養子として迎えたいと思い始めます。ですが、そこには様々な障害があり…。  

「彼らが本気で編むときは」のネタバレ

母ヒロミは、あれから帰ってきませんでした。 叔父のマキオとその恋人のリンコと暮らすことになった少女トモ。 学校を休んで家から荷物を持ってくるというトモに、リンコはお弁当を作ってあげます。とても手の込んだ可愛いお弁当で、トモは食べるのが勿体なくなってしまいました。 家へ帰ってきてからお弁当を食べたところ、すでに中身は傷んでおり、トモはお腹を壊してしまいます。仕事から帰ってきたリンコはそんなトモを心から愛おしいと思うのでした。 ある日、トモはカイから気になっている男の子がいることを打ち明けられます。 しかしトモは「キモイ」と吐き捨ててしまいました。 学校から帰ると、リンコの母フミコが再婚相手のヨシオと家を訪ねてきました。その晩三人で食事に出かけたトモは、フミコからこう釘を刺されます。 「リンコを傷つけるようなことをしたら承知しないよ。」 「例えあなたが子供でも、私は容赦しない」 フミコがリンコのためにおっぱいを作ってあげたのは、リンコが中学生だった頃。 身体は男の子でも心は女の子のリンコは、学校でも生きづらさを感じて過ごしていました。 リンコからおっぱいが欲しいと打ち明けられたフミコは、ブラジャーとともに毛糸で編んだ綿入りのパットをリンコにプレゼントします。 リンコはこのプレゼントを大変喜びました。 フミコは息子を否定することなく、ずっとリンコの心に寄り添って生きてきたのでした。 ある日トモはマキオとともに、認知症の祖母サユリが暮らす施設を訪ねます。 そこではリンコが介護士として働いていました。トモをヒロミだと思い込んでいるサユリは、身なりがだらしないなどとトモを厳しく叱りつけます。 「おばあちゃんはママのこと嫌いだったのかな?」 マキオに尋ねるトモ。 マキオは昔からサユリがヒロミには厳しかったことを明かし、「親子でも気が合わない関係もあるんだと思う」と分析。ヒロミは早々に家を出ていきましたが、マキオもまた母との暮らしは窮屈で憂鬱だったと言います。 自分も母親に捨てられるのではないかと不安がるトモ。「ママは自分にとっての優先順位をうまく考えられない人なんだ」とマキオは話します。 そしてトモから 「マキオにとっての一番の優先順位は何?」 と尋ねられたマキオは、すぐさまリンコさんだと答えます。マキオは介護士として働くリンコの姿に一目ぼれしたのでした。 休憩に入ったリンコがコンビニのおにぎりを買ってくれます。 でも、トモははそれを吐き出してしまいました。 「大丈夫よ、この子はね、おにぎり上げておけば文句ないの。トモ、おにぎり好きよね」 いつもそう言ってトモにおにぎりを与えていたヒロミの姿が頭をよぎります。母には言えませんでしたが、トモはコンビニのおにぎりが苦手だったのです。 夜、うなされて目覚めたトモを、リンコは優しく抱きしめます。 トモは抱かれながら、リンコの胸をそっと触ってみました。 春、マキオとリンコ、トモは三人でお花見に出かけます。 リンコの作ったお弁当には、トモの大好きなシジミのしょうゆ漬けや切干大根などが沢山入っていました。咲き誇る桜の下で、三人は本当の家族のように穏やかな時間を過ごします。 ある日リンコと出かけたスーパーで、トモは母と買い物に来ていたカイと遭遇。カイの母ナオミからリンコを奇人扱いされたトモは、怒りに任せて持っていた洗剤をナオミにぶちまけてしまいます。 ナオミに平謝りするリンコとは対照的に、トモは最後まで謝ることができませんでした。そんなトモの姿を見て、リンコは諭すように語ります。 理不尽なことがあっても、怒りを通り過ぎるのを待つように。 自分は悔しいことがあった時、編み物をすると自然と心が落ち着くのだと。 ある日、リンコはトモに手術により切除した男根への供養として、自分の煩悩を編んでいると打ち明けます。 リンコは煩悩を108の数だけ編み、供養が終われば、戸籍を女性に変えるつもりです。トモも一緒に煩悩づくりを手伝うことになり、リンコに編み物を教えてもらうようになりました。 トモを心から愛し始めているリンコ。 戸籍を変え、マキオと結婚できたら、トモを養子に迎えたいと思うように。 マキオもリンコの考えに賛成します。 しかしトモは家族のことが原因で学校でもからかわれるように。ある朝登校すると、トモの家族を侮辱する言葉が黒板に大きく書かれていました。 悔しさから学校を抜け出したトモは、家の近くで母の姿を見かけます。しかしアパートには戻って来ていませんでした。トモは寂しさのあまり、タンスにあった母の衣服を破き、涙に暮れます。 その夜、帰宅が遅いことをリンコに咎められたトモは 「ママでもないくせに」 とつい憎まれ口を叩いてしまいます。 翌日、リンコが休憩中に編み物をしていると、サユリが声をかけてきました。夫に捨てられた過去を持つサユリは、気を紛らわるため編み物ばかりしていたことがあると話し始めます。 そうして子供達のマフラーやセーターを沢山編んだものの、ヒロミは嫌がって着ようとしなかったとも。リンコはマキオとヒロミ、サユリの微妙な親子関係に触れた気がして、複雑な心境になります。 その頃、カイは母ナオミからトモと付き合わないように念押しされていました。 トモの家族はみんな異常だから付き合わないように、と。その言葉を聞き、男の子が好きなカイはさらに1人で悩むようになります。自分は普通ではないのだろうか…と。 一方、押し入れに閉じこもるようになってしまったトモ。 リンコは内緒の話をしようと持ちかけ、二人はふすま越しに糸電話で会話します。しかしトモが母を見かけたことを話すと、リンコはいたたまれない気持ちになり、買い物に出かけてしまいました。 ですが、そんな時リンコが転んで頭を打つという事故にあって、病院に運び込まれます。 戸籍上は男だということで、男性と一緒の病室に入院させられてしまいました。それを見て、悔しさのあまり泣き出すトモ。リンコはトモの頭を優しく撫でました。 リンコの職場の同僚ユカが結婚式を挙げました。 リンコは供養を終わらせて、一刻も早く女性になりたいと願うように。供養の象徴は86個まで完成し、マキオも「このまま三人で一緒に暮らさないか」とトモに提案。 3人は着実に幸せへと近づいていました。 そんなある日、児童相談所の職員がマキオの家を訪ねてきました。 トモが暮らす環境として好ましくないと、通告があったというのです。職員に身体を調べられ、これからどうなってしまうのかと不安を募らせるトモ。 そして同じ頃、カイは自殺を試みていました。 片思いしている男子へ宛てたラブレターを、ナオミに破られたことが原因でした。存在そのものを否定されたカイは、薬の大量摂取で死のうとしたのです。 病院に運ばれ、なんとか一命をとりとめたカイ。そこへトモがこっそり侵入し、カイから話を聞きます。母親から「罪深い」とまで言われてしまったことも。 それを聞いてトモは励まします。 「あんたのママはたまに間違う。だって絶対にそんなことない」 リンコとトモ、マキオは出来あがった108の編み物を浜辺に積み上げ、火をくべます。 こうして煩悩の供養は無事に終わりました。 ある日、マキオの書店にヒロミが現れます。 そして何事もなかったようにトモを連れて帰ろうとしました。 マキオはリンコが本気でトモの母親になりたがっていることや、トモを養子として引き取れないかと申し出ますが、ヒロミは拒絶します。 「母である前にまず人として子供をまもるべきだ」 リンコから言われたヒロミは激高。 「母でも女でもないくせにあんたは一生母親にはなれない!」 リンコに言葉を浴びせるヒロミでしたが、それを見ていたトモは怒りを爆発させ、初めて母親に反抗します。そして、ヒロミを力いっぱい叩き始めました。 料理を作ってくれたり、一緒に寝てくれたり、編み物を教えてくれたり…トモにとってリンコは実の母以上に自分を大切にしてくれる存在になっていたのです。 「どうしてもっと早く迎えに来てくれないの?」 ですが、最後に口から出た言葉がヒロミの本当の気持ちでもありました。やはり生みの親である母を愛しており、元の暮らしに戻る決断をします。 「姉ちゃん、トモはコンビニのおにぎりが嫌いなんだ」 マキオは帰っていくヒロミの背中に向かってこう呟きました。 その夜が三人で過ごす最後の夜になりました。 トモはリンコの布団に潜り込んで、ごめんねと涙を流します。 次の日、リンコはトモを抱きしめ、タクシーに乗せると、プレゼントの包みを渡しました。アパートへ帰ってきたトモはそのプレゼントを開けます。中にはリンコが編んだ毛糸のおっぱいが二つ入っていました。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です