映画「恋妻家宮本」ストーリーネタバレとフル動画を無料視聴

7 min
映画「恋妻家宮本」のフル動画を無料で視聴する方法を紹介します。 手っ取り早く視聴するなら、TSUTAYA TVの30日間無料トライアルを利用して視聴してみてください。 本来は月額2000円を超えるちょっとお高いサービスなのですが、期間内に「恋妻家宮本」を視聴&解約してしまえば、1円の費用もかけずに楽しめます。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「恋妻家宮本」の動画配信状況

配信サービス 配信状況 有料・見放題 字幕・吹替
U-NEXT × ×
FOD 400ポイント
TSUTAYA TV 500ポイント
Hulu × ×
dTV 300ポイント
Netflix × ×
Amazonプライムビデオ 400ポイント
music.jp 330ポイント
※2020年4月29日時点(最新の配信状況は実際にご確認ください) 「恋妻家宮本」を配信しているサービスは以下のとおりです。 ・FOD ・TSUTAYA TV ・dTV ・Amazonプライムビデオ ・music.jp ただし、新しく登録する場合Netflix、dTV、Amazonの3つは有料なので注意してください。

dTV&Amazonビデオ:無料トライアルあり。ただし視聴にポイント(別料金)が必要。タダでもらえるポイントがなく自腹 FOD:登録時に100ポイント&「8のつく日」にログインで300ポイントもらえる特殊なシステム。登録日にはポイントが足りない可能性が高く、登録から視聴まで最大9日かかる。

なので、無料視聴が可能なのはTSUTAYA TVとmusic.jpのみ。 「恋妻家宮本」だけ視聴するならどっちのサービスでも良いのですが、それ以外の映画やドラマを見たい場合は、絶対にTSUTAYA TVを選んだほうがいいです。 というのも、music.jpには見放題動画が存在せず、すべての動画にポイントが必要です。登録時(有料の場合は支払い時)にもらえるポイントを使い切ったら、追加料金を払わないと何もできないわけですね。 だから「恋妻家宮本」だけではなく、30日間かけていろいろな映画やドラマを楽しみたいと思ったら、確実にTSUTAYA TVを選んでください。登録も3分程度で終わりますし、すぐに視聴可能なので。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

違法アップロードサイトでの視聴は危険?
youtubeやdailymotion、openloadなど動画共有サイトには、映画やアニメが違法にアップロードされている事があります。 「恋妻家宮本(邦題)」「koisaika miyamoto(英題)」で検索してみたのですが、出てくるのは数分程度の短い動画ばかりで、映画をフル視聴できるサイトはありませんでした。 おまけに、動画共有サイト「openload」に至ってはアクセスしただけで、クレカ情報を盗むウイルスであるトロイの木馬が検出されました…

それに動画共有サイトって、画質も悪く何度も再生が止まるのが当たり前なので、せっかくの映画の楽しさも半減してしまいます。何より視聴は”違法”なので、それなら動画配信サービスで合法的に視聴したほうが良いです。

「恋妻家宮本」を視聴するならTSUTAYA TV

お試し期間 30日間無料 月額料金 2417円(税抜)
作品数 TV:10000以上
DISCAS:TSUTAYAオンラインレンタルとほぼ同じ
付与ポイント 1100
視聴方法 オンライン
DVDレンタル
視聴デバイス スマホ
タブレット
パソコン
備考 オンラインとは別に準新作・旧作DVDを月8枚まで無料レンタル可能
  TSUTAYA TVはツタヤの運営する動画配信サービスです。

TSUTAYA TV:オンライン上で映画やドラマを楽しめるサービス TSUTAYA DISCAS:月8枚まで無料でDVDレンタルできるサービス

TSUTAYA TVの無料トライアルに登録すると、この2つのサービスを同時に利用できます。   月額2417円ですが、30日以内に解約すれば完全無料。 また、TSUTAYA TVで配信されているサービスは他に比べると少ないものの、他にはない作品も多く、またTSUTAYA DISCAS(DVDレンタル)を組み合わせると、どのサービスよりも無料で多くの映画やアニメを楽しめます。    

↓30日以内に解約すれば無料↓

 

「恋妻家宮本」のあらすじ

ファミリーレストランに食事にやってきた宮本夫妻。 優柔不断な夫の陽平はなかなか注文が決まりません。そんな夫の性格を見透かしている妻は、陽平をいつものようにうまく誘導して早めに決めさせます。 そもそも、陽平と美代子の出会いは大学時代。 合コンで知り合い、なんとなく付き合うように。 しかし彼の人生は美代子の妊娠により一変! 陽平には大学院で日本文学を学び、小説家になるという夢がありました。ですが、妊娠させてしまった責任感から美代子と結婚し、教師となる道を選びました。 こうして27年前に生まれた息子の正はあっという間に成長。福島の新聞社に就職するとともに結婚が決まり、家を出て行きました。夫婦は50歳にしてはじめて二人きりになったのです。 その記念すべき夜。 料理にはまっている陽平が腕を振るって、美代子と祝杯を上げました。 酔った美代子はこれからはお父さん、お母さんではなく名前で呼び合おうと陽平に提案。陽平は照れくささを感じながらも、この提案を受け入れることに。 こうして穏やかな夫妻の暮らしが始まる… と思いきや、陽平はひょんなことから古い小説の中に挟まれた離婚届を見つけてしまいます。離婚届には美代子の署名が入っていたのです! 妻の真意を知りたい陽平でしたが、問い詰める勇気もなく、美代子の様子を伺うばかり。 さらに学校では問題を抱えた生徒の対処に困り果て・・・。 陽平は様々な問題を解決することはできるのでしょうか。  

「恋妻家宮本」のネタバレ

夫婦二人の暮らしが始まった矢先に、妻のサイン入りの離婚届を見つけてしまった陽平。妻の本心がわからず、彼の心は不安で揺れていました。 また、学校でも問題が… 勤め先の中学校では料理部を受け持っていますが、所属している生徒は一人もいません。そして受け持つクラスの家庭訪問の時期に。 クラスには問題を抱えた男子生徒がいました。通称ドンこと井上克也、彼の母親は愛人と密会している間に交通事故を起こし、現在入院中です。 陽平は同情されたくないという思いからわざと自虐的に振る舞うドンをどう扱っていいか分かりません。一方しっかり者の女生徒、通称メイミーこと菊地原明美からは「先生はのんきで冷たい」と一蹴されてしまいます。 井上家に家庭訪問に訪れた陽平は、口うるさいドンの祖母に嫌味を言われ、ドンの家庭での様子について聞くことができませんでした。 料理教室に通っている陽平は、同じ班の主婦、五十嵐真珠や結婚を控える門倉すみれに妻が離婚届を隠していたことを打ち明けます。 自身の結婚生活がうまくいっていない五十嵐は奥さんに不倫の可能性があることを示唆。洋平は動揺し、ますます美代子の行動に目を光らせはじめます。 ある日ドンが授業中に貧血で倒れるという事件が起きました。 祖母へのハンガーストライキを起こし、昨日から何も食べていないというのです。陽平は自分で料理を作ってみてはどうだとドンに提案し、絶品卵かけごはんのレシピをプレゼント。 後日ドンは先生のくれたレシピで料理したところ、妹に大好評だったと話し、陽平は気をよくします。しかし料理部に入らないかと誘ったところけんもほろろに断られました。 メイミーからは 「どんどん問題を先送りにしてるよね。先生ってさ本当は教師に向いていないかも」 と告げられてしまいます。 料理教室では五十嵐が陽平の妻を見習って離婚届を書いてみたと言い、門倉は婚約者が元カノと連絡を取り合っていたと沈んでいました。 我慢できなくなった陽平は美代子に「離婚届をみてしまった」と打ち明けてみるものの、 やはり妻の反応が怖く、すぐに「料理教室に来ている奥さんの話だから」と打ち消します。 美代子は陽平の異変に気付いたのか、突然正の住む福島へ行ってくると言い出します。そして美代子の離婚届もいつの間にか本棚から消えてしまいます。 婚約を解消したという門倉が料理教室を辞めてしまい、洋平は五十嵐に飲みに誘われました。五十嵐は夫婦関係がうまくいっていないのは性生活に問題があるのではないかと考えており、陽平を誘惑しはじめます。 そして二人は成り行きでラブホテルまでやってきますが、そこに五十嵐の夫が入院したという知らせが入ります。陽平は何故か五十嵐とともに病院へ付いていくはめに。 五十嵐の夫は風呂場で眠り、脱水症状を起こしただけで大事には至りませんでした。病室で派手な夫婦喧嘩を始める五十嵐夫妻を置いて、帰ろうとしたところで、陽平はドンとばったり会います。 入院する母の様子を見にきたのですが、病室に入る勇気がなく、躊躇しているようでした。ドンは学校でおどけるしかない自分が嫌いだと呟きますが、不器用な陽平はドンを安心させてやるだけの言葉を持っていませんでした。 家へ帰ると福島から美代子が帰ってきていました。 離婚届のことを問い詰めると、美代子は「今は話したくない」だとか「不満はないが、不安はあるの」と意味深な言葉を口にします。 そして陽平は決定的な一言を言われてしまいます。 「あなたって本当は結婚に向いてないよね」 カチンときた陽平は離婚届にサインし、美代子へ突き付けます。 怒った美代子は家を出て行ってしまいました。 陽平は仕事に集中しようとしますが、気持ちだけ空回り。そんな陽平を生徒達はクールに見つめます。 陽平はえこひいきだと分かりつつ、ドンと妹をファミリーレストランに食事に誘います。そしてお母さんのためにお弁当を作ってみないかとドンに提案。 陽平はドンの家へ出向き、料理指導をしますが、詩吟教室で遅くなるはずの祖母が途中で帰ってきてしまいました。孫に入れ知恵するなと祖母に叱咤される陽平でしたが、毅然とした態度でこう伝えます。 「克也君がお弁当を作ることは優しいことじゃないですか。今私達がこだわるべきことは正しさじゃなく優しさなんじゃないでしょうか」 陽平の言葉に祖母は態度を軟化させました。 陽平とドン、メイミーは出来上がったお弁当を病院まで届けにいきますが、ドンは恥ずかしさからかわりに渡して欲しいと陽平に頼みます。 病室で陽平がドンの作ったお弁当を広げると、ドンの母は涙を浮かべました。 「言葉が浮かばなかったらそばにいればいい。また明日来るねって。それを明日も明後日も繰り返せばきっと大丈夫だ」陽平の言葉に背中を押されたドンは病室へと入っていきました。 陽平はメイミーにも感謝を伝えます。 メイミーは言いました。 「前言撤回する。先生やっぱ教師向いてるかも」 息子の正から電話がかかってきます。どうやら美代子は福島で本格的に復興のボランティアをしようと考えているようです。 陽平は美代子のためにお弁当を作って、福島へと向かいます。そしてこれまで自分がしてきた人生の選択を思い出していました。 どの選択も決して正しかったかは分かりませんでしたが、間違っていても美代子なら許してくれるという確信があったのです。正の家へ着きますが、美代子とはすれ違いに。 正と正の妻は離婚届を出すつもりで東京へ帰ったのではないかと慌ててはじめ、早く追いかけるよう陽平を急かします。 追いかけて何を言えばいいのかと不安に駆られる陽平。正の妻、優美は「言葉が何も浮かばなければ、抱きしめればいい。それが恥ずかしかったら手を握れば大丈夫」と陽平の背中を押してやります。 正に送ってもらい、急いで駅へ向かいますが、電車には間に合いませんでした。茫然と電車を見送る陽平、転んだ拍子にバッグを投げ出してしまい、お弁当もぐちゃぐちゃです。 すると向かいのホームに美代子が立っていました。 「お前、離婚届、まさかもう出してしまったとか?」 美代子は離婚届をまだ手元に持っていました。 そして離婚届を書いた理由を打ち明け始めます。 美代子にとって離婚届は自分への保険美代子は料理に熱中し始めた陽平が自分を必要としていないのではないか、離婚を切り出されるのではないかと内心悩んでいました。 そしていざ離婚を言い渡されてもきっぱり別れられるようにと離婚届を切り札として持っていたというのです。妻の思いを始めて知った陽平でしたが、美代子に掛ける言葉がなかなか出てきません。 「美代子。俺はお前が…」 何か言おうとしたところで、二人の間を電車が通過していきます。最後の言葉を聞き取れなかった美代子が階段を下りてきて、陽平の元へと駆けてきます。 「美代子。俺はお前が…」 再び思いを伝えようとしたところで、架線事故によりホームの電源が落ち、辺りは真っ暗に。 二人は美代子が予備に持っていた蝋燭を灯して、駅の待合室で復旧を待ちます。陽平は崩れてしまったお弁当を渡すのを躊躇しましたが、美代子は美味しそうに食べてくれました。 そんな妻を見て、陽平はこう伝えます。 「美代子、俺はお前の作った味噌汁が飲みたい」 これは27年前に陽平が美代子に言ったプロポーズの言葉と一緒でした。 二人はこれまで一緒に歩いてきた道のりが間違っていなかったことを分かち合います。そして今日から新しい夫婦のスタートの日にしようと陽平が提案。 いいムードになり、キスをしようとしたところで、停電が復旧しました。 とある昼下がりのファミリーレストラン。 陽平は相変わらず注文が決まりません。 そんな夫を美代子は温かく見守ります。 そこへ門倉が通りかかりました。近況を聞く陽平に門倉は「もう一生結婚しないと思います」と告げます。陽平は立ち去ろうとする門倉に自分は結婚して幸せだったと言い切りました。 これからも諦めずに大切な人達へ自分の気持ちを伝えようと陽平は思いました。それが優しい言葉であればいつか相手の心に伝わるだろうと信じて。  

↓30日以内に解約すれば無料↓

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です