映画「夕陽のカスカベボーイズ」のネタバレとフル動画を無料視聴

8 min
映画クレヨンしんちゃん「夕陽のカスカベボーイズ」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 クレヨンしんちゃんの映画は、アマゾンプライムビデオでシリーズ全作品が見放題となっています。逆にいうと、それ以外の動画配信サービスでは一切視聴できずアマゾンプライムビデオの独占配信 30日間の無料トライアルを利用して視聴&期間内に解約してしまえば、クレしん映画を一挙に楽しめます。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「夕陽のカスカベボーイズ」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT × ×
FOD × ×
TSUTAYA TV × ×
Hulu × ×
dTV × ×
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ 見放題
music.jp × ×
※2020年3月31日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください) 「夕陽のカスカベボーイズ」を配信しているのはアマゾンプライムビデオのみ。 クレしん映画はアマゾンの独占配信で、それ以外のU-NEXTやNetflixといった配信サービスでは一切視聴することができません。すでにアマゾンプライムビデオ登録済みなら今すぐ視聴できます。 もしアマゾンプライムビデオに未登録なら、30日間のトライアルに登録しましょう。 ハイグレ魔王からヘンダーランド、オトナ帝国などクレヨンしんちゃんの映画をすべて視聴可能(ポイント不要)な上に、どれだけ楽しんでも期間内に解約してしまえば1円もかかりません。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
「夕陽のカスカベボーイズ(邦題)」「yuuhi no kasukabe boys(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「夕陽のカスカベボーイズ」を視聴する方法

初めての登録ならアマゾンプライムビデオ

お試し期間 30日間無料 月額料金 500円(税抜)
作品数 70,000本 付与ポイント なし
視聴方法 オンライン ダウンロード 視聴デバイス スマホ タブレット パソコン
備考 年間払いなら、1年で4900円(税込)
  Amazonプライムビデオは誰もが知る企業、Amazonが運営する動画配信サービス。 Amazonプライムはもともと通販のお急ぎ便や、送料無料、会員限定セールなどの特典があるので、Amazonを普段から利用しているのであれば登録しておけば余裕で元が取れます。 また、登録から最初の30日間は無料お試し期間なので、それまでに解約すれば1円もかかりません。もし利用してみて「便利だな」と思えばそのまま継続すれば良いわけです。 注意点として、過去にアマゾンプライムの無料体験をしていると、今回登録すると月額料金が発生してしまう可能性があることです。 スマホ、パソコン、タブレットいずれでも視聴できますし、登録すればすぐに楽しめます。解約もカンタンですし、まずは試しに利用してみてください。

↓30日以内に解約すれば無料↓

無料DVDでもレンタルでも良ければTSUTAYA DISCAS

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ 付与ポイント 1100
視聴方法 DVDレンタル 視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
  TSUTAYA DISCASはツタヤの運営する動画配信サービスです。 もし、過去にアマゾンプライムビデオの無料トライアルを利用していて、お金を掛けたくない場合はこちらを利用してください。

TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス

TSUTAYA DISCASの無料トライアルに登録すると、この2つのサービスを同時に利用できます。   そして、DVDレンタルであればクレヨンしんちゃんの作品はすべて視聴可能です。 DVD再生環境が必要なのと、今すぐ楽しめないデメリットはありますが、30日間の無料トライアル期間に最大8枚までクレしん映画を楽しめます。 また、TSUTAYA TVで配信されているサービスは他に比べると少ないものの、他にはない作品も多く、またTSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)を組み合わせると、どのサービスよりも無料で多くの映画やアニメを楽しめます。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

「夕陽のカスカベボーイズ」のあらすじ

いつものように、しんのすけはカスカベ防衛隊の皆と遊んでいます。 その日は皆で鬼ごっこをしていました。 次第にヒートアップしたカスカベ防衛隊は入った事のない通りにはいってしまいます。人影もなく寂しい雰囲気です。そこにカスカベ座という、閉館してしまった映画館を見つけました。 しんのすけたちはその映画館に入ってみることに。中は薄暗く、みんな怯えています。そこでしんのすけが、なにやら不思議な音のする部屋を発見。そこには西部劇の映画が上映されていました。 しかし、観客は誰もいません。 しばらくその映画を見ていたカスカベ防衛隊。おしっこがしたくなったしんのすけはトイレに駆け込みます。しんのすけがすっきりして帰ると、カスカベ防衛隊の皆はいなくなっていました。 置いていかれたと思ったしんのすけは一人で家に帰ります。しかし、野原家の電話にかざまくんのお母さんから「とおるがまだ帰っていない」と連絡が… みさえとひろしにカスカベ座のことを話したしんのすけは、野原家の皆とそのカスカベ座へ向かいます。かざまくん、まさおくん、ねねちゃん、ボーちゃんを探す野原家ですが、何度呼んでも返事はありません。 しんのすけたちは西部劇が上映されていた謎の部屋にたどり着きます。不思議と見入ってしまう4人。そして気が付くと、そこは… なんと砂漠の上!! 戸惑うしんのすけたち。意味もわからぬままひたすら歩き続けます。その途中で、鎖でびっしり閉められた不気味な扉と、巨大ロボットを発見。さらには何時間も歩いているのに太陽が動いていません。4人はますます混乱してしまいます。 線路を発見した4人は、それに沿って歩きます。やっと遠くに街が見えてきました。街についてみると、木造建築の建物に、カウボーイのような服装の住人…。 「西部劇ぃぃ!!」 ひろしたちは自分たちが西部開拓時代のアメリカにきていた事に気づきます。しかし、なにやらそれだけではないようで、しんのすけには住人はみんな日本人にみえるという。言葉も日本語をはなしている。 ひろしは事態の把握のために聞き込みを開始しますが、誰もカスカベという地名を知らないようす。聞き込みを続けようとバーに入ったひろしは、ガラも人相も悪い変な顔のおっさんに喧嘩をうられます。 次第にひろしに人が集まり、みさえが止めに入ります。変な顔のおっさんがみさえに殴りかかりますが、しんのすけがそれを阻止し、拳が後ろの関係ない人間に。 それをきっかけにバーで大喧嘩に発展してしまいます。バーは大混乱でお酒の瓶や窓ガラスは割れ、椅子や机が飛び交います。それをとめたのは一つの銃声でした。銃声がした方をみると、そこには… なんと保安官になったかざまくんの姿が!! かざまくんの登場に興奮して走って近づこうとするしんのすけですが、保安官の1人に止められてしまいます。どうやらかざまくんは保安官のリーダーのようです。 かざまくんに一方的に話すしんのすけですが、かざまくんがしんのすけの腹に一撃を加えます。暴力的なかざまくんに驚く野原家。かざまくんは、しんのすけのことは知らないと言います。 しんのすけのお喋りにムカついてかざまくんは、部下たちに捕まえるよう命令。野原家はバーを抜け、保安官たちから逃げるのでした。  

「夕陽のカスカベボーイズ」のネタバレ

なんとか井戸の中に隠れた野原家は、つばきちゃんという女の子に助けられます。 つばきちゃんは、「野原家を新しく来た人達」と呼びます。訳の分からない野原家はつばきちゃんにこの世界について聞かせてもらいました。 ここはジャスティスシティ。 どうゆう場所なのかはつばきちゃんにもわからないようで、度々新しい人達がやってきてここの住人になるそう。その新しい住人は次第にここの暮らしに慣れていき、元の記憶をなくしていくのだと… そこに保安官に捕まえられた、太った中年男性が窓の外に現れます。彼も外からきた住人で、帰りたい一心でいろいろ対抗していますが、そのたびに捕まえられてしまっているようす。 その中年男性に続いて街の知事であるジャスティス・ラブが馬に乗って登場。知事にたいしてはかざまくんも帽子を脱ぎ敬意を表します。知事の仲間は中年男性に暴行を加え、知事はその場から屋敷へ帰っていきました。 野原家は、放置されたその中年男性を助け話を聞きます。 中年男性はマイクという名前でした。彼はここは映画の中の世界だと言い、この町とその周りの荒野しか存在しないと言います。しかし、絶対に入ってはならないとされる区域がありそこに何か帰れるヒントがあるのではないかとマイクは考えているようす。 その話を聞いたみさえとひろしは町の外に出てみることに。その後ろ姿を見ていたしんのすけは、窓の外にまさおくんを見つけます。 興奮してまさおくんに話かけにいくしんのすけですが、まさおくんはしんのすけを覚えていないようす。しかも、まさおくんは結婚していたのです!! しんのすけはまさおくんのお嫁さんを見に家までついていくことに。まさおくんがハニーと呼ぶそのお嫁さんは、なんとねねちゃんでした。ねねちゃんもしんのすけを覚えていないようで、ここの暮らしに満足していると。 まさおくんは街はずれでボーちゃんの姿をみると言っていたので、しんのすけは向かってみることにしました。ボーちゃんはしんのすけのことも春日部のことを覚えていました。しんのすけとボーちゃんは絶対に元の世界に帰ることを誓い合います。 家に帰ってきたひろしとみさえは、驚くべきことに気づきます。荒野をあるいているときに、ふと太陽をみているとき、その太陽が動いていないことに気づいたのです。つまり この世界では時間が止まっている!!! という事実です。ますます謎が深まった一行。どうやって1日の始まりが分かるのでしょうか。それは、保安官のとある合図です。 その合図は、とある開発事業をしている博士を馬に括り付けて走り回るというもの。苦しんでいるその博士を見て、皆は今日でこの世界に来て何日目だとわかるのです。 ・・・ 野原家の4人は、極力この世界に染まらないように生活になじんでいきました。気づけばあれから2年近くが経過。それぞれが自分の生活をしていました。 ふとしんのすけが太陽を眺めていると、あることを考えます。時が止まっているという事は、映画の内容が進んでいないという事ではないか。それならば続きを自分たちで作っていけばよいのではないのか。と。 それを聞いたひろしとマイクは、民衆の前でそのことを話します。そして、知事を倒してこの映画を完結させようと誓います。博士も、そのために発明をしていたことを思い出します。 すると、 太陽が動き出しました!時間が進み始めたのです! そして、博士が知事を倒すための研究を完成させます。それは、5枚のパンツ。 大きさは大人では入らず、子サイズでした。しんのすけが履くと、みごとジャストフィット!かざまくんを除いた他のカスカベ防衛隊も履いて、4人が揃いました。 そこにかざまくんと保安官が登場し、集まっていた民衆を逮捕しようとします。 が、民衆は黙っていません。保安官たちを追い払います。しかしかざまくんは置いていかれてしまいました。リーダーの座も知事に騙されてつけられていたものだったのです。 なんだかんだで、カスカベ防衛隊が揃います。 皆パンツを履いて戦闘準備OK!そこに知事が率いる保安官たちが攻めてきます。カスカベ防衛隊はパンツの力を信じて突っ込みますが、跳ね返されてしまいます。 勝てないと思った一行は、つばきちゃんの助言で立ち入り禁止の謎の場所へ行くことに。マイクは映画に必ずいる知事に対抗するための組織を見つけます。一行はなんとか隠れながら列車に乗り込むことに成功しました。 列車に乗る野原家、カスカベ防衛隊と仲間たち。激しい銃撃を受けますが、そこに知事を良く思わない反乱軍が登場!マイクのお手柄です! 一気に有利になった…と思いきや、車が登場します。しかも、車にはマシンガンが搭載されており、圧倒的に不利になってしまいます。 そして車両が外れる事態で、かざまくんが列車の外に投げ出されてしまいます。かざまくんを保安官の車が襲います。しかし、そこにしんのすけが助けに入ります。カスカベ防衛隊もかざまくんを見捨てません。 この世界に来て初めて一致団結したカスカベ防衛隊はパンツの威力を発揮します。そとに飛び出したしんのすけを心配したつばきちゃんは、外に目をやります。すると、 正義のヒーロー“カスカベボーイズ”になり、凄いスピードで列車に追いつきます! その姿を見た知事は逃げ出してしまいます。それに安心したしんのすけは、つばきちゃんに告白をします。しんのすけは、つばきちゃんに恋をしていたのでした。 そこに…巨大ロボットに乗った知事が現れます。 カスカベボーイズVS知事の始まりです。 どちらも互角の戦いを見せますが、列車が横転してしまいます。列車を支えながら封印場所に向かってカスカベボーイズは走ります。そこに知事の攻撃が相まって、絶体絶命。 そこで、カスカベ防衛隊は合言葉で気合を注入しようとしますが、思い出せません。「カスカベ防衛隊、ピッチャー!」なんか違う…。横転した列車から熱々の薪が落ちてきて、まさおくんが燃え盛ってしまいます。それを見たしんのすけは思い出します。 「カスカベ防衛隊、ファイヤー!!」 「ファイヤー!!」 するとカスカベボーイズの背中にジェット機の羽が生えてきます。 彼らは、空を飛べるようになりました。その浮力で列車を立て直し、知事との闘いに戻ります。パワーアップしたカスカベボーイズは、知事を圧倒しロボットを爆破させました。 そして、封印場所までたどり着きます。そこには鎖でびっしり閉められた扉がありました。 そこに、知事が登場。ボロボロのロボットでその扉が開くのを止めに入ります。その時、ガシャンガシャンと遠くから聞こえます。 この扉は、合計で3つあり、他の2つの封印が解けたのです。それに続いて最後の扉も開きます。中からは明るくひかる何かが飛び出し、その3つがキレイ空に浮かんでいます。それは、 お わ り の3文字でした。映画が終わったのです。それに喜ぶ皆と落ち込む知事。しんのすけは、つばきちゃんに「これで帰れるね」と呼びかけます。 気付くと、しんのすけたちは例の映画館にいました。嘘だったかのような静けさが漂います。しんのすけはつばきちゃんを探します。どこかにいるはずです。 しかし、つばきちゃんはいません。 しんのすけと皆は気づきます。つばきちゃんは、映画の中の人間だったことを。つばきちゃんに会いたいとスクリーンに飛び込むしんのすけ。つばきちゃんのいない世界なんて嫌だと落胆しています。本気でつばきちゃんに恋をしていたのです。 そこに、シロの鳴き声が聞こえます。それを聞いたしんのすけは、元気を取り戻しカスカベ防衛隊の皆と映画館を後にします。しんのすけは、大好きな仲間と家族と、大好きな街でこれからも過ごすのでした。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です