映画「ポケットモンスター 結晶塔の帝王 エンテイ」のフル動画を無料視聴

8 min
映画「ポケットモンスター 結晶塔の帝王」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 まずポケモン映画は違法動画サイトで時間をかけて探すよりも、ポケモン映画を独占配信しているTSUTAYA TVで一挙視聴するのがオススメです。 TSUTAYA TVには30日間の無料トライアルがあるので、ミュウツーの逆襲~からポケモン映画を1円もかけずに高画質で楽しむことが可能です。登録もカンタンなのでぜひ試してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「ポケットモンスター 結晶塔の帝王」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT × ×
FOD × ×
TSUTAYA TV 見放題
Hulu × ×
dTV × ×
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ × ×
music.jp × ×
  「ポケットモンスター 結晶塔の帝王」を配信しているサービスはTSUTAYA TVのみ。 そもそもポケモン映画を配信しているのはTSUTAYA TVのみ。反対にミュウツーの逆襲~ポケモンの映画最新作まで、TSUTAYA TVであればすべて視聴が可能となっています。 月額2000円以上のサービスなので決してお安くはないのですが、無料トライアル期間が30日あります。期間内に視聴&解約してしまえば1円もかかりません。 もちろんポケモン以外の映画やアニメも楽しめるようになっていますし、ぜひTSUTAYA TVを試してみてください。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「ポケットモンスター 結晶塔の帝王(邦題)」「pocket monster kessyoutou no teiou(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「ポケットモンスター 結晶塔の帝王」を視聴するならTSUTAYA TV

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TV:10000以上
DISCAS:TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ
付与ポイント 1100
視聴方法 オンライン
DVDレンタル
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 オンラインとは別に準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
  TSUTAYA TVはツタヤの運営する動画配信サービスです。

TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス

TSUTAYA TVの無料トライアルに登録すると、この2つのサービスを同時に利用できます。   月額2417円ですが、30日以内に解約すれば完全無料。 また、TSUTAYA TVで配信されているサービスは他に比べると少ないものの、他にはない作品も多く、またTSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)を組み合わせると、どのサービスよりも無料で多くの映画やアニメを楽しめます。    

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「ポケットモンスター 結晶塔の帝王」のあらすじ

■あらすじ 月明かりに照らされる、古城。 城の周りには、ひまわりなど、たくさんの花が咲き乱れています。グリーンフィールドとよばれる、ただひたすらに美しい土地がそこにありました。 お姫様が住むような、広く豪華な子ども部屋。 そこでシュリー博士が幼い娘ミイに謎のポケモン、アンノーンにの話をします。二人が見ているのは、古いポケモンの絵本。ミイは、「私はエンテイが好き」と父であるシュリー博士に話します。 その時、シュリー博士に一通メールが届きました。「アンノーンの手がかりが発見された」と言い残し出ていく博士。残されたミイは悲しい顔でベッドに入り、独りで眠りにつきます。 ・・・ そこはピラミッド内部のような空間でした。 シュリー博士と助手が、壁にびっしり掘られた古代文字を調べています。「素晴らしい…」とつぶやきながら写真を撮るシュリー博士。この文字を解読できるのは、シュリー博士だけなのです。 博士は、部屋の奥に「p」に似た古代文字が刻まれた、5cm角ぐらいの石板(カード)を拾います。そばには古い箱があり、中に、同じような正方形の石板がたくさん入っています。博士が調べようとすると、文字が一斉に光り出し、天井に異空間への入り口が開きました。 逃げるまもなく、博士は、異空間に吸い込まれてしまいました。 次の朝。 広く、ガランとした城の客間で、助手がミイと執事に、シュリー博士が失踪したことを伝え、石板の詰まった箱と博士のパソコンを渡しました。 その夜。 ミイが、シュリー博士のパソコンや石板を見ています。床に散らばる石板を「おみやげだね…」とつぶやきながら、ていねいに並べるミイ。その瞳から、涙が落ちました。その時! ピラミッドの内部のような空間で、古代文字が光りはじめ、ミイの部屋の天井にもブラックホールのように妖しく光る、異空間の入り口が現れます。さらに、石板は謎のポケモンアンノーンに変化しました。 大量のアンノーンが空中で、球体にちかいフォーメーションを組み、ミイの部屋を支配。不吉な雰囲気にも関わらず、ミイは「あたしと遊んでくれるんだ!」とアンノーンを受け入れます。 ミイを中心に、貝殻や波のように結晶が広がっていきます。 結晶は部屋を覆い、ミイを閉じ込めてしまいました。 ミイは、ポケモンの古い絵本のエンテイのページをながめながら、「パパ」と泣き出します。それを取り囲む、アンノーン。ミイが悲しむほどに、結晶はみるみる成長し、ついに城全体を取り囲んでしまいました。 結晶に囲まれたミイのそばに、音も無く、エンテイが現れました。 「私を呼んだのはお前か?」とたずねるエンテイに、「パパなのね?」としがみつくミイ。「私が…パパ…?」とエンテイはつぶやき、ミイのためなら、どんな願いもかなえよう、と言います。 夜明けをむかえた城の外でも、紫色に光る美しい結晶が、城を中心にどんどん広がっていくのでした。 ジョウトリーグ出場をめざすサトシとピカチュウたちが、やってきました。 サトシたちはリンと出会い、早速、バトルで仲良くなります。リンにポケモンセンターへの道案内を依頼したサトシたち。一緒に「女の子が行きたい場所ナンバーワン」と言われる、グリーンフィールドを目指しますが…。 グリーンフィールドに着いたサトシたちは、その姿に愕然。草花は消え去り、遠くに、巨大な結晶の塔が見え、その塔から、冷たい結晶が広がっています。 お宝目当てでやってきたロケット団も、その景色に戸惑っていました。 テレビクルーが到着し、シュリー博士の城に起きた異変を中継。カントー地方のオーキド博士と、サトシの母ハナコが、テレビでそのニュースを見ます。 実は、シュリー博士は、オーキド博士の教え子だったのです。ハナコもシュリー博士とは知り合いで、サトシも小さい頃、シュリー博士に会っていたのでした。 心配したオーキド博士とハナコは、対策委員として、グリーンフィールドに向かいます。 グリーンフィールドにやってきた、オーキド博士とハナコたちは、サトシたちと再。その様子が、テレビ中継されました。結晶塔の中で、エンテイと一緒にテレビをみているミイ。 サトシとハナコの様子を見ると「ママ…私もママが欲しい」とエンテイに伝えます。「ミイ、お前が望むなら…」。エンテイが答えました。 サトシたちが、ポケモンセンターの中庭でお茶を飲んでいると、結晶塔の方からエンテイが疾走してきました。エンテイの踏んだ土地は、全て結晶に変わっていきます。 エンテイは、ハナコに「お前がママだ!」と叫びました。そして、ハナコに催眠術をかけ、背中に乗せてさらってしまいます。 ピカチュウとサトシは必死で追いかけますが、振り切られてしまいました。 ハナコを結晶塔に連れ帰ったエンテイ。 催眠術にかかったハナコは、ミイを娘のように抱きしめます。「パパとママ、これでずっと一緒」とハナコに甘えるミイ。頭上ではアンノーンがコンピュータプログラムを思わせる動きを続けていました。 城の窓から、増殖する結晶をながめるエンテイとミイ。エンテイはミイに「お前の世界が広がっていく」と話します。 その頃、リザフィックフィールドでも、ジークとリザードンがグリーンフィールドのニュースを観ていました。サトシのピンチを察する、リザードン。 オーキド博士は、全ての謎がアンノーンからはじまっている事に気づきます。そこに、届くミイからのメール。 「パパとママが帰ってきて、ミイはうれしいの。このままがいいの。誰も入ってこないで!」 サトシは「謎が解けるまで待ってられないよ!」と、母ハナコの救出に向かいます。もちろん、カスミとタケシも一緒です。リンは、ポケモンセンターとの連絡用にポケギアを貸してくれました。 ロケット団も気球で城を目指しますが、あっという間にエンテイの放ったビームに打ち落とされてしまいます。それでも歩いて城を目指す、ロケット団です。 サトシたちは、ポケモンたちと協力し、激闘の末、城に入り込みます。それをテレビ中継で観たハナコの催眠術がとけました。 呪縛がとけたハナコは、ミイがエンテイをパパと呼ぶのを疑問に思いながら、様子をみることにしました。ミイは、テレビに映るサトシたちとポケモンを観ています。 サトシのポケギアにオーキド博士から連絡が入りました。結晶塔とアンノーンの謎が解けたのです。 アンノーンは、他の生物の心を感じ取り、現実化するポケモンなのでした。つまり、結晶塔やエンテイは、ミイの心に反応したアンノーンが作り上げたものなのです。「ここは、ミイちゃんの心の世界なのか…」サトシたちはつぶやきます。 サトシたちを見たミイは、ポケモンバトルを望みます。 いつのまにかエンテイの背に乗り、サトシたちの元へ走り、バトルを挑むミイ。その姿は、高校生ぐらいに成長しています。 バトルしようとするサトシを制し、タケシがバトルを引き受けます。ミイの心の中である以上、絶対に勝つことができないことを、タケシは分かってたのです。その間に、サトシとカスミはハナコ救出に向かいます。 結晶塔の部屋では、メイの実体がハナコのひざで眠っています。ずっと独りだったメイは、寂しかったのでした。 タケシは、ズバット、ロコン、イワークで激闘を繰り広げました。そして、闘いながら「トレーナーもポケモンも育てが肝心ですよ」と、ミイに伝えます。激しい闘いの末、タケシは破れました。 メイの絵本をそのまま現実化した砂浜。そこにサトシたちがやってきました。子どもでもジムリーダーになれると知ったメイは、少女の姿に変身します。今度の相手は、カスミです。 水かさを増した海の中での、水中バトル。ミイのイメージなので、呼吸もできるのです。カスミは、ヒトデマン、トサキント、ニョロゾの水ポケモンでバトルします。カスミもミイもバトルを楽しみますが…カスミは敗れてしまいました。 サトシはさらに上の階を目指し、ロケット団も不条理な世界にとまどいながらも「つまらない理屈は考えない。行動あるのみ!」と進み続けます。 ようやく、結晶塔のミイの部屋についたサトシとピカチュウは、ハナコと一緒に、ミイを説得。結晶塔もエンテイも、アンノーンが作り出したものであること、ここにいたらミイはずっと孤独のままであることを伝えたのです。 受け入れられないミイはと感情を爆発。つららが部屋中を貫きます。 ハナコが開いた絵本のページは、黒い闇。 そこへエンテイが現れます。ミイは、サトシをやっつけるようエンテイに頼み、バトルが始まりました。 「お前は、ミイの心が作り出した幻なんだ!」 ワニノコ、ヒノアラシで激しい闘いを繰り広げるサトシですが、歯がたちません。ピカチュウも参戦し、技がぶつかり合って大爆発が起こります。サトシは爆風で、塔の外へ放り出されてしまいました! もうダメか?と思ったとき、リザードンが現れ、サトシを救います。リザフィックフィールドから駆けつけたのです! サトシ、カスミ、タケシ、ロケット団、全員一丸となって、必死でエンテイと闘います。「俺たちは、みんな仲間なんだ!」ハナコも、エンテイとミイを説得しようと言葉を尽くします。 闘いながら、サトシが叫びます。「このままじゃミイはずっとひとりぼっちなんだ!」 ハナコがミイを抱きしめます! 攻撃の手を緩めないエンテイが「これで終わりだ!」とサトシとリザードンを踏み潰そうとした瞬間…。「やめて!」ミイが叫びました。サトシたちの思いが、ミイに通じたのです。 「パパやめて、もういいよ…」ミイは外にでる決意をしました。それを暖かく迎え入れる、サトシたち。 ハナコと手をつないだミイが涙を流しました。結晶塔の花びらがひらき、溶けていきます。ミイが作り出したポケモンたちも消えていきます。「お前の幸せが外の世界にあるなら、私は…」とエンテイが立ち去ろうとした、その時。 突然、水晶が増殖を始めました。つららが凶暴に襲いかかってきます。アンノーンが暴走を始めたのです!ポケモンセンターも水晶にのみこまれ、一気に追い詰められるサトシたち、もう逃げられないのか!?  

「ポケットモンスター 結晶塔の帝王」のネタバレ

その時、雷のような咆哮が響き渡りました。エンテイです。 「最後に私ができるのは、ミイ、お前をここから出してやることだ。お前が信じてくれれば、私はどんなことでもできる。私はお前の父親としてここに来たのだ」 アンノーンが作り出すバリアを破るために闘うエンテイ。ピカチュウも、リザードンも加わります。強烈なビームが放たれ、金属的な音とともに、アンノーンが弾き飛ばされました。結界は破られたのです。 光りに包まれたエンテイは、ゆっくりと宙に浮き、消えていきました。「私はまた、お前の夢にかえる」と、ミイにお礼を言いながら。 弾き飛ばされたアンノーンは再び石板に戻り、異次元につながる穴に吸い込まれていきました。結晶も、すべて消えました。 緑の山から朝日が昇ります。すべては元通りになったのです。玄関から出てくるサトシたち。オーキド博士たちが車で駆けつけました。警察が来ているので外には出られませんが、ロケット団も無事でした。 空を見上げたメイは、エンテイに似た形の雲をみつけます。「ありがとう、エンテイ」とメイ。 ピラミッドの内部のような空間。アンノーンが収束し、天井からシュリー博士が落ちてきました。助手とともに家に帰り、父と娘は再会します。 数日後。豪華な庭で、ミイがヒメグマと遊んでいます。そこに、美しい女性とシュリー博士が来ました。女性にしがみつくミイ。お母さんが帰ってきたのでしょう。 日常生活に戻ったオーキド博士、ハナコ、そしてサトシたち。遠くに新しい町が見えます。修行の旅はまだまだ、続くのです。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です